ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 994517 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

八海山☆紅葉と雪!美しい(๑˃̵ᴗ˂̵)و 【屏風道〜新開道】

日程 2016年10月30日(日) [日帰り]
メンバー mt12
天候曇り→晴れ時々ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
2号目登山口駐車場に駐車
関越道道・六日町インターより約25分
駐車場キャパは10数台位でしょうか?
7:00の時点で7〜8台程度
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち46%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【屏風道】
ロケーションは最高です^^
岩場、鎖場多数です。
また、ホールドは脆く浮石多数です。
体重を掛け過ぎててしまうとホールドもろとも落ちる可能性があるので、体重分散か鎖で補助のどちらかでしょうか。
【八ツ峰】
こちらもロケーション最高です^^
ほぼ岩稜の登下降やトラバースが続き、両サイドは切れ落ち高度感があります。
岩場の傾斜は屏風道より急で、今回のように濡れている時は注意が必要かと思います。
【八ツ峰迂回路〜新開道】
前半部分、ハシゴや鎖、微妙なトラバースが続きます。
中盤からは急な下り坂。
濡れた落葉で尚滑り疲労が溜まりました。
その他周辺情報【温泉】
金城の里 \320 (駐車場から20分位)
小さいながらいい湯でした。
コストパフォーマンス良し。
帰りが関東方面ならば石打塩沢インターが最寄りになります。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 行動食 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ナイフ カメラ ヘルメット

写真

前日、山の予習は綿密に…
えっ⁉昼間からですか⁉ (*゜▽゜)ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日、山の予習は綿密に…
えっ⁉昼間からですか⁉ (*゜▽゜)ノ
2
登り始めて時折上部が見え隠れ。
あっ、昨夜はやっぱり雪?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めて時折上部が見え隠れ。
あっ、昨夜はやっぱり雪?
3
登り始めの写真を撮り忘れ、下山時の写真です。
二合目・屏風道登山口から朝は見えなかった山頂方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めの写真を撮り忘れ、下山時の写真です。
二合目・屏風道登山口から朝は見えなかった山頂方面。
1
4合目までは屏風沢に沿って登ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4合目までは屏風沢に沿って登ります
1
尾根で振り返ると…ちょっと綺麗!
太陽が当たればもっと綺麗なのに…!
沢伝いに登ってきたのがわかります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根で振り返ると…ちょっと綺麗!
太陽が当たればもっと綺麗なのに…!
沢伝いに登ってきたのがわかります。
2
日が当たると小金の絨毯!綺麗^^
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が当たると小金の絨毯!綺麗^^
3
綺麗です^^
右下に登攀する登山者さん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗です^^
右下に登攀する登山者さん
5
ガスの合間に日が差す天気
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの合間に日が差す天気
脆い岩は続く…屏風道は全体通して浮石注意です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
脆い岩は続く…屏風道は全体通して浮石注意です
1
陽が当たってますね!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽が当たってますね!
5
色付いてます^^
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色付いてます^^
2
段々高度も上がってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
段々高度も上がってきました
2
時折青空が!
山頂はかすかに雪化粧してます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折青空が!
山頂はかすかに雪化粧してます
なんと綺麗な岩場^ ^
上部に先行者さん見えてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんと綺麗な岩場^ ^
上部に先行者さん見えてます。
4
美しい尾根歩き^ ^
遥か山頂は雪化粧していました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい尾根歩き^ ^
遥か山頂は雪化粧していました
1
薄曇っても綺麗^^
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄曇っても綺麗^^
1
岩の連続で脚にきますが、ふと後ろを見ると和みます^^
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の連続で脚にきますが、ふと後ろを見ると和みます^^
2
本当にロケーションの良い尾根歩きです^ ^
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当にロケーションの良い尾根歩きです^ ^
1
七合目到着!
これより草付きがメインになってきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目到着!
これより草付きがメインになってきます。
滝が流れ落ちてます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝が流れ落ちてます
2
突然道が無くなり、なんだなんだ?と思うが、実は垂直な草付きです。
よく見ると鎖やフィックスロープが付いています。
付いてないと厳しいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然道が無くなり、なんだなんだ?と思うが、実は垂直な草付きです。
よく見ると鎖やフィックスロープが付いています。
付いてないと厳しいです。
1
紅葉の崖下をトラバースしていきます^^
その後は奥に見える沢を直登し詰めていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の崖下をトラバースしていきます^^
その後は奥に見える沢を直登し詰めていきます。
3
草付きが多くなったけど、基本岩場は続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草付きが多くなったけど、基本岩場は続きます
八合目到着。引き続き草付きメインです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目到着。引き続き草付きメインです。
1
雪化粧の八ツ峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪化粧の八ツ峰
3
八合目を過ぎると紅葉も涸れてきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目を過ぎると紅葉も涸れてきます
4
あの草付きを越えると稜線も間近です。先行者さん見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの草付きを越えると稜線も間近です。先行者さん見えます。
1
屏風道最後の岩場か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屏風道最後の岩場か?
避難小屋と地蔵岳が見えました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋と地蔵岳が見えました!
1
山頂が迫ってくる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が迫ってくる
2
なかなか見ない(かな?)紅葉と樹氷^ ^
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか見ない(かな?)紅葉と樹氷^ ^
8
青空と海老の尻尾^ ^
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空と海老の尻尾^ ^
2
稜線出ました!越後駒もほんのり雪化粧。
直ぐ後ろは千本檜小屋です。
ご主人、女将さん達でしょうか、明るく快活な方達で是非泊まってみたいと思ってしまいました^^
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線出ました!越後駒もほんのり雪化粧。
直ぐ後ろは千本檜小屋です。
ご主人、女将さん達でしょうか、明るく快活な方達で是非泊まってみたいと思ってしまいました^^
3
千本檜小屋より地蔵岳、雲間に日が差します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千本檜小屋より地蔵岳、雲間に日が差します
1
地蔵岳は基部右手をトラバースした後直登です。ここからは、ほぼ岩稜の登下降、トラバースの連続です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳は基部右手をトラバースした後直登です。ここからは、ほぼ岩稜の登下降、トラバースの連続です。
3
地蔵岳と樹氷
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳と樹氷
3
本峰、大日岳方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本峰、大日岳方面
2
紅葉の谷底。背後は越後駒。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の谷底。背後は越後駒。
3
ガスで次々と景色が変わる稜線です^ ^
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスで次々と景色が変わる稜線です^ ^
1
青空出ました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空出ました!
2
青空と登山者の背後から湧き上がる雲
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空と登山者の背後から湧き上がる雲
1
摩利支岳。奥に見える大日岳が目的地
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支岳。奥に見える大日岳が目的地
2
最後が一番急か?ハシゴの直上の垂直な鎖場を登ると本峰、大日岳に到着!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後が一番急か?ハシゴの直上の垂直な鎖場を登ると本峰、大日岳に到着!
4
大日岳からの下り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳からの下り
1
大日岳から次々と降りて来ます、基本一人づつでしょうね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳から次々と降りて来ます、基本一人づつでしょうね。
5
最後の下り、ここの方が下が見えづらかったと思います。
この先直ぐに迂回路(噂ではこれが迂回路なの!?と思ってしまう道だそうです)と新開道方面の分岐です。
私は新開道で帰ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の下り、ここの方が下が見えづらかったと思います。
この先直ぐに迂回路(噂ではこれが迂回路なの!?と思ってしまう道だそうです)と新開道方面の分岐です。
私は新開道で帰ります。
3
分岐から新開道へ。長〜いハシゴの下りが連続。雪解けで濡れながら下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から新開道へ。長〜いハシゴの下りが連続。雪解けで濡れながら下ります。
1
濡れている岩のクライムダウンが続きます。この先点在する整備されてない微妙なトラバースも気をつけました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濡れている岩のクライムダウンが続きます。この先点在する整備されてない微妙なトラバースも気をつけました。
1
この傾斜を下るのだからそれなりなんですね〜。ひと段落と振り返ると…青空と雲の下そびえ立つ八海山の峰々!
峰々には登山者が^^
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この傾斜を下るのだからそれなりなんですね〜。ひと段落と振り返ると…青空と雲の下そびえ立つ八海山の峰々!
峰々には登山者が^^
3
稜線も大分雪解けですが空に映えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線も大分雪解けですが空に映えます。
1
なだらかに見えて実は長〜い急な下り坂が続きます。
濡れ落ち葉と土で滑るので疲れました (。>ω<)ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかに見えて実は長〜い急な下り坂が続きます。
濡れ落ち葉と土で滑るので疲れました (。>ω<)ノ
2
下りてきました^^
麓より古の霊山を望む!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りてきました^^
麓より古の霊山を望む!
3
駐車場に帰ってきました、帰りは滑って疲れた〜 •(´д`、)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に帰ってきました、帰りは滑って疲れた〜 •(´д`、)
1

感想/記録
by mt12

前の週は同じ新潟県でも最北部の村上市に旅行に行きました。
道中、関越道から紅葉盛りの八海山を発見。
これまでは専ら日本酒の方にお世話になってきましたが^^j 以前から本物に登ってみたい!と思っていた気持ちに火が着きました。

当日は晴れの予報でしたが、前夜の気温は氷点下、降雪の可能性があり朝の段階でも頂上は雲に隠れて分からない状態でした。
登り始めると時折山頂が顔を出し、若干の降雪があることが分かりましたが、朝日で段々と融けている様子がハッキリ確認できました。

屏風道は岩場の連続で、脆く結構急なので下り禁止は頷けました。
ただ、とにかく景色が良いので他の登山者さんも「綺麗〜!」を連発しておりました^^
得意の脚攣り防止でゆっくり気味に登り、約3時間で稜線に出るとそこから上は薄っすらと雪化粧。
メインの八ツ峰は屏風道より更に急傾斜で、殆ど岩場の登下降やトラバースが続き高度感もありますが、凍っていることはなく鎖も整備されているので注意しながら約1時間で縦走?完了となりました。
下りは屏風は禁止なので、自動的に新開道です。
上部は雪解けで濡れた急なハシゴや岩場の下降が続きます。
しばらくするとひと段落しますが、今度は急な下り(滑落するレベルではありません)と濡れ落ち葉や土で滑り、疲れてました。
山頂から2時間で下山でしたが、実際より長〜く感じました。

八海山は越後三山の1峰、200名山というだけでなく、古くから山岳信仰の対象として崇められてきたそうです。
今は鎖で整備され、仮に鎖が無くとも現代はアルパインスタイルで登ることは出来るけれど、古の修験道者はじめ修行者達は命賭けだったのではないでしょうか。
特に八ツ峰を登る際は尊敬の念を感じながら、少し厳粛な気持ちで登ることができました。
反面、下りは滑って滑って足が痛くなり、悪態をついてしまうことも度々。
古の修行者と自分の愚かさを感じながらの山行となりました。
訪問者数:154人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/1/22
投稿数: 383
2016/11/4 1:33
 八海山、恐るべし ((;゚Д゚)
mt12さん、こんばんは!
素晴らしい樹氷と紅葉の写真に見入りました!
最高のタイミングで行ってこられましたね
それにしても八海山、すごい道なんですね。もはや一般登山道でないような。。。
先日の剱岳と比較したらどちらが難しいのでしょうか?
いずれにしても、烏帽子岳の登頂ができなかった私はムリかも^^;;
下山時は氷が解けて濡れていて大変でしたね。お疲れ様でした!
また近いうちにご一緒ください^^/
登録日: 2015/4/5
投稿数: 67
2016/11/4 13:15
 Re: 八海山、恐るべし ((;゚Д゚)
chataro7さん、ありがとうございます^ ^
ナイスタイミングで登れて良かったです。
当日は濡れていたので注意しましたが、乾いていればもっと登り易いのではと思います。
岩質や高低差、距離が違いますが、剱岳の方がホールドやステップは安定しているような気がします。
何れにせよchataro7さんの運動能力なら取り越し苦労だと思います^ ^
ではまた近いうちに是非!
登録日: 2014/8/22
投稿数: 10
2016/11/4 14:58
 新開道の下り、まさかの苦戦でしたね!
レコ拝見させていただきました、4枚目と50枚目に私達二人が写っていました!
有難うございます。
当日はカメラを自宅に忘れるという大失態をしてしまい、あの美しい紅葉を仕方なくスマホで写したのですが、やはり中々綺麗には撮れず・・・
mt12さんのレコの綺麗な写真に大感謝です!
新開道の下りは大量の落ち葉と小さな石と粘土状の土でツルツル滑って大変でしたね
私も悪態つきながらの下山でした。
登録日: 2015/4/5
投稿数: 67
2016/11/4 19:20
 Re: 新開道の下り、まさかの苦戦でしたね!
komainu3さん、ありがとうございます。
4枚目もそうでしたね、雪が云々とお話したのも思い出しました^ ^
写真で思い返して頂けて良かったです。
しかし、やはり新開道の下りはそうでしたか〜、自分だけでなく安心しました^ ^

あっ、荒沢岳のレコ拝見しました。
行きたいリストに追加させていただきます!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ