ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 993030 全員に公開 講習/トレーニング御在所・鎌ヶ岳

御在所岳 本谷 テント生活、危険個所通過講習

日程 2016年10月22日(土) 〜 2016年10月23日(日)
メンバー dopaminetia, その他メンバー11人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間59分
休憩
1時間40分
合計
6時間39分
S中登山道口07:3911:23大黒岩11:4311:47御在所山上公園駅12:0912:11第一ケルン 裏道登山道九合目12:1212:15富士見岩12:2313:03キレット13:2313:25地蔵岩13:2913:31おばれ石13:4213:58中道登山口14:0214:05御在所岳中道ルート前駐車場(旧料金所前)14:1514:18ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
御在所岳バリエーションルートです。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

自在結び
2016年10月22日 16:08撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自在結び
ツェルト、まともに立てたのは初。
2016年10月22日 16:08撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツェルト、まともに立てたのは初。
仲は結構ひろい。
2016年10月22日 16:08撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仲は結構ひろい。
結構快適
2016年10月22日 16:08撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構快適
なんとかブレスレット、なんだっけ?

細引きで編んで作るらしいです。いざっていうときにすぐ細引きが出せるんだそうです。
2016年10月22日 16:18撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとかブレスレット、なんだっけ?

細引きで編んで作るらしいです。いざっていうときにすぐ細引きが出せるんだそうです。
テント泊よていがツェルト泊に
2016年10月22日 16:49撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント泊よていがツェルト泊に
2日目は本谷で危険個所通過講習
2016年10月23日 08:04撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目は本谷で危険個所通過講習
御在所のバリルート
2016年10月23日 08:07撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所のバリルート
すごい滝
2016年10月23日 08:23撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すごい滝
ここにリーダーがザイルを張ってプルージックで登ります。
2016年10月23日 09:14撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにリーダーがザイルを張ってプルージックで登ります。
登り切った後
2016年10月23日 09:41撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切った後
山頂直下のここでもザイルを張ってプルージックで登る。
2016年10月23日 10:31撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下のここでもザイルを張ってプルージックで登る。
山頂着、中道で下山。
2016年10月23日 11:55撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂着、中道で下山。
撮影機材:

感想/記録

10/21
【天気】
午前:曇り
午後:曇り時々晴れ

【風】
微風

【気温】
20度程度

10/22
【天気】
午前:曇り
午後:曇り

【風】
西の風 5〜8m/s

【気温】
15度程度(待っている間、体が冷えて寒かった。)



山岳会の講習で10/21-22でテント生活講習、危険個所通過講習に参加した。

要点だけ以下にまとめる。

10/21
テント生活講習
・テント設営時、テントポールは広げたテントの上に置く(ポールに砂などをつけないため)
・多人数でのテント設営時は声を掛け合って要領よく。常に何をすればいいか考える。(テントを立てるときは特にタイミングを合わせてポールを起こす)
・自在以外に、自在結びを覚えておくと捗る。
・ツェルト設営についてはペグがあると便利。

10/22
危険個所通過講習
・プルージックは片手でできるようにしておくこと。(できましたが。)
・クレイムハイストとプルージックでは制動力と制動方向が異なる。クレイムハイストはプルージックより制動力があるが、一方向にしか使えない。プルージックは制動力がクレイムハイストより劣るが、両方向に移動できる。
・リーダーがザイルを張るときはザイルにある程度テンションをかけること。プルージックが滑らず登りにくくなる。
・支点の取り方は工夫すること。(メインザイル+ブーリン(orエイト)+末端処理で構築すれば無駄にスリングやカラビナを使わなくて済む。クライミングではないシーンを想定するとスリングカラビナは持ってる数が限られるので貴重。無駄に使わない。ただし、メインザイルで支点を作るとその分、危険個所に張られるロープの有効長さは短くなる。)

今回の講習で、山行にザイルを持つことの重要性を学びました。
「ここいやだなぁ~」ってところでザイルを張れればそれだけ安全に通過できますから。
ただし、ザイルを出すと時間をとられるというマイナス点、それと、正しくザイルを使う技術が要求されるので、ザイル操作のスキルは磨いておかないといけないですね。

明日は冬合宿に向けたアイゼントレなんで頑張ります。
訪問者数:83人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ