ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 995266 全員に公開 ハイキング中国山地西部

五分の紅葉・三瓶山お鉢巡り

日程 2016年10月30日(日) [日帰り]
メンバー zouzuki, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
西の原駐車場(無料)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間58分
休憩
1時間26分
合計
6時間24分
S西の原登山口07:0107:16男三瓶・扇谷分岐07:55鞍部分岐08:20子三瓶分岐08:23子三瓶山08:2508:25子三瓶分岐08:4509:05風越09:19孫三瓶山09:2309:37湯ノ谷峠09:47室内池分岐09:52室内池10:0310:25室ノ内展望台10:3010:32大平山10:4210:45室ノ内展望台11:04女三瓶山11:27ユートピア11:48三瓶山頂小屋11:50男三瓶山頂12:2412:25男三瓶・扇谷分岐13:25西の原登山口13:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートは手書きです。
コース状況/
危険箇所等
危険個所はありません
その他周辺情報さんべ荘(@500)

写真

西の原駐車場から出発。気温は4℃位?寒いです。
2016年10月30日 07:01撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西の原駐車場から出発。気温は4℃位?寒いです。
2
男三瓶山に向かっていくように登山口があります。
2016年10月30日 07:01撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男三瓶山に向かっていくように登山口があります。
3
登山道はとってもわかりやすい!
2016年10月30日 07:05撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道はとってもわかりやすい!
1
赤雁山手前の扇沢まで登り、子→孫→女→男を目指し、
2016年10月30日 07:16撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤雁山手前の扇沢まで登り、子→孫→女→男を目指し、
2
男三瓶山からここへ戻ってきます。
2016年10月30日 07:16撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男三瓶山からここへ戻ってきます。
山道を登り扇沢を目指します。
2016年10月30日 07:18撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道を登り扇沢を目指します。
扇沢到着。
2016年10月30日 07:55撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇沢到着。
広がるお鉢と絶景!
2016年10月30日 07:58撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広がるお鉢と絶景!
紅葉はやや、といったところ。室ノ内にはうっすら雲がかかっています。
2016年10月30日 07:58撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉はやや、といったところ。室ノ内にはうっすら雲がかかっています。
では、子三瓶へ。
2016年10月30日 08:01撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、子三瓶へ。
3
子三瓶山頂と間違えそうな分岐。
2016年10月30日 08:20撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子三瓶山頂と間違えそうな分岐。
1
折り重なる山々が美しい。
2016年10月30日 08:20撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
折り重なる山々が美しい。
子三瓶山到着。
2016年10月30日 08:24撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子三瓶山到着。
2
男三瓶を眺めながらしばし休憩。
2016年10月30日 08:24撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男三瓶を眺めながらしばし休憩。
1
男三瓶と一枚。
2016年10月30日 08:44撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男三瓶と一枚。
4
孫三瓶の奥には層のように山々が。
2016年10月30日 08:49撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孫三瓶の奥には層のように山々が。
2
風越の孫・室ノ内池・女夫松登山口への分岐となる十文字。
私たちは孫へ。
2016年10月30日 08:54撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風越の孫・室ノ内池・女夫松登山口への分岐となる十文字。
私たちは孫へ。
下った分、登ります。
2016年10月30日 09:05撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下った分、登ります。
孫三瓶到着。男三瓶はまだ先です。
2016年10月30日 09:23撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孫三瓶到着。男三瓶はまだ先です。
予定を変更して室ノ内へ。「鳥地獄」ってすごいネーミング!
2016年10月30日 09:50撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定を変更して室ノ内へ。「鳥地獄」ってすごいネーミング!
室ノ内池。
2016年10月30日 09:53撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室ノ内池。
赤く実ったマムシ草。
2016年10月30日 10:05撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤く実ったマムシ草。
室ノ内展望所までの登って紅葉観察。
2016年10月30日 10:27撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室ノ内展望所までの登って紅葉観察。
太平山(展望台)到着。
2016年10月30日 10:34撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太平山(展望台)到着。
3
展望よし!
2016年10月30日 10:36撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望よし!
1
女三瓶から男三瓶。たくましい!
2016年10月30日 11:00撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女三瓶から男三瓶。たくましい!
2
女三瓶到着。
2016年10月30日 11:00撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女三瓶到着。
1
女三瓶から子、孫三瓶。可愛らしい!
2016年10月30日 11:00撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女三瓶から子、孫三瓶。可愛らしい!
1
いざ、男三瓶へ。
2016年10月30日 11:05撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いざ、男三瓶へ。
孫の稜線、室ノ内もよく見えます。
2016年10月30日 11:13撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孫の稜線、室ノ内もよく見えます。
道中から見る女三瓶。
2016年10月30日 11:25撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道中から見る女三瓶。
崩落部分の地層がくっきりと見えます。
2016年10月30日 11:43撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落部分の地層がくっきりと見えます。
1
崩落部から見る孫
2016年10月30日 11:46撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落部から見る孫
1
山頂には人がいっぱい。
2016年10月30日 11:47撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には人がいっぱい。
1
男三瓶到着。結構かかりました。
2016年10月30日 11:52撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男三瓶到着。結構かかりました。
1
お昼休憩。
2016年10月30日 12:04撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お昼休憩。
2
一面のすすき野原。
2016年10月30日 12:26撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一面のすすき野原。
いざ、西の原へ。
2016年10月30日 12:33撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いざ、西の原へ。
うっすら日本海。霞んでいますが広がる景色は最高です!
2016年10月30日 12:36撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うっすら日本海。霞んでいますが広がる景色は最高です!
ずーっと西の原見ながら下山。
2016年10月30日 12:38撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずーっと西の原見ながら下山。
1
子三瓶、孫三瓶、さようなら。
2016年10月30日 12:40撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子三瓶、孫三瓶、さようなら。
1
分岐まで戻ってきました。
2016年10月30日 13:16撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐まで戻ってきました。
西の原で至福のとき。三瓶山、ありがとう。
2016年10月30日 13:40撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西の原で至福のとき。三瓶山、ありがとう。
三瓶温泉でまったりしてから帰ります。
2016年10月30日 14:02撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三瓶温泉でまったりしてから帰ります。
2

感想/記録

我が故郷島根県を代表する三瓶山。
とはいいながら、初めての三瓶山です。
お鉢巡りがあることも、子、孫、女、男があることも昨年知るという、
何とも言えない「エセ地元人」を払しょくするべく、自分の目で見、登ることにしました。

前日の雨は嘘のように晴れ渡り、美しい青空のもと、西の原から登り始めました。
登山口や登山道は非常にわかりやすく整備されていました。
扇沢へ向かうルートは、林の中をひたすら歩く山歩きで、
扇谷に出てからようやくお目当てのお鉢巡りが始まりました。

三瓶山は中国山地と日本海の間に位置する独立峰で、360度を見渡すことができ、
周辺の山々が眼下に広がるため、山の層となって折り重なる景色が何とも言えず美しいのです!

子三瓶、孫三瓶、室ノ内と、アップダウンを繰り返しながら景色を堪能。
室ノ内池から女三瓶へ向かう道中に行きかう方々から、
「池の紅葉はどうでしたか?」と質問をいただくところをみると、
みなさん、紅葉をお目当てにいらっしゃっているようでした。
私たちもそのつもりでしたが、今年は少し時期が早かったようです。

太平山の展望からの見晴らしは「展望台」にふさわしく、ゆっくりとパノラマ景色を見渡すことができました。
そして、残すは女三瓶と男三瓶。
女三瓶から男三瓶への道は所々切り立った道や、両手を使って登るような道がありあました。
一部崩落している箇所もありましたが、
この崩落した土が室ノ内の扇状の広がりを作り出していると思うと、
自然の変化がこうして美しい紅葉の奥行きを感じさせるのだな・・・と感じました。

男三瓶からは、西の原や日本海を臨みながら下山することができ、
このルートを下山にして良かったな〜と感じました。
青空は霞んでしまいましたが、ずーっと山々や日本海を臨む景色は、
島根に誇れる山、「三瓶山はここにあり!」といった思いでした。
訪問者数:217人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

マムシ 崩落 紅葉
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ