ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 994225 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走石鎚山

(愛媛)紅葉の裏寒風(2016)

日程 2016年10月30日(日) [日帰り]
メンバー bergheil, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
今日の寒風山登山口は見たこともない車の量で、駐車場にはバス3台も入って満杯、あふれた車は県道の路肩に駐車。自分も路肩駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間50分
休憩
1時間0分
合計
4時間50分
S寒風山(伊予富士)登山口10:0010:50桑瀬峠11:0011:50寒風山(西峰)12:4014:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
裏寒風ルートは、以前よりは赤テープが増えていて解りやすくなっているが、この季節はトレースが落ち葉に覆われて、もともと薄い踏み跡がさらに判りにくい。赤テープ以外の標識は途中に1個しかない。ある程度のルーファイ力が必要。鎖場は登山口から少し行ったところに1か所。頂上手前の急坂や、小沢を渡渉する箇所などに、ロープが数か所設置されている。個人的には途中のガラ場の下りが、歩くたびに落石が起きて、ひやひやした。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

少し遅い出発だったせいもあるが、寒風山登山口は、バス3台を含め駐車場は満杯、路肩駐車せざるを得ない。こんなに混んでいる寒風山登山口は初めて見た!
2016年10月30日 09:59撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し遅い出発だったせいもあるが、寒風山登山口は、バス3台を含め駐車場は満杯、路肩駐車せざるを得ない。こんなに混んでいる寒風山登山口は初めて見た!
1
桑瀬峠への道を登り始める。下のほうはまだ青葉が多い。
2016年10月30日 10:22撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桑瀬峠への道を登り始める。下のほうはまだ青葉が多い。
1
ちらほらと、黄色く色づいた木々も出てきたが、思ったほど紅葉はパッとしない。
2016年10月30日 10:49撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちらほらと、黄色く色づいた木々も出てきたが、思ったほど紅葉はパッとしない。
1
赤く紅葉した草
2016年10月30日 10:51撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤く紅葉した草
1
途中から山頂を望む。山頂は良く見えるが、途中の森はすでに紅葉が終わり、枯れ木の森となっている。
2016年10月30日 10:52撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から山頂を望む。山頂は良く見えるが、途中の森はすでに紅葉が終わり、枯れ木の森となっている。
2
登りの道から、伊予富士方面を望む
2016年10月30日 11:11撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りの道から、伊予富士方面を望む
1
(同じく)伊予富士方面と桑瀬峠、すでに晩秋の雰囲気だが結構暑く、Tシャツで登る。
2016年10月30日 11:12撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(同じく)伊予富士方面と桑瀬峠、すでに晩秋の雰囲気だが結構暑く、Tシャツで登る。
2
秋の雰囲気を感じさせる赤い木の実
2016年10月30日 11:14撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋の雰囲気を感じさせる赤い木の実
1
登りの途中から見る、寒風山。よく見ると、中腹あたりは紅葉がまだ残っている。
2016年10月30日 11:15撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りの途中から見る、寒風山。よく見ると、中腹あたりは紅葉がまだ残っている。
1
寒風山の西面をズーム。少し紅葉が見られた。
2016年10月30日 11:16撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒風山の西面をズーム。少し紅葉が見られた。
1
寒風山西面の岩稜帯と紅葉の森
2016年10月30日 11:16撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒風山西面の岩稜帯と紅葉の森
1
ブナの木はもう黄葉が終わりかけ
2016年10月30日 11:18撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの木はもう黄葉が終わりかけ
1
紅葉と、遠く冠山
2016年10月30日 11:25撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉と、遠く冠山
1
今日は、山頂(西峰)で出会った人(Nさん)とともに、裏寒風を下ることにした。最初からロープが張ってある急な道を下る。
2016年10月30日 12:51撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は、山頂(西峰)で出会った人(Nさん)とともに、裏寒風を下ることにした。最初からロープが張ってある急な道を下る。
1
灌木混じりのルートを行くNさん
2016年10月30日 12:53撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灌木混じりのルートを行くNさん
1
寒風山西峰の岩峰を北から西へと巻きながら下ってゆく。下りから西峰の岩峰を見上げる。
2016年10月30日 12:54撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒風山西峰の岩峰を北から西へと巻きながら下ってゆく。下りから西峰の岩峰を見上げる。
1
少し下ったあたりから、寒風山西峰岩峰を振り返る。
2016年10月30日 12:59撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下ったあたりから、寒風山西峰岩峰を振り返る。
1
見晴しのよい1550m付近から、主稜線を望む。第2岩峰(中央)が目立つ。
2016年10月30日 12:59撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴しのよい1550m付近から、主稜線を望む。第2岩峰(中央)が目立つ。
1
裏寒風ルートも西岩峰を巻いて、南西側の斜面に入ると、ガラガラのガレ場にでる。N氏とともに慎重に下るが、どうしても落石を落としがち。
2016年10月30日 13:06撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏寒風ルートも西岩峰を巻いて、南西側の斜面に入ると、ガラガラのガレ場にでる。N氏とともに慎重に下るが、どうしても落石を落としがち。
1
写真では高度感が出てないが、結構な急斜面のがラ場を慎重に下る。
2016年10月30日 13:06撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真では高度感が出てないが、結構な急斜面のがラ場を慎重に下る。
1
がラ場を終わると、ようやくトラバース道となる。だが写真の通り、登山道ははっきりせず、たまにある赤テープを頼りに下る。
2016年10月30日 13:14撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
がラ場を終わると、ようやくトラバース道となる。だが写真の通り、登山道ははっきりせず、たまにある赤テープを頼りに下る。
1
途中、赤テープを着けたケルンがあった。
2016年10月30日 13:15撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、赤テープを着けたケルンがあった。
1
南西面に巻いた後、涸沢1本、少量の水が流れる小沢3本を巻いてゆく。写真は先行するN氏。
2016年10月30日 13:24撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南西面に巻いた後、涸沢1本、少量の水が流れる小沢3本を巻いてゆく。写真は先行するN氏。
1
ヘルメットとロープを持って、本格的なN氏。
2016年10月30日 13:29撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘルメットとロープを持って、本格的なN氏。
2
水が流れている小沢を3本通りすぎ、しばらく下ると、このルート唯一の標識がある(左頂上へ、との表示)
2016年10月30日 13:33撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水が流れている小沢を3本通りすぎ、しばらく下ると、このルート唯一の標識がある(左頂上へ、との表示)
1
さらに少し下ると見晴台(仮称)にでた。小休止して写真などとる。
2016年10月30日 13:44撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに少し下ると見晴台(仮称)にでた。小休止して写真などとる。
1
見晴台から、西側の岩壁群。(岩壁の少し上を巻きながら、北側から南西側に巻いてきた)
2016年10月30日 13:44撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴台から、西側の岩壁群。(岩壁の少し上を巻きながら、北側から南西側に巻いてきた)
1
見晴台から見る、紅葉と岩壁。目視では写真以上にきれいだった。
2016年10月30日 13:44撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴台から見る、紅葉と岩壁。目視では写真以上にきれいだった。
2
見晴台からみる紅葉と岩壁
2016年10月30日 13:44撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴台からみる紅葉と岩壁
1
岩稜帯を下るNさん。厳しい岩場はあまりないが、浮石が多く、気を使う。
2016年10月30日 13:58撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩稜帯を下るNさん。厳しい岩場はあまりないが、浮石が多く、気を使う。
1
見晴台からみる、稜線上の第二岩峰(仮称)。稜線上を通ると大した岩峰に見えないが、西側から見ると、結構な岩峰だ。
2016年10月30日 13:58撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴台からみる、稜線上の第二岩峰(仮称)。稜線上を通ると大した岩峰に見えないが、西側から見ると、結構な岩峰だ。
1
岩場と紅葉
2016年10月30日 13:59撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場と紅葉
2
ケルンのある地点にて、紅葉を写す。
2016年10月30日 14:05撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケルンのある地点にて、紅葉を写す。
3
主稜線に比べると、この裏寒風はまだ紅葉がきれいだった(写真よりも目視のほうがきれいだった)
2016年10月30日 14:05撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主稜線に比べると、この裏寒風はまだ紅葉がきれいだった(写真よりも目視のほうがきれいだった)
2
ケルン地点から紅葉の森を写す。だいぶ枯れ木が多くなり、もう今年も冬が近づいたな、と思う。
2016年10月30日 14:05撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケルン地点から紅葉の森を写す。だいぶ枯れ木が多くなり、もう今年も冬が近づいたな、と思う。
4
ケルン地点から紅葉の森と、第2岩峰(仮称)。
2016年10月30日 14:06撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケルン地点から紅葉の森と、第2岩峰(仮称)。
2
今年の秋はキノコが少ないような気がしてたが、名の知れないキノコがパラパラと生えていた。
2016年10月30日 14:24撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年の秋はキノコが少ないような気がしてたが、名の知れないキノコがパラパラと生えていた。
1
稜線から沢筋に降りるあたりにあった鎖場。結局このルートはまともな鎖場はこの1か所。あとは稜線近くにロープが3本程度だった。
2016年10月30日 14:36撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線から沢筋に降りるあたりにあった鎖場。結局このルートはまともな鎖場はこの1か所。あとは稜線近くにロープが3本程度だった。
1
撮影機材:

感想/記録

1)この日曜は、天気が良い予報がでてたので、石鎚か寒風山に行こうと思っていたが、いつものように、朝起きるのが遅かったので、寒風山に行くことにした。(朝が弱いのデス...)

2)登りは寒風山登山口からノーマルルートで登る。今日はなぜか登山口のクルマの量が半端でなく、バス3台を含め、2か所の駐車場が満杯。あぶれた車が旧国道の路肩にズラッと駐車しているので、自分も路肩に駐車した。昔は寒風山に来る人も少なかったのに、いつの間にこんなにメジャーになったのかな?

3)頂上(真の頂上ではなく、お気に入りの、”西の峰”)に2時間弱で到着し、カップラーメンを食べながら、さて下りはどうしようかと思っていたところ、裏寒風側からオジサンが登ってきた。ロープ、ヘルメットも持って本格的な感じ。例の”寒風山の主”さんかと思い声をかけるが、そうではなく、自分と同じ、地元新居浜の人(Nさん)だった。自分が、裏寒風を下ろうと思っているというと、自分も来た道を戻るとのことで、一緒に下ることになった。

4)裏寒風の道は、ロープや赤テープなど約5年前に来たときよりはルートが明確になっており、すでにバリルートではなく一般ルートに近くなっていたが、落ち葉が多くて踏み跡がはっきりせず、かつ、落ち葉や木の根で尻もちをつくことが多くて、下りは思ったよりは厳しい。でも同行者がいることで少し安心してくだることができた。

5)裏寒風の道はノーマルルートよりは紅葉が綺麗で、感じは良かった。また厳しめのルートではあったが、自分の実力に相応したルートで結構楽しめた。ただ踏み跡が落ち葉で覆われていて解りにくく、ルートかそうでないかの判断力が必要なルートではある。
訪問者数:163人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ