ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 990152 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

高尾山、歩いて登れるかな?

日程 2016年10月23日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山hase130
天候重いくもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
9時少し前、市営駐車場1000円は満車でした。
係員に神社の1500円を勧められたが、
高尾IC方面に数分走ったサンクス手前の信号を右折した参道には
お食事処の駐車場が1000円であり、ここに駐車した。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間43分
休憩
1時間26分
合計
5時間9分
S高尾山・清滝駅09:0210:08稲荷山10:1311:30高尾山11:4211:58高尾山薬王院12:0712:30霞台園地13:2413:56高尾山・清滝駅14:0214:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
登りの1/3は2歳11ヶ月児の手を引き歩きまして
残りの2/3はカンガルー状態で登りました。
山頂直下の階段手前では20分ほどの大休憩をしています。
下りは基本的に子供を歩かせました。
コース状況/
危険箇所等
登山道は基本、運動靴以上の靴で来ましょう。
その他周辺情報山頂から薬王院、サル園までは、色々あります。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

1/3ここで2才11ヶ月児は自力登山ギブアップとなり、カンガルー登山となりました。
2016年10月22日 09:58撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1/3ここで2才11ヶ月児は自力登山ギブアップとなり、カンガルー登山となりました。
1
カルピス大好き坊や
2016年10月22日 10:10撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カルピス大好き坊や
2
山頂にワープです。杭の2面に表札があり、表参道側には行列ができ、展望台側には列はなく、ふしぎな感じです。
2016年10月22日 11:31撮影 by Canon PowerShot A3300 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にワープです。杭の2面に表札があり、表参道側には行列ができ、展望台側には列はなく、ふしぎな感じです。
3
ランチは大好きな蕎麦かと思ったら飴玉1個で!?
2016年10月22日 11:40撮影 by FJL22, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ランチは大好きな蕎麦かと思ったら飴玉1個で!?
2

感想/記録

そろそろ登山デビューをさせてみようと思い、高尾山へ行ってきました。
まさかの駐車場満車には驚き、温泉が出来て狭くなった??
とりあえず1日1000円の駐車場を見つけ歩き始めたが
絶対見せたくはなかったケーブルカーと遭遇してしまい、
「あれ、見て〜」と指を挿す息子に軽く相槌をして稲荷山コースへ侵入。
転倒させないように手を引きながらの歩行も少しは慣れてきたかな。
登り始めて10分、「喉渇いた〜、カルピス飲みたい」、
途中のコンビニで買ったカルピスを見せても教えてもいないのに
何故かザックの中に入っているのを知っていた息子はエスパーですか?
なかなかの飲みっぷり、しかもそのまた10分後にも「喉渇いた」とリクエスト

結局40分で「喉渇いた」から「疲れた」に変わり
60分後には「おうち帰りたい」とギブアップとなりました。
まぁ、1/3まで良く歩いたかな。

さて、時間はたっぷりあるし、
このまま下山しては妻に「もう帰ってきたの?」と言われてしまう。
自分としても不完全燃焼どころか、燃焼さえも始まっていない状態。
ザックの腰バンドに息子の膝下を巻き込み、両手で上半身とお尻を持ち
12.5kgの息子を抱えた状態で登ることにした。
普通の登山でも10kg、テント泊の時とかは12kg、
ウエイトトレーニングも兼ねて、凄くゆっくり登るが
まぁ緩い高尾山と肌寒い気温に助けられ、階段以外は難なく登れた。
しかし目の前には涼しい顔で真上を眺める息子、一瞬呆れてしまった。

でもラスボスの280段?の階段は要注意だった。
マナー違反とは承知だったが、2/3から熟睡した息子を腹に乗せて
ベンチに暫く寝転がっていた、たぶん20分近く。
それでも起きない息子。
仕方なくカンガルー状態で突入する、少し広くなっている部分で
ゼーハー息を整えながら登っていて、もう少しのところで気力が尽き
息子に歩行させて登頂成功となりました。

まぁ、こんな曇り空なのに、凄い人、人、人。
大好物の蕎麦でも食べさせようと思ったら、
駐車場で約束した「山頂で飴玉あげる」というのを覚えていて
私はアンパン、息子は飴玉1個を食し、まさかの下山開始。

下り坂が大好きな息子は快調に歩くが、団子屋で「お腹すいた」と買い食い
サル園に寄ってエサを上げてまた歩き出すと、蕎麦屋で「お腹すいた」と買い食い
しかも蕎麦が足りなかったらしく、さっきの黒い団子を食べたいと。
なんて食いしん坊なんだろう。

薬王院で、3週間前に生まれた次男の御守りを買い、参拝して
歩きやすい石畳から、再び登山道に入って高尾病院に下りました。
病院まで数分のところで、疲れてギブアップしてしまったが
帰りの車で本人に聞いたら、「また来たい」とリベンジを誓っておりました。
訪問者数:142人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ