ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 995887 全員に公開 ハイキング奥武蔵

ウマジのぼっち登山日記【奥武蔵最強ルート】(奥武蔵全山縦走踏破!)

日程 2016年10月30日(日) [日帰り]
メンバー umaji0205
天候曇り時々小雨
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
飯能駅前タイムズ第10駐車場(24h/800円)
秩父鉄道 【浦山口駅〜御花畑駅】(240円)
西武秩父線【西武秩父駅〜飯能駅】(410円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
13時間4分
休憩
1時間26分
合計
14時間30分
S飯能駅03:0603:29天覧山中段03:36天覧山03:3703:58多峯主山04:0204:34飯能アルプス永田入口04:4305:01久須美ケルン05:09久須美坂05:1005:52東峠06:13天覚山06:2707:17大高山07:42前坂08:39スルギ09:16子の権現09:2109:57天目指峠10:0110:18中ノ沢ノ頭(イモグナノ頭)10:33高畑山10:3410:58古御岳11:0511:19伊豆ヶ岳11:2011:34山伏峠11:4012:28前武川岳12:2912:41武川岳12:4413:13妻坂峠13:1513:57大持山の肩13:5814:03大持山14:28小持山14:3115:01シラジクボ15:25シラジクボとの分岐15:2615:31武甲山15:5015:55シラジクボとの分岐16:21長者屋敷の頭16:2216:57橋立林道終点17:24札所28番 橋立堂/橋立鍾乳洞17:34浦山口駅17:3617:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆天覧山〜多峯主山
登山道は全般的に整備が行き届いており、これといった危険個所はないと思います。天覧山山頂から多峯主山へ向かうハイキングコースには数ヵ所の分かれ道がありますが、標識も設置してあるので道迷いの心配はないかと。但し、初見でナイトハイクの場合は事前の下見をオススメします。天覧山中段にきれいなトイレあり。

◆多峯主山〜飯能アルプス入口
多峯山山頂からの下山道はいくつかあり、事前の下調べは必須です。飯能アルプス方面に向かうルートとしては、 Π貪拿斬雎垢鵬爾蠅同陛賃1丁目にある丘の上公園へ向かい、そこから飯能アルプス登山道に合流する。◆山頂から飯能アルプス入口へ向けてひたすら山道を下りる(奥武蔵登山詳細図記載ルート)。この二つが考えられますが、時間的にも肉体的にも選ぶなら圧倒的に前者です。ナイトハイクの場合は特に。

◆飯能アルプス入口〜天覚山
登山道は明瞭で標識(ほとんど手書きw)もあり、道迷いの心配はないと思います。いくつか標識のない分かれ道もありますが、登山道でない方の道は倒木などで足元を塞がれている場合がほとんどなので注意深く進めば問題ありません。久須美ケルンから東峠までの区間は蜘蛛の巣が非常に多いです。ステッキ持参だと心強いかと。天覚山への急登は割と試練ですが、息が上がらない程度にリズムよく歩を進めれば難なく攻略できると思います。

◆天覚山〜大高山
ガレていたり木の根が張り出していたり、歩きにくい場所も多いです。大高山に近づくにつれ登りも急になってきます。山頂直下の急登は登りごたえ抜群です。

◆大高山〜前坂
大高山直下の激下りは勾配も急で危険個所も点在しているので慎重に。その後は小刻みなアップダウンをしばらく繰り返し、一旦林道に下ります。林道に出たら向かいに見える登山道から再び登り始めるのですが、このポイントには標識などがありませんので誤って林道を進んでしまわないよう注意が必要です。

◆前坂〜スルギ〜子の権現
この区間は破線ルートになっています。設置されていたであろうお手製の標識はすでに朽ち果てており、あまり当てにはできません。地図やアプリで現在地を確認しながら進むといいと思います。一度林道に下り右へ200mほど歩くと祠があり、そこから再び山道に入ります(山道入口は分かりにくいので、林道に入ったら右側を注視していないと通り過ぎてしまう恐れがあります)。ここからスルギまでの区間には、ロープを使って登るような急登や一部荒れ気味の道もありますので慎重に。スルギに到達したら左へ折れ、子の権現までの比較的緩やかなアップダウンを進みます。一か所倒木で道を塞がれている部分もありますが、左へ旋回すれば難なく通過できます。子の権現には自販機が設置されており、貴重な水分補給スポットなので、ここでゴールまで持つだけの飲み物を補給していくことをオススメします。500mlペットボトル200円で販売されています。売店裏にトイレあり。

◆子の権現〜伊豆ヶ岳
ハイカーとのスライドが多くなってくる区間です。【関東ふれあいの道】というだけあって、標識・登山道ともに完璧に整備されていますので道迷いの心配は皆無です。途中で通過する中ノ沢頭、高畑山、古御岳など各ポイントへ到達するまでの登りは勾配も急で中々ハードです。他のハイカーとの兼ね合いも考えながら譲り合い、マイペースを保って進むといいと思います。山伏峠と伊豆ヶ岳の分岐点からまっすぐ山伏峠に下りていくことも可能ですが、伊豆ヶ岳に寄り道するにはここから右に折れ、さらに数十メートル登って山頂に行き、そこから分岐点まで戻って山伏峠を目指す必要があります。

◆伊豆ヶ岳〜山伏峠
ここから200m以上を一気に下ります。急勾配の下り坂が続くので、膝に負担をかけないよう焦らず高度を下げていくといいと思います。逆に、芦ヶ久保から登ってこられるハイカーさん達にはえげつない登りとなります。一部倒木で道が塞がれている部分がありますので、慎重に。

◆山伏峠〜武川岳
伊豆ヶ岳からの下りを終えると一旦林道に出ます。林道に出たら右斜め前に武川岳への登山道が見えるはずです。山伏峠から武川岳までは一気に400m以上高度を上げる苦行区間です。途中、一度林道に出ますが、道を挟んで右斜め方向を見ると登山道に続く階段を確認できるので迷うことはないと思います。

◆武川岳〜妻坂峠
この区間はかなり急勾配の下り坂が続きます。登山道が荒れている箇所も多く見受けられたので、足元に気を遣いながら、ゆっくりと着実に歩を進めるといいと思います。

◆妻坂峠〜大持山
奥武蔵最強ルートの中でも屈指の急登が延々と続きます。妻坂峠から450m以上一気に高度を上げていきます。この頃から視界の右側にラスボス武甲山の姿を目前に捉えることができるようになってくるので、意識的にモチベーションを高めながらマイペースで登り続けることをオススメします。

◆大持山〜小持山
ほぼ稜線歩きに近い状態でアップダウンも少なめですが、山道も狭く岩場が多い上に、季節によっては落ち葉の量がかなり多くなるため非常に歩きづらいという難点があります。ただ絶景ポイントも数ヵ所あり、真っ正面には常に武甲山の神々しい姿が望めるので目にはうれしい区間です。

◆小持山〜シラジクボ
急な下り坂が続く区間です。普通の山道とは違い、岩場を伴う下りも点在しているので注意が必要です。一通り下り終えると緩やかなアップダウンがシラジクボまで続きます。

◆シラジクボ〜武甲山
ここから武甲山山頂までおよそ200mを一気に登ります。ここまで来たら何も書くことはありません。登って登って登り続ける、ただそれだけです。

◆武甲山山頂〜浦山口駅
裏参道から下山を開始します。長者屋敷尾根から橋立林道を経て浦山口駅へ向かうルートです。武甲山の山頂は割と広く、一の鳥居方面に下るルートもあるので予め調べておくといいと思います。一度下山道に入ってしまえばダラダラと長い一本道が続くだけなので道迷いの心配はありません。途中、沢を渡る時だけは注意を払ってください。木材をつなぎ合わせただけの頼りない橋は崩壊している箇所もあり、沢に落ちれば大けがでは済まない可能性もあります。沢を無事渡り終えるとすぐに林道に入ります。ここからは長い長いお散歩コースが浦山口駅まで続きます。




写真

本日は飯能駅前のタイムズからスタートです。間違いなく駅から一番近い駐車場です。帰りは満身創痍であることが予想された為、駅から少しでも歩かなくて済むようにとここをチョイスしました(*'ω'*) 結果、この作戦が功を奏することになります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日は飯能駅前のタイムズからスタートです。間違いなく駅から一番近い駐車場です。帰りは満身創痍であることが予想された為、駅から少しでも歩かなくて済むようにとここをチョイスしました(*'ω'*) 結果、この作戦が功を奏することになります。
1
さて、楽しい楽しい山登りの時間ですよー♪ここから飯能アルプス入口までは下見しておいたのでナイトハイクでも心に余裕があります(*^^)v さあ行きますよ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、楽しい楽しい山登りの時間ですよー♪ここから飯能アルプス入口までは下見しておいたのでナイトハイクでも心に余裕があります(*^^)v さあ行きますよ!
天覧山入口からわずか10分で山頂到着です(*ノωノ)
一応、写真撮っときました。だって山頂ですし、、一応ね!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天覧山入口からわずか10分で山頂到着です(*ノωノ)
一応、写真撮っときました。だって山頂ですし、、一応ね!
2
滞在時間わずか10秒(撮影時間含む)笑。多峯山に向かうため階段をひたすら下りていきます。家族連れにも人気の山だけあって整備が行き届いておりますね(*´з`)〜♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滞在時間わずか10秒(撮影時間含む)笑。多峯山に向かうため階段をひたすら下りていきます。家族連れにも人気の山だけあって整備が行き届いておりますね(*´з`)〜♪
階段を下りきったら右へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を下りきったら右へ。
多峯山への登り口です。写真左側の階段を上って山頂を目指します('ω')ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多峯山への登り口です。写真左側の階段を上って山頂を目指します('ω')ノ
標識もしっかり整備されているので夜でも迷うこと無くすすめますね。本当にありがたいですm(__)m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識もしっかり整備されているので夜でも迷うこと無くすすめますね。本当にありがたいですm(__)m
多峯山山頂直下にあるちょっとした鎖場です。個人的には近所の公園に遊具として設置してもいいレベルだと思います。←(いやダメだろ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多峯山山頂直下にあるちょっとした鎖場です。個人的には近所の公園に遊具として設置してもいいレベルだと思います。←(いやダメだろ)
多峯山山頂です(*‘∀‘) 明るければ写真右側、遥か彼方に本日のラスボス武甲山が見えているはずです。まあ気が遠くなるし、見ない方が身のためかもね(;^ω^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多峯山山頂です(*‘∀‘) 明るければ写真右側、遥か彼方に本日のラスボス武甲山が見えているはずです。まあ気が遠くなるし、見ない方が身のためかもね(;^ω^)
1
さてさて、飯能アルプス入口に向けて下山を開始しましょう。写真は山頂に設置されている案内標識です。御岳八幡神社方面に向かいますよ(*'▽')
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さてさて、飯能アルプス入口に向けて下山を開始しましょう。写真は山頂に設置されている案内標識です。御岳八幡神社方面に向かいますよ(*'▽')
山頂直下です。ここは標識を無視して写真左側、暗闇に向けてまっすぐ進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下です。ここは標識を無視して写真左側、暗闇に向けてまっすぐ進みます。
ここで分れ道です。一旦住宅街に下りて飯能アルプス登山道に合流するなら「永田台・横手台」方面。飯能アルプス入口を目指して山道をひたすら下るルートをとるなら「御岳八幡神社・雨乞池」方面。個人的には住宅街に下りた方が時間短縮にもなるし肉体的に受けるダメージも軽減できるしオススメです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで分れ道です。一旦住宅街に下りて飯能アルプス登山道に合流するなら「永田台・横手台」方面。飯能アルプス入口を目指して山道をひたすら下るルートをとるなら「御岳八幡神社・雨乞池」方面。個人的には住宅街に下りた方が時間短縮にもなるし肉体的に受けるダメージも軽減できるしオススメです。
と、いうわけで山道をひたすら下るルートをとりました。←(なんでやねん) ドMですからね、仕方なかったんです(*'ω'*) 久須美坂方面に下りていきますよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と、いうわけで山道をひたすら下るルートをとりました。←(なんでやねん) ドMですからね、仕方なかったんです(*'ω'*) 久須美坂方面に下りていきますよ。
山頂直下にはきれいなトイレも完備されています。御岳八幡神社方面と久須美坂方面への分岐点はこのトイレを通り過ぎ50mほど進んだところにあります('ω')ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下にはきれいなトイレも完備されています。御岳八幡神社方面と久須美坂方面への分岐点はこのトイレを通り過ぎ50mほど進んだところにあります('ω')ノ
このルートは荒れていて、山道を見失いそうになることが多々ありました。完全にナイトハイク向きではないです。やっぱりやめておけばよかったです。←(それ見たことか)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このルートは荒れていて、山道を見失いそうになることが多々ありました。完全にナイトハイク向きではないです。やっぱりやめておけばよかったです。←(それ見たことか)
やっと標識(安定の手書きw)を発見!やれやれ何とか無事に突破できそうです(;´д`) 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと標識(安定の手書きw)を発見!やれやれ何とか無事に突破できそうです(;´д`) 
1
車道に出ました。ここを右折し数十メートル坂を上ると左側に飯能アルプス入口が見えてきます。すぐですが分かりにくいので通り過ぎないよう気を付けてくださいね(*‘∀‘)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道に出ました。ここを右折し数十メートル坂を上ると左側に飯能アルプス入口が見えてきます。すぐですが分かりにくいので通り過ぎないよう気を付けてくださいね(*‘∀‘)
飯能アルプス入口に到着です(*'▽') ウマジが下見をしたのはここまで。ここからはすべての山が初体験です。もう不安しかありません(~_~;) せめて明るければモチベーションも上がるのですが…(*ノωノ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯能アルプス入口に到着です(*'▽') ウマジが下見をしたのはここまで。ここからはすべての山が初体験です。もう不安しかありません(~_~;) せめて明るければモチベーションも上がるのですが…(*ノωノ)
いよいよ始まります。皆様の詳細なレコと地図だけを頼りに、いざ出陣です!!!←(から元気)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ始まります。皆様の詳細なレコと地図だけを頼りに、いざ出陣です!!!←(から元気)
丘の上公園からの合流地点を示す看板(安定のお手製)ですね。多峯主山から住宅街経由で来るとここから飯能アルプス登山道に入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丘の上公園からの合流地点を示す看板(安定のお手製)ですね。多峯主山から住宅街経由で来るとここから飯能アルプス登山道に入ります。
これこれ!これヤマレコで見たことあります!久須美ケルンですよね(*''ω''*) ってことは例の立て看板ももうすぐ・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これこれ!これヤマレコで見たことあります!久須美ケルンですよね(*''ω''*) ってことは例の立て看板ももうすぐ・・・
でたあああああ_(:3」∠)_!これがうわさの「ダンシング看板」ですかっ!もう超感動です(''◇'')ゞ ってことで本日の山行はこれにて終了です、ありがとうございました!←(おい)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でたあああああ_(:3」∠)_!これがうわさの「ダンシング看板」ですかっ!もう超感動です(''◇'')ゞ ってことで本日の山行はこれにて終了です、ありがとうございました!←(おい)
2
お手製の標識でも物凄くありがたい(*ノωノ) どこのどなたか存じませんが、設置してくれた方に感謝ですm(__)m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お手製の標識でも物凄くありがたい(*ノωノ) どこのどなたか存じませんが、設置してくれた方に感謝ですm(__)m
標識のない分れ道でも、登山ルートでない方の山道には木の枝を重ねて通せんぼしてあります。どこのどなたか存じませんが、設置してくれた方に感謝ですm(__)m←(本日2度目)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識のない分れ道でも、登山ルートでない方の山道には木の枝を重ねて通せんぼしてあります。どこのどなたか存じませんが、設置してくれた方に感謝ですm(__)m←(本日2度目)
1
それにしてもクモの巣がすごいです(*ノωノ) まるでスパイダーマンが大暴れしたあとみたいになってます。←(伝われ!) ステッキは持たない主義なのでこういう時に困ります(;´д`)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしてもクモの巣がすごいです(*ノωノ) まるでスパイダーマンが大暴れしたあとみたいになってます。←(伝われ!) ステッキは持たない主義なのでこういう時に困ります(;´д`)
ドラえもん「魔法のステッキ〜〜〜!」 ってなわけで魔法のステッキ(木製)をゲットしました。こいつを進行方向目掛けてグルグル回しながら進みます。あっという間にわたあめの完成です!(なんのこっちゃ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドラえもん「魔法のステッキ〜〜〜!」 ってなわけで魔法のステッキ(木製)をゲットしました。こいつを進行方向目掛けてグルグル回しながら進みます。あっという間にわたあめの完成です!(なんのこっちゃ)
途中、左側に鉄塔がドーーーン\(◎o◎)/! 見上げると空が明るくなってきていました('ω') しかしあいにくの空模様で今にも雨が降り出しそうな感じです(~_~;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、左側に鉄塔がドーーーン\(◎o◎)/! 見上げると空が明るくなってきていました('ω') しかしあいにくの空模様で今にも雨が降り出しそうな感じです(~_~;)
明るくなってきたとはいえ、山の中はまだまだ暗い( ;∀;) この辺りで「キャアアアアッ!」という悲鳴のような鳴き声が山中に響き渡りました。突然の事態に暫し呆然と立ち尽くします(''_'')
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るくなってきたとはいえ、山の中はまだまだ暗い( ;∀;) この辺りで「キャアアアアッ!」という悲鳴のような鳴き声が山中に響き渡りました。突然の事態に暫し呆然と立ち尽くします(''_'')
1
薄暗い中、東峠に到着です(-ω-)/ 林道に出たら左へ50メートルほど進むと右手に天覚山への登山口があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄暗い中、東峠に到着です(-ω-)/ 林道に出たら左へ50メートルほど進むと右手に天覚山への登山口があります。
天覚山への入口です(*‘∀‘) ここは比較的目立つので見落とす心配はないと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天覚山への入口です(*‘∀‘) ここは比較的目立つので見落とす心配はないと思います。
うーん、程よく急勾配(-ω-) ウォーミングアップにはちょうどいいですね(*‘∀‘)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うーん、程よく急勾配(-ω-) ウォーミングアップにはちょうどいいですね(*‘∀‘)
おっ、何やら開けた場所が!(''Д'')!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ、何やら開けた場所が!(''Д'')!
天覚山に着きました〜(''ω'')ノ ここでようやくヘッデン装備から解放され身軽になります(*'ω'*) まだまだ先は長いので少し休憩していきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天覚山に着きました〜(''ω'')ノ ここでようやくヘッデン装備から解放され身軽になります(*'ω'*) まだまだ先は長いので少し休憩していきます。
1
天気が悪すぎてさすがに萎えますね(笑) 寒いし。おにぎり食べながらひとりで震えておりました(~_~;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が悪すぎてさすがに萎えますね(笑) 寒いし。おにぎり食べながらひとりで震えておりました(~_~;)
これ、今日のために新調したんです(''◇'')ゞ モンベルのPランドジョガー(*´з`) 超軽量でグリップ力も素晴らしい!心強い相棒です!(※ステマではありません)笑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これ、今日のために新調したんです(''◇'')ゞ モンベルのPランドジョガー(*´з`) 超軽量でグリップ力も素晴らしい!心強い相棒です!(※ステマではありません)笑
4
さて行きますか!大高山目指してGOヽ(^o^)丿
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて行きますか!大高山目指してGOヽ(^o^)丿
いきなり急勾配の下りです(;´д`) 下りは嫌いです、膝痛くなるし。木の根も張り出しているので注意深く下りていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり急勾配の下りです(;´д`) 下りは嫌いです、膝痛くなるし。木の根も張り出しているので注意深く下りていきます。
軽い岩場も登場(-ω-)/ やや歩きにくい道が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軽い岩場も登場(-ω-)/ やや歩きにくい道が続きます。
見てくださいこのPランドジョガーのグリップ力!岩登りもなんのその!(※ステマではありません)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見てくださいこのPランドジョガーのグリップ力!岩登りもなんのその!(※ステマではありません)
これ何の糞ですか…?まだホカホカしていて、近くに何かがいる気配が物凄くしたのでダッシュで逃げましたΣ(・ω・ノ)ノ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これ何の糞ですか…?まだホカホカしていて、近くに何かがいる気配が物凄くしたのでダッシュで逃げましたΣ(・ω・ノ)ノ!
1
挙句の果てにこれですわ。もう絶対熊でしょこれえ(ノД`)・゜・。 →→→(本日2度目の逃亡)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
挙句の果てにこれですわ。もう絶対熊でしょこれえ(ノД`)・゜・。 →→→(本日2度目の逃亡)
1
木の根っこ達の自己主張の強さときたら…。引っ込み思案なウマジは見習わなければなりませんね。←(意味不明)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の根っこ達の自己主張の強さときたら…。引っ込み思案なウマジは見習わなければなりませんね。←(意味不明)
このえげつない急登をクリアすると〜・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このえげつない急登をクリアすると〜・・・
はいドーーン、大高山到着です(*‘∀‘) まだまだウマジは元気です!(`・ω・´)!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はいドーーン、大高山到着です(*‘∀‘) まだまだウマジは元気です!(`・ω・´)!
1
少し日が出てきたような…、、。贅沢は言わないから、曇りでもいいから雨だけは勘弁してくだされ(*ノωノ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し日が出てきたような…、、。贅沢は言わないから、曇りでもいいから雨だけは勘弁してくだされ(*ノωノ)
さて、前坂に向けて出発です!ここもいきなり急な下りが待ち構えているので慎重に下りていきます(`・ω・´)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、前坂に向けて出発です!ここもいきなり急な下りが待ち構えているので慎重に下りていきます(`・ω・´)
飯能アルプス登山道にはこのような標識のない分れ道がいくつかあります。地形に注目して欲しいのですが、一方は登り、もう一方は平坦な道です。このような分れ道にぶつかったら平坦な道を進めば100%正解です(・ω・ノ)ノ なのでこの場合は右ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯能アルプス登山道にはこのような標識のない分れ道がいくつかあります。地形に注目して欲しいのですが、一方は登り、もう一方は平坦な道です。このような分れ道にぶつかったら平坦な道を進めば100%正解です(・ω・ノ)ノ なのでこの場合は右ですね。
おっと、林道が見えてきましたね(*´з`)〜♪ 林道に下りる際は急な下り坂で足を滑らせないよう慎重に歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっと、林道が見えてきましたね(*´з`)〜♪ 林道に下りる際は急な下り坂で足を滑らせないよう慎重に歩きます。
向かいに登山道につながる上り坂が見えますね。ここには標識などが設置されていませんので、誤って林道を歩いてしまわないよう事前の下調べが必要なポイントです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かいに登山道につながる上り坂が見えますね。ここには標識などが設置されていませんので、誤って林道を歩いてしまわないよう事前の下調べが必要なポイントです。
前坂までは小刻みなアップダウンの繰り返しです(*'ω'*) これといって危険個所などは見当たりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前坂までは小刻みなアップダウンの繰り返しです(*'ω'*) これといって危険個所などは見当たりません。
前坂に到着しました(''◇'')ゞ 写真の標識は前坂の十字路に立てられていたものと思われますが、なんと倒れて端っこに寄せられていました(+_+) 仕方がないので、自分が歩いてきた方向に大高山方面を合わせ、木に立てかけておきました。(これが割と重かったというねw)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前坂に到着しました(''◇'')ゞ 写真の標識は前坂の十字路に立てられていたものと思われますが、なんと倒れて端っこに寄せられていました(+_+) 仕方がないので、自分が歩いてきた方向に大高山方面を合わせ、木に立てかけておきました。(これが割と重かったというねw)
さあここからは皆さんが大好きな破線ルートです(*'ω'*) お手製の標識も劣化が激しい上に明後日の方向を示していたりするのであまり当てにはできません(ノД`)・゜・。 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあここからは皆さんが大好きな破線ルートです(*'ω'*) お手製の標識も劣化が激しい上に明後日の方向を示していたりするのであまり当てにはできません(ノД`)・゜・。 
ここは非常に分かりにくいです。赤テープが巻いてある木の場所から林道に向かって下山道が伸びているのですが、ぼーっとしてると思わず直進してしまいます(''ω'')
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは非常に分かりにくいです。赤テープが巻いてある木の場所から林道に向かって下山道が伸びているのですが、ぼーっとしてると思わず直進してしまいます(''ω'')
林道に出ました('ω') ここを右に曲がります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出ました('ω') ここを右に曲がります。
この坂をおよそ200mほど登ると(結構長い)右側に子の権現に続く登山道があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この坂をおよそ200mほど登ると(結構長い)右側に子の権現に続く登山道があります。
登山道入り口の写真です。見ての通り非常に分かりにくいので、ここも事前の下調べが必要なポイントです(-ω-)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入り口の写真です。見ての通り非常に分かりにくいので、ここも事前の下調べが必要なポイントです(-ω-)
スルギに向かう途中でお地蔵さまが(*'▽') 無事に完歩できますように…(。-人-。)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スルギに向かう途中でお地蔵さまが(*'▽') 無事に完歩できますように…(。-人-。)
ロープが設置してある急登が登場Σ(・ω・ノ)ノ! 小刻みなアップダウンばかりで正直退屈していたのでここぞとばかりに山登り気分を味わいますヽ(^o^)丿 でも・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープが設置してある急登が登場Σ(・ω・ノ)ノ! 小刻みなアップダウンばかりで正直退屈していたのでここぞとばかりに山登り気分を味わいますヽ(^o^)丿 でも・・・
1
破線ルートだけあって、登山道が荒れ気味のところも多いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破線ルートだけあって、登山道が荒れ気味のところも多いです。
スルギに到着(''◇'')ゞ ここまでくれば子の権現は目と鼻の先です。何とか破線ルートも突破できそうですね(*ノωノ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スルギに到着(''◇'')ゞ ここまでくれば子の権現は目と鼻の先です。何とか破線ルートも突破できそうですね(*ノωノ)
1
スルギに到着したら左に曲がります§^。^§
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スルギに到着したら左に曲がります§^。^§
登山道の荒れ具合がハンパない(''Д'') 倒木で完全に道が塞がれていて一時的に進行方向を見失うという恥ずべき事態に(ノД`)・゜・。ここは左に大きく旋回すれば登山道に復帰できます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の荒れ具合がハンパない(''Д'') 倒木で完全に道が塞がれていて一時的に進行方向を見失うという恥ずべき事態に(ノД`)・゜・。ここは左に大きく旋回すれば登山道に復帰できます。
あっ、何か見えたΣ(・ω・)!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっ、何か見えたΣ(・ω・)!
着きましたよ子の権現ヽ(^。^)ノ ここは奥武蔵最強ルートの中間地点という位置付けで間違いないと思います。子の権現まで6時間以内で来れればと思っていたのでまずまずの結果です^_^
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着きましたよ子の権現ヽ(^。^)ノ ここは奥武蔵最強ルートの中間地点という位置付けで間違いないと思います。子の権現まで6時間以内で来れればと思っていたのでまずまずの結果です^_^
1
ヤマレコで見た赤いヤツだーーわーいわーいヾ(@⌒ー⌒@)ノ←(罰当たり)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマレコで見た赤いヤツだーーわーいわーいヾ(@⌒ー⌒@)ノ←(罰当たり)
1
ヤマレコで見た大きいわらじだーー(=゜ω゜)ノ←(完全に観光気分) ちなみに子の権現は貴重な水分補給スポットです。ここで今日の山行で消費する分の水分を補給していきます。販売価格は500mlペットボトルで200円也('ω')
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマレコで見た大きいわらじだーー(=゜ω゜)ノ←(完全に観光気分) ちなみに子の権現は貴重な水分補給スポットです。ここで今日の山行で消費する分の水分を補給していきます。販売価格は500mlペットボトルで200円也('ω')
4
何だかんだ30分ほどブラブラしてました(笑) お参りしたり、コーヒー飲んだり。戦士にも休息は必要なのです(^-^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何だかんだ30分ほどブラブラしてました(笑) お参りしたり、コーヒー飲んだり。戦士にも休息は必要なのです(^-^)
さて後半戦行きますか(≧◇≦)! お札などが売られている建物の左側通路から出発です(・ω・)ノ いま思えばこの辺りからハイカーさんが多くなってきましたね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて後半戦行きますか(≧◇≦)! お札などが売られている建物の左側通路から出発です(・ω・)ノ いま思えばこの辺りからハイカーさんが多くなってきましたね。
さすが【関東ふれあいの道】。標識もこのクオリティーです。あの温かかったお手製の標識たちが頭をよぎり、目頭が熱くなります( ;∀;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすが【関東ふれあいの道】。標識もこのクオリティーです。あの温かかったお手製の標識たちが頭をよぎり、目頭が熱くなります( ;∀;)
1
所々にベンチまで設置してある始末です。ちょっとハイカーを甘やかしすぎじゃないですか?山歩きってのはそもそも…(以下略)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々にベンチまで設置してある始末です。ちょっとハイカーを甘やかしすぎじゃないですか?山歩きってのはそもそも…(以下略)
2
林道に出たら天目指峠です(*‘∀‘)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出たら天目指峠です(*‘∀‘)
到着記念ということで、ヤマレコでよく見掛けるカーブミラーを利用しての自撮りにも果敢に挑戦(*ノωノ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着記念ということで、ヤマレコでよく見掛けるカーブミラーを利用しての自撮りにも果敢に挑戦(*ノωノ)
3
さあドンドンいきますよ!お次は高畑山を目指してレッツゴー(=゜ω゜)ノ この階段を上って再び登山道に入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあドンドンいきますよ!お次は高畑山を目指してレッツゴー(=゜ω゜)ノ この階段を上って再び登山道に入ります。
完全に天才ですよねコレ。センスある〜(@_@)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
完全に天才ですよねコレ。センスある〜(@_@)
1
左が中ノ沢頭を経由して高畑山に向かうルート、かなりの急登です。右が中ノ沢頭をスルーして高畑山に向かうルート、急登を回避して進むことができます。どちらを選んでもこの先で合流します(・ω・)ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左が中ノ沢頭を経由して高畑山に向かうルート、かなりの急登です。右が中ノ沢頭をスルーして高畑山に向かうルート、急登を回避して進むことができます。どちらを選んでもこの先で合流します(・ω・)ノ
ドMな私は急登もなんのその、もちろん行きましたよ中ノ沢頭。いま振り返ると行かなくても良かったかなって。ホント何にもなかったし。まあ記念ということで(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドMな私は急登もなんのその、もちろん行きましたよ中ノ沢頭。いま振り返ると行かなくても良かったかなって。ホント何にもなかったし。まあ記念ということで(笑)
2
おー、何だか上が開けてます!(''Д'') 高畑山ですか?高畑山到着ですか!?\(゜ロ\)(/ロ゜)/!?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おー、何だか上が開けてます!(''Д'') 高畑山ですか?高畑山到着ですか!?\(゜ロ\)(/ロ゜)/!?
1
全然違ったwwwwww  何でここだけ開けてるんですか、まぎらわしいったらありゃしない(~_~;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全然違ったwwwwww  何でここだけ開けてるんですか、まぎらわしいったらありゃしない(~_~;)
はいっ!今度こそ正真正銘高畑山でございます。山頂にはベンチが2つ設置してあるのですが、4人の山ガール(推定65歳くらい)によって占拠されていたので早々に出発しました(ノД`)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はいっ!今度こそ正真正銘高畑山でございます。山頂にはベンチが2つ設置してあるのですが、4人の山ガール(推定65歳くらい)によって占拠されていたので早々に出発しました(ノД`)
2
なかなか香ばしい急登が続きます(・ω・)ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか香ばしい急登が続きます(・ω・)ノ
1
ん?上の方に東屋が見えますっ!古御岳ですか!?古御岳なんですか(◎o◎)!?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ん?上の方に東屋が見えますっ!古御岳ですか!?古御岳なんですか(◎o◎)!?
1
古御岳キターーーーーー(゜∀゜)ーーーーーーー!!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古御岳キターーーーーー(゜∀゜)ーーーーーーー!!!
3
ここにはベンチや東屋もあります(・ω・)ノ 他に誰もいなかったので暫し小休止〜゜・_・゜〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにはベンチや東屋もあります(・ω・)ノ 他に誰もいなかったので暫し小休止〜゜・_・゜〜
タフなアップダウンを地道に攻略していきます。先はまだまだ長いので極力体力を温存しながら進みます(。-`ω-)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タフなアップダウンを地道に攻略していきます。先はまだまだ長いので極力体力を温存しながら進みます(。-`ω-)
伊豆ヶ岳と山伏峠の分岐点です(・ω・)ノ このまま直進したいのは山だけに山々なのですが(ここ笑うところ)、今回は伊豆ヶ岳に寄り道していきます('◇')ゞ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳と山伏峠の分岐点です(・ω・)ノ このまま直進したいのは山だけに山々なのですが(ここ笑うところ)、今回は伊豆ヶ岳に寄り道していきます('◇')ゞ
1
分岐点を右に折れて数十メートル登ります(・´з`・)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点を右に折れて数十メートル登ります(・´з`・)
ドドーンと伊豆ヶ岳ヽ(^o^)丿 山頂はハイカーさん達で大変混雑していて、写真待ちの行列ができていました(~_~;) 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドドーンと伊豆ヶ岳ヽ(^o^)丿 山頂はハイカーさん達で大変混雑していて、写真待ちの行列ができていました(~_~;) 
4
さて、写真も撮ったし山伏峠に向かいましょう(=゜ω゜)ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、写真も撮ったし山伏峠に向かいましょう(=゜ω゜)ノ
1
先ほどの分岐点まで戻ります。分岐を右に折れ、山伏峠を目指し一気に下山していきます(^o^)丿
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどの分岐点まで戻ります。分岐を右に折れ、山伏峠を目指し一気に下山していきます(^o^)丿
標識も設置してあるので迷うことはありませんが、下りはかなりの急勾配なので慎重に下りていきます(''ω'')
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識も設置してあるので迷うことはありませんが、下りはかなりの急勾配なので慎重に下りていきます(''ω'')
山道が荒れてるとかそういうレベルじゃないですよこれ(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道が荒れてるとかそういうレベルじゃないですよこれ(笑)
2
林道まで下りてきました(^o^)丿 林道に出たら右へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道まで下りてきました(^o^)丿 林道に出たら右へ。
すぐに武川岳へと続く登山道が見えてきます(゜∀゜) 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに武川岳へと続く登山道が見えてきます(゜∀゜) 
一気に下りたら一気に登る!(*´Д`)!しかし、この急勾配は効きます・・(''Д'')ぐぬぬ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一気に下りたら一気に登る!(*´Д`)!しかし、この急勾配は効きます・・(''Д'')ぐぬぬ
1
おわかりいただけただろうか(''Д'') もう坂というか壁です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おわかりいただけただろうか(''Д'') もう坂というか壁です。
1
えげつない急登の波状攻撃が続きます(''Д'') 屈強なハイカー達がなぜ奥武蔵最強ルートを【最強】と称すのか、山伏峠から武甲山までの区間で嫌でも理解することとなりました(*ノωノ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
えげつない急登の波状攻撃が続きます(''Д'') 屈強なハイカー達がなぜ奥武蔵最強ルートを【最強】と称すのか、山伏峠から武甲山までの区間で嫌でも理解することとなりました(*ノωノ)
2
ハアハア…(*´Д`) やっと林道まで上がってきました。林道に出たら右へ。登山道に続く階段が見えますね(''_'')
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハアハア…(*´Д`) やっと林道まで上がってきました。林道に出たら右へ。登山道に続く階段が見えますね(''_'')
休む間もなくウマジ vs 武川岳の第2ラウンド開始ですΣ(゜Д゜)ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休む間もなくウマジ vs 武川岳の第2ラウンド開始ですΣ(゜Д゜)ノ
もう正規の登山道がどれかも分からない(苦笑)とにかく上を目指して延々と登り続けます(;''∀'')
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう正規の登山道がどれかも分からない(苦笑)とにかく上を目指して延々と登り続けます(;''∀'')
1
ちょっとアートっぽい(゜∀゜) ウマジに流れる芸術家の血が騒いだので思わずパチリ(・´з`・)←(もう自分で何言ってるかよくわかりません)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとアートっぽい(゜∀゜) ウマジに流れる芸術家の血が騒いだので思わずパチリ(・´з`・)←(もう自分で何言ってるかよくわかりません)
1
これぞ乳酸地獄、足が鉛のように重い〜(@_@;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これぞ乳酸地獄、足が鉛のように重い〜(@_@;)
1
この地域には天才が多いんですか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この地域には天才が多いんですか?
倒木のトンネル。全然美しくないwww

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木のトンネル。全然美しくないwww

ここまで標高を上げると紅葉の始まりも身近に感じられますね(*''ω''*)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで標高を上げると紅葉の始まりも身近に感じられますね(*''ω''*)
1
ハアハア……、あっ、なんかピークっぽい感じ(◎o◎)!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハアハア……、あっ、なんかピークっぽい感じ(◎o◎)!
武川岳に到着です〜(@_@) ここまで歩いてきた距離26km、出発してから9時間30分が経過していました。到着予定時刻を若干オーバーしているため、頑張って取り戻さなきゃ(@_@;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武川岳に到着です〜(@_@) ここまで歩いてきた距離26km、出発してから9時間30分が経過していました。到着予定時刻を若干オーバーしているため、頑張って取り戻さなきゃ(@_@;)
5
ここで即効元気を投入!ロングを歩くときの強い味方、頼りになるヤツです(*‘∀‘)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで即効元気を投入!ロングを歩くときの強い味方、頼りになるヤツです(*‘∀‘)
1
さあ先を急ぎましょう、ここから妻坂峠まで一気に下ります('ω')ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ先を急ぎましょう、ここから妻坂峠まで一気に下ります('ω')ノ
急勾配の下りが続きます。ガレている箇所もあるので足元注意で(''ω'')ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急勾配の下りが続きます。ガレている箇所もあるので足元注意で(''ω'')ノ
何ともしつこい下り坂(@_@) この辺りで右膝に違和感が…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何ともしつこい下り坂(@_@) この辺りで右膝に違和感が…
妻坂峠に着きました〜゜・_・゜〜。ここから大持山を目指して進みます。が、その前に標識に注目してみると「急な登り坂あり」と。 こういう警告じみた情報は見て見ぬふりが一番です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妻坂峠に着きました〜゜・_・゜〜。ここから大持山を目指して進みます。が、その前に標識に注目してみると「急な登り坂あり」と。 こういう警告じみた情報は見て見ぬふりが一番です。
2
お地蔵様、ウマジはもうボロボロですが、この体がゴールまで持ちますように…(。-人-。)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お地蔵様、ウマジはもうボロボロですが、この体がゴールまで持ちますように…(。-人-。)
2
さあ大持山へのアタックを開始します。妻坂峠から大持山山頂までの区間は奥武蔵最強ルートの核心部分で、もっともキツイ苦行区間とされています(;''∀'')
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ大持山へのアタックを開始します。妻坂峠から大持山山頂までの区間は奥武蔵最強ルートの核心部分で、もっともキツイ苦行区間とされています(;''∀'')
1
ここで一気に450mの高度を稼ぎます。容赦ない急登が断続的に続き、ウマジに搭載されているバッテリーから煙が上がり始めました;つД`)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで一気に450mの高度を稼ぎます。容赦ない急登が断続的に続き、ウマジに搭載されているバッテリーから煙が上がり始めました;つД`)
1
つらいよお(;O;) 膝痛いよお(;O;) 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つらいよお(;O;) 膝痛いよお(;O;) 
1
この辺りからラスボス武甲山を間近に捉えることができます。本当にここまで歩いてきたんだなあ(しみじみ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りからラスボス武甲山を間近に捉えることができます。本当にここまで歩いてきたんだなあ(しみじみ)
1
ま・け・て・た・ま・る・かあ〜〜・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ま・け・て・た・ま・る・かあ〜〜・・
1
上の開けた部分にハイカーの姿が\(◎o◎)/! やっと、やっと大持山到着ですか!?\(゜ロ\)(/ロ゜)/
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の開けた部分にハイカーの姿が\(◎o◎)/! やっと、やっと大持山到着ですか!?\(゜ロ\)(/ロ゜)/
1
違ったwwwww  
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
違ったwwwww  
1
天候に恵まれて展望が良ければもう少しテンションも上がるのですが…(。-`ω-) たまに小雨が降ってくるし微妙にガスってるしで、絶景ポイントもこの有り様です…(苦笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天候に恵まれて展望が良ければもう少しテンションも上がるのですが…(。-`ω-) たまに小雨が降ってくるし微妙にガスってるしで、絶景ポイントもこの有り様です…(苦笑)
2
山頂到着でーーす(*´ω`*) いやあ〜もうボロボロです(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着でーーす(*´ω`*) いやあ〜もうボロボロです(笑)
3
時間の遅れを取り戻そうと体にムチ打って頑張りますが、思うように歩けません( ;∀;) 正直ここまで失速するとは…、想定外でした(~_~;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間の遅れを取り戻そうと体にムチ打って頑張りますが、思うように歩けません( ;∀;) 正直ここまで失速するとは…、想定外でした(~_~;)
落ち葉に足を取られて歩きにくい〜!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉に足を取られて歩きにくい〜!
ここ登山道を本気で探してしまいました(笑) この岩と岩の間をすり抜けて進むんですね(*´ω`*) いやいやスマートで良かった。←は?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここ登山道を本気で探してしまいました(笑) この岩と岩の間をすり抜けて進むんですね(*´ω`*) いやいやスマートで良かった。←は?
1
この区間の登山道は狭く足場も悪いです。足元に注意しながら進みます(・ω・)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この区間の登山道は狭く足場も悪いです。足元に注意しながら進みます(・ω・)
1
来ました来ました小持山(*'ω'*) 小雨+強風でかなり寒いので早々にシラジクボ目指して歩を進めることにします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来ました来ました小持山(*'ω'*) 小雨+強風でかなり寒いので早々にシラジクボ目指して歩を進めることにします。
1
シラジクボまでは大嫌いな下りが延々と続きます。果たしてウマジの膝は持つのでしょうか(~_~;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラジクボまでは大嫌いな下りが延々と続きます。果たしてウマジの膝は持つのでしょうか(~_~;)
小持山からは武甲山山頂がよく見えます(´▽`) 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小持山からは武甲山山頂がよく見えます(´▽`) 
5
岩場を伴う急激な下り坂は、残り少ないウマジの体力を容赦なく削っていきます(;''∀'')
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場を伴う急激な下り坂は、残り少ないウマジの体力を容赦なく削っていきます(;''∀'')
1
落ち葉で足元がかなり滑ります(''Д'') 踏ん張るたびに膝へのダメージは蓄積されていきました(>_<)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉で足元がかなり滑ります(''Д'') 踏ん張るたびに膝へのダメージは蓄積されていきました(>_<)
1
下り終えると平坦な道がしばらく続きます。平坦な道では不思議と足の痛みが治まり、普通に歩くことができます。むしろ走れます。自分の体の構造がよく分かりません(・.・;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り終えると平坦な道がしばらく続きます。平坦な道では不思議と足の痛みが治まり、普通に歩くことができます。むしろ走れます。自分の体の構造がよく分かりません(・.・;)
2
シラジクボ到着です。あとはラスボス武甲山との最終決戦を残すのみ。ガス欠寸前の体にムチ打って最後の激登りに挑みます。いざ、出陣(''Д'')ノ!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラジクボ到着です。あとはラスボス武甲山との最終決戦を残すのみ。ガス欠寸前の体にムチ打って最後の激登りに挑みます。いざ、出陣(''Д'')ノ!!
1
ここから一気に200m高度を上げていきます。膝が笑ってます、もうガクブルです(苦笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから一気に200m高度を上げていきます。膝が笑ってます、もうガクブルです(苦笑)
1
最後の力を振り絞れ!(''Д'')!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の力を振り絞れ!(''Д'')!
1
ハアハア…ピークが…見えたっ!(◎o◎)!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハアハア…ピークが…見えたっ!(◎o◎)!
1
とうとう来ました(T_T) こんな自分でも、本当に辿り着くことができたのです。御嶽神社の鳥居の前に立った時の気持ち、それをこの場に書き記したいのに、言葉が見つからないのです…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とうとう来ました(T_T) こんな自分でも、本当に辿り着くことができたのです。御嶽神社の鳥居の前に立った時の気持ち、それをこの場に書き記したいのに、言葉が見つからないのです…。
3
そしてここを登り切ればいよいよ…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてここを登り切ればいよいよ…
着いたドーーーー(゜∀゜)ーーーン!武甲山山頂に到着です♪ 飯能駅から32km、歩き始めてから12時間が経過していました(+_+)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着いたドーーーー(゜∀゜)ーーーン!武甲山山頂に到着です♪ 飯能駅から32km、歩き始めてから12時間が経過していました(+_+)
4
夕暮れの秩父市街。素晴らしい眺めだったけど、これからあそこまで下りなければいけないという…、現実は残酷だなあ…;つД`)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕暮れの秩父市街。素晴らしい眺めだったけど、これからあそこまで下りなければいけないという…、現実は残酷だなあ…;つД`)
3
山頂にはこのような休憩所や
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にはこのような休憩所や
きれいなトイレも完備されています(゜∀゜) 登る時期によっては冬季閉鎖されている可能性もあるので、事前にチェックしておくといいと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいなトイレも完備されています(゜∀゜) 登る時期によっては冬季閉鎖されている可能性もあるので、事前にチェックしておくといいと思います。
名残惜しいですが日没も間近に迫っていますので、後ろ髪を引かれる思いで下山を開始します(T_T) 下山道はここから始まります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残惜しいですが日没も間近に迫っていますので、後ろ髪を引かれる思いで下山を開始します(T_T) 下山道はここから始まります。
膝が痛かったの忘れてた(*ノωノ) 下山と同時に痛みとの戦いが再び始まりました…(苦笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
膝が痛かったの忘れてた(*ノωノ) 下山と同時に痛みとの戦いが再び始まりました…(苦笑)
浦山口駅は…、あっちですね(=゜ω゜)ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浦山口駅は…、あっちですね(=゜ω゜)ノ
ここで沢を渡るのですが、木材をつなぎ合わせただけの橋(?)はすでに崩壊しており使い物になりません。沢の流れも急で落ちればケガでは済まない可能性もあります。十分に注意して通過します(@_@)))
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで沢を渡るのですが、木材をつなぎ合わせただけの橋(?)はすでに崩壊しており使い物になりません。沢の流れも急で落ちればケガでは済まない可能性もあります。十分に注意して通過します(@_@)))
1
浦山口登山口に到着しました('ω')ノ ここから長い長い林道歩きが始まります。 誠に不本意ながら、ここで本日2度目のヘッデン装備を装着しました( ;∀;) 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浦山口登山口に到着しました('ω')ノ ここから長い長い林道歩きが始まります。 誠に不本意ながら、ここで本日2度目のヘッデン装備を装着しました( ;∀;) 
ソフトクリーム…食べたかったなあ(´ω`*)←(お店閉まってたw)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ソフトクリーム…食べたかったなあ(´ω`*)←(お店閉まってたw)
2
ここを左折すると浦山口駅にショートカットできるそうです。心優しい地元のヤンキー少年が教えてくれました(*''ω''*)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを左折すると浦山口駅にショートカットできるそうです。心優しい地元のヤンキー少年が教えてくれました(*''ω''*)
1
本当に大丈夫かこれ…。(半信半疑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当に大丈夫かこれ…。(半信半疑)
駅が見えましたΣ(゜Д゜) 本当にショートカット出来ました(*''▽'') ありがとう少年!(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅が見えましたΣ(゜Д゜) 本当にショートカット出来ました(*''▽'') ありがとう少年!(笑)
1
ゴーーーー(*‘∀‘)ーーール!!! 反省点ばかりで、大きな宿題を抱えてしまった今回の山行でしたが、何とか完歩することができました(´ω`*) お疲れ様でした♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴーーーー(*‘∀‘)ーーール!!! 反省点ばかりで、大きな宿題を抱えてしまった今回の山行でしたが、何とか完歩することができました(´ω`*) お疲れ様でした♪
5

感想/記録

奥武蔵最強ルートに挑戦するにあたって、事前に決めていたことが2点ありました。

1点目は出発してから9時間、つまり昼の12時までに武川岳へのアタックを開始できていなかった場合、その時点で潔く撤退すること。

この時期は日照時間がとても短いです。仮に武甲山まで辿り着けたとしても、山頂で日没を迎えるのは危険との判断からでした。

ほぼすべての山が初見である以上、それくらいの縛りは必要ですよね。

2点目は体調のこと。体調不良が山の中では命取りになることは、素人の私にも分かっております。

しかし、万全でない状態で当日を迎えるであろうことは明確でありました。

その理由を書きます。

当日は午前2時に家を出る計画を立てていました。明るいうちに武甲山からの下山を開始するためには、午前3時頃に飯能を出発する必要があったからです。

しかし、午前2時頃というと普段私が寝始める時間で、この山行のために夕方から眠りに就けるほど自分が器用ではないことは理解しておりました。

つまり、睡眠不足で当日を迎えるであろうことはほぼ明白だったのです。

案の定、ほぼ徹夜状態でのスタートとなりましたが、少しでも体に異変を感じたら即座に山行を中止するつもりでした。

完歩できたのは本当に運が良かったとしかいいようがありません。これはまあ、いろんな意味で。

奥武蔵最強ルートは、たくさんの宿題を私に課しました。反省点も多々あります。今回の経験を糧に、これから一つひとつ改善していきたいと思っています。

最後に、奥武蔵最強ルートに挑戦するにあたって、たくさんの方々のレコを参考にさせていただきました。その一つひとつはとても詳細に記されており、現場においても何度助けられたことか。本当に感謝しています。

ありがとうございましたm(__)m
訪問者数:302人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ