ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 995067 全員に公開 ハイキング中国山地東部

三倉富士~弁天山

日程 2016年10月30日(日) [日帰り]
メンバー hojin(記録), sasayuri41(CL), その他メンバー1人
天候晴れ後曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道29号線を北上、若桜町役場への案内を見て県道176号線に入る。若桜駅を右手に見て少し進むと左に鬼ヶ城、弁財天方面への小さな標識があり、左折する。標識に従って左折、右折(鬼ヶ城へは左折)すると弁財天駐車場に到着。4台程度駐車可。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間29分
休憩
1時間20分
合計
5時間49分
S弁財天駐車場09:2309:40弁財天本殿11:10分岐11:35三倉富士12:3512:56分岐13:32弁天山13:5215:12弁財天駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
標識は少ないので、ルートをしっかり確認しながら歩く。ルートは比較的はっきりしているので、あやしい時は引き返して確認する。滑りやすいところ、倒木、急坂、渡渉点など、いくつかの難所があるが、山行経験のある人なら大きな危険はない。
その他周辺情報帰路、道の駅はが、東山温泉【メイプルプラザ】に立ち寄る。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス GPS 保険証 携帯 時計 ストック カメラ 双眼鏡 コンロ コッヘル

写真

麓から三倉富士、弁天山の稜線を見上げる。きれいな吊尾根。
2016年10月30日 09:08撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓から三倉富士、弁天山の稜線を見上げる。きれいな吊尾根。
1
弁財天下の駐車場にある案内板。
2016年10月30日 09:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁財天下の駐車場にある案内板。
1
まずは、弁財天への参道を進む。
2016年10月30日 09:24撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは、弁財天への参道を進む。
弁財天の解説版。
2016年10月30日 09:25撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁財天の解説版。
駐車場から参道脇にはミツマタの群生が見られる。春先にはきれいだろうなあ。
2016年10月30日 09:26撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から参道脇にはミツマタの群生が見られる。春先にはきれいだろうなあ。
沢に沿って参道が続く。
2016年10月30日 09:27撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢に沿って参道が続く。
コケの絨毯敷き。
2016年10月30日 09:29撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケの絨毯敷き。
朱色の橋が目につく。
2016年10月30日 09:30撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朱色の橋が目につく。
1
橋下には小さな滝がきれい。
2016年10月30日 09:30撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋下には小さな滝がきれい。
1
小滝の連続。
2016年10月30日 09:34撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝の連続。
弁財天の狛犬。
2016年10月30日 09:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁財天の狛犬。
1
弁財天の本殿。
2016年10月30日 09:38撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁財天の本殿。
1
わかるようでわかりにくい標識。とりあえず直進。
2016年10月30日 09:41撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わかるようでわかりにくい標識。とりあえず直進。
すぐに渡渉点。
2016年10月30日 09:42撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに渡渉点。
1
小さくても滝はいい。
2016年10月30日 09:45撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さくても滝はいい。
小滝が続く。
2016年10月30日 09:53撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝が続く。
稜線への支尾根の単調な登り。
2016年10月30日 10:33撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線への支尾根の単調な登り。
尾根分岐に着いた。
2016年10月30日 11:10撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根分岐に着いた。
ブナ紅葉。
2016年10月30日 11:14撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ紅葉。
三倉富士到着。樹間に見えるのは氷ノ山。
2016年10月30日 11:35撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三倉富士到着。樹間に見えるのは氷ノ山。
1
山頂下の展望ポイントから。左、扇の山、中央、陣鉢山。
2016年10月30日 12:17撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂下の展望ポイントから。左、扇の山、中央、陣鉢山。
2
中央、氷ノ山、右へ三の丸。
2016年10月30日 12:17撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央、氷ノ山、右へ三の丸。
3
山頂近くで見つけたキノコ。
2016年10月30日 12:20撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂近くで見つけたキノコ。
1
紅葉と扇の山
2016年10月30日 12:22撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉と扇の山
ハウチワカエデの紅葉。
2016年10月30日 12:44撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハウチワカエデの紅葉。
ブナの黄葉。
2016年10月30日 12:55撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの黄葉。
弁天山への尾根から三倉富士を見返す。
2016年10月30日 13:22撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁天山への尾根から三倉富士を見返す。
これもハウチハカエデ。
2016年10月30日 13:26撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これもハウチハカエデ。
2
弁天山山頂は広く、一帯に広がるブナ林。
2016年10月30日 13:31撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁天山山頂は広く、一帯に広がるブナ林。
1
きれい!
2016年10月30日 13:48撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれい!
1
山頂下の祠。
2016年10月30日 13:52撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂下の祠。
1
大トチノキ。
2016年10月30日 13:53撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大トチノキ。
1
弁天山からの下山時、鳥取湾方面に見られた発電風車。
2016年10月30日 13:56撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁天山からの下山時、鳥取湾方面に見られた発電風車。
ウリハダカエデの紅葉を並べてみた。きれいな紅葉。
2016年10月30日 14:10撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウリハダカエデの紅葉を並べてみた。きれいな紅葉。
急坂が続く。トラロープが張られている。
2016年10月30日 14:18撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂が続く。トラロープが張られている。
1
きれいなコケ。
2016年10月30日 14:21撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいなコケ。
1
下山ルートから氷ノ山の展望。
2016年10月30日 14:38撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山ルートから氷ノ山の展望。
弁天山下山ルートから三倉富士が見える。
2016年10月30日 14:38撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁天山下山ルートから三倉富士が見える。
次々ときれいな滝が現れる。
2016年10月30日 14:51撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次々ときれいな滝が現れる。
1
深い溝を切りながら流れる滝。
2016年10月30日 14:56撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深い溝を切りながら流れる滝。
マムシグサの赤い実。
2016年10月30日 15:04撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マムシグサの赤い実。
駐車場に戻ってきた。
2016年10月30日 15:12撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に戻ってきた。

感想/記録
by hojin

前回、笠形山へ登った時に、山頂で出会った方に「三倉富士、弁天山のブナ林はなかなかいい」と教えてもらった。ちょうど、sasayuri41さんから山行の誘いがあり、ブナ林大好きのsasayuri41さんとの山行にちょうどいいと思い、三倉富士、弁天山行きを計画した。
計画に際してはヤマレコおよび「日野家の山歩き」を参考にさせていただきました。ここでお礼申し上げます。

さて、ナビを「鬼ヶ城」にセットしてR29を北上。予定通り、若桜駅前をすぎたところで標識が現れ、弁財天への標識を確認しながら駐車場到着。姫路ナンバーの車が1台先に停められていました。

準備をして出発。鳥居をくぐり、弁財天の参道を進む。苔むした参道、脇を流れる沢、朱の弁天橋、となかなか趣深い。本殿をすぎてすぐに、沢を渡る。滑らないように注意。沢筋に道を詰めていくが、途中で道がはっきりしなくなる。どうやら尾根に登る道を見落としたようだ。引き返すことも考えたが、トラバース気味に斜面を登ってルートに合流できないかと考えた。しかし急斜面でほとんど登れず、結局トラバースしながら元の方向に進む形になった。少しわかりにくかったが、正しいルートに合流し、安心する。支尾根に取りつくと単調な登りが続く。一歩一歩足を進める。前に光が差してきた。稜線が近くなって踏み出す足にも力が入る。分岐についた。

三倉富士までは高低差もそれほどなく、歩きやすい道が続く。北側斜面は杉植林だが、南側斜面はブナ林が広がっていて、雰囲気がいい。紅葉もまずまずで気持ちのいい尾根歩きができる。三倉富士で昼食休憩をとる。山頂下に展望のいいところがあり、扇ノ山から氷ノ山まで見渡すことができる。のんびりと山頂で過ごした後、弁天山に向かう。

分岐を過ぎて歩きやすい尾根道を進む。ブナ林を左手に見ながらの山歩きは気持ちがいい。左に大きな尾根が分岐している。そのすぐ先が弁天山山頂。弁天山は山頂部が広く、どこが山頂かわかりにくい。少し探して標柱を見つける。山頂にはブナ林が広がり、カエデの紅葉と調和していい感じだ。

下山は滝谷ルートへ向かう。山頂下にある小さな祠と大トチノキを見て尾根を下っていく。やがてトラロープが現れ、急坂が続く。しだいに谷へ下っていく。そのまままっすぐ下って行きそうになったが、途中で谷を巻くように道が進んでいる。このあたり、標識もほとんどなく慎重さを必要とするところだ。

沢に下り着くと次々と小さな滝が現れる。一つ一つの滝に個性があり、滝を見ながら下りていくのはおもしろい。やがて、駐車場に戻りつく。

気持ちのいいブナ林や展望、雰囲気のある滝見を味わえた。なかなかいい山域だった。
訪問者数:70人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ