ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 993457 全員に公開 雪山ハイキング十勝連峰

D尾根

日程 2016年10月29日(土) [日帰り]
メンバー shake1987
天候ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
麓の駐車帯(チェーン取付場)で車中泊。街路灯以外は何もなし。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間0分
休憩
2時間2分
合計
5時間2分
S十勝岳温泉凌雲閣07:3308:25新Z08:2909:08新D09:1609:40上富良野岳分岐11:2411:37新D11:3911:58新Z12:0212:34十勝岳温泉凌雲閣12:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
古い機種のGPSのため、ログが切れたりしてます。ご容赦ください。
その他周辺情報下山後はカミホロ荘へ。日帰り温泉600円。

装備

個人装備 スノーシュー アイゼン ピック付きストック ストック
共同装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 ブーツ スパッツ ザック ビーコン スコップ 地図(地形図) コンパス ナイフ ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 携帯電話 時計 サングラス ツェルト カメラ 無線機 ミラー メタ コッヘル ガスストーブ
備考 ずっとスノーシュー。

写真

7時頃に十勝岳温泉の駐車場に着くと、除雪作業をしていたので、それが終わるのを待って駐車した。天候は軽い吹雪状態。マイナス6度。
2016年10月29日 07:27撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7時頃に十勝岳温泉の駐車場に着くと、除雪作業をしていたので、それが終わるのを待って駐車した。天候は軽い吹雪状態。マイナス6度。
1
歩き始めの状況。積雪はあまりない。スノーシューでくるぶし程度。
2016年10月29日 07:36撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めの状況。積雪はあまりない。スノーシューでくるぶし程度。
1
新Zへの折口の近く。視界は殆どなし。
2016年10月29日 08:11撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新Zへの折口の近く。視界は殆どなし。
新Z。Z谷の様子は分からない。
2016年10月29日 08:24撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新Z。Z谷の様子は分からない。
新Zにあった道標。初めて見ました。例年は雪の下にあるのでしょう。
2016年10月29日 08:26撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新Zにあった道標。初めて見ました。例年は雪の下にあるのでしょう。
新Zから新Dへのルート状況。雪は脛くらいだが、ハイ松や灌木がかぶさってきて歩きづらい処も。
2016年10月29日 08:33撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新Zから新Dへのルート状況。雪は脛くらいだが、ハイ松や灌木がかぶさってきて歩きづらい処も。
新D。藪がうるさい。
2016年10月29日 09:15撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新D。藪がうるさい。
D尾根と富良野岳への分岐点の道標。ここから上は脛から膝位のラッセルになった。
2016年10月29日 09:36撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
D尾根と富良野岳への分岐点の道標。ここから上は脛から膝位のラッセルになった。
1
ささやぶ地帯では雪が固まっておらず、ずぼっと潜って、膝上から腰までのやぶ漕ぎラッセル。なかなか進まない。Co.1600辺りで引き返し。
2016年10月29日 10:43撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ささやぶ地帯では雪が固まっておらず、ずぼっと潜って、膝上から腰までのやぶ漕ぎラッセル。なかなか進まない。Co.1600辺りで引き返し。
帰りは多少視界が利いてきた。新Zの近くからZ谷の様子。
2016年10月29日 12:04撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは多少視界が利いてきた。新Zの近くからZ谷の様子。
下界が見えてきた。
2016年10月29日 12:09撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界が見えてきた。
2
振り返って、三段山。雪がほとんどない。
2016年10月29日 12:24撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って、三段山。雪がほとんどない。
1

感想/記録

今週末も天気は下り坂。雪があって、多少荒れても帰ってこれるルートとして、D尾根を選択したが、思いの外、雪がなく、やぶ漕ぎラッセルとなった。まあ、今はトレーニング、運動として山に行っているので、これも良しである。まだシーズンではないので他に登山者はおらず、下山後は久しぶりにゆったりとカミホロ荘の露天風呂を堪能できた。
訪問者数:399人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

スノーシュー 吹雪 道標 下界
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ