ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 993227 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

遭難者を捜索してました 奥多摩湖〜御前山〜奥多摩駅

日程 2016年10月29日(土) [日帰り]
メンバー atomheart
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
起点:奥多摩駅→奥多摩湖BS
終点:奥多摩駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間16分
休憩
28分
合計
5時間44分
S奥多摩湖バス停08:5609:55サス沢山09:5710:16大ブナ尾根分岐10:56惣岳山10:5811:13御前山11:2111:48クロノ尾山11:4912:01鞘口山(太郎指ノ峰・大平ノ峰)12:0212:20大ダワ12:2712:36鋸山分岐12:45天地山分岐13:43天聖神社13:4914:15愛宕山14:39奥多摩駅14:4014:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
08:21着 奥多摩駅 08:25臨時バス発

08:36 奥多摩湖BS 08:56スタート
↓         09:55 サス沢山 09:56
↓1:19(標準1:30)
10:16 大ブナ尾根分岐
↓0:40(0:50)
10:56 惣岳山 10:58
↓0:15(0:20)
11:13 御前山 11:21
↓         11:48 クロノ尾山 11:49
↓0:39(0:45)
12:01 鞘口山 12:02
↓0:18(0:20)
12:20 大ダワ 12:27
↓0:09(0:15)
12:36 鋸山分岐
↓       13:43 天聖神社 13:49
↓1:57(1:40)
14:39 奥多摩駅 15:08発
コース状況/
危険箇所等
鋸尾根にて遭難者が出た模様で、警視庁山岳救助隊・東京消防庁の方々が捜索していました。また、登山口では御家族の方々が捜索用のビラを配っていました。

装備

個人装備 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 靴紐 サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ゼリー飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 免許証 メガネ スマホ スマホ充電池 時計 サングラス 熊鈴 タオル ストック 折畳み傘 ツェルト トイレットペーパー ポケットティシュー

写真

奥多摩湖からスタート。ちょっと雲海っぽい
2016年10月29日 08:58撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩湖からスタート。ちょっと雲海っぽい
4
三頭山(?)と紅葉
2016年10月29日 09:03撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山(?)と紅葉
4
このドラム缶の左の階段を上ると登山道です
2016年10月29日 09:05撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このドラム缶の左の階段を上ると登山道です
急登
2016年10月29日 09:33撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登
サス沢山からの眺望がいいです
2016年10月29日 09:55撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サス沢山からの眺望がいいです
11
鷹ノ巣山方向
2016年10月29日 09:55撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山方向
1
振り返ると山名標がありました
2016年10月29日 09:56撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると山名標がありました
光と闇のコントラスト 題「枯れ木のダンス」
2016年10月29日 09:59撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光と闇のコントラスト 題「枯れ木のダンス」
1
ここが山高地図にある大ブナ尾根途中の○印と思うが、分岐道はよく分からない
2016年10月29日 10:16撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが山高地図にある大ブナ尾根途中の○印と思うが、分岐道はよく分からない
見上げると紅葉
2016年10月29日 10:19撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げると紅葉
3
黄葉
2016年10月29日 10:30撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄葉
2
惣岳山に到着
2016年10月29日 10:55撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
惣岳山に到着
1
新しそうな杭に誘導されて
2016年10月29日 10:59撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新しそうな杭に誘導されて
御前山へ到着
2016年10月29日 11:13撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前山へ到着
3
紅葉がちらほら
2016年10月29日 11:04撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉がちらほら
2
富士山方向ですが見えません
2016年10月29日 11:11撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山方向ですが見えません
1
なかなか良い感じの紅葉
2016年10月29日 11:14撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか良い感じの紅葉
1
これもいい
2016年10月29日 11:14撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これもいい
2
鋸山方向へ下山開始します。こちら側の杭は古くて掴むとグラッときます
2016年10月29日 11:24撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸山方向へ下山開始します。こちら側の杭は古くて掴むとグラッときます
リンドウ(竜胆)発見しましたがまだ蕾
2016年10月29日 11:34撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リンドウ(竜胆)発見しましたがまだ蕾
3
これも蕾
2016年10月29日 11:34撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも蕾
1
真っ赤な落葉
2016年10月29日 11:36撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ赤な落葉
2
クロノ尾山を通過して
2016年10月29日 11:48撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クロノ尾山を通過して
鞘口山に到着。ここに携帯を失くされた女性がいましたが、圏外で着信音を鳴らせませんでした
2016年10月29日 12:01撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞘口山に到着。ここに携帯を失くされた女性がいましたが、圏外で着信音を鳴らせませんでした
1
アザミ(薊)も終盤です
2016年10月29日 12:19撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アザミ(薊)も終盤です
大ダワに到着
2016年10月29日 12:21撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ダワに到着
青空と紅葉のコントラストがいい感じ
2016年10月29日 12:25撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空と紅葉のコントラストがいい感じ
3
大岳山方向の登山道に鹿がいた、という通りがかりの方の情報がありましたが自分は鋸山方向なので残念
2016年10月29日 12:31撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳山方向の登山道に鹿がいた、という通りがかりの方の情報がありましたが自分は鋸山方向なので残念
この岩、自分の方へ転がって来そうな気がしてそそくさと通り過ぎます
2016年10月29日 12:37撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩、自分の方へ転がって来そうな気がしてそそくさと通り過ぎます
1
奥多摩駅への分岐部
2016年10月29日 12:39撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩駅への分岐部
1
オレンジ色の落葉がいい感じです
2016年10月29日 12:45撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オレンジ色の落葉がいい感じです
2
紅葉を通り過ぎて
2016年10月29日 12:49撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉を通り過ぎて
1046.7m地点の三角点
2016年10月29日 12:50撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1046.7m地点の三角点
鉄階段が幾つかあります
2016年10月29日 12:57撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄階段が幾つかあります
鎖場を下りて来ました
2016年10月29日 13:31撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場を下りて来ました
1
ここでデポされている3個のザックがありました。どこかへ寄る場所などないのに一体何処へ?
2016年10月29日 13:42撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでデポされている3個のザックがありました。どこかへ寄る場所などないのに一体何処へ?
2
すると飲みかけのペットボトルと破損したボールの先端部が落ちていました
2016年10月29日 13:44撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すると飲みかけのペットボトルと破損したボールの先端部が落ちていました
2
天聖神社で二礼二拍手一礼します。この後警視庁山岳救助隊の方1名と擦れ違いました。遭難者がいる模様です。とするとさっきのザックと何か関係あるのか?さらにこの先に3人の東京消防庁の救助隊の人がいました
2016年10月29日 13:45撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天聖神社で二礼二拍手一礼します。この後警視庁山岳救助隊の方1名と擦れ違いました。遭難者がいる模様です。とするとさっきのザックと何か関係あるのか?さらにこの先に3人の東京消防庁の救助隊の人がいました
2
この細い道を向こうから2人来たので手前で待機していると、遭難者がどうのこうのと話し声がします。今度も東京消防庁の人でした
2016年10月29日 14:05撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この細い道を向こうから2人来たので手前で待機していると、遭難者がどうのこうのと話し声がします。今度も東京消防庁の人でした
愛宕神社下の駐車場には消防車と警察車両がいましたが、ヘリが飛んでいる気配はないです
2016年10月29日 14:11撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛宕神社下の駐車場には消防車と警察車両がいましたが、ヘリが飛んでいる気配はないです
愛宕神社の鳥居
2016年10月29日 14:12撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛宕神社の鳥居
ヤクシソウ(薬師草)
2016年10月29日 14:16撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤクシソウ(薬師草)
3
キッコウハグマ(亀甲白熊)
2016年10月29日 14:17撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キッコウハグマ(亀甲白熊)
4
コウヤボウキ(高野箒)
2016年10月29日 14:17撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コウヤボウキ(高野箒)
2
長〜い階段の始まり
2016年10月29日 14:21撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長〜い階段の始まり
登山口にて 遭難された方の御家族がビラを配っておられました。無事発見される事をお祈りいたします
2016年10月29日 21:10撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口にて 遭難された方の御家族がビラを配っておられました。無事発見される事をお祈りいたします
4
撮影機材:

感想/記録

 紅葉はどうかな?と思って御前山に行ってみたが少し早すぎたようである。奥多摩湖から見える周囲の山々はまだまだ大半が緑色をしている。これが山全体が紅葉して、それが湖面に映える景色を想像するだけで心が和むような気がする。しかし、秋だからなのであろうか湖の色は綺麗なブルーで、登るにつれてちらほらと色づき始めた黄葉や紅葉を楽しめたので充分満足であった。もとより紅葉写真を全て撮ろうとは思っていないし、葉っぱから樹木の特定などできない植物音痴なのであるから。
 御前山まではいくつかの急登を、特に惣岳山手前の急登では息を切らしたが、総じて淡々と登り、疲れはさほど感じることなく御前山山頂に立った。今日は富士山の姿は見る事はできなかったが、いくつかの紅葉樹を鑑賞すると気分が爽やかになる。
 少し休んで下山を始めたのだが、いつもなら痛くなる左足が今日は頗る調子が良くて、大ダワ経由で大岳山まで足を延ばすか鋸尾根で奥多摩駅へ行くか少々悩んだが、大岳山は多分激混みだろうという予感がしたので当初の予定通り後者を行く事とした。途中、大ダワを過ぎて大岳山への分岐部で、そちらから来たという通りがかりの方に、登山道に鹿がいましたよと教えてもらったが、自分は鋸尾根に向かうので見られなくて残念であった。
 鋸尾根に入り鎖場を下りて次の鉄階段を降りた所で、ザックが3個デポしてあるのを見かけた。こんな所にデポして何処に向かったのだろうか?何もないのにと思いつつ進むと、少し先の岩場で破損したポールの先端部と飲みかけのペットボトルが落ちているのを発見した。もしや遭難者か?さっきのザックはその捜索人なのか?と考えていたらすぐ先で警視庁山岳救助隊の人1名と出会った。やはり遭難者が出たらしい。すると間もなくして東京消防庁の救助隊が3人いて無線で確認しているのに出くわした。さらにその先で今度は2人の救助隊と擦れ違ったが、ヘリが飛んでいる様子はなかったが、まだ14時過ぎだったので何でだろうとちょっと思ったりした。
 愛宕山を下りた登山口の所で4〜5人の人がビラを配っていた。鋸尾根で遭難したと思われる父親を捜しているとの事だった。コース状況や何らかの情報がないかを聞かれたが、前述したペットボトルや壊れたポールの事は救助隊の人には告げた事をお話しした。そこでビラを良く見ると失踪したのは24日だという事だった。う〜ん、するともう5日を経過しているのか、72時間を過ぎてしまっている、と気付いたのだがとにかく発見される事を願ってその場を後にした。





総歩数(door to door) 27,604歩
総歩行距離 19.4km
活動量 28.2EX
消費カロリー 968kcal
訪問者数:902人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/3/17
投稿数: 107
2016/10/31 12:03
 遭難
はじめまして。
先週かはfacebookとTwitterで拡散してます。息子さんも寝てないご様子です。
早く見つかるといいですね。
登録日: 2013/12/11
投稿数: 11
2016/10/31 15:45
 Re: 遭難
denderoさん、コメントありがとうございました。そうですか、情報はもう広がっていますか。自分は通りがかった者として、ヤマレコを通じて何か情報が伝われば御家族の役に立つかな、と思って遭難者情報を掲載した次第です。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ