ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 994749 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走石鎚山

【桜台山岳会】石鎚山(愛媛県最高峰:土小屋ルート)

日程 2016年10月30日(日) [日帰り]
メンバー ryo_nufkinkitakyuyoshiya
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
松山市内から久万高原町経由で土小屋駐車場に駐車。(片道約2時間)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち45%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間14分
休憩
1時間36分
合計
5時間50分
Sスタート地点09:3310:34東稜分岐10:58二の鎖下11:1411:33二ノ森・面河渓方面分岐11:37三ノ鎖(下)11:54石鎚山・弥山11:5712:16石鎚山12:2512:40石鎚山・弥山13:4113:43三ノ鎖(下)13:4513:48二ノ森・面河渓方面分岐13:5113:55二の鎖下13:5714:19東稜分岐15:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道は基本的にはとてもよく整備されています。途中の鎖場と、頂上の天狗岳にアタックする箇所だけは、少し注意が必要です。
その他周辺情報下山後は、松山市内の温泉に立ち寄りました。
行き帰りの途中で久万高原町の3つの道の駅(道の駅天空の郷さんさん、道の駅みかわ、おもごふるさとの駅)に立ち寄り、「久万高原町ぐるっと3駅スタンプラリー」を実施しました。石鎚山のシルエットが焼印された木の台紙は、そのままインテリアにもなるくらいお洒落。スタンプラリーを完成させクイズに答えると、久万高原町特産品がかなり高い確率で当たるそうなのでオススメです。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 GPS 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

土小屋遥拝殿でまずは登山安全祈願。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土小屋遥拝殿でまずは登山安全祈願。
中腹あたりが紅葉。山頂は終わりがけかも。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中腹あたりが紅葉。山頂は終わりがけかも。。。
1
秋の冷たい空気と澄んだ空。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋の冷たい空気と澄んだ空。
オヤマリンドウ。淡い青紫色がきれい。(背景はグレー補正)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤマリンドウ。淡い青紫色がきれい。(背景はグレー補正)
法螺貝を吹きながら登ってきた郵便局のおじさんと記念撮影。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
法螺貝を吹きながら登ってきた郵便局のおじさんと記念撮影。
3回目の石鎚山登山で初めての鎖場挑戦。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3回目の石鎚山登山で初めての鎖場挑戦。
想像以上の難度で、足の置き場ひとつひとつに集中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
想像以上の難度で、足の置き場ひとつひとつに集中。
植生が広葉樹と笹にきれいに分かれていておもしろい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植生が広葉樹と笹にきれいに分かれていておもしろい。
1
いい天気だったのもあり、大勢の人がてっぺんを目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい天気だったのもあり、大勢の人がてっぺんを目指す。
2
ハイシーズンの日曜。ソフトシェルの紅葉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイシーズンの日曜。ソフトシェルの紅葉。
天狗岳への道。スリル満点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳への道。スリル満点。
標高1982m。西日本最高峰に無事登頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1982m。西日本最高峰に無事登頂。
1
天狗岳の岩の隙間から生えていたド根性ナナカマド
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳の岩の隙間から生えていたド根性ナナカマド
天狗岳のシルエットは何度みてもカッコイイ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳のシルエットは何度みてもカッコイイ。
1
昼食は、村上調理のかんたん石狩鍋と、木村くん調理の本格ビーフシチュー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食は、村上調理のかんたん石狩鍋と、木村くん調理の本格ビーフシチュー。
どこまでも連なる山々、青々と。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこまでも連なる山々、青々と。
下山には鎖を使わずまわり道。
木の足場は濡れていると滑るので注意。
鉄の足場は下がスケスケです。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山には鎖を使わずまわり道。
木の足場は濡れていると滑るので注意。
鉄の足場は下がスケスケです。。
一面の紅葉、という感じではないですが
山肌がほつぽつと綺麗に色付いていました。
登山道にも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一面の紅葉、という感じではないですが
山肌がほつぽつと綺麗に色付いていました。
登山道にも。
ツリフネソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツリフネソウ
人間以外の相棒とアタックしている方も。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人間以外の相棒とアタックしている方も。
1
水面に紅葉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水面に紅葉。
久万高原町のスタンプラリー台紙(台木?)。
檜の爽やかな香り。一つ一つ微妙に異なる色や木目にも味わいが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久万高原町のスタンプラリー台紙(台木?)。
檜の爽やかな香り。一つ一つ微妙に異なる色や木目にも味わいが。

感想/記録

【桜台山岳会活動報告】
専用ホームページはこちらから↓
http://tbbtryo-ma.wixsite.com/sakuradaialpineclub
(今年発足した会員数4人の小さな山岳会です。それぞれの「山コラム」が特色。)

 松山に住み始めてから1年ちょっと。今回が3度目の石鎚山でした。1度目は8月中旬の炎天下の夏山。2度目は2月下旬の雪残る冬山だったので、今回は紅葉も楽しめる快晴の秋山で、とても気持ちが良かったです。
 特に、霊峰・石鎚山の特徴のひとつ「鎖場」に初めて挑戦でき、大きな達成感を味わいました。急角度の岩壁を大きな鎖を頼りに登っていく過程は、一瞬たりとも気が抜けず、手と足の運び方を真剣に考えながら、なんとか食らいついていきました。少なくない数の滑落者が出ているのもうなずけるくらい、スリリングなポイントでした。
 また、今回は単なるピークハントではなく「カップラーメンからの脱却」と「次の日に疲労を残さない登り方」を意識した登山でした。写真にも載せたように簡単石狩鍋をつくってみたり、アミノ酸摂取や膝サポーターなど、事前に体のケアをしたりしました。こんな小さな工夫が、これからの山登りによりよい影響を与えてくれることを願っています。
 最後に、久万高原町が企画した「スタンプラリー」を無事全部制覇できたのも、成果の一つです。質のいい木材に石鎚山のシルエットを焼き付けた台紙は、本当にセンスが良くて、3つある道の駅と石鎚神社土小屋遥拝殿の御朱印と合わせていい記念の品ができました。明日さっそく会社のデスクに飾るつもりです。

感想/記録

雄々しい頂が、登山口に向かう車窓から
ずっと見えているのも新鮮な感覚でした。

人気の山のハイシーズン、しかも快晴ということで
山頂付近は少々混雑していましたが、マナーの良い方ばかりで
安全に、気持ちよく登ることができました。

西日本最高峰は、他の季節や違うルートからもアタックしたいと思う
とても魅力的な山でした。
訪問者数:198人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ