ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 995927 全員に公開 ハイキング甲信越

鷲ヶ巣山

日程 2016年10月31日(月) [日帰り]
メンバー tappy116
天候曇りのち雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
縄文の里・朝日の駐車場をお借りします。今日(月曜)は休館日。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間40分
休憩
50分
合計
8時間30分
Sスタート地点07:1607:30登山口09:16前ノ岳09:2610:42中ノ岳10:4511:54鷲ヶ巣山12:2813:35中ノ岳14:28前ノ岳14:3115:33登山口15:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■登山口〜前ノ岳
無人雨量観測所までは一本調子の登り。危険箇所は特になし。前ノ岳直下の急坂が粘土質の赤土で滑りやすい。ヤマビルはいませんでした。

■前ノ岳〜中ノ岳
北側が切れ落ちたヤセ尾根を通る。長〜いロープ場がある。

■中ノ岳〜鷲ヶ巣山山頂
ヤブ漕ぎというほどでもないが、ヤブ多し。足元が見えにくいが、ピンクテープを見逃さなければ問題ない。
その他周辺情報まっすぐ帰りました。

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) ヘッドランプ 時計 サングラス ツェルト ストック カメラ
備考 水場はあてにならないので、水分は余裕をもって。自分は2Lを使い切りました。

写真

縄文の里・朝日の駐車場からスタート。この時点でかなり風が強く不安になる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縄文の里・朝日の駐車場からスタート。この時点でかなり風が強く不安になる。
ゲートをくぐって林道へ。700メートルほど進むと左手に登山口が見えてきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートをくぐって林道へ。700メートルほど進むと左手に登山口が見えてきます。
登山ポスト。中に用紙とペンあり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山ポスト。中に用紙とペンあり。
あてにできる唯一の水場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あてにできる唯一の水場。
序盤はゆるゆる登っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
序盤はゆるゆる登っていきます。
突然現れる雨量観測所。薄い板で閉鎖されていました。冬はこんなんで大丈夫なのか!?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然現れる雨量観測所。薄い板で閉鎖されていました。冬はこんなんで大丈夫なのか!?
観測所脇の水場。ぽたぽたレベル。ペットボトル1本でも数十分かかりそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観測所脇の水場。ぽたぽたレベル。ペットボトル1本でも数十分かかりそう。
この後、急にワイルドになってくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後、急にワイルドになってくる。
前ノ岳。あるのは三角点のみ。本来の山とはこういうもの。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前ノ岳。あるのは三角点のみ。本来の山とはこういうもの。
前ノ岳を下ると凶悪な二つの峰が見えてくる。わかってたことだが遠い…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前ノ岳を下ると凶悪な二つの峰が見えてくる。わかってたことだが遠い…
3
眼下の三面貯水池。紅葉は見ごろでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下の三面貯水池。紅葉は見ごろでしょうか。
1
一気に中ノ岳まで。というかしんどくて写真とる余裕なかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一気に中ノ岳まで。というかしんどくて写真とる余裕なかった。
1
うーん、まだまだ遠い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うーん、まだまだ遠い。
3
大日如来直下。このあたりの紅葉が一番きれいだった気がする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日如来直下。このあたりの紅葉が一番きれいだった気がする。
1/25,000地形図には「1004」とだけありますが、大日様らしいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1/25,000地形図には「1004」とだけありますが、大日様らしいです。
1
ラスボス登場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラスボス登場。
1
こんな感じで切れ落ちている箇所もあるので、要注意。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じで切れ落ちている箇所もあるので、要注意。
さらにはヤブ。クマさんが怖いので、なんかいろいろ叫びながら通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらにはヤブ。クマさんが怖いので、なんかいろいろ叫びながら通過。
1
よっしゃついたぜ!と思ったらニセピークでした…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よっしゃついたぜ!と思ったらニセピークでした…
2
その名も「だまかし坂」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その名も「だまかし坂」
今度こそ登頂!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度こそ登頂!
2
朝日の方は雲がかかってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日の方は雲がかかってきた。
飯豊方面。光兎のかっこよさが目立ちます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯豊方面。光兎のかっこよさが目立ちます。
1
飯豊をズームアップ。今年も行けなかった。来年こそ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯豊をズームアップ。今年も行けなかった。来年こそ。
1
さて帰るか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて帰るか。
2
まだ二つもピークが残っているので帰るという感覚なし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ二つもピークが残っているので帰るという感覚なし。
1
前ノ岳手前から雲行きがあやしくなる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前ノ岳手前から雲行きがあやしくなる。
残念。本降りになりました。仕方ないので、去年の黒部五郎以来のレインウェア着用。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念。本降りになりました。仕方ないので、去年の黒部五郎以来のレインウェア着用。
戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻ってきました。
1
誰もいない駐車場。丸1日貸し切りでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰もいない駐車場。丸1日貸し切りでした。
1

感想/記録

ここ2年ほど、いろいろ理由をつけて後回しにしてきた鷲ヶ巣山。これだけ寒くなればヒルも出ないだろう、ということでついに決行。
予想通りのしんどい山でしたが、しんどさレベルでいうと、粟ヶ岳以上御神楽岳未満という感じで、ガイドブックでいうほどの辛さはなかったと思います。登山道は最小限度の手入れで、山が持つ魅力を十二分に味わうことができる秀峰です。かと言ってもう1回行けと言われたらちょっと迷いますが…紅葉は中腹から頂上にかけて見頃で、まだ1〜2週間は楽しめそう。
これだけの山なのに、平日とはいえ誰にも会いませんでした。山域まるごと貸し切りとぜいたくな一日でした。
訪問者数:142人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/6/3
投稿数: 1
2016/11/5 22:37
 一度は登るべき山
tappy116さんのレコ見て、今日行ってきました。
体力的には余裕がありましたが、あの2つのピークをみせられてはメンタル的にかなりしんどかったです。にせピークも多いですしね。
ただ、朝日方面の初冠雪の山並みと紅葉には感動。
晴天の紅葉日和なのに出会った人は1人だけでした。
登録日: 2014/5/31
投稿数: 3
2016/11/6 19:18
 Re: 一度は登るべき山
お疲れさまでした。
冠雪まで見れたとはうらやましいかぎりです。
次に行くとしたら残雪期でしょうか。
あまり人に知られすぎても困りますが、
確かにもっと登られてもいい山ですよね。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ