ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 995703 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

西ゼン諦め エビのしっぽがお迎え平標新道往復 

日程 2016年10月30日(日) [日帰り]
メンバー LadyM
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ゲート前に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間40分
休憩
1時間3分
合計
10時間43分
Sスタート地点06:3007:52仙ノ倉谷渡渉点の道標08:3512:11平標ノ池12:1212:38平標山12:5113:12平標ノ池13:1516:01仙ノ倉谷渡渉点の道標16:0417:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
激登・激下り 濡れた落ち葉の下は枝がびっしり張っていたり泥で滑りやすいので注意
渡渉点はロープが張られている
平標新道入口から少し歩いた沢筋で熊がいた
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

数回渡渉があり最後の渡渉点
2016年10月30日 07:55撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数回渡渉があり最後の渡渉点
1
ここで西ゼン組と分かれる
2016年10月30日 08:18撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで西ゼン組と分かれる
1
白くなっています
2016年10月30日 10:29撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白くなっています
1
東ゼンの方が急峻
2016年10月30日 10:40撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東ゼンの方が急峻
紅葉の西ゼン
2016年10月30日 10:50撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の西ゼン
西ゼンと奥に急傾斜の東ゼンの絶景
2016年10月30日 10:56撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西ゼンと奥に急傾斜の東ゼンの絶景
第2スラブ
2016年10月30日 11:04撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第2スラブ
2
もう白の世界です
2016年10月30日 11:30撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう白の世界です
1
池の草の茎にもエビのしっぽが
2016年10月30日 12:15撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池の草の茎にもエビのしっぽが
1
平標に向かう木道
2016年10月30日 12:23撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平標に向かう木道
山頂は元橋側から登ってきた人たちで賑わっていた
2016年10月30日 12:41撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は元橋側から登ってきた人たちで賑わっていた
元橋方面 苗場山
2016年10月30日 12:42撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元橋方面 苗場山
仙の倉方面
2016年10月30日 12:42撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙の倉方面
登ってきた平標新道
2016年10月30日 12:43撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた平標新道
1
エビのしっぽがびっしりついた枝をかき分け下ります
2016年10月30日 12:55撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エビのしっぽがびっしりついた枝をかき分け下ります
1
第2スラブ
2016年10月30日 13:55撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第2スラブ
吊り橋ではなく立派な橋
2016年10月30日 16:56撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋ではなく立派な橋
撮影機材:

感想/記録
by LadyM

 風邪をひいてしまい西ゼンを断念し、沢組と分かれ尾根を往復。激登で、雨の後でヌレ落ち葉の下は枝が張られてとにかく滑る。西ゼン、東ゼンが一望できる場所から眺めたが沢組は見えず。仙の倉への尾根下は白くなっている。急登が終わり笹道になる辺りから雪がエビの尻尾が突き出した。池塘から木道になる場所はこのコース唯一の癒し。エビの尻尾がびっしりついた枝をかき分けて360度の展望の山頂へ。寒くて早々に下山。
 詰め出口の池塘への笹やぶは詰めたそう。ここで暖かい飲み物を差し入れする予定だが姿が見えないので印をつけ第2スラブが見える地点まで下る。太陽が上がり氷が解け始めている。第2スラブ終了点あたりに沢組と思われる姿を見てストックを振り待ったが時間がかりそうなので下ることにする。下りは濡れ落ち葉地獄で滑る滑る。慎重にストックを置き足元を確かめてから降りるで汗だくで下山。途中で沢組からアクシデントで既に下山している旨メールを受け取り急ぐが滑りさっさと下れない。渡渉で乗った岩が滑り両足水の中へ。日が短くなりやっとゲートについた時には暗くなっていた。この時期の平標新道「2度と行かないゾリスト」登録となった。
訪問者数:214人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ