ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 991881 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

神奈川県の日本百名瀑「早戸大滝」

日程 2016年10月31日(月) [日帰り]
メンバー mizuki(CL), その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
【早戸川林道】
・問い合わせ先:神奈川県中央地域県政総合センター・森林部森林土木課
       046-224-1111
・早戸川国際マス釣り場先のゲート:林道がたびたび崩落するので、工事が終了するまでの間は、施錠されている事が多い。
・開錠されている場合も、関係車両のみの通過が原則。そのあたりの微妙なニュアンスを考慮して駐車場所等に配慮の事。
・駐車可能な場所
 本間橋・旧丹沢観光センタ前(1〜2台)
 魚留橋手前駐車スペース(2〜3台)、路肩(1〜2台)
・舗装状況
 魚留橋までは舗装されている。

コースタイム [注]

魚止橋6:50→伝道→7:37造林小屋→8:00早戸川第1渡渉点(沢靴に履き替え)→8:26雷平→9:32「早戸大滝」→11:00魚止橋
コース状況/
危険箇所等
・ヒル:温かいうちはヒルの巣窟。それなりの対策を講ずること。
・渡渉:片道で8〜9回あり。丸太橋は、今回は無かった。水量にもよるが沢靴使用がベスト。
その他周辺情報・ナビセット:先ずは、早戸川国際マス釣り場 042-785-0704 を目指すとよい。東名:厚木ICから車で約50分。

写真

魚止橋手前10m位の所に駐車スペースあり。大きい車だと2台、軽なら3台くらいかな。
2016年10月31日 06:43撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚止橋手前10m位の所に駐車スペースあり。大きい車だと2台、軽なら3台くらいかな。
1
魚止橋です。
2016年10月31日 06:48撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚止橋です。
1
橋の向こう側です。
2016年10月31日 06:48撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋の向こう側です。
橋を渡ると、右手に林道が続いていますが、ご覧の様に鎖施錠。
手前にも駐車スペースがあるが旋回用。駐車はやめましょう。
2016年10月31日 06:49撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ると、右手に林道が続いていますが、ご覧の様に鎖施錠。
手前にも駐車スペースがあるが旋回用。駐車はやめましょう。
橋を渡った左手にショートカットあり。ここを登ると、林道に登りあげます。
2016年10月31日 06:49撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡った左手にショートカットあり。ここを登ると、林道に登りあげます。
伝道。林道終点。
右上の看板方向に上がっていきます。下山した時に、ここに2台駐車してありました。鎖の鍵を持っている方の様です。
2016年10月31日 07:03撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伝道。林道終点。
右上の看板方向に上がっていきます。下山した時に、ここに2台駐車してありました。鎖の鍵を持っている方の様です。
林道終点に看板。誰かが丸太橋の所に、「ない」と書き込んだ通り、橋は有りませんでした。
2016年10月31日 07:03撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点に看板。誰かが丸太橋の所に、「ない」と書き込んだ通り、橋は有りませんでした。
3
伝道から尾根を高巻きます。途中にある造林小屋。
2016年10月31日 07:37撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伝道から尾根を高巻きます。途中にある造林小屋。
1
造林小屋を過ぎると、崖の通過になります。こんな橋や・・・→
2016年10月31日 07:43撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
造林小屋を過ぎると、崖の通過になります。こんな橋や・・・→
2
こんな橋や・・・→
2016年10月31日 07:46撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな橋や・・・→
1
こんな橋を慎重に渡ると・・・→
2016年10月31日 07:47撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな橋を慎重に渡ると・・・→
1
今度は崖のトラバース。
2016年10月31日 07:48撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は崖のトラバース。
1
フィックスロープを頼りに早戸川左岸へ降り立ち、ここで、沢靴に履きかえます。往路で早戸川を8〜9回渡渉。ひざ下位です。
2016年10月31日 08:00撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フィックスロープを頼りに早戸川左岸へ降り立ち、ここで、沢靴に履きかえます。往路で早戸川を8〜9回渡渉。ひざ下位です。
河原を歩いては・・・→
2016年10月31日 08:17撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河原を歩いては・・・→
やがて、雷平。雷沢(右)と早戸川(左)の合流点です。左へ。
2016年10月31日 08:26撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて、雷平。雷沢(右)と早戸川(左)の合流点です。左へ。
左の早戸川は、こんな景色です。
2016年10月31日 08:28撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の早戸川は、こんな景色です。
1
無名の滝が落ち込んでいました。
2016年10月31日 08:35撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無名の滝が落ち込んでいました。
2
早戸川左岸の立木のこの水色の看板を見つけたら、矢印の方向(対岸)を見ましょう。
2016年10月31日 09:46撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早戸川左岸の立木のこの水色の看板を見つけたら、矢印の方向(対岸)を見ましょう。
対岸の風景。この奥に早戸大滝が有ります。
2016年10月31日 08:43撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸の風景。この奥に早戸大滝が有ります。
1
右岸の急斜面にフィックスロープが有りますが、木々に隠れてよく見えません。
2016年10月31日 09:46撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸の急斜面にフィックスロープが有りますが、木々に隠れてよく見えません。
1
早戸大滝の架かる沢の右岸の尾根へ登りあげます。
2016年10月31日 09:10撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早戸大滝の架かる沢の右岸の尾根へ登りあげます。
1
木の根だって大切な足場!
2016年10月31日 09:11撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の根だって大切な足場!
1
おお〜! 
あれが、「早戸大滝」
2016年10月31日 09:13撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお〜! 
あれが、「早戸大滝」
3
滝の中ほどに巨大な岩がせり出しています。
そのため、全貌は見えません。だから「まぼろしの滝」ともいわれるとか・・・。
2016年10月31日 09:16撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の中ほどに巨大な岩がせり出しています。
そのため、全貌は見えません。だから「まぼろしの滝」ともいわれるとか・・・。
2
大滝手前の滝だって、素敵です。
2016年10月31日 09:16撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝手前の滝だって、素敵です。
5
途中からフィックスを頼りに崖を下り、もう少し大岩の奥を覗いてみました。最上部は二筋になってますね。
2016年10月31日 09:17撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中からフィックスを頼りに崖を下り、もう少し大岩の奥を覗いてみました。最上部は二筋になってますね。
4
今度は、尾根を少し登ってから、滝壺へ降りてみました。どうしても、大岩の裏側を見てみたい!
こんなです。生きているようです。

2016年10月31日 09:32撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は、尾根を少し登ってから、滝壺へ降りてみました。どうしても、大岩の裏側を見てみたい!
こんなです。生きているようです。

5
滝壺は意外と小さい。
2016年10月31日 09:32撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝壺は意外と小さい。
3
やっぱり、この滝の’売り’は、ここだよね!
太陽の位置によっては、虹がかかる事でしょう。
2016年10月31日 09:33撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり、この滝の’売り’は、ここだよね!
太陽の位置によっては、虹がかかる事でしょう。
4
さあ、帰りましょう。雷滝にも寄る予定でしたが、yさんが、早戸大滝でお腹一杯だというので、さっさと帰ります。紅葉が綺麗です。
2016年10月31日 10:12撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、帰りましょう。雷滝にも寄る予定でしたが、yさんが、早戸大滝でお腹一杯だというので、さっさと帰ります。紅葉が綺麗です。
2
早戸川の第1渡渉点(左岸→右岸)と、第2渡渉点(右岸→左岸)の間には、こんな岩場の通過もあります。
2016年10月31日 10:33撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早戸川の第1渡渉点(左岸→右岸)と、第2渡渉点(右岸→左岸)の間には、こんな岩場の通過もあります。
4
伝道に戻って来ました。
2016年10月31日 10:59撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伝道に戻って来ました。
1
ただいま! 
2016年10月31日 11:13撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただいま! 
1

感想/記録
by mizuki

・今回は、神奈川県所在の日本百名瀑2つの内の「早戸大滝」を訪問。
・資料によると、覆いかぶさるような大岩のために、滝の全貌を見る事は不可能なので、「まぼろしの滝」と言われているそうな。ちょっと、大げさ!

・早戸林道のゲートの開閉状況によって、滝までの往復時間が大きく変わってくる。魚留橋までは入れれば4〜5時間。国際マス釣り場先のゲートから歩けばプラス2時間20分。
・林道工事が終わってゲートが開錠されていて、ヒルの活動が終息し、直前の大雨が無い晴れた日が、一番快適に訪問できる時。
・今回は、それらが全て揃った。行かない理由が無い。

・早戸大滝は、中間部に右岸から覆いかぶさる岸壁が無かったら、極平凡な落差のあるというだけの直瀑だろう。滝の中盤を覆う岸壁があるが故、に、ひときわ神秘的で印象深い景観になっている。
・大岩壁の裏を流れる部分を見たくて、滝壺に降りてみた。滝壺は、意外と小さく浅かった。
・大岩壁の裏を流れ落ちる景観は一見の価値あり。
訪問者数:185人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/9/23
投稿数: 3723
2016/10/31 20:14
 雨上がりの晴天☀
mizukiさん こんばんは

ここも宿題となってる場所で、都合が合えばご一緒したかったので残念

独特の景観で100名滝にふさわしいですね

鬼ヶ岩に登りあげるバリルートがあるようですが、行かれたことがありますか
登録日: 2010/3/21
投稿数: 445
2016/11/1 7:38
 Re: 雨上がりの晴天☀
niiniさん、おはようございます。
ご一緒出来なくて残念!
なかなか素敵な滝でしたよ。

この辺りに平日くる人はいないだろうと思ってたら、後からソロの男性二人、下山時に、4人pに会いました。ソロの男性一人は、蛭ケ岳に登ると言ってましたから、鬼ケ岩経由のルートを選んだものと思われます。私は、行った事がありません。
                                mizuki

関連する山の用語

林道 渡渉 右岸 左岸 紅葉 高巻き
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ