ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 989958 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

唐沢鉱泉から天狗岳・根石岳・硫黄岳

日程 2016年10月22日(土) 〜 2016年10月23日(日)
メンバー mizuka
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
唐沢鉱泉駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間14分
休憩
1時間23分
合計
9時間37分
S天狗岳登山口駐車場05:5106:40唐沢鉱泉分岐06:4307:35第一展望台07:3608:03第二展望台08:0408:52天狗岳08:5609:18東天狗岳09:1909:45白砂新道入口09:4710:04根石岳10:0510:12根石山荘10:2210:43箕冠山10:5511:21オーレン小屋11:5412:19山びこ荘12:25ヒュッテ夏沢12:2613:39硫黄岳13:4814:12赤岩の頭14:1315:01峰の松目15:0515:28オーレン小屋
2日目
山行
4時間42分
休憩
17分
合計
4時間59分
オーレン小屋06:2707:17箕冠山07:1807:28根石山荘07:3307:44根石岳07:4507:56白砂新道入口07:5708:21東天狗岳08:2208:23天狗の鼻08:2409:12中山峠09:1309:18黒百合ヒュッテ09:2410:14渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐11:26唐沢鉱泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
5:51 天狗岳登山口駐車場
5:53 唐沢鉱泉
6:40 唐沢鉱泉分岐
7:35 第一展望台
8:04 第二展望台
8:56 天狗岳
9:18 天狗の鼻
9:45 白砂新道入口
10:02 根石岳
10:22 根石山荘
10:55 箕冠山
11:20 オーレン小屋
12:19 夏沢峠
12:19 山びこ荘
12:24 ヒュッテ夏沢
13:30 硫黄岳
14:12 赤岩の頭
15:01 峰の松目
9:13 中山峠
9:18 黒百合ヒュッテ
10:13 渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

唐沢鉱泉駐車場。6時前で7割程埋まっています。
2016年10月22日 05:53撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉駐車場。6時前で7割程埋まっています。
唐沢鉱泉からスタート。入り口の紅葉がきれい(〃´∀`)
2016年10月22日 05:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉からスタート。入り口の紅葉がきれい(〃´∀`)
まずは西天狗岳へ
2016年10月22日 05:56撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは西天狗岳へ
樹林帯をひたすら歩き枯尾ノ峰分岐通過
2016年10月22日 06:43撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯をひたすら歩き枯尾ノ峰分岐通過
急に景色が開けて目の前に南八と南アルプスの絶景
2016年10月22日 07:24撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急に景色が開けて目の前に南八と南アルプスの絶景
少し先に第一展望台
2016年10月22日 07:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し先に第一展望台
展望台からは蓼科山が
2016年10月22日 07:29撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台からは蓼科山が
1
北アルプスちょっとボヤけるも見えます (*・д・)ジ―→
2016年10月22日 07:29撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスちょっとボヤけるも見えます (*・д・)ジ―→
道アルプスの後方に中央アルプス
2016年10月22日 07:29撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道アルプスの後方に中央アルプス
再び樹林帯突入
2016年10月22日 07:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び樹林帯突入
第一展望台から30分程で第二展望台
2016年10月22日 08:04撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一展望台から30分程で第二展望台
先程と少しずつ角度が変わり、隠れていた中岳と阿弥陀岳も登場
2016年10月22日 08:03撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先程と少しずつ角度が変わり、隠れていた中岳と阿弥陀岳も登場
1
嗚呼南アルプス(「  ̄ー ̄)
2016年10月22日 08:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嗚呼南アルプス(「  ̄ー ̄)
第二展望台から先は岩場。矢印と◎印を便りに登るべしレ(゜∀゜ )ヘ=З
2016年10月22日 08:24撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二展望台から先は岩場。矢印と◎印を便りに登るべしレ(゜∀゜ )ヘ=З
所々にちょっとしたロープあり
2016年10月22日 08:37撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々にちょっとしたロープあり
岩場が終わったらすぐ西天狗岳山頂
2016年10月22日 08:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場が終わったらすぐ西天狗岳山頂
1
北アルプスも先程よりはくっきり見えるようになりましたヽ(*´∀`)ノ
2016年10月22日 08:48撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスも先程よりはくっきり見えるようになりましたヽ(*´∀`)ノ
東天狗岳・根石岳・硫黄岳。本日の目的地たちが丸見え
2016年10月22日 08:58撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳・根石岳・硫黄岳。本日の目的地たちが丸見え
霧ヶ峰方面は全体的に紅葉しているのか茶色く染まっています
2016年10月22日 09:17撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧ヶ峰方面は全体的に紅葉しているのか茶色く染まっています
東天狗岳へいざ₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾
2016年10月22日 09:16撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳へいざ₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾
稜線の鞍部から西天狗岳を振り返って1枚
2016年10月22日 09:24撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の鞍部から西天狗岳を振り返って1枚
東天狗岳到着しました。西天狗岳のように目立った標柱は特になし
2016年10月22日 09:24撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳到着しました。西天狗岳のように目立った標柱は特になし
これから向かう稜線にテンションも上がります(*゜∀゜)=3ハァハァ
2016年10月22日 09:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう稜線にテンションも上がります(*゜∀゜)=3ハァハァ
1
ちょっとした鎖場を降りて
2016年10月22日 09:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとした鎖場を降りて
緑の橋を渡ります
2016年10月22日 09:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑の橋を渡ります
稲子岳を見下ろす。切れ落ちているような地形が荒々しい
2016年10月22日 09:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲子岳を見下ろす。切れ落ちているような地形が荒々しい
爆裂火口も荒々です
2016年10月22日 09:36撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爆裂火口も荒々です
白砂新道分岐。根石岳に登り返します
2016年10月22日 09:48撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白砂新道分岐。根石岳に登り返します
根石岳到着
2016年10月22日 10:05撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根石岳到着
山頂から西天狗〜東天狗の稜線をのぞむ
2016年10月22日 10:03撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から西天狗〜東天狗の稜線をのぞむ
1
直下には根石岳山荘が見えます
2016年10月22日 10:02撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直下には根石岳山荘が見えます
根石岳に立ち寄りトイレお借りいたします
2016年10月22日 10:24撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根石岳に立ち寄りトイレお借りいたします
中に入ってびっくり。すごく綺麗( ´゜д゜`)
2016年10月22日 10:13撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中に入ってびっくり。すごく綺麗( ´゜д゜`)
根石岳小屋からすぐに箕冠山
2016年10月22日 10:34撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根石岳小屋からすぐに箕冠山
しばし樹林帯を下ります
2016年10月22日 10:56撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばし樹林帯を下ります
今夜の宿オーレン小屋に到着。受付を済ませて荷物を軽くします。
2016年10月22日 11:24撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今夜の宿オーレン小屋に到着。受付を済ませて荷物を軽くします。
布団は一人一枚確保のゆったりスペース。カーテンで仕切る事ができるのでありがたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
布団は一人一枚確保のゆったりスペース。カーテンで仕切る事ができるのでありがたい。
身軽になって硫黄岳に向かうべく夏沢峠方面へ
2016年10月22日 11:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
身軽になって硫黄岳に向かうべく夏沢峠方面へ
再び樹林帯歩き
2016年10月22日 12:03撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び樹林帯歩き
夏沢峠到着。後方に硫黄岳
2016年10月22日 12:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏沢峠到着。後方に硫黄岳
ザレた道を山頂に向けて登る。写真では全く分からないけれど実は風がビュンビュンです(´∀`*)ウフフ
2016年10月22日 13:04撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレた道を山頂に向けて登る。写真では全く分からないけれど実は風がビュンビュンです(´∀`*)ウフフ
山頂まではいくつもケルンがあります。ケルンの裏で風を避けつつ登ります。
2016年10月22日 13:14撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まではいくつもケルンがあります。ケルンの裏で風を避けつつ登ります。
だいぶ近づいてきた爆裂火口。すぐ脇が登山道というのはなかなかワイルドだ
2016年10月22日 13:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ近づいてきた爆裂火口。すぐ脇が登山道というのはなかなかワイルドだ
1
火口は近く覗き込むと大迫力
2016年10月22日 13:29撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火口は近く覗き込むと大迫力
振り返ると天狗岳。あそこから歩いき来たのだと思うとなかなか頑張った思う( ゜∀゜)
2016年10月22日 13:24撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると天狗岳。あそこから歩いき来たのだと思うとなかなか頑張った思う( ゜∀゜)
山頂到着!だだっ広い山頂なので風を避ける所もなくダイレクトにくらう。
2016年10月22日 13:33撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着!だだっ広い山頂なので風を避ける所もなくダイレクトにくらう。
山頂標柱アップ
2016年10月22日 13:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標柱アップ
1
山頂からは横岳〜赤岳〜阿弥陀岳を横目に下る
2016年10月22日 13:56撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からは横岳〜赤岳〜阿弥陀岳を横目に下る
1
赤岩ノ頭はオーレン小屋と赤岳鉱泉に向かう分岐がありますが、峰の松目に向かうべく真っ直ぐ進む
2016年10月22日 14:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩ノ頭はオーレン小屋と赤岳鉱泉に向かう分岐がありますが、峰の松目に向かうべく真っ直ぐ進む
赤岩の頭山頂通過
2016年10月22日 14:14撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩の頭山頂通過
シャクナゲやハイマツの間を抜けて進む
2016年10月22日 14:17撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲやハイマツの間を抜けて進む
1
樹林帯に入ると緩やかな下り
2016年10月22日 14:26撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯に入ると緩やかな下り
峰の松目コル通過
2016年10月22日 14:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峰の松目コル通過
若干の登り返し。少々ワイルドな箇所もある
2016年10月22日 15:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若干の登り返し。少々ワイルドな箇所もある
峰の松目山頂到着
2016年10月22日 15:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峰の松目山頂到着
1
山頂はだいぶこじんまりしていました。3時を過ぎてしまったのでダッシュで帰る。
2016年10月22日 15:05撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はだいぶこじんまりしていました。3時を過ぎてしまったのでダッシュで帰る。
コルまで戻ってきました。オーレン小屋方面へ
2016年10月22日 15:13撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コルまで戻ってきました。オーレン小屋方面へ
赤岩の頭と峰の松目の合流地点
2016年10月22日 15:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩の頭と峰の松目の合流地点
3時半、無事にオーレン小屋に戻ってきました。
2016年10月22日 15:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3時半、無事にオーレン小屋に戻ってきました。
1
早速お風呂。石鹸は使えないけれど山でお湯に浸かれるだけでもありがたい。
2016年10月22日 11:43撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早速お風呂。石鹸は使えないけれど山でお湯に浸かれるだけでもありがたい。
夕食は桜鍋・+(*゜∀゜*)+・天ぷらまで!豪華だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食は桜鍋・+(*゜∀゜*)+・天ぷらまで!豪華だ。
具だくさんのお鍋。甘めの割下でごはんがうまい。
2016年10月22日 17:33撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
具だくさんのお鍋。甘めの割下でごはんがうまい。
続きまして翌日の朝食。
2016年10月23日 05:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続きまして翌日の朝食。
2日目は来た道を戻ります。
2016年10月23日 06:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目は来た道を戻ります。
天狗岳方面へいざ
2016年10月23日 06:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳方面へいざ
ありがとうございましたオーレン!(`・v´・ )ノ=☆
2016年10月23日 06:29撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ありがとうございましたオーレン!(`・v´・ )ノ=☆
根石岳山荘まで戻ってきました。
2016年10月23日 07:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根石岳山荘まで戻ってきました。
今日も良い天気。あたり一面雲海です。
2016年10月23日 07:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も良い天気。あたり一面雲海です。
根石岳再び。
2016年10月23日 07:48撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根石岳再び。
雲海の向こうに穂高と大キレット。槍は雲の中か
2016年10月23日 07:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海の向こうに穂高と大キレット。槍は雲の中か
雲海と西天狗・東天狗
2016年10月23日 07:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海と西天狗・東天狗
2
白砂新道分岐。東天狗までしばし登り返します。
2016年10月23日 07:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白砂新道分岐。東天狗までしばし登り返します。
白砂新道分岐からの景色。一面雲海
2016年10月23日 07:58撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白砂新道分岐からの景色。一面雲海
稲子岳の向こうには浅間山
2016年10月23日 08:13撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲子岳の向こうには浅間山
1
緑の橋を登って東天狗へ
2016年10月23日 08:14撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑の橋を登って東天狗へ
東天狗まで舞い戻ってきました。
2016年10月23日 08:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗まで舞い戻ってきました。
二日間お世話になった稜線
2016年10月23日 08:18撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二日間お世話になった稜線
本日の南アルプス
2016年10月23日 08:19撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の南アルプス
中央アルプス
2016年10月23日 08:19撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス
北アルプス達も
2016年10月23日 08:19撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプス達も
反対側に浅間山
2016年10月23日 08:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側に浅間山
1
下山は中山峠を経由して唐沢鉱泉へ戻ります。
2016年10月23日 08:21撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は中山峠を経由して唐沢鉱泉へ戻ります。
天狗ノ奥庭と中山峠分岐。まっすぐ中山峠方面へ
2016年10月23日 08:36撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗ノ奥庭と中山峠分岐。まっすぐ中山峠方面へ
天狗の奥庭ほどではないけれど岩岩の道をいくつか越えて進む
2016年10月23日 08:56撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の奥庭ほどではないけれど岩岩の道をいくつか越えて進む
中山峠到着しました
2016年10月23日 09:13撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山峠到着しました
黒百合平へ。ヒュッテまでは木道でとても歩きやすい。
2016年10月23日 09:14撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合平へ。ヒュッテまでは木道でとても歩きやすい。
黒百合ヒュッテ
2016年10月23日 09:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテ
ヒュッテ正面は天狗の奥庭に続く。こちらは唐沢鉱泉に戻るのでヒュッテ通過して真っすく進む
2016年10月23日 09:34撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテ正面は天狗の奥庭に続く。こちらは唐沢鉱泉に戻るのでヒュッテ通過して真っすく進む
岩だらけで若干歩きづらい。石が濡れている時は要注意
2016年10月23日 09:42撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩だらけで若干歩きづらい。石が濡れている時は要注意
「こちら迂回路あります」の表示。数百メートルで合流しますが迂回路の方が岩が無く歩きやすそうでした。
2016年10月23日 10:04撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「こちら迂回路あります」の表示。数百メートルで合流しますが迂回路の方が岩が無く歩きやすそうでした。
渋の湯と唐沢鉱泉の分岐
2016年10月23日 10:16撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渋の湯と唐沢鉱泉の分岐
歩きやすい平坦な道になりました。
2016年10月23日 10:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすい平坦な道になりました。
橋を渡ったら唐沢鉱泉はもうすぐそこ
2016年10月23日 11:16撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ったら唐沢鉱泉はもうすぐそこ
ラストはゆったりした砂利道
2016年10月23日 11:17撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラストはゆったりした砂利道
カラマツが黄色く色づいていました。
2016年10月23日 11:17撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カラマツが黄色く色づいていました。
唐沢鉱泉では御柱祭が行われており、たくさんの人が綱で結んだ御柱を引いていました。
2016年10月23日 11:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉では御柱祭が行われており、たくさんの人が綱で結んだ御柱を引いていました。
1

感想/記録
by mizuka

南八ヶ岳の硫黄岳・横岳・赤岳・阿弥陀岳
北八ヶ岳の天狗岳・蓼科山・北横岳等々・・・
大体は登る事が出来たのですが、南と北を繋ぐ稜線へは行ったことが無かったので今回1泊2日での計画です(`・ω´・+)ノ

桜平から行くのが一番近道なのですが、桜平までの道が悪路だともっぱらの噂だったので自分のドライバーテクではだいぶ不安( ;∀;)
唐沢鉱泉もジャリジャリの道ですがまだこっちの方が良いので、
まずは天狗岳からまわるルートをとりました。

天狗岳までのルートは直下の岩場を除けばほとんど危険箇所はありません。
天気に恵まれ周囲の山々も綺麗にみえました。
樹林帯を抜けてしまうと風が強いとダイレクトに食らうので強風時、濃霧時などは溶要注意です。特に硫黄岳山頂は広いので天気が悪い時は方向を見失わないようにしないとと感じました。

今回宿泊したオーレン小屋は前から泊まりたいと思っていた小屋で、
夕飯の桜鍋を非常に楽しみにしていました。
山で肉が食べられるなんて何とも贅沢(º﹃º )甘めの割下に肉も良く合い大満足の山行になりました。

これからどんどん寒くなり、雪が降ってしまうと行けるところもだいぶ狭まってしまうので、それまでできるだけたくさんの山を楽しみたいです
訪問者数:158人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ