ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 991261 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

鋸岳〜甲斐駒ヶ岳

日程 2016年10月21日(金) 〜 2016年10月22日(土)
メンバー aonisaimoosuke, その他メンバー1人
天候21日、高曇り
22日、晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
往路
自宅
↓車
戸台


復路
北沢峠
 ↓バス(1350円)
仙流荘
 ↓車
戸台
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間13分
休憩
55分
合計
10時間8分
S戸台登山口06:5508:39角兵衛沢渡渉点09:0012:38角兵衛沢のコル12:4913:12鋸岳13:1913:56鹿窓15:02第2高点15:1515:34中ノ川乗越16:33三ッ頭16:3617:03六合石室
2日目
山行
3時間20分
休憩
1時間4分
合計
4時間24分
六合石室05:2006:36甲斐駒ヶ岳07:1507:37六方石07:4308:10駒津峰08:1308:38双児山南峰08:5409:44北沢峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
気軽に行ってはいけない山です。
その他周辺情報仙流荘で入浴(600円)。
露天風呂は小さめですが、鋸岳が見えます。

写真

戸台からスタート
2016年10月21日 06:55撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸台からスタート
2
しばらく戸台川に沿って歩きます。
徒渉もあります
2016年10月21日 07:20撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく戸台川に沿って歩きます。
徒渉もあります
3
角兵衛沢への看板
2016年10月21日 08:39撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
角兵衛沢への看板
角兵衛沢。
ガレガレで非常に登りにくい
2016年10月21日 11:39撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
角兵衛沢。
ガレガレで非常に登りにくい
3
第一高点直下。
鋸岳は、角兵衛沢から往復するだけならさほど難しくありませんが、鋸岳から甲斐駒まで行くとなると一気に難しくなります。
2016年10月21日 13:11撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一高点直下。
鋸岳は、角兵衛沢から往復するだけならさほど難しくありませんが、鋸岳から甲斐駒まで行くとなると一気に難しくなります。
1
鋸岳(第一高点)山頂
2016年10月21日 13:19撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸岳(第一高点)山頂
第一高点から第二高点へ向かうと早速長い鎖が現れます
2016年10月21日 13:33撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一高点から第二高点へ向かうと早速長い鎖が現れます
3
鹿の窓。
生で見ると感動します
2016年10月21日 13:56撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿の窓。
生で見ると感動します
9
鹿の窓から長い鎖を下ります。
落石が危ないので一人ずつおります。
自分が小さく写ってます
2016年10月21日 14:09撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿の窓から長い鎖を下ります。
落石が危ないので一人ずつおります。
自分が小さく写ってます
3
第二高点から見た鋸岳(第一高点)
2016年10月21日 15:02撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二高点から見た鋸岳(第一高点)
5
第二高点から見た甲斐駒
2016年10月21日 15:15撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二高点から見た甲斐駒
5
三ツ頭から今宵の宿となる六合目小屋へ向かいます
2016年10月21日 16:36撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ頭から今宵の宿となる六合目小屋へ向かいます
1
六合目小屋内部はかなり暗いです
2016年10月21日 17:04撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目小屋内部はかなり暗いです
甲斐駒山頂に到着
2016年10月22日 06:36撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒山頂に到着
8
甲斐駒山頂
2016年10月22日 06:37撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒山頂
4
鋸岳と北アルプス方面
2016年10月22日 06:55撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸岳と北アルプス方面
甲斐駒から見た鋸岳
2016年10月22日 06:55撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒から見た鋸岳
4
槍穂高
2016年10月22日 06:56撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍穂高
山頂に雷鳥がいました
2016年10月22日 07:10撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に雷鳥がいました
9
駒津峰付近から見た鋸岳
2016年10月22日 08:04撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒津峰付近から見た鋸岳
4
駒津峰から見た甲斐駒
2016年10月22日 08:10撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒津峰から見た甲斐駒
4
バスから見た鹿の窓
2016年10月22日 10:14撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスから見た鹿の窓
2
歌宿から鋸岳
2016年10月22日 10:17撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歌宿から鋸岳
3

感想/記録

いつかは登りたいと思っていた鋸岳に登ってきました。
訪問者数:270人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

HHH
登録日: 2014/4/6
投稿数: 333
2016/10/27 0:25
 無事の完登 おめでとうございます
このルート。戸台から登る方が道がわかりやすいのですかね?
角兵衛沢のザレ登りはあるものの、第一高点→第二高点のルートの方が迷いにくいように思えまして。
一方で、天候が良ければそもそもにどちらからでも問題ないのかもしれませんが。

自分は7月に逆ルートで濃霧と浮きまくる崩れまくる岩にやられましたが…。
天候の問題だったのかな?
ここは、戸台の入り口に書いてあるように単独不可を守らないとならないのか、そんなことはないのか。人数がいればそれでいいとは思えず、実際に一度行ったことがあるルートをわかっている人がいるどうかが重要と思うのですがどうなのでしょう?

いずれにせよ、無事に生還され、お疲れさまでした。
登録日: 2011/10/16
投稿数: 301
2016/10/27 22:55
 Re: 無事の完登 おめでとうございます
HHHさんこんばんは。
コメントありがとうございます。
どうなんでしょう。
戸台〜角兵衛沢〜角兵衛沢のコルまではわかりやすかったですが、第一高点と第二高点の間で2回迷って引き返しました。
ガスると更にわかりにくいでしょうね。
戸台駐車場に単独入山厳禁と書かれていましたが、確かに人数の問題ではないと思います。
このルートの経験者を同行させれば決して難しいルートではないと感じました。
HHH
登録日: 2014/4/6
投稿数: 333
2016/10/28 7:09
 コメントありがとうございます
やはり第一高点と第二高点の間のわかりにくさがポイントであり、行く方向の問題ではないだろうということですか。視界不良は更に迷いの確率を上げるのでそこは決行日を正しく見定める必要はあるのでしょうね。
難路とされるところも色んな方向性があるかと思いますが、ここはあまりに脆いがゆえに道が変遷して行って、今どう行くのが正しいのかわかりにくいというのが真相なのかなあと。
未だもやもやしたものが自分の中にありまして、コメントさせていただきました。
でも、北沢峠へのバスで案内される鹿窓に直に潜るのっていいですね。
登録日: 2011/10/16
投稿数: 301
2016/10/28 23:26
 Re: コメントありがとうございます
HHHさんこんばんは。
第一高点〜第二高点の間は、どちらから行ってもさほど変わらないと思いますが、角兵衛沢は下ったほうが絶対楽ですね。
登りで使うことはもう無いと思います(笑)
いずれ入笠山から白岩岳〜横岳峠〜第一高点まで繋げようと思っているので、その時に下ることになります。
帰りのバスから見た鹿の窓はかなり小さかったですが、肉眼で確認でき、あんな所を潜ったのかとちょっと感動しましたね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガレ 落石
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ