ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 993729 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

【奥多摩絶景】馬頭刈山〜大岳山〜御岳山〜日の出山

日程 2016年10月29日(土) [日帰り]
メンバー MizunoAwa
天候晴れ(雲多め)
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間50分
休憩
1時間11分
合計
8時間1分
S十里木バス停06:0706:15秋川渓谷瀬音の湯06:54軍道分岐06:5807:17光明山(高明山)07:30馬頭刈山07:3507:51鶴脚山07:5207:54茅倉・千足バス停分岐08:24小屋ノ沢山08:2608:30千足分岐08:3108:47富士見台08:5909:12大滝分岐09:1309:38大岳山09:5010:15鍋割山分岐10:23鍋割山10:2410:35奥の院(甲籠山)10:4211:01長尾平分岐11:0311:11御岳山11:1811:59日の出山12:0612:45タルクボノ峰(樽窪ノ峰)12:4613:18南沢山13:24不二見台(富士見台)13:2613:34ヨコネ峠13:4014:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
岩場が多いが全体的に歩きやすい。降雨の影響でぬかるみが多少ありました。
その他周辺情報「秋川渓谷・瀬音の湯」大人900円
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

夜明けとともに【十里木駐車場(無料)】に到着。駐車可能台数は約25台。帰りに近くの温泉に寄りたいので今日はここからスタートしました。小鳥のさえずりが盛んです。
2016年10月29日 06:06撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜明けとともに【十里木駐車場(無料)】に到着。駐車可能台数は約25台。帰りに近くの温泉に寄りたいので今日はここからスタートしました。小鳥のさえずりが盛んです。
モルゲンロートを仰ぎながらしばらく車道を行きます。
2016年10月29日 06:08撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モルゲンロートを仰ぎながらしばらく車道を行きます。
2
【石舟橋 】という歩行者用の吊橋を渡りました。
2016年10月29日 06:12撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【石舟橋 】という歩行者用の吊橋を渡りました。
下山後入浴予定の「瀬音の湯」に向かう山道には足元を照らす照明が設置され、幻想的な雰囲気。
2016年10月29日 06:13撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後入浴予定の「瀬音の湯」に向かう山道には足元を照らす照明が設置され、幻想的な雰囲気。
1
【秋川渓谷瀬音の湯】を通過。足湯は無料で利用できるそうです。2007年オープンの比較的新しい施設で外観がきれい。下山後の入浴が楽しみです。
2016年10月29日 06:15撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【秋川渓谷瀬音の湯】を通過。足湯は無料で利用できるそうです。2007年オープンの比較的新しい施設で外観がきれい。下山後の入浴が楽しみです。
駐車場辺りから山道に入れます。歩きやすい道が続く。
2016年10月29日 06:21撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場辺りから山道に入れます。歩きやすい道が続く。
登山開始から間もなく早朝の奥多摩の絶景のラッシュが続きます。序盤からわくわくしてきます。
2016年10月29日 06:25撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山開始から間もなく早朝の奥多摩の絶景のラッシュが続きます。序盤からわくわくしてきます。
2
寺岡付近の車道をまたぐ橋あたりから本格山行の始まりです。
2016年10月29日 06:32撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寺岡付近の車道をまたぐ橋あたりから本格山行の始まりです。
馬頭刈山あたりまでは急登が続きます。瀬音の湯(236m)から馬頭刈山(884m)まで約3kmで600mほど登ることに。
2016年10月29日 06:36撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬頭刈山あたりまでは急登が続きます。瀬音の湯(236m)から馬頭刈山(884m)まで約3kmで600mほど登ることに。
高明山(光明山)山頂付近の【高明神社跡】。平成3年に近くの軍道付近に遷座したそうです。ここまで登るのはたしかに大変です。ご祭神は、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)・伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉冊尊(いざなみのみこと)。山を歩きまわっているうちに、おなじみになってくる天地創造・始まりの神(和風)。
2016年10月29日 07:16撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高明山(光明山)山頂付近の【高明神社跡】。平成3年に近くの軍道付近に遷座したそうです。ここまで登るのはたしかに大変です。ご祭神は、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)・伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉冊尊(いざなみのみこと)。山を歩きまわっているうちに、おなじみになってくる天地創造・始まりの神(和風)。
1
神社跡を通過した後は比較的なだらかになるのですが…。
2016年10月29日 07:20撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社跡を通過した後は比較的なだらかになるのですが…。
絶景のラッシュが続きます。
2016年10月29日 07:25撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶景のラッシュが続きます。
雲と大地がわかれたような荘厳な風景です。
2016年10月29日 07:25撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲と大地がわかれたような荘厳な風景です。
1
「天地創造」を連想させますな。アメノミナカヌシ(始原神)やイザナギ・イザナミ(創造神)を祀りたくなるのも当然かと。
2016年10月29日 07:25撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「天地創造」を連想させますな。アメノミナカヌシ(始原神)やイザナギ・イザナミ(創造神)を祀りたくなるのも当然かと。
5
【馬頭刈山】山頂(884m)。山頂の眺望はいまひとつですがベンチで一休みできます。
2016年10月29日 07:31撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【馬頭刈山】山頂(884m)。山頂の眺望はいまひとつですがベンチで一休みできます。
その後「鶴脚山」山頂にきづけず通過。ちょっとコースをそれて適当な気分で適当なピークに登ったりしてしまいました。
2016年10月29日 08:06撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後「鶴脚山」山頂にきづけず通過。ちょっとコースをそれて適当な気分で適当なピークに登ったりしてしまいました。
天気予報だと徐々に天候が回復する(そしてまた下り坂になる)はずなんですが、いまひとつ。しかし、曇天が雲に沈む山々の荘厳さを引き立てます。
2016年10月29日 08:12撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気予報だと徐々に天候が回復する(そしてまた下り坂になる)はずなんですが、いまひとつ。しかし、曇天が雲に沈む山々の荘厳さを引き立てます。
「この先道悪し」という標示の直後。ロープが張ってあるのでそれほどでもありません。しばらく岩場が続きます。
2016年10月29日 08:15撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「この先道悪し」という標示の直後。ロープが張ってあるのでそれほどでもありません。しばらく岩場が続きます。
【つづら岩】通過。クライマーの人もここまで来るのは大変でしょうね。岩場も多いけど全体的に気持ちのよい尾根道が続きます。
2016年10月29日 08:31撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【つづら岩】通過。クライマーの人もここまで来るのは大変でしょうね。岩場も多いけど全体的に気持ちのよい尾根道が続きます。
【富士見台】到着。しかし天候回復せず富士山見えず。この富士見台ですが『山と高原地図』記載のポイントと実際のGPS測定の位置がだいぶズレているような…。
2016年10月29日 08:51撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【富士見台】到着。しかし天候回復せず富士山見えず。この富士見台ですが『山と高原地図』記載のポイントと実際のGPS測定の位置がだいぶズレているような…。
そのせいかわかりませんがルートミス。地図を見ると馬頭刈山方面から来ると「直進」するような印象なんですが、実際は「富士見台」のポールのところを「右折」するのが正解。
2016年10月29日 08:56撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのせいかわかりませんがルートミス。地図を見ると馬頭刈山方面から来ると「直進」するような印象なんですが、実際は「富士見台」のポールのところを「右折」するのが正解。
いよいよ大岳山に向かいます。途中またもやベンチのある絶景ポイントがありました。駐車場らしきものが見えます。「ひのはら四季の里」かな。
2016年10月29日 09:06撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ大岳山に向かいます。途中またもやベンチのある絶景ポイントがありました。駐車場らしきものが見えます。「ひのはら四季の里」かな。
2
「大岳山荘」からのピストンを嫌って直登ルートを選びました。
2016年10月29日 09:29撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「大岳山荘」からのピストンを嫌って直登ルートを選びました。
このルートは踏み跡不明瞭な上にキツイ!ちょっと後悔。
2016年10月29日 09:35撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このルートは踏み跡不明瞭な上にキツイ!ちょっと後悔。
山頂が見えてきました。独り占めできそうです。
2016年10月29日 09:40撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が見えてきました。独り占めできそうです。
【大岳山】山頂(1266.4m)。本日の最高峰。
2016年10月29日 09:41撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【大岳山】山頂(1266.4m)。本日の最高峰。
2
主役の富士山が見えない点が残念ですが、絶景です。
2016年10月29日 09:41撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主役の富士山が見えない点が残念ですが、絶景です。
2
御岳山を目指します。瀬音の湯から一度もハイカーと行き会いませんでしたが、さすがに人気のルートなので人が多くなってきました。緑に輝く杉の巨樹。
2016年10月29日 09:54撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御岳山を目指します。瀬音の湯から一度もハイカーと行き会いませんでしたが、さすがに人気のルートなので人が多くなってきました。緑に輝く杉の巨樹。
1
岩場なんかも多いのですけど、整備されているので安心です。
2016年10月29日 10:00撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場なんかも多いのですけど、整備されているので安心です。
こないだは「綾広の滝」経由だったので、今回は【鍋割山】山頂(1084m)に寄ってみました。こちらはちょっとアップダウンがあります。
2016年10月29日 10:24撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こないだは「綾広の滝」経由だったので、今回は【鍋割山】山頂(1084m)に寄ってみました。こちらはちょっとアップダウンがあります。
【奥の院・山頂】というところにも寄ってみました。急登でしたが、頂上には開けた場所と祠がありました。
2016年10月29日 10:35撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【奥の院・山頂】というところにも寄ってみました。急登でしたが、頂上には開けた場所と祠がありました。
ちょっと下るとこの建物がありました。ここが【奥の院】と標示されていましたが、さきほどの山頂は「奥の院の奥の院」ということか?
2016年10月29日 10:38撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと下るとこの建物がありました。ここが【奥の院】と標示されていましたが、さきほどの山頂は「奥の院の奥の院」ということか?
ところどころ外界を見下ろせるポイントが。
2016年10月29日 10:41撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころ外界を見下ろせるポイントが。
最近よく耳にする「ハセツネ」さんの石碑。
2016年10月29日 11:02撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最近よく耳にする「ハセツネ」さんの石碑。
御岳山(武蔵御嶽神社)の本殿は改装中でした。ご祭神は「櫛真智(くしまち)命」他、八百万の神のオールスターという感じで本殿裏にそれぞれ祀られていました。学術的に実在の見込まれる最初の天皇である崇神天皇7年(紀元前91年)の創建とのこと。
2016年10月29日 11:08撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御岳山(武蔵御嶽神社)の本殿は改装中でした。ご祭神は「櫛真智(くしまち)命」他、八百万の神のオールスターという感じで本殿裏にそれぞれ祀られていました。学術的に実在の見込まれる最初の天皇である崇神天皇7年(紀元前91年)の創建とのこと。
その本殿裏に【御岳山】山頂碑(929m)がありました。
2016年10月29日 11:13撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その本殿裏に【御岳山】山頂碑(929m)がありました。
1
山頂碑の先に奥の院の遥拝所が…。さっき立ち寄った「奥の院の奥の院」でしょうか?皆さんここから手を合わされており、知らずに拝まれてしまっていたのかも。少し気まずいので私も参拝。
2016年10月29日 11:14撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂碑の先に奥の院の遥拝所が…。さっき立ち寄った「奥の院の奥の院」でしょうか?皆さんここから手を合わされており、知らずに拝まれてしまっていたのかも。少し気まずいので私も参拝。
1
秩父氏の一族「畠山重忠」奉納の大鎧が展示されているそうな。奥武蔵・奥多摩を歩いていると良く耳にする鎌倉時代の武将。三国志で言うと「趙雲」。戦国時代で言うと「本多忠勝」みたいな感じかな。強いだけじゃなく清廉潔白。
2016年10月29日 11:19撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秩父氏の一族「畠山重忠」奉納の大鎧が展示されているそうな。奥武蔵・奥多摩を歩いていると良く耳にする鎌倉時代の武将。三国志で言うと「趙雲」。戦国時代で言うと「本多忠勝」みたいな感じかな。強いだけじゃなく清廉潔白。
少し下って鳥居のところの巨樹。天候回復とともに神々しい雰囲気に。
2016年10月29日 11:26撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下って鳥居のところの巨樹。天候回復とともに神々しい雰囲気に。
1
ようやく明るい日差しがさしてきました。
2016年10月29日 11:26撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく明るい日差しがさしてきました。
高度1000m近い山中とは思えない風景。完全に街中。500mmペットボトル2本購入。あとお土産の「ゆずようかん」も。
2016年10月29日 11:28撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度1000m近い山中とは思えない風景。完全に街中。500mmペットボトル2本購入。あとお土産の「ゆずようかん」も。
日の出山まで木漏れ日ロードを行きます。
2016年10月29日 11:41撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出山まで木漏れ日ロードを行きます。
【日の出山】山頂(902m)到着。ちょうどお昼なのでにぎわっていました。
2016年10月29日 12:00撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【日の出山】山頂(902m)到着。ちょうどお昼なのでにぎわっていました。
1
ここの眺望の良さも説明の要なし。
2016年10月29日 12:01撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの眺望の良さも説明の要なし。
2
いよいよ下山です。金比羅尾根方面へ向かいます。
2016年10月29日 12:09撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ下山です。金比羅尾根方面へ向かいます。
以前来た時は曇天だったのですが、見事な眺望の連続と…。
2016年10月29日 12:19撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前来た時は曇天だったのですが、見事な眺望の連続と…。
歩きやすい道が続きます。ジョギングペースで少し走りましたが…。
2016年10月29日 12:31撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすい道が続きます。ジョギングペースで少し走りましたが…。
どうにも眺めが良すぎてついつい足が止まりがち。
2016年10月29日 12:38撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうにも眺めが良すぎてついつい足が止まりがち。
しかし、次第に雲が多くなってきました。
2016年10月29日 12:52撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし、次第に雲が多くなってきました。
もう少し先の金比羅山手前の車道を右折する予定でしたが、こんな標示が出ていたので、ショートカットしてみることにしました。
2016年10月29日 13:25撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少し先の金比羅山手前の車道を右折する予定でしたが、こんな標示が出ていたので、ショートカットしてみることにしました。
林道かな?車両が出入り出来る感じの道が続きます。
2016年10月29日 13:29撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道かな?車両が出入り出来る感じの道が続きます。
当初予定していた車道に合流しました。反対側には「私有地につき…(消えて読めない)」という標示があったので不法侵入してしまったかも。地権者の人ごめんなさい。
2016年10月29日 13:41撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当初予定していた車道に合流しました。反対側には「私有地につき…(消えて読めない)」という標示があったので不法侵入してしまったかも。地権者の人ごめんなさい。
下界が見えてきました。車道に出てスタート地点の駐車場を目指します。
2016年10月29日 13:53撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界が見えてきました。車道に出てスタート地点の駐車場を目指します。
【十里木駐車場】に戻ってきました。この時間でも駐車スペースにまだ余裕がある感じです。このあと「瀬音の湯」に入浴して帰りました。
2016年10月29日 14:09撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【十里木駐車場】に戻ってきました。この時間でも駐車スペースにまだ余裕がある感じです。このあと「瀬音の湯」に入浴して帰りました。

感想/記録

とにかく眺望のきくところが多いルートでした。30km以上ありますが、足にある程度自身がある方にはお勧めしたいです。
訪問者数:245人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ