ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 993905 全員に公開 ハイキング丹沢

鍋割山

日程 2016年10月30日(日) [日帰り]
メンバー o-tadashi
天候雨のち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
大倉からのルートが主流ですが、今回は寄から登ってみました。以前シダンゴ・宮地に登った際、下りてきた寄で「鍋割山方面」の看板を見つけ、ここから行ってみたいなあと思っていたので。大倉へのバスに比べ本数が少ないので要注意です。新松田駅6:55発の始発バスで行きました。帰りは大倉から。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間54分
休憩
1時間2分
合計
5時間56分
Sみやま運動広場駐車場07:2707:33寄ロウバイ園07:3507:56綱立丸08:29櫟山08:45栗ノ木洞09:01後沢分岐09:0209:06後沢乗越10:00鍋割山10:3410:50小丸10:59小丸尾根分岐(二俣分岐・平二山)11:17金冷シ11:1811:22花立11:27花立山荘11:3611:50天神尾根分岐12:03堀山の家12:0712:13堀山12:1412:20駒止茶屋12:3012:51見晴茶屋12:54雑事場ノ平13:04観音茶屋13:19大倉山の家13:23大倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
みやま運動広場駐車場は寄バス停です。
コース状況/
危険箇所等
小丸尾根は通行止めです。要注意。
雨の影響でぬかるみは多数。わかりづらいところは、1か所寄から櫟山に向かう途中で間違えました。他は明瞭。
その他周辺情報今回は温泉には寄らず。寄るときは鶴巻温泉で途中下車するか、本厚木から送迎バスで湯花楽へ行きます。渋沢には、「さかなや道場」「魚丸水産」などがありますが、いずれも日曜は15時からの営業です。駅前に農協のお店があり、地場産の野菜や果物が売られていて、今回はここでお土産を購入。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル 帽子 GPS 日焼け止め

写真

7:25寄到着です。今日は曇り、午後からは晴れの予報だったのですが、雨がぱらついていました。ストレッチして鍋割に向かいます。
2016年10月30日 07:25撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:25寄到着です。今日は曇り、午後からは晴れの予報だったのですが、雨がぱらついていました。ストレッチして鍋割に向かいます。
1
7:55ここは鍋割山方面へ。
2016年10月30日 07:55撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:55ここは鍋割山方面へ。
7:59合羽を着るほどではありませんが、雨なので、ヒルがいないか心配しながら向かいます。気温が低いので大丈夫かなあ…。
2016年10月30日 07:59撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:59合羽を着るほどではありませんが、雨なので、ヒルがいないか心配しながら向かいます。気温が低いので大丈夫かなあ…。
1
8:00こちらの道が鍋割への道。誰にも会いません。
2016年10月30日 08:00撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:00こちらの道が鍋割への道。誰にも会いません。
1
8:13霧のかかった林の中を進みます。
2016年10月30日 08:13撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:13霧のかかった林の中を進みます。
8:29櫟山に到着しました。道の途中にあるピークです。この時までに雨は止んでいましたが、この先ススキの穂についた水滴でだいぶ濡れました。
2016年10月30日 08:29撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:29櫟山に到着しました。道の途中にあるピークです。この時までに雨は止んでいましたが、この先ススキの穂についた水滴でだいぶ濡れました。
1
8:43栗ノ木洞到着。先ほどの櫟山の看板では35分となっていたので、だいぶ巻きました。
2016年10月30日 08:43撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:43栗ノ木洞到着。先ほどの櫟山の看板では35分となっていたので、だいぶ巻きました。
9:03後沢乗越到着。ここで大倉からの道と合流します。初めて人に会いました。ここまでの一時間半で出会ったのは鹿一頭のみ。孤独な旅でした。
2016年10月30日 09:03撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:03後沢乗越到着。ここで大倉からの道と合流します。初めて人に会いました。ここまでの一時間半で出会ったのは鹿一頭のみ。孤独な旅でした。
1
9:36頂上まであと800メートル地点。後沢乗越から急登が続き、前日の酒もたたってか息苦しくなってきてペースが落ちます。一本満足バーでエネルギー補給です。
2016年10月30日 09:36撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:36頂上まであと800メートル地点。後沢乗越から急登が続き、前日の酒もたたってか息苦しくなってきてペースが落ちます。一本満足バーでエネルギー補給です。
10:02山頂に到着しました。
2016年10月30日 10:02撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:02山頂に到着しました。
景色は残念ながら皆無。
2016年10月30日 10:02撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色は残念ながら皆無。
さて、鍋焼きうどん。天気の良い日曜日には2時間待ちも、という情報があったので、一応おにぎりも用意してきたのですが、今日の混み具合だったら大丈夫そう。
2016年10月30日 10:02撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、鍋焼きうどん。天気の良い日曜日には2時間待ちも、という情報があったので、一応おにぎりも用意してきたのですが、今日の混み具合だったら大丈夫そう。
2
10分と待たずにありつけました。うまかった。
2016年10月30日 10:10撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分と待たずにありつけました。うまかった。
6
10:32頂上を出ますが、まだ霧の中。
2016年10月30日 10:32撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:32頂上を出ますが、まだ霧の中。
10:33塔ノ岳方面へ向かい小丸尾根から下山するつもりでいました。
2016年10月30日 10:33撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:33塔ノ岳方面へ向かい小丸尾根から下山するつもりでいました。
10:35これよく見かけるんですけど、なんて言うんでしたっけ?
2016年10月30日 10:35撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:35これよく見かけるんですけど、なんて言うんでしたっけ?
10:42紅葉はたまに見られる程度。
2016年10月30日 10:42撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:42紅葉はたまに見られる程度。
1
10:57小丸尾根分岐。ですが、現在通行止めとのことで、仕方なく金冷しまで行くことにします。
2016年10月30日 10:57撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:57小丸尾根分岐。ですが、現在通行止めとのことで、仕方なく金冷しまで行くことにします。
11:08本日の最高地点大丸。1386m。
2016年10月30日 11:08撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:08本日の最高地点大丸。1386m。
11:17金冷し到着。ここまで来たら塔ノ岳登っちゃってもよかったんだけど、今日はあっさり下山することに。
2016年10月30日 11:17撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:17金冷し到着。ここまで来たら塔ノ岳登っちゃってもよかったんだけど、今日はあっさり下山することに。
11:37花立山荘到着。山を下るとともに、お腹も下ってしまい、この後しばらく写真なしです。でもトイレスポットがあるこのルートで結果よかった。花立山荘と、駒止茶屋でトイレを借りました。いずれも100円チップ制です。
2016年10月30日 11:37撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:37花立山荘到着。山を下るとともに、お腹も下ってしまい、この後しばらく写真なしです。でもトイレスポットがあるこのルートで結果よかった。花立山荘と、駒止茶屋でトイレを借りました。いずれも100円チップ制です。
12:51見晴し茶屋到着。
2016年10月30日 12:51撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:51見晴し茶屋到着。
見晴し茶屋からの見晴し。霧が晴れてきました。
2016年10月30日 12:51撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴し茶屋からの見晴し。霧が晴れてきました。
12:54雑事場の平。
2016年10月30日 12:54撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:54雑事場の平。
13:04観音茶屋。
2016年10月30日 13:04撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:04観音茶屋。
13:17今日もクリステルに会えた。
2016年10月30日 13:17撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:17今日もクリステルに会えた。
キャサリンもね。
2016年10月30日 13:17撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャサリンもね。
13:23どんぐりハウス(大倉バス停)到着。お疲れさまでした。
2016年10月30日 13:23撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:23どんぐりハウス(大倉バス停)到着。お疲れさまでした。
3
撮影機材:

感想/記録

 予報では曇りの予報だったのですが、新松田の駅を降りると小雨。でも合羽が必要なほどではないし、この後どんどん回復してきそうなので、予定通り決行することにします。
 寄では15人くらいかな?の人が降りました。雨山峠のほうへ行かれる方もいらっしゃるようです。同じルートを行く方もいらっしゃるようでしたが、私のペースが速いため最初で抜いてしまい、その後、後沢乗越まで誰にも会うことはありませんでした。櫟山へ向かう途中で一度道を間違えましたが(写真を撮っておけばよかった)、GPSのおかげですぐに修正でき、あとは紛らわしいところはありませんでした。天候のせいもあり、暗く寂しい森の中を歩いていると鹿が出現し、びくっとしました。写真を撮ろうかと思いましたが、カメラを用意しているうちにどっかに行っちゃいました。
 大倉からの合流地点を過ぎると一気に人の数が増しました。途中ちっちゃい子に「頑張って登ってください」と励まされたりしながら、登って行ったのですが、頂上手前で前日の酒が残っていたせいもあってか、脈拍が急に速くなり、休息をとりながらゆっくり登っていきました。それでも10時ころには頂上に到着。念願の鍋焼きうどんを食べることができました。味は濃いめですが、登ってきた体にはこのくらいがちょうどよいかも。そして、気温も少し低めで暖かいうどんが体にしみこみました。鍋が熱いので、食べ終わる頃もまだ温かいのもよかったです。
 下りは小丸尾根が通行止めで、結局いつもの大倉尾根から下山しました。写真のところにも書きましたが、急に重いものを食べたためか、お腹の調子を悪くしてしまい、結果的にこのルートは正解でした。折角だから塔ノ岳にも…と少し思いましたが、今日の天候では展望も期待できないので、今日はやめてさっさと下山することにしました。大倉尾根は下りにしか使ったことがありませんが、登りは辛そうです。ただただひたすらバカみたいに登りが続くので、バカ尾根とも呼ばれています。いつも思いますが、丹沢は奥武蔵などと比べて年齢層が若いですね。若い方が結構登ってらっしゃいました。
訪問者数:249人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

乗越 急登 GPS 一本 紅葉 ストレッチ クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ