ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 990407 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

栗沢山、アサヨ峰 〜 快晴、絶景 〜

日程 2016年10月16日(日) [日帰り]
メンバー Aki2shima
天候快晴
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間57分
休憩
1時間17分
合計
6時間14分
S北沢峠07:0107:06仙丈ヶ岳二合目登山口07:10長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)07:1408:30栗沢山08:4409:34アサヨ峰10:0510:30ミヨシノ頭11:20早川尾根小屋11:2411:40広河原峠11:5612:51広河原峠入口12:5813:02白鳳峠入口13:0313:12広河原・吊り橋分岐13:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 〃沢山からアサヨ峰に向かう始めの登山道がわかりにくかった
◆々河原峠からの下山道が、登山道が荒れ気味。わかりにくい所や倒木で歩きにくい所がありました
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

バスを乗り継いで、北沢峠に到着(芦安市営駐車場 → 広河原 → 北沢峠 )。北沢峠は寒い。
2016年10月16日 07:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスを乗り継いで、北沢峠に到着(芦安市営駐車場 → 広河原 → 北沢峠 )。北沢峠は寒い。
寒いけど、登山者はこんなにも多い
2016年10月16日 07:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒いけど、登山者はこんなにも多い
1
まずは、車道を少し戻るよう(広河原方向)に歩く
2016年10月16日 07:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは、車道を少し戻るよう(広河原方向)に歩く
ここから、まずは長衛小屋に向かいます
2016年10月16日 07:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから、まずは長衛小屋に向かいます
テント場には、こんなに多くのテントが張られていて驚きました
2016年10月16日 07:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場には、こんなに多くのテントが張られていて驚きました
4
長衛小屋(前を通り過ぎただけ)
2016年10月16日 07:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長衛小屋(前を通り過ぎただけ)
長衛小屋の前の橋を渡る
2016年10月16日 07:12撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長衛小屋の前の橋を渡る
長衛小屋の前の橋を渡ったところで、仙水峠と栗沢山への登山道が分かれる。栗沢山の登山道に行く。
2016年10月16日 07:13撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長衛小屋の前の橋を渡ったところで、仙水峠と栗沢山への登山道が分かれる。栗沢山の登山道に行く。
登り始めは、こんな感じの登山道
2016年10月16日 07:16撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めは、こんな感じの登山道
1
傾斜が一旦緩んだところで、甲斐駒ケ岳が大迫力で現れる。素晴らしい・・・
2016年10月16日 08:17撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜が一旦緩んだところで、甲斐駒ケ岳が大迫力で現れる。素晴らしい・・・
4
仙丈ヶ岳も素晴らしい。カール地形がよくわかります。
2016年10月16日 08:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳も素晴らしい。カール地形がよくわかります。
3
もう少し。ここを登り上がって、すこし向こうに栗沢山の山頂がありました
2016年10月16日 08:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少し。ここを登り上がって、すこし向こうに栗沢山の山頂がありました
1
栗沢山の山頂。先着者、カッコイイお兄さんが二人いました。
2016年10月16日 08:36撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗沢山の山頂。先着者、カッコイイお兄さんが二人いました。
3
栗沢山の山頂標識に向こうに神々しいほどの甲斐駒ケ岳。最高です。今日は快晴ですべての山がすばらしい。絶景、360°のパノラマ。
2016年10月16日 08:37撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗沢山の山頂標識に向こうに神々しいほどの甲斐駒ケ岳。最高です。今日は快晴ですべての山がすばらしい。絶景、360°のパノラマ。
4
甲斐駒ヶ岳ズーム・・・山頂付近が、手に取るよう・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳ズーム・・・山頂付近が、手に取るよう・・・
2
そびえる北岳
2016年10月16日 08:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そびえる北岳
4
栗沢山からみたアサヨ峰。これから、こちらに向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗沢山からみたアサヨ峰。これから、こちらに向かいます。
3
振り返ってみた栗沢山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ってみた栗沢山
2
栗沢山が徐々に遠くなります
2016年10月16日 09:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗沢山が徐々に遠くなります
1
栗沢山 → アサヨ峰 で一番の岩登り・・・といっても三点支持で4〜5歩上がれば平らな登山道がみえます
2016年10月16日 09:21撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗沢山 → アサヨ峰 で一番の岩登り・・・といっても三点支持で4〜5歩上がれば平らな登山道がみえます
2
アサヨ峰の頂上に、人が立っているのが見えます
2016年10月16日 09:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アサヨ峰の頂上に、人が立っているのが見えます
1
着きました、アサヨ峰。青空がなんと素晴らしいことでしょう・・・
2016年10月16日 09:35撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着きました、アサヨ峰。青空がなんと素晴らしいことでしょう・・・
4
今日の目標の山、アサヨ峰頂上です(2799m)。今日の天気もあって、この山頂からの眺めは、感動以外の何物でもありません。山に登っていてこんなにも素晴らしい日はめったにありません。
2016年10月16日 09:37撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の目標の山、アサヨ峰頂上です(2799m)。今日の天気もあって、この山頂からの眺めは、感動以外の何物でもありません。山に登っていてこんなにも素晴らしい日はめったにありません。
4
ちょっと下に、山梨百名山の標識と三角点があります
2016年10月16日 09:39撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと下に、山梨百名山の標識と三角点があります
2
百名山二重奏 その1・・・甲斐駒ヶ岳と八ヶ岳
2016年10月16日 09:40撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百名山二重奏 その1・・・甲斐駒ヶ岳と八ヶ岳
5
百名山二重奏 その2・・・仙丈ヶ岳と中央アルプス
2016年10月16日 09:39撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百名山二重奏 その2・・・仙丈ヶ岳と中央アルプス
3
百名山二重奏 その3・・・北岳と塩見岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百名山二重奏 その3・・・北岳と塩見岳
4
百名山二重奏 その4・・・鳳凰三山と富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百名山二重奏 その4・・・鳳凰三山と富士山
2
アサヨ峰からのパノラマを充分に堪能した後、早川尾根小屋へ向かいます。
2016年10月16日 10:07撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アサヨ峰からのパノラマを充分に堪能した後、早川尾根小屋へ向かいます。
早川尾根を行くとしばらくして樹林帯に入る。意外とアップダウンあります。気がつくと登山道に三角点あり(地図上の "2463.7" 地点)、これから間もなく早川尾根小屋です。
2016年10月16日 11:17撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早川尾根を行くとしばらくして樹林帯に入る。意外とアップダウンあります。気がつくと登山道に三角点あり(地図上の "2463.7" 地点)、これから間もなく早川尾根小屋です。
1
早川尾根では誰とも会いませんでしたが、早川尾根小屋の前では、女性二人と男性一人の方が休憩していました。
2016年10月16日 11:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早川尾根では誰とも会いませんでしたが、早川尾根小屋の前では、女性二人と男性一人の方が休憩していました。
2
早川尾根小屋の敷地を出るところに、こんな手書きの注意書きの板が置いてありました。結局、広河原峠から白鵬峠は通行できないということです。広河原峠までは大丈夫。
2016年10月16日 11:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早川尾根小屋の敷地を出るところに、こんな手書きの注意書きの板が置いてありました。結局、広河原峠から白鵬峠は通行できないということです。広河原峠までは大丈夫。
1
気持ちのよい林道歩きです。
2016年10月16日 11:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちのよい林道歩きです。
2
早川尾根小屋から25分足らずで広河原峠に着きました。
2016年10月16日 11:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早川尾根小屋から25分足らずで広河原峠に着きました。
広河原峠から八ヶ岳がよく見えます。
2016年10月16日 11:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原峠から八ヶ岳がよく見えます。
2
広河原峠から南アルプス林道(広河原−北沢峠間のバスの通る車道)へ下る登山道は、結構荒れています。倒木も多く、踏み跡がわかりにくい所がありました。
2016年10月16日 11:58撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原峠から南アルプス林道(広河原−北沢峠間のバスの通る車道)へ下る登山道は、結構荒れています。倒木も多く、踏み跡がわかりにくい所がありました。
1
倒木を乗り越えます。
2016年10月16日 12:33撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木を乗り越えます。
1
一ヶ所、橋を渡る所がありました。
2016年10月16日 12:50撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ヶ所、橋を渡る所がありました。
1
下に車道がみえました。一安心。
2016年10月16日 12:53撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下に車道がみえました。一安心。
1
車道に出たところには標識がなく、その少し北沢峠側に行った先(20〜30mぐらい)に、広河原峠入口の標識がありました。
2016年10月16日 12:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道に出たところには標識がなく、その少し北沢峠側に行った先(20〜30mぐらい)に、広河原峠入口の標識がありました。
2
あとは広河原インフォメーションプラザまで車道歩き(20分程度)です。
2016年10月16日 12:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは広河原インフォメーションプラザまで車道歩き(20分程度)です。
まだ、空は晴れ渡っています。
2016年10月16日 12:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ、空は晴れ渡っています。
1
広河原に行く途中、白鵬峠入口の標識があります
2016年10月16日 13:03撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原に行く途中、白鵬峠入口の標識があります
1
広河原インフォメーションプラザに到着、山行終了!
2016年10月16日 13:15撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原インフォメーションプラザに到着、山行終了!

感想/記録

 10月も半ばになり、大分寒くなってきた。朝5時、芦安市営駐車場から乗合タクシーへ乗車し、広河原へ。
タクシーの中で、先週は北岳でアイゼンが必要な所があったとドライバーの話が耳に・・・今回、アイゼンは持ってきてない!ちょっと焦りました(結局、この山行で、霜柱を見たのが1〜2箇所という状況で、アイゼンが必要な所は全く無くなかった)。
広河原から北沢峠へ向かうバスに乗り換えるが、バスが20分ほど早めに発車してくれたため、北沢峠へ予定より早く着いた。
北沢峠峠は、寒かった。芦安、広河原と比べて、一段と寒さを感じました。

 長衛小屋の手前にあるテント場の、テントの数にはびっくり。そしてよくみるとテントの上にはうっすらと白い霜が乗っていました。
 栗沢山を目指して登ります。
 栗沢山へ登りが少し緩んだところで突然視界が開け、そこに現れた甲斐駒ケ岳の迫力に感動しました。この上には栗沢山の頂上と思われた岩がみえます(実際は、そこは頂上ではありません)ので、もうひと頑張りして、頂上になります。ここでは、全くさえぎるもののない素晴らしいパノラマに感動!!雲ひとつない快晴でした。

 栗沢山を後にして、アサヨ峰に向かいますが、この山頂から少し降りたところから小さなピークを越える部分は、道がハイマツに隠されたりして登山道がわかりにくかったです。ちょっとした岩場もありますが、それはとくに問題ありません。

 そうこうしているうちに、アサヨ峰に着きました。アサヨ峰は山梨百名山のひとつ。栗沢山より85mほど高いため、栗沢山よりもっと景色が素晴らしいように思われました。頂上にいた人が、この景色は何時間みても見飽きない、と言っていましたが、まさにその通りでした。ここから見える山は、有名な山だけでも相当な数になると思われます。この頂上に結構な時間いましたが、登って来たみんなもそれ以上にいて簡単に下山する人はいませんでした。

 まさしくスカイブルーの空とそれをバックにした景色のすばらしさを目に焼き付けて、名残惜しいですが下山をしました。南西の方角にある鳳凰三山に続いている早川尾根を歩きます。樹林帯になります。早川尾根はアサヨ峰から見たより、結構アップダウンがありました。アサヨ峰から下ってから誰にも会いませんでしが、早川尾根小屋で休憩していた3人の登山者に会いました。

 早川尾根小屋の敷地のから出るところに、手書きの注意書きがあり、広河原峠と白鵬峠間は崩壊のため通行不可で、迂回路もないことが書かれていました。広河原峠までは問題なく行けます。

 広河原峠からの下山道は、結構荒れていました。登山道がわかりにくところや登山道を塞ぐような倒木も多々ありました。通る人が少ないのでしょうか。この道を下山するなら(下山が北沢峠でも広河原でもどちらでもよいのであれば)、アサヨ峰からの下山は栗沢山に戻り、そこから長衛小屋・北沢峠に降りられるのがよいと感じました(多分時間的にもそちらのほうが早そうです)。しかし、特に道迷いもなく、広河原−北沢峠間の車道(南アルプス林道)に無事に着き一安心しました。

あとは林道を20分ほど歩いて、広河原インフォメーションプラザに到着しました。
この時も、まだ快晴。

今日の素晴らしいアサヨ峰からの絶景は、当分忘れないでしょう!!
訪問者数:242人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/10/3
投稿数: 6
2016/11/8 11:29
 ちょうど最近、行けずじまいだった山々
Aki2shimaさん、こんにちは。

山行記録書かれていたのまったく気付かず、今更のコメント失礼します。
フォロー者の山行記録はマイページに表示されないことを今更知りました、、。

栗沢山、アサヨ峰に行かれていたのですね!
某CMの舞台ということで私の周辺でも話題になり、10月末に行く予定だったのですが今季は結局行けませんでした。残念。。

快晴で素晴らしい山行だったようですね。写真や文章を拝見していて胸が高鳴りました。
北岳、塩見岳、鳳凰三山に富士山と、登ってみたい山々が見渡せるアサヨ峰、来季こそは行きたいと思います。

レポート、詳細が記載されていてとても助かります。次回の計画に参考にさせていただきます。
登録日: 2013/8/13
投稿数: 4
2016/11/9 1:16
 コメント、ありがとうございます
読んで頂いて、嬉しいです。

本当に、この日は最高でした。 天気の良い日を狙って、是非とも行ってみてください。
感動間違いなしです。

テレビをほとんど見ないため、CMのことは、この山に登った後に知りました(そう、いつも世の中から、置いてきぼり状態です!! でも、このCMをみて、山の感動が再び湧いてきました)

いままでヤマレコは次の山行のために読むだけでしたが、これから少しでも情報発信してみようと、少しづつ頑張って書いています(かなり前の山行も、素晴らしい山はupしようと考えています)。 よろしければ、また読んでください。

mka10さんの、レコも期待しています。 

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ