ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 990748 全員に公開 ハイキング東北

名前に惹かれて登った博士山(南会津の山めぐり 1日目)

日程 2016年10月19日(水) [日帰り]
メンバー youji
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道海泣き尾根登山口手前道路脇に7〜8台分あり
入口通路がヤブになっていますがこの奥に100台分の広場あり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間8分
休憩
52分
合計
5時間0分
S道海泣き尾根登山口08:3010:00近洞寺コース分岐10:0510:35社峰10:50博士山11:1010:50社峰11:1011:48近洞寺コース分岐11:5512:10近洞寺山13:00近洞寺尾根登山口13:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道海泣き尾根は梯子、ロープ等を使う急登がありますがさほど危険な場所ではありません。全体的に道はしっかりしています。
その他周辺情報水曜日はほとんどの日帰り温泉がお休みだったので、火曜日が定休の道の駅「きらら289」で温泉に入り、お食事処で夕食をとってから会津朝日岳登山口へ移動しました。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

里の紅葉も始まっていました
2016年10月19日 07:19撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
里の紅葉も始まっていました
色とりどりに紅葉した里山
2016年10月19日 07:20撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色とりどりに紅葉した里山
清々しい朝を迎えいい気分で登山口へ向かいます
2016年10月19日 07:42撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清々しい朝を迎えいい気分で登山口へ向かいます
大成沢の集落の真ん中で右に曲がります
2016年10月19日 07:56撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大成沢の集落の真ん中で右に曲がります
右の細い道の入口に案内標柱がありました
2016年10月19日 07:55撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の細い道の入口に案内標柱がありました
一旦、2車線の広い農道に出るので会津美里町方面へ左折するとまもなく駐車スペースがあります。車の間に広場へ下りる道がありますがヤブ状です
2016年10月19日 08:34撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦、2車線の広い農道に出るので会津美里町方面へ左折するとまもなく駐車スペースがあります。車の間に広場へ下りる道がありますがヤブ状です
熊が出るらしいです
2016年10月19日 13:19撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊が出るらしいです
駐車場から50メートルくらい先に道海泣き登山口があります
2016年10月19日 08:36撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から50メートルくらい先に道海泣き登山口があります
気持ちの良い登山道です
2016年10月19日 08:36撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い登山道です
最後の水場。ここから急登が続きます
2016年10月19日 08:44撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の水場。ここから急登が続きます
お助けロープがあります
2016年10月19日 08:52撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お助けロープがあります
1000メートルを越えると紅葉が一段と見事です
2016年10月19日 08:56撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1000メートルを越えると紅葉が一段と見事です
眩しいくらいの黄葉です
2016年10月19日 09:01撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眩しいくらいの黄葉です
山腹は色とりどり
2016年10月19日 09:01撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山腹は色とりどり
簡易梯子場もありました
2016年10月19日 09:08撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
簡易梯子場もありました
空が綺麗
2016年10月19日 09:20撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空が綺麗
名前はわかりませんが福島の山波が見えてきました
2016年10月19日 09:22撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前はわかりませんが福島の山波が見えてきました
1
またまた黄葉
2016年10月19日 09:30撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまた黄葉
もう一度黄葉
2016年10月19日 09:30撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一度黄葉
シャクナゲ洞門につきました。一服
2016年10月19日 09:37撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ洞門につきました。一服
真っ赤なモミジがすごい
2016年10月19日 09:46撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ赤なモミジがすごい
1
尾根に出ました。正面のドウダンツツジが見事に黄葉していました
2016年10月19日 10:03撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出ました。正面のドウダンツツジが見事に黄葉していました
ドウダンツツジの黄葉
2016年10月19日 10:05撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドウダンツツジの黄葉
1
正面に磐梯山。その後ろに吾妻連峰。右端に安達太良山が見えました
2016年10月19日 10:13撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に磐梯山。その後ろに吾妻連峰。右端に安達太良山が見えました
前の写真の左側に続く山波
2016年10月19日 10:14撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前の写真の左側に続く山波
さらに左には飯豊連峰が見えました
2016年10月19日 10:14撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに左には飯豊連峰が見えました
ずっと奥に見えたこの山はどこだろう
2016年10月19日 10:15撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと奥に見えたこの山はどこだろう
またまた黄葉写真
2016年10月19日 10:20撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまた黄葉写真
ブナの黄葉も見事です
2016年10月19日 10:21撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの黄葉も見事です
2
しつこいくらい黄葉しています
2016年10月19日 10:28撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しつこいくらい黄葉しています
紅葉は珍しいです
2016年10月19日 10:47撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉は珍しいです
補修された一等三角点?と割れた看板
2016年10月19日 11:14撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
補修された一等三角点?と割れた看板
黄葉を楽しみながら下山します
2016年10月19日 11:19撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄葉を楽しみながら下山します
岸壁も色とりどりに紅葉しています
2016年10月19日 11:40撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岸壁も色とりどりに紅葉しています
尾根にはクロベの巨木が沢山ありました
2016年10月19日 11:44撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根にはクロベの巨木が沢山ありました
クロベの大木
2016年10月19日 11:48撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クロベの大木
1
博士山を振り返ります
2016年10月19日 11:46撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
博士山を振り返ります
まだたま゛黄葉は続きます
2016年10月19日 11:51撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだたま゛黄葉は続きます
1
オレンジ色の紅葉も見られます
2016年10月19日 12:11撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オレンジ色の紅葉も見られます
近洞寺跡の黄葉
2016年10月19日 12:13撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近洞寺跡の黄葉
すごい黄色!!!
2016年10月19日 12:24撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すごい黄色!!!
モミジも綺麗
2016年10月19日 12:26撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モミジも綺麗
黄葉が続きます
2016年10月19日 12:34撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄葉が続きます
もっと続きます
2016年10月19日 12:34撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もっと続きます
やっと近洞寺尾根登山口に出ました。2車線の立派な林道?農道?時々大型ダンプが通ります
2016年10月19日 13:02撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと近洞寺尾根登山口に出ました。2車線の立派な林道?農道?時々大型ダンプが通ります
博士山を見ながら駐車場へ戻ります
2016年10月19日 13:08撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
博士山を見ながら駐車場へ戻ります

感想/記録
by youji

 山というのは高さに惹かれることは確かだが名前に惹かれることもままある。西上州の物語山もそうだが、今回登った博士山は百名山どころか三百名山の片隅にも見当たらないが名前に惹かれる山の最たるもだろう。

 名前の由来はいろいろあるようだが名前の詮索はさておいて、南会津の山めぐりの1日目に選んだのは、登頂時間が5時間もかからないので、早朝出発の日に登るのはちょうどよかったからだ。

 午前2時に自宅を出て、登山口に着いたのが午前8時だ。真っ直ぐ向かえば5時間ほどで着くはずだが、途中眠気に襲われてサービスエリアで仮眠したり、紅葉が始まった山々に見とれたりしながらのんびり走ったのでこの時間になったのだ。

 天気は予報通りの晴れ。登山口の駐車場には横浜ナンバーの軽が一台停まっていた。出発準備をしている間に、ランドクルーザーに乗った郡山の男性が到着した。博士山は初めてだそうだが山慣れた様子で登山口に履き替えると先行して山に入っていった。

 高さもさほど高くないし時間もかからない山なのに初っ端から鎖場や梯子が出てくる急登が続いた。あっという間に汗が噴き出る。しっかり汗をかかされたころシャクナゲ洞門に着いた。大岩が二つに割れて洞門をつくっていた。一息ついたのもつかの間でこの先にもまだまだ急登が待っていた。

 しっかり色付いた木々が朝日に照らされて輝いている。あとから後から赤や黄色に紅葉した木々が代わる代わる出てくるので何枚写真を撮っても切りがない。尾根の分岐点に飛び出すと正面に一段と輝きを増したドウダンツツジが飛び込んできた。眩しいばかりに黄葉している。

 この山頂へ至る尾根筋は日当たりもよく木々は見事に黄葉している。おまけに北から東にかけての展望がよく、福島の山々がずらりと並んでいる。似たような山波ばかりでどこが何て山なのかサッパリわからない。何度も足を止めて目をこらしていたら郡山の男性が早々と山を下りてきた。横浜ナンバーの二人連れも一緒だった。

 郡山の方に山の名前を尋ねたら即座に左端から右端までの山を教えてくれた。その説明によると、左端の大きな山波は飯豊連峰でその右の大きな三角山は磐梯山だという。磐梯山といえば大きく二つのピークに分かれた姿しかイメージしていなかったのでこんな風に三角に見えるとは思っていなかった。磐梯山の後ろの山が吾妻連峰で、右端のなだらかな山波が安達太良山だという。

 展望と黄葉を楽しみながら博士山の山頂に着いた。先行していた方たちはすでに下山しているので山頂を独り占め出来た。ガイドブックには素晴らしい展望が得られると書いてあったが、山頂を囲む木々が大きく育ってしまったのでほとんど展望はなかった。

 風もなく穏やかに晴れ渡った青空の下の山頂は汗ばむくらい暑かった。ゆっくり食事をしてから補修された一等三角点と壊れた看板を入れて記念写真を撮った。下山コースの近洞寺尾根の黄葉も楽しみだ。そうだ途中にある眺めのよいところでもう一度福島の山々の展望を楽しもう。

 南会津地方の日帰り温泉施設のほとんどが水曜日が定休日だ。しかたなく、明日登る予定の会津朝日岳からはちょっと離れた道の駅「きらら289」に立ち寄った。ここは前にも利用したことがある。日帰り温泉があるし食事も出来るので至極便利なのだ。

 朝日岳は山深い山だし登山口も国道からかなり奥まったところにある。早めに夕食を済ませ、明るいうちに朝日岳登山口まで行くことにしよう。
訪問者数:151人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ