ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 994424 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走北陸

馬場島【赤谷山】紅葉と初雪のブナクラ谷

日程 2016年10月30日(日) [日帰り]
メンバー kosiabura331, その他メンバー1人
天候朝方曇り後晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ブナクラ谷方面の”通行止めゲート”
の付近や手前に駐車できる。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間50分
休憩
1時間33分
合計
12時間23分
Sスタート地点(ゲート)04:4405:17ブナクラ取水堰堤05:1808:25ブナクラ峠(初回の休憩含む)08:4508:47ブナクラ峠11:25赤谷山11:2911:30赤谷山(御弁当休憩)12:2012:22赤谷山(下山へ)13:59ブナクラ峠14:1716:35ブナクラ取水堰堤17:07ゴール地点(ゲート)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
★岩屋(岩で屋根がある)が所々にあるので、緊急時は活用できる。
★大きな渡渉(注意しないと足首の上迄が水没)箇所は3か所。
★登山道の標高1900mから2000mまでは、ゴロ谷を直登する
 下山時に注意する
★軽スパッツやゲータの着用が望ましい。(汚れ防止程度)

コース状況/
危険箇所等
ブナクラ乗越から山頂間にて
尾根道を歩行時に西側が崩壊している場所が2か所あり
いずれも迂回(左の笹薮方面)ルートある。
しかし気付きにくい。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 30L日帰りザック 3季登山靴 登山用靴下 3季トレッキングズボン ドライレイヤー 薄手長袖Tシャツ(三季) コンパクト極薄シェル 薄手手袋(夏季) ウール手袋 ウール厚手手袋 ソフトシェル(フード無) ダウン防寒着等 レインウエア1式 3季キャップ ツエルト1式(綱/竹ペグ) 行動食類 昼食 ジェットボイル1式 予備GAS 防水マッチ メディカルセット 火器防風 ヘッドライト 予備単4電池 ガーミンGPS 予備単3電池 カメラ ラジオ マルチツール Wストック ハイドレーションSYS(2L) 予備プラティパス 保温瓶 コンパス 行程/国土地理院地形図 腕時計 携帯電話(予備Liバッテリー) 偏光サングラス ミラー 熊除鈴

写真

今回も早朝から!
CT12時間設定で。
2016年10月30日 04:45撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回も早朝から!
CT12時間設定で。
渡渉ポイント
舗装林道終点先:標高1007m程
2016年10月30日 05:28撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉ポイント
舗装林道終点先:標高1007m程
明るくなってきた。
2016年10月30日 06:01撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るくなってきた。
4
ブナクラ谷の紅葉は綺麗
2016年10月30日 06:02撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナクラ谷の紅葉は綺麗
5
赤谷山方向は雪??
2016年10月30日 06:51撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤谷山方向は雪??
1
渡渉ポイント
標高1316m程
2016年10月30日 06:59撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉ポイント
標高1316m程
大猫山も雪です
2016年10月30日 07:00撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大猫山も雪です
5
渡渉ポイント
標高1347m程
2016年10月30日 07:11撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉ポイント
標高1347m程
ブナクラ乗越も真っ白
2016年10月30日 08:01撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナクラ乗越も真っ白
2
大岩も
2016年10月30日 08:16撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩も
2
すがすがしい
2016年10月30日 08:18撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すがすがしい
見事な霧氷
2016年10月30日 08:24撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見事な霧氷
3
振り返って
2016年10月30日 08:50撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って
5
さて、、
真っ白な赤谷山方面へ
2016年10月30日 09:13撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、、
真っ白な赤谷山方面へ
2
雪が笹薮に着いて
手こずった
2016年10月30日 10:00撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が笹薮に着いて
手こずった
2
バテているそう
2016年10月30日 10:00撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バテているそう
1
振り返ると
猫又
2016年10月30日 11:07撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると
猫又
4
ゲートから歩き出しで
6.5時間で山頂。
予定通りでした
2016年10月30日 11:21撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートから歩き出しで
6.5時間で山頂。
予定通りでした
4
剱岳が真正面!
2016年10月30日 11:24撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳が真正面!
3
とにかく!お腹すいたんで
自家製弁当
(折畳み弁当箱でGOOD!)
2016年10月30日 11:41撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかく!お腹すいたんで
自家製弁当
(折畳み弁当箱でGOOD!)
5
なんかイイ
2016年10月30日 12:08撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんかイイ
1
鹿島槍ヶ岳
2016年10月30日 12:11撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳
1
唐松岳
2016年10月30日 12:11撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松岳
2
白馬岳_方面
2016年10月30日 12:11撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳_方面
1
剱岳まで近い気がする?
2016年10月30日 12:19撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳まで近い気がする?
1
毛勝三山
さて下山へ
2016年10月30日 12:23撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛勝三山
さて下山へ
1
猫又山が大きく。
もうすぐブナクラ乗越
2016年10月30日 13:54撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猫又山が大きく。
もうすぐブナクラ乗越
3
ブナクラ谷
2016年10月30日 13:56撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナクラ谷
2
ブナクラ沢の始まり
ゴーゴー沢水が流れてます
2016年10月30日 14:46撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナクラ沢の始まり
ゴーゴー沢水が流れてます
1
苔アップ
2016年10月30日 15:13撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔アップ
赤谷山
2016年10月30日 15:16撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤谷山
2
なんかいい
2016年10月30日 15:54撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんかいい
夕焼け
2016年10月30日 16:42撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕焼け
赤く焼けた
2016年10月30日 16:46撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤く焼けた
4
ようやく下山
予定してたCT通りでした
2016年10月30日 17:06撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく下山
予定してたCT通りでした

感想/記録

今日は前回【大猫〜猫又山の周回】の続きの気持ちで、
【赤谷山】を登ってみた。
懸念していた、<取水口からブナクラ乗越>ルートは
前回に” 下り ”で理解していたので難なく行ける。
しかし、” ブナクラ峠/乗越 ”に近づくにつれ、徐々に傾斜が急になる。
ゲートから、4時間弱で”ブナクラ乗越”に到達。
〜〜前半戦はココまで
周りは霧氷と昨日の雪で白い景色。
疲れも出てくる。しかし、これからが登山だ。
ザック置いて行動食(ナッツMIX)を、二握り食べて落ち着く。

あとは3時間の赤谷山への”登り”だ。

しかし笹薮に前日の雪が覆いかぶさり、歩くと雪だらけになる。
じわじわズボンが冷たいく濡れていく。
まさに今年初の雪遊びだ。しかも,とても冷える。
尾根道をゆるやかに水平に進むと、暫くすると<ゴロ谷>を直登する。
この”苔むしたゴロ谷の直登”が、意外とキツイ。(30分程度)
雪も残り、滑り、なかなか進まない。何も考えずにとにかく歩く。
ゴロ谷を登りきると、尾根道の開けた登りのみ。
頂上台地が見える。
しかし笹薮&雪で、気分的にもマイってしまう・・・
ツレも辛そうだ、、、、気分的に帰りたいそうだ。でも頑張るって。
ここまで来たのだから、、と目指す事に。

ようやく山頂へ。(予定よりは少し早かった)
ここは後立山の山域や剱岳が真正面とか・・。
とにかく展望が素晴らしい。
何も言う事が無いくらい素晴らしい。
持参した弁当を食べてノンビリしたいが、
帰りの復路は、5時間かかるかもしれないので、
そんな訳にもいかず、そそくさと下山へ。
とにかく、ブナクラ乗越まで下りさえすれば、
 あとは谷を下りるのみ。
山頂からブナクラ取水口まで4時間少々で下りられたが、
二人とも足がクタクタ・・・・やれやれって感じです。
流石にきつかったです。
ちなみに雪は完全に溶けました。

・出発時のゲート前:(車)テント設営していた2名?G×1
・山中にてすれ違いの本日の登山者:2名G×1、単独×1
  →→→赤谷山に登った人たちです。
・下山時のゲート前:車3台
・日の入り時間(17時)だったですが、うち等以外に他にも、
  まだ多く登山者?写真愛好家?が、の山の中にいるらしく
  驚きました。
  馬場島荘前にも数台、中山登山口前に1台、周辺にも数台居た

もうこの山域は雪山が迫ってます。
晴れたので笹葉に付いた前日の雪は、溶けましたが霜柱や
日陰には昼過ぎでも、しっかり残っていた。
気温は終始ゼロ台。風が吹けば耐寒マイナス5度程度。
ソフトシェルを着て登っても暑くないほどの気温でした。
軽アイゼン含め冬山(雪山)装備でないと下山をよぎなくされる。

下りてみて、先週の<大猫〜猫又周回>と、今回の<赤谷山ピストン>
さて、どっちがキツイのか?
と二人で考えたが答えが出ない。
苦労したが、とても楽しい山行でした。
今度は(いつか分からないが)赤谷山山頂でテントもいいな。
ツレはバテバテでしたが決して、座り込んだりする事無く、
 登っていた。
きついヤマなのに楽しくなってしまう___変ですね。
これでも次はドコいこう〜?と考えてます。
訪問者数:190人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ