ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 993024 全員に公開 ハイキング剱・立山

赤谷山

日程 2016年10月28日(金) [日帰り]
メンバー aruma0407
天候午前 くもり 昼頃から 小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
馬場島
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間20分
休憩
30分
合計
8時間50分
S駐車場07:2010:00ブナクラ峠10:2012:10赤谷山12:2016:10駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
馬場島の駐車場 ゲートを超えて車道を行きます。
白萩川の橋を渡り、左側の道を行きます。※以前私は、間違えて右に行きました。
さらにもう一つ橋を渡り、ブナクラ取り水堰堤まで車道。ここから登山道になる。
川の渡渉があるので、登山靴に防水処理と、ゲイターがあるとよい。

装備

個人装備 熊除けの鈴 や 私の場合は 大声を出しながら歩いてます。※これでも不十分?
この辺りは
熊の出没情報聞きます。
今回の山行で初めて熊と出くわしました。
沢沿いの道が多く熊にも熊鈴の音や大声が伝わりにくいという知識はあったのでいつもより
一層声を張って警戒しながらあるいていたら 笹がガサガサしたり パキパキ折れる音と共に黒い塊がこちらに走ってくるので半ばフリーズしながらもさらに 声を張るとその塊はUターンしていきました。わりとまじかでみたその黒い塊は 可愛い子熊でした。(^^;)視界のわる笹道や 岩の影から出てくるのでは?と不安になります。あと 黒いものがいないか 異常なガサガサ音がないか結構 神経をとがらせますし 声を出し続けるのでのども疲れます。 長袖シャツ Tシャツ 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 行動食 非常食 飲料 コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル ストック
備考 このシーズン終わりで、雨が降るとわかっていたから誰もいないであろうとおもってたし、熊が出るのも知っていた。
熊に、会いたくない人は、私の真似をしないで下さいね。(*_*;

写真

ブナクラ峠
普通の登山道から、大きな岩がゴロゴロしている広い岩場になる。岩場にペイントなどなく、戸惑った。登りやすい所を少し上がっていくと 先の方にこのお地蔵さまが見えてホッとした。
大きくても浮石あるので注意。あと、大きな岩の隙間に物を落としたら取れないだろうと思われる箇所もある。
ストックや、物など落とさないように注意の事。
2016年10月28日 09:59撮影 by GL07S, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナクラ峠
普通の登山道から、大きな岩がゴロゴロしている広い岩場になる。岩場にペイントなどなく、戸惑った。登りやすい所を少し上がっていくと 先の方にこのお地蔵さまが見えてホッとした。
大きくても浮石あるので注意。あと、大きな岩の隙間に物を落としたら取れないだろうと思われる箇所もある。
ストックや、物など落とさないように注意の事。
1
ブナクラ峠からの眺め北アルプス?
2016年10月28日 09:59撮影 by GL07S, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナクラ峠からの眺め北アルプス?
雨と強風のやっと頂上に着いたら、冬毛の雷鳥。
登山道、右側切れ落ちているところ数か所あり。
久しぶりの高度感、と冷たい雨と、バランスを崩させる強風 撤退を考えながらなんとかたどり着けた。
頂上についてすぐ思ったのは、やっと帰れるだ。!(^^)!
帰りは風も雨も少し和らいだ。おかげで高度感もそれほどでもないと感じた。
2016年10月28日 12:04撮影 by GL07S, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨と強風のやっと頂上に着いたら、冬毛の雷鳥。
登山道、右側切れ落ちているところ数か所あり。
久しぶりの高度感、と冷たい雨と、バランスを崩させる強風 撤退を考えながらなんとかたどり着けた。
頂上についてすぐ思ったのは、やっと帰れるだ。!(^^)!
帰りは風も雨も少し和らいだ。おかげで高度感もそれほどでもないと感じた。
2
この時期だから、霜や、雪もあるかなと思っていたけどなかった。
2016年10月28日 12:05撮影 by GL07S, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時期だから、霜や、雪もあるかなと思っていたけどなかった。
2
赤谷下り途中で雲が薄くなり猫又が見える。
もっと近くで見ると壁の様な急斜面。
急だとは、聞いていたけど これやばいなと思った。(*_*;
2016年10月28日 12:24撮影 by GL07S, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤谷下り途中で雲が薄くなり猫又が見える。
もっと近くで見ると壁の様な急斜面。
急だとは、聞いていたけど これやばいなと思った。(*_*;
1
白萩川や紅葉 遠くに富山湾
2016年10月28日 12:24撮影 by GL07S, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白萩川や紅葉 遠くに富山湾
帰り、ブナクラ取り水 堰堤 付近からの紅葉
2016年10月28日 15:48撮影 by GL07S, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り、ブナクラ取り水 堰堤 付近からの紅葉
1
帰り、ブナクラ取り水 堰堤の手前で工事中
2016年10月28日 15:55撮影 by GL07S, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り、ブナクラ取り水 堰堤の手前で工事中

感想/記録

このコースは、下目含めて3回目でやっとこれた。
ガイドブックには、標高差1500mで体力がいるとある。
⇒ 分かっていたけど、まだ トレーニング不足だったと思う。
コースも整備されていない箇所も多い為、上級者の同伴が必要である。
⇒ 私は、まだまだ、上級者には遠いが、2回目(去年夏) ここのような
  川の渡渉は、初めてだったが帰り 川を渡ったあとに登山道がどこにあるか
 見失った瞬間があった。もともと、草が高く生い茂っており、リボンもなく
 登山道が草でおおわれていた状態になっていた。
こんな事もあり、この山は自分には、遠い存在になっていた。
雪山登山や、遭難対策として 年始に買ったGPSだが、ルート取り込みや作成ができず、眠らせていたが、昨晩たまたま、ヤマコレでやり方がわかったので試してみたいとおもい。急きょ悪天のなかこの山を思い立った。
結局、GPSに頼らずに上まで迷うことはなかったが、心強いものだと思った。

このルートは 堰堤 ⇒ 渡渉 数回 (高低差は比較的緩い) ⇒ ブナクラ峠 手前 登り急になる ブナクラ峠 から 赤谷山 更に少し急になります。尾根なので少し切れている箇所あります。切れている箇所には、ロープがあったらいいのになと思う箇所も思いますがないので、岩や唐松につかまりました。

※初心者 目線の感想です。
訪問者数:181人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ