ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 991764 全員に公開 ハイキング中央アルプス

南木曽岳

日程 2016年10月25日(火) [日帰り]
メンバー aofukuroh
天候晴れから曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口に駐車スペースあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間17分
休憩
28分
合計
3時間45分
S南木曽岳登山口(蘭)05:1005:34下山道分岐06:46南木曽岳06:4906:56南木曽岳避難小屋07:1008:12下山道分岐08:2308:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

登山口
立派な案内板あり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口
立派な案内板あり
1
工事中のため登山道は一部迂回
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
工事中のため登山道は一部迂回
登山道は周回コースになっている
左が登りルート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は周回コースになっている
左が登りルート
1
岩場も少しだけあり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場も少しだけあり
少し明るくなってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し明るくなってきた
さわやかな夜明け
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さわやかな夜明け
3
麓の集落も良く見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓の集落も良く見えた
1
登山道は一部修復中のところもあった
全般によく整備されており広くて歩きやすかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は一部修復中のところもあった
全般によく整備されており広くて歩きやすかった
1
南木曽岳山頂
展望なし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南木曽岳山頂
展望なし
1
山頂少し先の見晴台から
左から御嶽山、乗鞍、一番右のとがった山は奥穂高だと思う
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂少し先の見晴台から
左から御嶽山、乗鞍、一番右のとがった山は奥穂高だと思う
2
トイレと避難小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレと避難小屋
1
避難小屋先の展望広場から
中央アルプス方向
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋先の展望広場から
中央アルプス方向
4
北アルプス方向
素晴らしい景色!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプス方向
素晴らしい景色!
5
ついでに記念撮影してみた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついでに記念撮影してみた
8
展望広場は結構広い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望広場は結構広い
下山方向を見下ろす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山方向を見下ろす
南側を見ると雲がかなりこっちまで進んできていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側を見ると雲がかなりこっちまで進んできていた
1
下山道を下りる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山道を下りる
遠くに見える稜線は南アルプス方向だと思う
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに見える稜線は南アルプス方向だと思う
最後に男滝女滝を見に行った
普通の滝だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に男滝女滝を見に行った
普通の滝だった
2
無事下山
下山時も僕の車以外なかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山
下山時も僕の車以外なかった

感想/記録

3日前、南岳からの下山時に木道の上から転んで左ヒザを痛めてしまった(http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-989277.html)。下山中はあまり痛みも感じなかったのに、その日の夜から激痛となり翌日は歩くこともままならない状況となってしまった。

そんな痛みも2日たってようやく和らいできた。まだ完全に痛みが無くなってはいないけどリハビリも兼ねて比較的気軽に登ることが出来る南木曽岳を登ってみることにする。

スタートは蘭(あららぎ)の登山口。少し寒かったので上下カッパを着こんでスタートした。
登山道は現在工事中のため一部迂回ルートとなっている。前半が比較的緩やかな沢沿いの道、後半は急な尾根の登りとなる。左足の痛みを確認しながら汗のかかないゆっくりとしたペースで登った。

登山道には一部かなり朽ち果てた木道もあるが全般的に良く整備された歩きやすい道だった。木道は一部整備済みのところもあるので今も修復中だと思われる。

南木曽岳の山頂は展望がないので記念撮影?だけしてスルー。少し先の見晴台からは御嶽山や乗鞍のパノラマ風景が広がっていた。
さらに先に進んだところには避難小屋と綺麗なトイレがある。そこにある展望広場からは中央アルプスの山並みも間近に見えて素晴らしい景色だった。
ただ止まっていると微妙に寒いため写真を写したら下山を開始。

下山道は急斜面の尾根の下りとなっている。場所によってはかなりの急斜面だけどハシゴやクサリも整備されており登りと同様に快適な道だった。痛みの残るヒザにはちょうどいい優しさ。

登りとの分岐まで下りたところでまったりと朝メシ。静かな森の中での朝メシはとても気分が良かった。まぁ朝メシといってもただの菓子パンだけど。

最後に男滝女滝を眺めてから登山口まで戻る。
下山しても僕以外の車はなかった。
その後しばらくすると雨が降ってくる。ぎりぎり雨に当たらずラッキーだった。
訪問者数:301人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

避難小屋 木道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ