ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 994997 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

大峰 鉄山、八経ヶ岳、行者還岳

日程 2016年10月29日(土) 〜 2016年10月30日(日)
メンバー taku1022(CL), goodnoon, その他メンバー3人
天候29日 曇り  30日 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大川口付近に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間52分
休憩
10分
合計
5時間2分
Sスタート地点09:1609:26大川口09:2811:19草つきの展望台地11:2011:46鉄山11:4712:03香精山12:0512:48鉄山平12:5013:42修履山13:4313:59大倒木地帯14:0014:18弥山小屋
2日目
山行
6時間32分
休憩
1時間9分
合計
7時間41分
弥山小屋07:0507:26大峰山07:2807:47国見八方覗07:55弥山小屋08:0008:36聖宝ノ宿跡08:3809:09弁天の森09:1109:24奥駈道出合09:2509:40一の垰プレート09:4109:44一ノ垰09:5109:59しなの木出合10:0010:49天川辻10:52行者還小屋10:5311:02行者の水場11:1411:23行者還岳11:2511:41行者の水場11:45行者還小屋12:1812:22天川辻14:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
行者還避難小屋〜大川口まで全体的に滑落危険
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

前泊のキャンプ場のバンガローです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前泊のキャンプ場のバンガローです。
1
ここから登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登ります。
山頂ですが、曇りで眺望なし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂ですが、曇りで眺望なし。
わずかな踏み後の中を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わずかな踏み後の中を進みます。
鹿よけネット
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿よけネット
まもなく弥山小屋です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まもなく弥山小屋です。
弥山小屋の夕食です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山小屋の夕食です。
1
弥山小屋の夕食です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山小屋の夕食です。
八経ヶ岳に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳に向かいます。
1
何回も八経に来ているけど、こんなに晴れたのは初めてだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何回も八経に来ているけど、こんなに晴れたのは初めてだ。
2
遠くに弥山小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに弥山小屋
1
行者還岳までの稜線ですが、わずかなアップダウンでだらだらと長い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者還岳までの稜線ですが、わずかなアップダウンでだらだらと長い。
紅葉が薄いなあ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉が薄いなあ。
1
避難小屋が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋が見えてきました。
1
行者還避難小屋の中です。トイレもあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者還避難小屋の中です。トイレもあります。
ここから激下りの始まりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから激下りの始まりです。
おっと、ルートミスしてこんなところへ来てしまった。でも気にすることはない。沢を下れば間違いなく帰れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっと、ルートミスしてこんなところへ来てしまった。でも気にすることはない。沢を下れば間違いなく帰れる。
最後の吊り橋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の吊り橋
1

感想/記録

今回、当初は双門コースの予定でしたが、前日の天気が雨のため、このルートへ変更しました。地味にきついコースでしたが、なかなか楽しいところもあり全体的にはいい山行きでした。

初日鉄山までの登り、急登でそれほど難所はないものの時折強風が吹き、やや寒い。
鉄山山頂から先は、ちいさなアップダウンの繰り返し。修覆山、眺望なし。
ここから弥山までは、だらだらと倒木の間を歩く。

2日目 今日はすっきりと晴れ。久しぶりの大峰での晴れ。行者還避難小屋から大川口までの激下り、滑落の緊張感を楽しみながら進む。途中ルートミスし、沢沿いを下ってしまい、渡歩の繰り返し。まるで双門コースを行ってる気分でした。

訪問者数:234人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/4/1
投稿数: 379
2016/11/7 21:03
 この間は・・・
この間、論所の尾のとこで、お会いした方でしょうかね。
ちょっと、普通よりグレードの高い周回されてたんですね〜。
お名前を勘違いしててすいませんでした。
登録日: 2012/7/7
投稿数: 32
2016/11/7 22:09
 Re: この間は・・・
そのようですね。当初は双門コースの予定でしたが、土曜日の天気が微妙なのでコース変更したんですよ。このコースはまだそれほど難易度は高くないです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ