ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 991484 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

紅葉の谷川岳周回(西黒尾根〜天神尾根〜田尻尾根)

日程 2016年10月24日(月) [日帰り]
メンバー junyo
天候晴れ、山頂はガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
谷川岳ロープウェイベースプラザ駐車場500円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報谷川温泉湯テルメ谷川570円(国道291号谷川温泉入口交差点から役2.5キロ)
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘッドランプ 懐中電灯 予備電池 1/25 000地形図 ガイド地図 コンパス 山岳保険加入者証 ペン 手帳 保険証 飲料 ティッシュ ウエットティッシュ 手ぬぐい タオル 手袋 携帯電話 充電器 熊鈴 雨具 防寒着 ストック カメラ 双眼鏡 時計 高度計 温度計 ツエルト ザックカバー バーナー ガスカートリッジ コッヘル はし 糧食 帽子 サバイバルシート サバイバルキット ホイッスル ライター ナイフ ヘルメット 下着 靴下

写真

西黒尾根。ブナの黄葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西黒尾根。ブナの黄葉
1
森林限界を超え、岩場を越えていくと谷川岳の雄姿
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界を超え、岩場を越えていくと谷川岳の雄姿
2
ラクダのコブの向こうに尾瀬の山々
2016年10月24日 10:24撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラクダのコブの向こうに尾瀬の山々
1
山頂近く、この秋初めての霧氷
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂近く、この秋初めての霧氷
3
オキノ耳、トマノ耳ともにガスと強風。寒い!
2016年10月24日 12:01撮影 by SHF31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキノ耳、トマノ耳ともにガスと強風。寒い!
2
ガスが一瞬切れて尾瀬方面が見えた
2016年10月24日 12:03撮影 by SHF31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが一瞬切れて尾瀬方面が見えた
1
天神尾根の先に天神平スキー場とロープウェイ駅
2016年10月24日 12:53撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神尾根の先に天神平スキー場とロープウェイ駅
1
天神尾根から仙ノ倉への縦走路。目立つピークは万太郎山
2016年10月24日 13:02撮影 by SHF31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神尾根から仙ノ倉への縦走路。目立つピークは万太郎山
2
熊沢穴避難小屋から少し降りたところから山頂を振り返る
2016年10月24日 14:05撮影 by Canon PowerShot SX160 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊沢穴避難小屋から少し降りたところから山頂を振り返る
1

感想/記録
by junyo

紅葉の谷川岳へ。
谷川岳ロープウェイベースプラザから車道を上がり、西黒尾根登山道入り口から上がっていく。樹林帯はちょうど紅葉の見ごろ。森林限界を抜けるとまもなく鎖場。ラクダのコルまで3つの鎖場を越える。2番目がやや手ごわい印象だが、高度感はさほどないので恐怖感はあまり感じずにすむ。ただし三点支持は常に意識した。
このあたりから谷川岳東面が目の前に迫ってくる。やや薄紫に見える独特の色合いは蛇紋岩地帯だから?
巌剛新道との合流点から急な登り。ザンゲ岩手前の一枚岩の鎖場、傾斜はさほどではないが、ツルツルの蛇紋岩はよく滑るので、細心の注意を払いながら越えていく。ザンゲ岩を越えてクマザサ地帯に入ると傾斜が緩やかに。北からの風が、高度が上がるにつれて強くなる。山頂が近くなると、強風の通り道になっているらしく、低木や枯草に霧氷が付着している。
肩の小屋を過ぎると、ガスと強風、寒い。トマノ耳、オキノ耳ともガスの中、強風でときおりガスが吹き払われると周囲の山が見えるが、それは一瞬。早々に肩の小屋まで降りて昼食を取ろうとするが、ここも風が強く、バーナーの使用をあきらめ、おにぎりを食べる。
食事を終えて天神尾根を降りていくが、午後になっても、続々と人が昇ってくる。日の短い時期、帰りは大丈夫かと心配になる。熊沢穴避難小屋に到着。中にはベンチとテーブルがあり、先着の人たちに断ってバーナーを使わせていただき、カップヌードルを食べる。いつものようにリフィルタイプ。温かいものを食べたら体に力が戻ってきた。
ここからの登山道は木道が多い。すべりやすい木道を降りていくと、田尻尾根と天神平駅の分岐。ここから落ち葉の積もった登山道を降りていく。天神尾根と対照的に、人が全くいない。しかし、盛りの紅葉・黄葉は美しい。すぐ右の林の中をロープウェーのゴンドラを通過していくのにはビックリ。林道(作業道)に出て沢沿いを下っていき、車道が見えてくると、ロープウェーの下の駅。車道を渡ってベースプラザでゴール。
いつもの通り、晴れているのに、登ったらガスがもれなくついてきた(やっぱりぃ〜俺はガスを呼ぶ男ぉ〜)。とはいえ、体が染まりそうな紅葉を楽しめ、まずまずの山行になった。
訪問者数:270人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ