ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 994553 全員に公開 ハイキング妙高・戸隠・雨飾

去り行く秋、大渚山

日程 2016年10月30日(日) [日帰り]
メンバー pochi23, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間58分
休憩
32分
合計
2時間30分
S湯峠(スタート地点)10:4111:35大渚山東峰11:5312:05大渚山12:1913:11湯峠(ゴール地点)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雨上がり後でぬかるみ多い、
その他周辺情報雨飾荘下の露天風呂(寸志)
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

小谷温泉を通り過ぎ、湯峠へ到着。
紅葉も終わりだわ。
2016年10月30日 10:30撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小谷温泉を通り過ぎ、湯峠へ到着。
紅葉も終わりだわ。
明治十九年、歴史あるね。
2016年10月30日 10:23撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明治十九年、歴史あるね。
峠の先からは、雨飾山の展望ばっちり。
2016年10月30日 10:24撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠の先からは、雨飾山の展望ばっちり。
さあ、大凪山を目指しましょう。
2016年10月30日 10:41撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、大凪山を目指しましょう。
初めからゴールが見えています。
2016年10月30日 10:43撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めからゴールが見えています。
日差しが心地よいです。
葉はすでに落ちていて、落ち葉を踏んでいきます。
2016年10月30日 10:47撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日差しが心地よいです。
葉はすでに落ちていて、落ち葉を踏んでいきます。
常に、雨飾を背にして登っていきます。
2016年10月30日 10:52撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常に、雨飾を背にして登っていきます。
ぶなぶなぶな。
2016年10月30日 10:58撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぶなぶなぶな。
1
山頂北面の斜面には、昨晩の雨で梢に樹氷が付着してきれいでした。
2016年10月30日 11:13撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂北面の斜面には、昨晩の雨で梢に樹氷が付着してきれいでした。
上部で、右手が崩落した箇所があり、要注意です。
2016年10月30日 11:30撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部で、右手が崩落した箇所があり、要注意です。
振り返れば、雨飾、昼闇、天狗原山。
2016年10月30日 11:31撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば、雨飾、昼闇、天狗原山。
樹氷。もうすぐ冬がやってくる。
2016年10月30日 11:32撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹氷。もうすぐ冬がやってくる。
1
まずは東峰へ。
2016年10月30日 11:33撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは東峰へ。
東峰へ着きました。
西峰へ続く稜線は、北面に樹氷が。
奥の山並みは白馬北部。
2016年10月30日 11:35撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東峰へ着きました。
西峰へ続く稜線は、北面に樹氷が。
奥の山並みは白馬北部。
雨飾山と、左奥に糸魚川の街が見えます。
2016年10月30日 11:37撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨飾山と、左奥に糸魚川の街が見えます。
戸隠も樹氷をまとっていますね。
2016年10月30日 11:38撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸隠も樹氷をまとっていますね。
紅葉は終わってしまいましたが、こんな季節もたまには良いものです。
2016年10月30日 11:40撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉は終わってしまいましたが、こんな季節もたまには良いものです。
分かりにくいですが、槍をはじめ、爺、鹿島槍、五竜ほか良く見えました。
2016年10月30日 11:43撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分かりにくいですが、槍をはじめ、爺、鹿島槍、五竜ほか良く見えました。
東峰から西峰へ向かう途中、大草連への道を左に分けます。通る人は少ないのか。
2016年10月30日 12:02撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東峰から西峰へ向かう途中、大草連への道を左に分けます。通る人は少ないのか。
ずいぶんとご無沙汰していた大凪山山頂(西峰)です。
山スキーで訪れてから20年ほど経ったか。雪の有無で雰囲気はかなり違いますね。
2016年10月30日 12:05撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずいぶんとご無沙汰していた大凪山山頂(西峰)です。
山スキーで訪れてから20年ほど経ったか。雪の有無で雰囲気はかなり違いますね。
雨飾正面の南壁?を登った人はいるのだろうか。
間違いなくボロボロでしょうが。
2016年10月30日 12:14撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨飾正面の南壁?を登った人はいるのだろうか。
間違いなくボロボロでしょうが。
歳月の流れを感じさせるな〜。
2016年10月30日 12:53撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歳月の流れを感じさせるな〜。
1
こんな真っすぐなブナも珍しい。
2016年10月30日 13:09撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな真っすぐなブナも珍しい。
静かな峠へ再び戻ってきました。
2016年10月30日 13:11撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静かな峠へ再び戻ってきました。

感想/記録

 翌日に人間ドックを控え"過激な運動"を控えるようにとのこと。大昔に山スキーで登った大渚山へ超ゆるハイク。

 紅葉はすでに終わっていましたが、昨夜までの雨が木々の梢に樹氷となって付着してとてもきれいでした。霜が降りる時期、雨上がりのこともあり道はグチャグチャで結構ひどかったです。昼頃になって北アルプスの雲も取れてきて、素敵な登山日和になりました。

 小谷では新そば祭りが催されて、真木集落の「蛍」という蕎麦屋へ立ち寄り新そばを味わいました。15時近かったのですが順番待ちするほど人気。4,50分待ったか。待った甲斐が十分にある、なんとも言えない新そばの香りがすばらしい、おいしい蕎麦でした。

  "過激な運動"を控えたゆるハイクでしたが、その前日のボルダーチックなクライミングが尾を引いて、結局CPK値とやらが大きく上昇してました(笑)。2日後の今日も筋肉痛が残って、情けない。
訪問者数:76人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

崩落 紅葉 山スキー ブナ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ