ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 994525 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

天狗岳(唐沢鉱泉⇒天狗⇒黒百合)

日程 2016年10月29日(土) [日帰り]
メンバー 3Dyosuke1290
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
唐沢鉱泉P


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間56分
休憩
1時間26分
合計
7時間22分
S唐沢鉱泉10:2711:25唐沢鉱泉分岐12:17第一展望台12:2712:55第二展望台13:34天狗岳14:2814:48東天狗岳15:39中山峠15:43黒百合ヒュッテ16:0516:47渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐17:49唐沢鉱泉17:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
唐沢鉱泉手前林道約3kmはダート
西天狗直下は岩
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 一般的日帰り装備

写真

この日、八王子より先はこんな感じ
事故渋滞と思われ、出鼻をくじかれるとはこの事。
これにより到着が1時間遅れました
2016年10月29日 07:50撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日、八王子より先はこんな感じ
事故渋滞と思われ、出鼻をくじかれるとはこの事。
これにより到着が1時間遅れました
山梨から長野にかけては晴れ間がみえ、気分も上がります
赤岳がよく見えます
今回は天狗だけど、そのうち行ってみたい
2016年10月29日 09:15撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山梨から長野にかけては晴れ間がみえ、気分も上がります
赤岳がよく見えます
今回は天狗だけど、そのうち行ってみたい
唐沢鉱泉P
駐車スペース30?くらい止めれそう?
10時過ぎ到着にも関わらず数台の空きあり。
ちなみにここ来るまでが、紅葉の素晴らしい箇所でした
2016年10月29日 10:27撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉P
駐車スペース30?くらい止めれそう?
10時過ぎ到着にも関わらず数台の空きあり。
ちなみにここ来るまでが、紅葉の素晴らしい箇所でした
唐沢鉱泉
キレイな外観です
これまたいつかは泊まってみたい。
温泉あり
2016年10月29日 10:30撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉
キレイな外観です
これまたいつかは泊まってみたい。
温泉あり
登山届けを提出します
今回は反時計周り
西天狗⇒東天狗⇒黒百合⇒唐沢で戻ってきます
2016年10月29日 10:30撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山届けを提出します
今回は反時計周り
西天狗⇒東天狗⇒黒百合⇒唐沢で戻ってきます
出発は右手
帰りは左手よりくると思います
2016年10月29日 10:30撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発は右手
帰りは左手よりくると思います
本日6人パーティ
2016年10月29日 10:31撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日6人パーティ
1
西天狗に向けスタート
標高差約700mほど
距離は10kmに満たないが、諸説あるコースタイム7時間ほどを予定
あらかじめ日没を想定しております
2016年10月29日 10:32撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗に向けスタート
標高差約700mほど
距離は10kmに満たないが、諸説あるコースタイム7時間ほどを予定
あらかじめ日没を想定しております
針葉樹林をつづらっぽく登ります
非常に歩きやすく思います
前日に雨がふっており、ガレ以外はぬかるみとスリップ注意でした。
コケが元気な森故、岩にも緑色いっぱい
2016年10月29日 10:39撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針葉樹林をつづらっぽく登ります
非常に歩きやすく思います
前日に雨がふっており、ガレ以外はぬかるみとスリップ注意でした。
コケが元気な森故、岩にも緑色いっぱい
きれいな森です
2016年10月29日 10:39撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいな森です
時折の日差しが幻想的
2016年10月29日 10:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折の日差しが幻想的
初めて見た、
何でしょうか。
2016年10月29日 10:47撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて見た、
何でしょうか。
枯尾ノ峰分岐
第一展望台を目指します
基本ガスってて、時折日差し
ここまで風は感じず、気温は体感10度前後
2016年10月29日 11:25撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯尾ノ峰分岐
第一展望台を目指します
基本ガスってて、時折日差し
ここまで風は感じず、気温は体感10度前後
第一展望台
ガスってて展望ない
どうやら南アルプスとか赤岳の方がみえる、らしいですよ。
休憩も程ほどに第二展望台を目指します
この時点で終日展望は期待していませんでした。
2016年10月29日 12:27撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一展望台
ガスってて展望ない
どうやら南アルプスとか赤岳の方がみえる、らしいですよ。
休憩も程ほどに第二展望台を目指します
この時点で終日展望は期待していませんでした。
第二まではゆるやかな登り
ハイマツとしゃくなげの間を行きます
2016年10月29日 12:28撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二まではゆるやかな登り
ハイマツとしゃくなげの間を行きます
切れ落ちている箇所
2016年10月29日 12:54撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切れ落ちている箇所
すぐに第二展望台
これまた展望なし
2016年10月29日 12:55撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに第二展望台
これまた展望なし
1
こんな感じ
なので先へ進みます
2016年10月29日 12:55撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じ
なので先へ進みます
一旦、樹林帯のコルを経て、岩場の登りとなります
ストックをしまい、両手を使って登る必要がありそうです
コルから150mの登りが続きます
傾斜も結構な角度でした。
2016年10月29日 13:14撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦、樹林帯のコルを経て、岩場の登りとなります
ストックをしまい、両手を使って登る必要がありそうです
コルから150mの登りが続きます
傾斜も結構な角度でした。
登るにつれ、少しずつ空が明るくなってきたような、、、
岩場を過ぎ、平になってきたなと思ったら、
2016年10月29日 13:27撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登るにつれ、少しずつ空が明るくなってきたような、、、
岩場を過ぎ、平になってきたなと思ったら、
山頂に出ました。
天狗岳(西天狗岳)です
標高2,646m
2016年10月29日 13:34撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に出ました。
天狗岳(西天狗岳)です
標高2,646m
食事中に、ガスが切れる
2016年10月29日 14:12撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食事中に、ガスが切れる
あれ、展望開ける?と思ったら
2016年10月29日 14:12撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ、展望開ける?と思ったら
おー!
2016年10月29日 14:13撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おー!
2
なかなかの雲海じゃーないですかー
1,000m〜2,500mくらいまでがガスってただけなのねー
2016年10月29日 14:14撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかの雲海じゃーないですかー
1,000m〜2,500mくらいまでがガスってただけなのねー
4
ガスったり晴れたりの合間に撮影
多分、南アの、北岳?
2016年10月29日 14:14撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスったり晴れたりの合間に撮影
多分、南アの、北岳?
3
赤岳方面
2016年10月29日 14:14撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳方面
3
硫黄岳
2016年10月29日 14:16撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳
赤岳
次はここ行きたいね。
2016年10月29日 14:16撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳
次はここ行きたいね。
3
スーパー雲海
2016年10月29日 14:26撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スーパー雲海
東天狗方面
2016年10月29日 14:28撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗方面
1
西から東へ20分
2016年10月29日 14:28撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西から東へ20分
東天狗岳
気温5度前後
やや風が強く、既に15時近いので黒百合へ
2016年10月29日 14:48撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳
気温5度前後
やや風が強く、既に15時近いので黒百合へ
中山峠経由
黒百合まで1時間は掛かります
2016年10月29日 15:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山峠経由
黒百合まで1時間は掛かります
間もなく、黒百合が見えました
2016年10月29日 15:05撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間もなく、黒百合が見えました
風が強い
2016年10月29日 15:06撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が強い
どこかの国にあるやつみたい
2016年10月29日 15:20撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこかの国にあるやつみたい
山梨側
2016年10月29日 15:20撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山梨側
こっちも大きな岩がごろごろしてます
2016年10月29日 15:20撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちも大きな岩がごろごろしてます
小さな階段があります
2016年10月29日 15:34撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな階段があります
樹林帯に入ります
風がおさまります
2016年10月29日 15:34撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯に入ります
風がおさまります
中山峠
北へ行けば麦草や白駒池方面、東の断崖降りれば稲子方面
ここから黒百合まですぐです
2016年10月29日 15:39撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山峠
北へ行けば麦草や白駒池方面、東の断崖降りれば稲子方面
ここから黒百合まですぐです
やさしい木道ですが、雨の後など滑りやすいです
2016年10月29日 15:39撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やさしい木道ですが、雨の後など滑りやすいです
日があるうちに、きれいなコケの森を
2016年10月29日 15:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日があるうちに、きれいなコケの森を
足場は悪いが、水もきれい
2016年10月29日 15:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足場は悪いが、水もきれい
水が流れます
2016年10月29日 15:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水が流れます
開けた場所
2016年10月29日 15:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けた場所
テントが見えます
テン泊してみたいです
2016年10月29日 15:42撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントが見えます
テン泊してみたいです
1
黒百合ヒュッテ
2016年10月29日 15:43撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテ
ラーメン食べたかったですが、時間なし
トイレ200円
2016年10月29日 15:43撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラーメン食べたかったですが、時間なし
トイレ200円
沢沿いを下ります
2016年10月29日 16:29撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いを下ります
こちら
迂回路
あります

迂回路を行きました
2016年10月29日 16:31撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちら
迂回路
あります

迂回路を行きました
1
唐沢と渋ノ湯の分岐
ここから約1時間
ただ今16時47分
2016年10月29日 16:47撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢と渋ノ湯の分岐
ここから約1時間
ただ今16時47分
17時13分
どんどん暗くなります
2016年10月29日 17:13撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
17時13分
どんどん暗くなります
暗い中1時間ほど歩きます
2016年10月29日 17:40撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暗い中1時間ほど歩きます
間もなく唐沢
2016年10月29日 17:45撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間もなく唐沢
無事戻ってきました
お風呂は700円ですが、本日は時間切れ
お疲れ様でした。
2016年10月29日 17:49撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事戻ってきました
お風呂は700円ですが、本日は時間切れ
お疲れ様でした。
2

感想/記録

渋滞により登山開始予定時刻を1時間も遅れてしまった。登山部としては、ちょっと遠いところ、時間のかかる山に来てしまった。
前日までの雨は上がったが、足元はぬかるみによる転倒注意、仲間も何回か転んだし、私も転びそうになった。
案じていた降雪は無かったのはよかったが、気温は低く山頂付近では5度前後で、風は5m以上はあったと思われる。体感温度は非常に低く感じた。
逆に、霧氷を見たかったが、残念。紅葉は唐沢鉱泉よりも下の方がきれい。上は冬の空気でした。
コース全般、岩場が難、他は特に危険箇所ないと思われる。唐沢から黒百合までの沢は木道や鉄の橋ありなので登りも下りも歩きやすいと感じる。手入れをしてくださっている方々には感謝です。
そしてコケがきれいな森。これも転倒要素なので注意か。
八ヶ岳は何通りものコース設定が出来るので色々なコースを通ってみたいくなり、標高も2,000m超えで景観はアルプスにも劣らず、非常に魅力的な山域なので頻繁に通いたいのだが、都心方面より参る私には中央道の渋滞は厳しいので、躊躇。
とはいえ、積雪期の天狗や硫黄の頂を目指す第一歩は踏めたかな。
訪問者数:241人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ