ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 992190 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

唐松岳、五竜岳

日程 2016年10月22日(土) 〜 2016年10月23日(日)
メンバー mineyuta
天候一日目:晴れ、二日目:ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
八方尾根は無料の駐車場が6ケ所あるが、第3駐車場は、トイレも有り、温泉も隣りにあり便利。
白馬五竜スキー場エスカルプラザに自転車をデポ。八方尾根まで5.3キロ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間4分
休憩
1時間29分
合計
8時間33分
S白馬八方温泉 第二郷の湯08:2209:08八方池山荘09:2609:51石神井ケルン09:5210:02八方山10:24八方池10:2511:19扇雪渓11:2211:39丸山11:5412:42唐松岳頂上山荘12:4413:06唐松岳13:4313:59唐松岳頂上山荘14:0914:14牛首14:1515:37大黒岳15:3816:49白岳16:51遠見尾根分岐16:55五竜山荘
2日目
山行
5時間3分
休憩
1時間32分
合計
6時間35分
五竜山荘08:2109:07五竜岳09:2210:02五竜山荘11:0111:06遠見尾根分岐11:09白岳11:59西遠見山12:34大遠見山13:05中遠見山13:2113:40小遠見山14:23地蔵の頭14:36白馬五竜アルプス平14:3814:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
唐松岳から五竜岳に向かう牛首が鎖場でちょっと怖い。
その他周辺情報郷の湯 https://goo.gl/maps/Wi3uA2FBi8E2
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え サンダル ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ

写真

感想/記録

 今年一度は北アルプスを登らないとと思って、唐松岳、五竜岳に行ってきました。後立山連峰とは山登りを始めた頃には聞きなれなかったけど、白馬という地名だけは知っていた。まさかスキーでなく山に行くことになろうとは、、
 もうすでにシーズンは終わって山小屋も終了してしまったが、
テント泊なので何とか大丈夫だと思い出発、水場が無いみたいなので4リッター担いで、ザックは19キロ。肩に食い込み辛い。ゴンドラでは追加料金を払う羽目になりました。周りを見ると皆軽装で、大荷物は僕だけのようだ、ちょっと心配になる。
唐松岳は冬山の初心者コースとのことで、いずれは行こうとは思っていた。ゴンドラでいっきに森林限界を超えて1830Mへ。いきなりすごい展望。目の前に白馬三山、左はネコミミの鹿島槍ヶ岳。後ろは戸隠や雨飾の新潟長野の山。遠くは南アルプスと富士山が見えた感激。八方尾根は広々として、こりゃ冬に来たら風も景色もすごそうだ。唐松岳への道はハイカーがたくさんいるせいか登りやすい、しかし何故か皆に抜かされていくw荷物がなければルンルンと走っていくのに。八方池まではすぐ、皆ここまで、お弁当のようだ。
八方池からはガクンと人が減りどんどん山らしくなってくる。
丸山からも大展望、不帰ノ嶮も目の前にみえる、すごい崖だよあんなところ通れるのが信じられない。登り始めた時間が遅かったせいか、すでに下りてくる人がたくさん。やっとのことで山小屋が見えてきた、そしたらドーンと剣岳と立山連峰!思わず「剣だ」とつぶやく。感動。このために苦労して登ってきたんだよなあ。
 山小屋から唐松岳は目の前、最後の急登をノロノロと進み山頂制覇。日本海も穂高・槍ヶ岳も見えたーさらに感動。人はほとんど居なくて独り占めの時間もあった。ずっとここに居たいけれども、まだ先はあることを思い出す。
 今日は五竜岳のテン場まで行かないとコースタイムで結構あるし、すでに2時なので日もくれてしまう。と、思い。焦ろうと思ったがいきなり「牛首」という鎖場の下降、やばい怖い。ここが今回の核心。幸い風もそんなに強くないし雨で濡れてもいなかったので、確実に降りてこれた。心の中でゆっくりと確実に三点確保でと繰り返し降りてきた。途中
雷鳥もいた!その後は少し登ったり降りたりでゆっくりと歩いてきた。一人だけ抜かされたが誰もいない稜線を満喫。5時前にはテン場についた。
 次の日。五竜岳に登ったのもののガスガスで展望ほとんどなし。鹿島槍や剣を目の前で見たかったのに。空荷で登ったので昨日とはうって変わって走るように登って、鎖場も少しあったけど楽勝、たのしかった。帰り道のザックの重さは考えたくなかったけど、、
 遠見尾根を下山している時はガスと小雨で特に印象なし、小ピークが3つぐらいで登り返しがいやだったが、無事にゴンドラ駅まで到着。昨日デポした自転車で五竜スキー場から八方尾根の駐車場まで帰ってきた。
 山の上は冬寸前でこれから雪山シーズンなのかなと感じました。今年の冬はどこに行こうか、、
訪問者数:403人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ