ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 990523 全員に公開 ハイキング東海

烏帽子岳・めいほうスキー場から林道周回

日程 2016年11月06日(日) [日帰り]
メンバー miya_sekkei
天候曇り風強し
アクセス
利用交通機関
車・バイク
めいほうスキー場の駐車場を利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間45分
休憩
1時間0分
合計
5時間45分
Sスタート地点06:4507:25水沢上林道・西俣林道分岐08:25烏帽子岳登山口09:10烏帽子岳・気良烏帽子岳分岐09:20烏帽子岳09:2509:35気良烏帽子岳撤退09:4010:15烏帽子岳登山口10:2011:25水沢上林道・西俣林道分岐11:4011:55きずなの森ゲート12:2512:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 全コース、ハイカーがあまり入らないマイナーコースです。
 登山道は薄いササの藪漕ぎがありますが、良く踏まれているので道はそれなりに明瞭で危険個所はありません。
 むしろ林道は枝道作業路が頻繁にあるうえ、道標が一切ないので確かなルーファイが必要です。
 3カ所ほど林道を横切るコンクリート水路があるので防水機能が高い登山靴がベターです。
 ※ルートは”みんなの足跡”を参考に手入力。

装備

個人装備 地形図(S=1/25000) コンパス必携

写真

めいほうスキー場の駐車場を利用。
2016年11月06日 06:53撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
めいほうスキー場の駐車場を利用。
3
スキー場全景
2016年11月06日 12:20撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場全景
1
リフトの下をくぐり抜けて林道を直進。
2016年11月06日 06:57撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフトの下をくぐり抜けて林道を直進。
1
きずなの森ゲートの脇を通過。
2016年11月06日 06:58撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きずなの森ゲートの脇を通過。
1
全ルート、三井農林の民有地のようです。
2016年11月06日 06:59撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全ルート、三井農林の民有地のようです。
1
今日は道迷いしないように地形図を見ながら慎重にトレース。
2016年11月06日 07:17撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は道迷いしないように地形図を見ながら慎重にトレース。
歴史遺産のような古色蒼然のしんごし橋。
橋銘板では昭和40年11月竣工です。
2016年11月06日 07:19撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歴史遺産のような古色蒼然のしんごし橋。
橋銘板では昭和40年11月竣工です。
水沢上林道と西俣林道の分岐、往路は右折、復路は左側。
2016年11月06日 07:24撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水沢上林道と西俣林道の分岐、往路は右折、復路は左側。
S字の林道三叉路、地図に表示のない枝道林道要注意。
2016年11月06日 07:36撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
S字の林道三叉路、地図に表示のない枝道林道要注意。
夏草も枯れて歩き易い林道。
2016年11月06日 08:04撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏草も枯れて歩き易い林道。
右が烏帽子岳・左が気良烏帽子岳の展望。
2016年11月06日 08:05撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右が烏帽子岳・左が気良烏帽子岳の展望。
1
林道を横断するコンクリート水路、この程度の水深なら問題なし。
2016年11月06日 08:11撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を横断するコンクリート水路、この程度の水深なら問題なし。
1
コンクリート水路の上流沢。
2016年11月06日 08:11撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コンクリート水路の上流沢。
2
赤テープの登山道入り口、ここまで来れば一安心。
2016年11月06日 08:25撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤テープの登山道入り口、ここまで来れば一安心。
1
登山口にあった歴史遺産の道標を発見。
2016年11月06日 10:13撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口にあった歴史遺産の道標を発見。
1
意外と道は明瞭で、笹が良く刈り込まれていて歩き易い登山道。
2016年11月06日 08:45撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
意外と道は明瞭で、笹が良く刈り込まれていて歩き易い登山道。
烏帽子岳と気良烏帽子岳との分岐。
2016年11月06日 09:08撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳と気良烏帽子岳との分岐。
3
かなり昔の鉈目の標示。
2016年11月06日 09:09撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり昔の鉈目の標示。
3
登山道のど真ん中にイノシシのぬた場。
2016年11月06日 09:15撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道のど真ん中にイノシシのぬた場。
2
烏帽子岳三角点とザックの記念撮影。
2016年11月06日 09:18撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳三角点とザックの記念撮影。
4
朽ちた山頂の道標も歴史遺産、山頂は広く下草が刈り込まれて良い雰囲気だが、
2016年11月06日 09:21撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朽ちた山頂の道標も歴史遺産、山頂は広く下草が刈り込まれて良い雰囲気だが、
4
ガスっていて展望なし、天気さえ良ければ珈琲ブレークだが、強風なのでそそくさと下山。
2016年11月06日 09:19撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスっていて展望なし、天気さえ良ければ珈琲ブレークだが、強風なのでそそくさと下山。
1
3km先の鷲ガ岳も展望なし。
2016年11月06日 09:19撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3km先の鷲ガ岳も展望なし。
気良烏帽子岳への軽い藪漕ぎの登山道。
2016年11月06日 09:32撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気良烏帽子岳への軽い藪漕ぎの登山道。
1
100mほど進んだが、人の背丈の笹藪であっさり撤退。
2016年11月06日 09:35撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
100mほど進んだが、人の背丈の笹藪であっさり撤退。
登山口、復路の西俣林道に直行、夏場なら藪漕ぎで大変なアルバイトかな?
2016年11月06日 10:17撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口、復路の西俣林道に直行、夏場なら藪漕ぎで大変なアルバイトかな?
林道横断コンクリート水路、ここは溝が切ってあるので水深ゼロ。
2016年11月06日 10:46撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道横断コンクリート水路、ここは溝が切ってあるので水深ゼロ。
黄葉のカラマツの林道、のんびり歩きが良い雰囲気、
2016年11月06日 10:59撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄葉のカラマツの林道、のんびり歩きが良い雰囲気、
急登がないので脚と心臓に優しい林道歩き。
2016年11月06日 10:59撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登がないので脚と心臓に優しい林道歩き。
薄いペンキのマルトとエボシの分岐、先週の道迷いの検証。
2016年11月06日 11:03撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄いペンキのマルトとエボシの分岐、先週の道迷いの検証。
ここが一番深いコンクリート水路、5cmほど、撥水剤で機能強化したが、やはり水漏。
2016年11月06日 11:06撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが一番深いコンクリート水路、5cmほど、撥水剤で機能強化したが、やはり水漏。
最後のコンクリート水路、ここでも靴水漏、そろそろ買い替え時かな?
2016年11月06日 11:26撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のコンクリート水路、ここでも靴水漏、そろそろ買い替え時かな?
上流側の沢、奥は花房展望台だそうです。
2016年11月06日 11:26撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上流側の沢、奥は花房展望台だそうです。
1
紅葉ののんびり林道歩き。
2016年11月06日 11:31撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉ののんびり林道歩き。
1
紅葉と水の豊富な渓谷を眺めながらの林道歩き、
2016年11月06日 11:36撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉と水の豊富な渓谷を眺めながらの林道歩き、
2
このコースは紅葉と渓谷の景観に恵まれています。
2016年11月06日 11:35撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このコースは紅葉と渓谷の景観に恵まれています。
2
紅葉に包まれた座り心地の良い岩のベンチで、あんぱん・じゃむぱん・珈琲のランチタイム。
2016年11月06日 11:49撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉に包まれた座り心地の良い岩のベンチで、あんぱん・じゃむぱん・珈琲のランチタイム。
3
拡大地形図とコンパス、今回は大いに助かりました。
国土地理院さんに感謝。
2016年11月07日 16:23撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
拡大地形図とコンパス、今回は大いに助かりました。
国土地理院さんに感謝。

感想/記録

 先先週の母袋烏帽子岳の山頂で見た岐阜百山の明宝の烏帽子岳が気になり山行計画をしました。
 同じルートを先週トライしたが、地形図とコンパスを頼りとは言え、これほど分かり難い林道も久し振りで、残念ながら烏帽子岳登山口が分からず撤退。
 先週の山行では水沢上林道と西俣林道を取り違え南側の林道を彷徨し、里山の林道歩きを甘く見ていました。
 道標の無い林道登山道の難しさを改めて知りました、反省です。
 今回二回目の山行で林道の全コースを地形図をにらみながら慎重にトレースして間違えずに登攀することができました。
 天気が悪いせいで紅葉もイマイチでした、烏帽子岳は無事登頂できて満足ですが、気良烏帽子岳は酷い人の背丈程の笹藪漕になり、寧比曽岳のトラウマで高齢ソロでは無理とあっさり諦めました。
 ところでヤマテン大日が岳ではCでしたのでやっぱり悪天候でした、こんな天気ではなおさらハイカーに合うことは、やはりありませんでしたが、2頭の鹿に合いました。
 今回も静かと言うより寂しい山行になりました。
訪問者数:141人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ