ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 989969 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

金剛山・県境尾根を登る。

日程 2016年10月23日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山akipapa, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち37%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間56分
休憩
1時間26分
合計
5時間22分
S水越峠10:1411:51太尾塞跡11:5312:06六道の辻12:17大日岳12:1812:27山頂広場13:2213:27金剛山13:41本流ルート分岐14:0114:07第6堰堤14:1515:04もみじ谷入り口15:07カヤンボ15:13金剛の水15:35水越峠15:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

10:14 水越峠頂上を出発。
ゲートが開いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:14 水越峠頂上を出発。
ゲートが開いています。
4
紅葉が始まっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉が始まっています。
1
至る所で咲いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至る所で咲いています。
3
越口を越えて、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越口を越えて、
3
10:33 林道右側、今日はここから入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:33 林道右側、今日はここから入ります。
3
県境尾根取りつきのテープ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境尾根取りつきのテープ。
7
橋を渡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ります。
4
尾根取りつきまでここから3分くらい進むようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根取りつきまでここから3分くらい進むようです。
4
以前ここから登り、いばらの藪と大格闘しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前ここから登り、いばらの藪と大格闘しました。
4
「県境尾根に合流しますが
ヤブ+倒木多し
オススメできません」
まさにその通り!!!
藪こきはごめんです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「県境尾根に合流しますが
ヤブ+倒木多し
オススメできません」
まさにその通り!!!
藪こきはごめんです。
6
さらに進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに進む。
1
県境尾根取りつきはこちら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境尾根取りつきはこちら
4
矢印のとおりさらに進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢印のとおりさらに進みます。
3
この先で悲劇。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先で悲劇。
2
先行していたあきが沼に踏み込んでしまった。
足をとられて身動きできない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行していたあきが沼に踏み込んでしまった。
足をとられて身動きできない。
6
なんとか脱出するもごらんのとおり。
靴の中も泥だらけ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか脱出するもごらんのとおり。
靴の中も泥だらけ。
6
冬でなくてよかった。
登山続行、さらに進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬でなくてよかった。
登山続行、さらに進む。
3
まだまだ先へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ先へ。
2
県境尾根のオススメルート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境尾根のオススメルート。
5
10:42 県境尾根登攀開始。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:42 県境尾根登攀開始。
1
かなりの急斜面です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなりの急斜面です。
2
四駆で登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四駆で登ります。
4
落ち葉が美しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉が美しい。
1
ガセ?テープもあります。
下山時は要注意。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガセ?テープもあります。
下山時は要注意。
2
踏みあともほとんどなし、でもテープはあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏みあともほとんどなし、でもテープはあります。
2
奇妙なオブジェ、自然の造形はすごい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奇妙なオブジェ、自然の造形はすごい。
1
広尾根。上り方向は問題ないが、下山する時はわかりにくい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広尾根。上り方向は問題ないが、下山する時はわかりにくい。
2
道はないが尾根をたどる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道はないが尾根をたどる。
2
目印の三本に枝分かれした木。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目印の三本に枝分かれした木。
2
人工林と自然林が混じった美しい登山道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人工林と自然林が混じった美しい登山道。
1
ここはわかりやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはわかりやすい。
1
けっこうきつい登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けっこうきつい登り。
3
尾根筋にでて休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根筋にでて休憩。
3
真っ黒な木、でも枯れてはいません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ黒な木、でも枯れてはいません。
3
軽いササ藪、踏みあとはしっかりとあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軽いササ藪、踏みあとはしっかりとあります。
2
11:44 ガンドバコバ林道に合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:44 ガンドバコバ林道に合流。
1
11:45 太尾塞でほっと一息。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:45 太尾塞でほっと一息。
2
やはり一般道は歩きやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり一般道は歩きやすい。
1
スイスイと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スイスイと。
1
H28.9.20
山主さんの手入れ記録。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
H28.9.20
山主さんの手入れ記録。
4
12:06 六道の辻。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:06 六道の辻。
1
12:17 大日岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:17 大日岳。
2
12:27 山頂に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:27 山頂に到着。
4
ランチタイム。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ランチタイム。
7
papaはガスコンロを持ち込みインスタントの煮込みうどん。
生卵に切り餅も投入。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
papaはガスコンロを持ち込みインスタントの煮込みうどん。
生卵に切り餅も投入。
8
ヤマレコの方と遭遇、写してもらいました。
暑くなるとの天気予報を信じ薄着で来てしまいましたが
寒い!ぶるぶる〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマレコの方と遭遇、写してもらいました。
暑くなるとの天気予報を信じ薄着で来てしまいましたが
寒い!ぶるぶる〜
7
山頂の紅葉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の紅葉。
4
13:22 下山開始。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:22 下山開始。
2
もみじ谷へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もみじ谷へ。
2
紅葉がはじまっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉がはじまっています。
3
落ち葉の急斜面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉の急斜面。
2
13:42 川床に到着。
さっこくあきの靴を洗います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:42 川床に到着。
さっこくあきの靴を洗います。
4
色づきはじめ、美しい谷です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色づきはじめ、美しい谷です。
3
やや水量は多い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やや水量は多い。
1
この景色、大好きです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この景色、大好きです。
3
アキチョウジ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アキチョウジ
1
サラシナショウマ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サラシナショウマ
2
巻き道をロストし、川筋を進んでしまう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻き道をロストし、川筋を進んでしまう。
2
15:05 林道に合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:05 林道に合流。
2
木材の切り出し作業中です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木材の切り出し作業中です。
1
左側が今日登った県境尾根。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側が今日登った県境尾根。
2
ススキが美しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ススキが美しい。
2
ダイコンソウ。
まだ咲いていました。
凄まじい生命力。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイコンソウ。
まだ咲いていました。
凄まじい生命力。
3
15:34 水越峠へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:34 水越峠へ。
2
帰りに行き着けの酒屋で買いました。
「金剛力士」3L 999円。
熱燗で旨し!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに行き着けの酒屋で買いました。
「金剛力士」3L 999円。
熱燗で旨し!
5

感想/記録

涼しくなってきたので久しぶりに尾根筋で登ってみようと
県境尾根をめざす。以前このルートは登ったことがあるが
かなりきついいばらの藪と格闘、その後敬遠していたが、
最近分岐点に新しいテープ、久しぶりに行ってみた。
以前登った尾根の取りつきにテープがあったが、
よく見ると、「オススメできません・・・」の文言。
さらに3分ほど進むとオススメの取りつきがあるよう。
細い荒れた林道をさらに奥に進む。ここで災難。
先行していたあきが沼に足を踏み入れてしまった。
通るひとがほとんどないこのルート、危険な沼とはわかりにくい。
足首まで泥にまみれ身動きできなくなってしまった。
なんとか無理やり引き抜いて脱出、でも片方の靴が脱げてしまった。
渾身の力で靴を引っ張り出す。中まで泥まみれの靴、洗うこともできず
そのまま登山続行、冬場だと危ないところだった。
さらに細林道を進みオススメの取りつきマークの所へ。
ここから激斜面の登攀開始。とはいえこの程度の斜面ならいつも白雲岳で
登っている。特に問題なし。所々にテープもありわかり易い。
藪こきをすることもなく太尾塞にたどりついた。
踏みあと等ほとんどないが、自然林が混じり落ち葉の美しい尾根道だった。
所々広尾根があり、下山時はルートを間違えないよう注意が必要。
(間違っても下山はできますが、藪こきするはめになります)
山頂では久しぶりにコンロを持ち込み煮つけうどんを食べる。
と、ちょうどそこへひこにゃんを携えたレコユーザーさんの方が。しばし談笑。
お声かけありがとうございました。
鉄道会社の登山企画もあったようで今日は登山者が多い。
思わぬ出会いがますます登山を面白くしてくれる。
帰りは、どろどろのあきの靴を洗うべくもみじ谷へ。
落ち葉の美しい斜面を降り、川床に到着後靴洗い。
たわしなどあるはずもなく、素手であらう。川の水は思ったより
暖かい。助かった。色づきはじめたもみじ谷の美しい景色を眺め
ながら帰路についた。
訪問者数:249人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/10/14
投稿数: 4601
2016/10/25 9:08
 私も気になってました
akipapaさん、おはようございます!
あの「県境尾根」の木札がかかるずっと前から林道を歩くたびに
小橋の先はどこへ通じているのだろうかと気になってました。
急登のきびしそうな道。akipapaさん父娘のレコを拝見して行って
みる気が一気にしぼんでしまいました
おつかれさまでした。
登録日: 2012/4/21
投稿数: 1739
2016/10/25 19:41
 Re: 私も気になってました
コメントありがとうございました。
ここから登るのは今回で2回目。
前回は手前の尾根筋を登り、いばらの藪や倒木と
大格闘しました。(オススメできません)
今回はさらに奥のややゆるやかな尾根からです。
藪こきをすることもなく登れました。
明瞭なルートではありませんが、上り方向なら単純に尾根をたどるだけ。
道迷いの心配はないと思います。下り方向は方向を間違いやすく危険。
上り方向でぜひtryしてみて下さい。
登録日: 2013/11/27
投稿数: 125
2016/10/27 8:52
 府県境
あの通い慣れた?林道は奈良県とは今頃になって知りました。県境は尾根にあるのが自然、と納得です。
ありがとうございました。
登録日: 2014/3/9
投稿数: 60
2016/10/27 11:10
 金剛山旧登山道
akipapaさん、あきちゃん、こんにちは。
>登山者のものすごく多いもみじ祭りの日でも、関屋道、伏見道はだれとも出合わない。
>奈良県側ももっと登る人が増えてほしいものだ。
奈良側から登る人が最も多いのはやはり高天道でしょうね。私はいまでも水越峠経由でよく登りますが、歩いている人にはまず会いませんね。
以前akipapaさんが子供のころ、関屋道旧道を登ったと書かれていましたが、祈りの滝のすぐ上の東屋のある公園横から車道と分かれて水分の落ち口(不動の滝のすぐ上)へ続く道を登られたことはありませんか。今は後半の部分は廃道になっています(国土地理院の地図ではいまでも全通している)が、かっては金剛山へ登るなら、車道を歩いて水越峠を経由するよりも、こちらのほうが近いので結構使われていたと思います。30年程前には、ガンドコバ林道の分岐のところにも案内表示があったように覚えています。
登録日: 2012/4/21
投稿数: 1739
2016/10/27 20:49
 Re: 府県境
そうなんです、あの長い林道は奈良県、金剛山の山頂も奈良県、でも登る人の大半は
大阪府の人、寂しい限り。奈良県勢がんばれ!
それはさておき、今回の県境尾根はかなり険しい道、でも登る人が増えてくれば
サネ尾のようにそれなりに快適なルートになることでしょう。
登録日: 2012/4/21
投稿数: 1739
2016/10/27 20:54
 Re: 金剛山旧登山道
残念ながらこの道は未踏です。たぶん崖崩れでだれも通らなくなったのだと思います。
30年程前は案内表もあったのですね!その頃は、私、ほとんど山登りには興味なし、
知りませんでした。前から興味があり、一度通ってみたいとは思っていますが。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ガス 林道 紅葉 倒木 巻き道 堰堤 登攀
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ