ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 994784 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

竜ヶ岳(金山尾根〜山頂〜遠足尾根)

日程 2016年10月30日(日) [日帰り]
メンバー yurisina0230
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
東名阪四日市インターからR.477〜R.306〜R.421経由で約20Km。
宇賀渓観光案内所前に有料駐車場。
すこし手前の落合橋のところに無料駐車場も。

7時すぎに到着しましたが、ほぼ満車状態で奧のトイレ付近に数台の空きスペースがありました。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
整備されていて、特に危険な箇所はありません。
観光案内所で配布されている登山道のイラストマップには位置確認No.が記載されているので、標識も多く設置されてて位置確認しやすいです。
その他周辺情報インターから遠くなりますが、R306を10分ほど北上したところに阿下喜温泉「あじさいの里」で日帰り入浴ができます。 (500円)
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

観光案内所の前の駐車場に停め、観光案内所で登山届を提出してスタートです。
2016年10月30日 07:10撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観光案内所の前の駐車場に停め、観光案内所で登山届を提出してスタートです。
3
すぐに道が分かれますが、右の舗装路(北河内林道)を進みます。
(左に進んだ場合、キャンプ場の入り口で吊り橋を渡れば、右の道に合流できます)
2016年10月30日 07:21撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに道が分かれますが、右の舗装路(北河内林道)を進みます。
(左に進んだ場合、キャンプ場の入り口で吊り橋を渡れば、右の道に合流できます)
2
スタートから間もなく左手に吊り橋がありますが、渡らずに舗装路をそのまま真っ直ぐ進みます。
(吊り橋を渡ると、キャンプ場です)
2016年10月30日 07:26撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートから間もなく左手に吊り橋がありますが、渡らずに舗装路をそのまま真っ直ぐ進みます。
(吊り橋を渡ると、キャンプ場です)
1
しばらく舗装路が続きます。
2016年10月30日 07:34撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく舗装路が続きます。
名水「竜の雫」。
2016年10月30日 07:36撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名水「竜の雫」。
2
竜の雫から間もなく未舗装路に変わり、少し進むと遠足尾根の登りが右に分岐します。ここはそのまま真っ直ぐ進みます。
2016年10月30日 07:41撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜の雫から間もなく未舗装路に変わり、少し進むと遠足尾根の登りが右に分岐します。ここはそのまま真っ直ぐ進みます。
3
遠足尾根分岐からすぐに、休憩所「鵜の巣」です。
2016年10月30日 07:43撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠足尾根分岐からすぐに、休憩所「鵜の巣」です。
1
休憩所の前が裏道ルートの分岐ですが、現在通行禁止で閉鎖されています。
2016年10月30日 07:43撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩所の前が裏道ルートの分岐ですが、現在通行禁止で閉鎖されています。
休憩所から沢に下ります。
2016年10月30日 07:44撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩所から沢に下ります。
1
白滝丸太橋を渡ります。
2016年10月30日 07:45撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白滝丸太橋を渡ります。
2
丸太橋を渡って右奥の行き止まりが白滝です。
丸太橋の手前まで戻り登っていくと、
2016年10月30日 07:46撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸太橋を渡って右奥の行き止まりが白滝です。
丸太橋の手前まで戻り登っていくと、
1
魚止橋があります。
2016年10月30日 07:48撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚止橋があります。
1
橋を渡ってすぐに魚止滝分岐です。
ちょっと見に寄ってみます。
2016年10月30日 07:49撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ってすぐに魚止滝分岐です。
ちょっと見に寄ってみます。
魚止滝です。
分岐まで戻り少し登ると、
2016年10月30日 07:51撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚止滝です。
分岐まで戻り少し登ると、
7
金山尾根の登り口分岐です。
2016年10月30日 07:58撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金山尾根の登り口分岐です。
1
ここから金山道の登りに進みます。
2016年10月30日 07:58撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから金山道の登りに進みます。
2
P587で展望が開け山頂が少し見えます。
2016年10月30日 08:18撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P587で展望が開け山頂が少し見えます。
2
金山尾根の登りはまだまだ残っています。
2016年10月30日 08:21撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金山尾根の登りはまだまだ残っています。
2
急登が一服して、位置確認No.160 金山展望台と呼ばれるところに到着、山頂が大きく見えてきます。
2016年10月30日 08:57撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登が一服して、位置確認No.160 金山展望台と呼ばれるところに到着、山頂が大きく見えてきます。
1
山頂には登山者も見え、赤い羊たちも竜の背で遊んでいるようです。
2016年10月30日 08:57撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には登山者も見え、赤い羊たちも竜の背で遊んでいるようです。
2
金山展望台からの眺望。
2016年10月30日 08:58撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金山展望台からの眺望。
1
金山展望台からの眺望。
2016年10月30日 09:00撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金山展望台からの眺望。
金山展望台からの眺望。
下山予定の遠足尾根も見えます。
2016年10月30日 09:00撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金山展望台からの眺望。
下山予定の遠足尾根も見えます。
1
遠足尾根方面分岐に到着、右から合流してきます。
2016年10月30日 09:18撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠足尾根方面分岐に到着、右から合流してきます。
2
御嶽山の噴煙も確認できます。
2016年10月30日 09:21撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽山の噴煙も確認できます。
1
1042m地点にあるクラ部。
2016年10月30日 09:25撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1042m地点にあるクラ部。
治田峠からの登りが右から合流します。
このあたりから左手に見えていた山頂を正面に見るようになります。
2016年10月30日 09:29撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
治田峠からの登りが右から合流します。
このあたりから左手に見えていた山頂を正面に見るようになります。
1
御池岳と藤原岳。
2016年10月30日 09:30撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池岳と藤原岳。
1
笹原を山頂目指し登っていきます。
2016年10月30日 09:31撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹原を山頂目指し登っていきます。
竜ヶ岳山頂。
2016年10月30日 09:51撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜ヶ岳山頂。
4
山頂からの眺望。
2016年10月30日 09:56撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望。
山頂からの眺望。
2016年10月30日 09:57撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望。
山頂からの眺望。
2016年10月30日 09:57撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望。
山頂からの眺望。
2016年10月30日 09:58撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望。
7
山頂からの眺望。
2016年10月30日 09:58撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望。
2
山頂からの眺望。
2016年10月30日 09:58撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望。
山頂からの眺望。
2016年10月30日 09:58撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望。
1
山頂からの眺望。
2016年10月30日 09:58撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望。
山頂からの眺望。
2016年10月30日 09:59撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望。
山頂からの眺望。
2016年10月30日 10:03撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望。
1
山頂からの眺望。
2016年10月30日 10:03撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望。
山頂からの眺望。
2016年10月30日 10:03撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望。
山頂からの眺望。
2016年10月30日 10:04撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望。
山頂からの眺望。
2016年10月30日 10:04撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望。
1
山頂からの眺望。
2016年10月30日 10:04撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望。
3
山頂からの眺望。
2016年10月30日 10:06撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望。
山頂からの眺望。
2016年10月30日 10:07撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望。
山頂からの眺望。
2016年10月30日 10:23撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望。
山頂からの眺望。
2016年10月30日 10:23撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望。
山頂からの眺望。
2016年10月30日 10:24撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望。
山頂から引き返して、下り途中からの羊たち。
2016年10月30日 10:34撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から引き返して、下り途中からの羊たち。
5
振り返って山頂方面。
2016年10月30日 10:39撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って山頂方面。
3
振り返って山頂方面。
2016年10月30日 10:47撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って山頂方面。
3
遠足尾根分岐まで戻ってきました、ここを左に下り、遠足尾根へと向かいますが、ちょうど団体のグループの第1陣の先頭が到着、少し間をおいて途中で第2陣とすれ違いにましたが、スタッフの名札を見ると好日山荘の方とランドネの方がいました。
2016年10月30日 10:58撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠足尾根分岐まで戻ってきました、ここを左に下り、遠足尾根へと向かいますが、ちょうど団体のグループの第1陣の先頭が到着、少し間をおいて途中で第2陣とすれ違いにましたが、スタッフの名札を見ると好日山荘の方とランドネの方がいました。
1
振り返って分岐方面です、先ほどすれちがった団体のグループが列をなして登っています。
2016年10月30日 11:06撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って分岐方面です、先ほどすれちがった団体のグループが列をなして登っています。
1
苔が生育している湿地帯の中を進みます。
2016年10月30日 11:11撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔が生育している湿地帯の中を進みます。
位置確認No.137の遠足尾根・新道分岐です。
ここを右の宇賀渓方面に下ります。
2016年10月30日 11:51撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
位置確認No.137の遠足尾根・新道分岐です。
ここを右の宇賀渓方面に下ります。
分岐からは杉林の急勾配の下りが続きます。
勾配を緩和するためジグザグに道がついていますが、それでも急勾配です。
2016年10月30日 11:56撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐からは杉林の急勾配の下りが続きます。
勾配を緩和するためジグザグに道がついていますが、それでも急勾配です。
やっと北河内林道まで戻ってきました、左へ駐車場方面に下りまする
2016年10月30日 12:33撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと北河内林道まで戻ってきました、左へ駐車場方面に下りまする
名水「竜の雫」。
2016年10月30日 12:40撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名水「竜の雫」。
吊り橋を渡りキャンプ場入り口にあるテーブルとベンチで昼食休憩です。
2016年10月30日 12:51撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋を渡りキャンプ場入り口にあるテーブルとベンチで昼食休憩です。
1
キャンプ場の奧にある御所滝です。
2016年10月30日 13:26撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場の奧にある御所滝です。
1
阿下喜温泉の「あじさいの里」で汗を流し帰路につきました。
2016年10月30日 13:55撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿下喜温泉の「あじさいの里」で汗を流し帰路につきました。
3

感想/記録

近頃話題の赤い羊に会いに竜ヶ岳に登りました。
鈴鹿山系は始めてなので、無難なルート金山尾根を登り、遠足尾根を下りました。好転に恵まれ山頂からの360度の展望も素晴らしく、まだまだ元気な赤い羊たちに出会うことができました。
山頂から眺めた鈴鹿の山々にも登ってみたくなりました。
訪問者数:340人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 林道 キャンプ場
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ