ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 990658 全員に公開 ハイキング奥秩父

奥秩父埼玉最奥部をちょびっと味わう 将監峠〜東仙波〜カバアノ頭

日程 2016年10月23日(日) [日帰り]
メンバー awaya-daizen
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間51分
休憩
28分
合計
7時間19分
S民宿みはらし08:0908:30牛王院下08:3509:33将監小屋09:3609:49将監峠09:5210:02牛王院平(牛王院北)10:08山ノ神土10:50リンノ峰11:13西仙波(前仙波)11:37東仙波(奥仙波)11:3812:04カバアノ頭12:0812:31東仙波(奥仙波)12:3512:49西仙波(前仙波)13:07リンノ峰13:0814:15山ノ神土14:20牛王院平(牛王院北)14:2315:05牛王院下15:0915:27将監登山道入口15:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
崩壊しているところが一箇所あり

写真

民宿みはらしさんにクルマを駐め、スタートです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
民宿みはらしさんにクルマを駐め、スタートです
林道の歩きです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の歩きです
沢が道の上を通っているトコがあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢が道の上を通っているトコがあります
牛王院下の分岐。このまま林道を進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛王院下の分岐。このまま林道を進みます
林道というか車道ですよね。歩きやすいですが…長い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道というか車道ですよね。歩きやすいですが…長い
木々のすき間から青空がのぞいてます。こういうのも気分いいですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々のすき間から青空がのぞいてます。こういうのも気分いいですね
1
高度を上げてきますと、木々の切れ間から鶏冠山やら大菩薩嶺やら見えてきます。富士山も見えているもよう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度を上げてきますと、木々の切れ間から鶏冠山やら大菩薩嶺やら見えてきます。富士山も見えているもよう
3
将監小屋までもうすぐ。小屋に寄らずとも峠まで行けるみたいね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
将監小屋までもうすぐ。小屋に寄らずとも峠まで行けるみたいね
奥秩父主脈慈縦走路に入りました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥秩父主脈慈縦走路に入りました
小屋から峠方面をのぞみます。青空に向かって道が延びていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋から峠方面をのぞみます。青空に向かって道が延びていました
1
峠まではすぐでしたが、結構傾斜がキツかったorz
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠まではすぐでしたが、結構傾斜がキツかったorz
主脈縦走路を離れて東仙波、和名倉山方面に向かいます。写真はそれほどでもないですが、クマザサが茂って踏み跡が不明瞭なトコなどもありました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主脈縦走路を離れて東仙波、和名倉山方面に向かいます。写真はそれほどでもないですが、クマザサが茂って踏み跡が不明瞭なトコなどもありました
原生林の中を進むと、やがて視界が開けます。リンノ峰かと思ったらその手前のピークのもよう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
原生林の中を進むと、やがて視界が開けます。リンノ峰かと思ったらその手前のピークのもよう
2
奥秩父主脈縦走路東側の面々。竜喰山〜三ツ山〜雲取山って感じでしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥秩父主脈縦走路東側の面々。竜喰山〜三ツ山〜雲取山って感じでしょうか?
1
こちらは将監峠方面ですかね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは将監峠方面ですかね
リンノ峰手前のピークを巻きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リンノ峰手前のピークを巻きます
ちょっと崩壊している箇所がありました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと崩壊している箇所がありました
リンノ峰はここですかね。やはり巻きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リンノ峰はここですかね。やはり巻きます
西仙波まではここが? と思わせるピークっぽいトコが2箇所ありました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西仙波まではここが? と思わせるピークっぽいトコが2箇所ありました
疑いつつ進むと、ちゃんと案内が出てました。ですが、周囲はまったく見通しがききません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疑いつつ進むと、ちゃんと案内が出てました。ですが、周囲はまったく見通しがききません
東仙波手前で眺望が開けます。奥秩父のマッチョドラゴンこと飛龍山。お久しぶり〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東仙波手前で眺望が開けます。奥秩父のマッチョドラゴンこと飛龍山。お久しぶり〜
飛龍山から竜喰山への稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛龍山から竜喰山への稜線
北へ目を向けると吹上ノ頭から和名倉山方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北へ目を向けると吹上ノ頭から和名倉山方面
1
これは旧秩父往還の峰々でしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは旧秩父往還の峰々でしょうか?
甲武信ヶ岳方面の奥秩父主脈縦走路の峰々
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信ヶ岳方面の奥秩父主脈縦走路の峰々
ビューポイントからいったん下りまして
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビューポイントからいったん下りまして
軽く登り返しますと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軽く登り返しますと
東仙波に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東仙波に到着
ここからは唐松尾山辺りがよく見えました。トンガってるトコが西御殿岩かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは唐松尾山辺りがよく見えました。トンガってるトコが西御殿岩かな?
2
カバアノ頭に向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カバアノ頭に向かいます
踏み跡とかありません。が、前方に見えてますのでそちらに向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡とかありません。が、前方に見えてますのでそちらに向かいます
4
後方に見えていたのは、芋ノ木ドッケとかの長沢背稜の峰々でしょうか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後方に見えていたのは、芋ノ木ドッケとかの長沢背稜の峰々でしょうか
稜線上はちょっと歩きやすい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上はちょっと歩きやすい
で、着いたカバアノ頭は地味ぃ〜なピーク(^_^;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、着いたカバアノ頭は地味ぃ〜なピーク(^_^;)
2
東仙波の眺めはいいですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東仙波の眺めはいいですね
2
なんかケーブルのあった形跡が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんかケーブルのあった形跡が
2
東仙波に戻りますが、やっぱり踏み跡があるようなないような…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東仙波に戻りますが、やっぱり踏み跡があるようなないような…
なんとか戻ってきますと、霧? 雲? が出てきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか戻ってきますと、霧? 雲? が出てきた
シャクナゲのトンネルをくぐり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲのトンネルをくぐり
再び西仙波を通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び西仙波を通過
(||゜Д゜)ヒィィィ どんどんガスってきたぁ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(||゜Д゜)ヒィィィ どんどんガスってきたぁ
クマザサの中をガシガシ下ります。所々色づいてましたね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クマザサの中をガシガシ下ります。所々色づいてましたね
再び山ノ神土へ到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び山ノ神土へ到着
帰路は七ツ岩尾根ルートを進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路は七ツ岩尾根ルートを進みます
牛王院平の中を通ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛王院平の中を通ります
七ツ石尾根は結構な急坂の下りです。ここも少し色づいてました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石尾根は結構な急坂の下りです。ここも少し色づいてました
民宿みはらしさんまで帰ってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
民宿みはらしさんまで帰ってきました

感想/記録

将監峠から東仙波、そしてカバアノ頭へと行ってきました。
奥秩父の中でもそんなに人気の高いエリアとはいえない埼玉最奥部ですが、以前西御殿岩や禿岩から、木々が伐採されているのか開放感のありそうなその稜線を眺めた際に行ってみたい! と思ったンですよね。
できれば和名倉山も含めて縦走したかったんですが、それだと三ノ瀬からのコースタイムが10時間を超えるようで、日帰り専門のへたれハイカーにはもっと日の長い時期じゃないとキビシそうです。ですので無理のないように東仙波までにとどめておくことにしました。
その上でいろいろ情報を集めていると、ルートはないものの東仙波近くのカバアノ頭にも行けるのが分かりまして、それを加えてピストンすることにしました。

なお、当日は寝坊していまい、三ノ瀬到着がすっかり遅くなってしまいました。それまでは、場合によっては和名倉山にも…なんで色気もあったのですが、完全に諦めましたorz

ともあれ、三ノ瀬の民宿みはらしさんにクルマを駐めて、将監峠登山口から出発します。

<三ノ瀬〜将監峠〜山ノ神土>
将監峠までは林道を通ります。
こちらはもう車道ですね。道幅もあり、フラット。歩きやすいのでグングン高度を上げられます。ただし、面白みはあんまりありませんね(^_^;) しかも長い。
1時間半ほどで将監小屋に到着。

小屋にはなにやら作業している方がいましたが、ハイカーはひとりもいませんでした。テン場にもひとつもテントはなし。

ここから奥秩父主脈縦走路。まずは将監峠に向かいます。
距離はさほどではなく、すぐに着いたのですが、小屋からの傾斜は結構キツかった…。

峠からは先は原生林の中を通る細い道。しかし路面はよく整っていて歩きやすく、すぐに山ノ神土に着きます。

<山ノ神土〜東仙波>
ふたたび奥秩父主脈縦走路を離れてて、東仙波、白石山と書かれた細い道を進みます。
周囲は原生林で、クマザサが茂っています。このクマザサがくせ者で、腰ぐらいまで茂っているトコがありまして、踏み跡が不明瞭だったりします。倒木に気が付かずに足をとられたりしましたorz
しかし、15分も歩くとそんなクマザサの茂みはなくなり、また原生林も途切れて見晴らしがよくなります。
前方にリンノ峰手前のピークが見え、将監峠の方面がよく見渡せます。
そのピークとリンノ峰は北側を巻くように道が延びていて、こちらは木々に囲まれます。

やがて西仙波に近づいたのですが、なんかピークっぽいトコが何回か出てきます。案内も何もないので、いぶかしがりながらシャクナゲのトンネルを進んで行くと、ようやく西仙波に到着。

そして東仙波手前の岩場では気持ちいい眺望が開けてました。
南側は雲取山のあたりから飛龍山〜竜喰山の奥秩父主脈縦走路東側の峰々が見えます。
西側には甲武信ヶ岳方面の奥秩父のメインロースターたちも見えます。
八ヶ岳とか北アルプスとは見えないかな〜と目をこらしましたが、それは無理なようでした(^_^;)

そのビュースポットからいったん下って登り返しますと、東仙波到着です。

<東仙波〜カバアノ頭>
東仙波からは南に向かって下っている尾根がよく見えますが、これはカバアノ頭ではありません。やや北側にアジャストすると見えてくるのがソレ。
見えてはいますが、踏み跡などは…う〜ん、わかりません。低いクマザサに踏み跡っぽい筋があるンですが、それも不明瞭です。ですが、目的地が見えてますので方向を見失うことはなさそう…ということでクマザサの中を進みます。
やがて鞍部ぽいトコに出ますと少し歩きやすくなり、ピーク手前でまたクマザサの中を通ります。そうして着いたカバアノ頭のピークはごくごく地味ぃ〜な場所でした(^_^;)
時間も結構かかって、東仙波から30分弱でした。

<帰路>
カバアノ頭を往復している間に天候が変わり、周囲に霧(雲?)が出てきましたので、早々に退散することにします。

山ノ神土まで戻りまして、今度は将監峠には向かわずに牛王院平を通って、七ツ石尾根を下ります。昨年西御殿岩からの下山の際に通ったルートです。
牛王院平の中の道はフラットで実に歩きやすいのでズガズガと進めます。
そして七ツ石尾根は、記憶よりもキツイ急坂でした。…なんとなく一度通ったことがあるという理由で往路には使いませんでしたが、ココ登りで通っていたら結構大変だったかもと思いましたね(^_^;)

遅筆につき詳細レポートばブログにて。
http://awaya-daizen.cocolog-nifty.com/
訪問者数:195人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ