ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 995985 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

見た目は秋でも気候はもう冬!北岳

日程 2016年10月30日(日) 〜 2016年10月31日(月)
メンバー natsu55
天候曇後晴
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
芦安駐車場に駐車,登山口の広河原までは往復とも乗り合いタクシーを利用.運賃は1200円(協力金込).休日と平日の運行ダイヤの違いに注意.
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間54分
休憩
1時間44分
合計
8時間38分
S広河原インフォメーションセンター08:0108:05広河原・吊り橋分岐08:0708:13広河原山荘08:1508:26白根御池分岐08:2710:29大樺沢二俣11:0113:25草すべり分岐13:39小太郎尾根分岐13:4114:13北岳肩ノ小屋14:4315:05両俣分岐15:1315:37北岳16:0216:25両俣分岐16:2716:39北岳肩ノ小屋
2日目
山行
5時間45分
休憩
2時間54分
合計
8時間39分
北岳肩ノ小屋06:5807:10両俣分岐07:2108:06北岳09:2209:39吊尾根分岐10:0010:21吊尾根・北岳山荘トラバース道分岐10:4410:57八本歯のコル11:0212:38大樺沢二俣13:0714:54白根御池分岐14:5615:10広河原山荘15:1415:27広河原・吊り橋分岐15:34広河原インフォメーションセンター15:3715:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1日目は広河原から大樺沢右俣コース,肩の小屋泊.受付を済ませてから山頂を往復.
2日目は北岳山頂でのんびりした後,八本歯のコルを経由し,大樺沢左俣コースを広河原へ下降.
コース状況/
危険箇所等
 霜や雪がうっすらとありましたが,アイゼンは不要でした.上部は非常に寒いので,防寒具やバラクラバは必携です.シェルは雨具で代用しました.稜線は氷点下で,いつ雪山になっても不思議ではない(というか,雪がないのが不思議)と思われますので,少なくとも軽アイゼンは準備した方がよいと思います.風は強風と言うことはありませんでしたが,3000m超級の山なりの風が吹いていました.天候によっては注意を要すると思います.
 大樺沢左俣では,八本歯のコルへ突き上げる梯子の最下部付近の登山道上で,沢の水が凍っており,うっかり足を乗せないように注意が必要です.アイスバーンを避けて通ることは充分可能です.梯子その他の設備は全く問題ありません.
その他周辺情報紅葉は,広河原付近から標高1700m台まで,2300m以上は沢の水が凍り始めています.

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒手袋 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ テーブル三脚 ヘルメット 軽アイゼン バラクラバ 防寒靴下
備考 頂上部は-7℃から-2℃程度の模様です.風もあるので非常に寒いです.防寒関係は冬季登山と同様のものがあるとよいです.日が短くなっており,午後3時には黄昏時の雰囲気です.午後は太陽に出し抜かれないように注意が必要です.

写真

出発時は雨上がりのような状態で,北岳は見えませんでした.広河原では紅葉が楽しめます.
2016年10月30日 08:03撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発時は雨上がりのような状態で,北岳は見えませんでした.広河原では紅葉が楽しめます.
色づいた楓の木.今回はそそくさと登山しましたが,広河原でのんびり紅葉狩りも悪くないかもしれません.
2016年10月30日 08:08撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色づいた楓の木.今回はそそくさと登山しましたが,広河原でのんびり紅葉狩りも悪くないかもしれません.
登りはじめの森の中.霧の中で幻想的な紅葉が楽しめました.
2016年10月30日 08:25撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りはじめの森の中.霧の中で幻想的な紅葉が楽しめました.
鳳凰山の山並みが見えてきました.
2016年10月30日 09:03撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰山の山並みが見えてきました.
このあたりの木々の葉はすっかり落ちて,初冬の風情です.
2016年10月30日 10:24撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりの木々の葉はすっかり落ちて,初冬の風情です.
大樺沢二股,右俣コースを登りました.
2016年10月30日 10:41撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大樺沢二股,右俣コースを登りました.
夏の花畑が夢のあと.
2016年10月30日 11:08撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏の花畑が夢のあと.
2550m付近の広場です.
2016年10月30日 12:21撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2550m付近の広場です.
森林限界を超えて,小太郎尾根を目指します.
2016年10月30日 13:21撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界を超えて,小太郎尾根を目指します.
まもなく稜線
2016年10月30日 13:35撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まもなく稜線
肩の小屋へ続く稜線上はこんな感じでした.冷たい風が身にしみます.
2016年10月30日 13:42撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋へ続く稜線上はこんな感じでした.冷たい風が身にしみます.
甲斐駒ヶ岳
2016年10月30日 13:42撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳
小屋の手前の岩場.霜がついていました.
2016年10月30日 13:55撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の手前の岩場.霜がついていました.
仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳がよく見えます.
2016年10月30日 14:02撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳がよく見えます.
1
肩の小屋に着きました.受付後に山頂に向かいました.
2016年10月30日 14:12撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋に着きました.受付後に山頂に向かいました.
山頂部の雪と氷はこんな状況です.
2016年10月30日 14:51撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部の雪と氷はこんな状況です.
足を乗せても滑ったりすることはありません.しかし非常に冷たいので素手で岩をつかめませんでした.
2016年10月30日 14:57撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足を乗せても滑ったりすることはありません.しかし非常に冷たいので素手で岩をつかめませんでした.
枯れ草に霧氷がついています.
2016年10月30日 15:25撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯れ草に霧氷がついています.
北岳山頂部,誰もいませんでした.
2016年10月30日 15:27撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山頂部,誰もいませんでした.
山頂独り占め.夏の喧噪が嘘のようです.
2016年10月30日 15:38撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂独り占め.夏の喧噪が嘘のようです.
山頂から見た富士山.雲の上に浮かんでいました.うっすらと雪がついています.
2016年10月30日 15:47撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から見た富士山.雲の上に浮かんでいました.うっすらと雪がついています.
お地蔵様も寒そうです.
2016年10月30日 16:01撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お地蔵様も寒そうです.
日没時の富士山.頂部の雪と山肌の赤で紅白模様でした.
2016年10月30日 16:41撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日没時の富士山.頂部の雪と山肌の赤で紅白模様でした.
日の出.富士山の左から太陽が出てきました.
2016年10月31日 06:11撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出.富士山の左から太陽が出てきました.
富士山拡大の図.美しい朝でした.
2016年10月31日 06:16撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山拡大の図.美しい朝でした.
甲斐駒と鋸岳.
2016年10月31日 06:23撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒と鋸岳.
1
ドラム缶の中の水に厚い氷が張っていました.
2016年10月31日 06:52撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドラム缶の中の水に厚い氷が張っていました.
お世話になった肩の小屋を後にします.
2016年10月31日 07:00撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お世話になった肩の小屋を後にします.
鳳凰三山の向こうには奥秩父の山々
2016年10月31日 07:28撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰三山の向こうには奥秩父の山々
北岳山頂と富士山.
2016年10月31日 07:45撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山頂と富士山.
再びやってきました山頂です.今日は数人の方とお会いしました.フリースと雨具を着込んで,さらに太陽光を浴びてやっと落ち着くくらいの気温でした.
2016年10月31日 08:53撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再びやってきました山頂です.今日は数人の方とお会いしました.フリースと雨具を着込んで,さらに太陽光を浴びてやっと落ち着くくらいの気温でした.
間ノ岳方面.半逆光で露出に苦労します.
2016年10月31日 09:40撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳方面.半逆光で露出に苦労します.
1
後ろ髪を引かれつつ下山開始.八本歯のコルへルートをとります.雪はありませんが,バラクラバを着ていないと顔と耳が痛くて仕方ありません.
2016年10月31日 09:50撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろ髪を引かれつつ下山開始.八本歯のコルへルートをとります.雪はありませんが,バラクラバを着ていないと顔と耳が痛くて仕方ありません.
八本歯のコルへの道.これまでは天気の悪い日ばかり通っていたので,この日初めて周囲の地形の全容を知りました.
2016年10月31日 10:02撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八本歯のコルへの道.これまでは天気の悪い日ばかり通っていたので,この日初めて周囲の地形の全容を知りました.
振り返れば梯子と北岳.下ってしまうのが惜しい・・・
2016年10月31日 10:09撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば梯子と北岳.下ってしまうのが惜しい・・・
コルの直前まで,絶景が続きます.ご覧の通り雪は全くありませんでした.
2016年10月31日 10:31撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コルの直前まで,絶景が続きます.ご覧の通り雪は全くありませんでした.
ガレ場と梯子が続き,慎重に下ります.
2016年10月31日 10:37撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場と梯子が続き,慎重に下ります.
北岳を振り返る.どこがルートなのか,わかりにくいですが岩につけられたマークに従います.
2016年10月31日 10:39撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳を振り返る.どこがルートなのか,わかりにくいですが岩につけられたマークに従います.
吊り尾根上部から谷すじを見ると,針山地獄のような光景が広がっています.
2016年10月31日 10:43撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り尾根上部から谷すじを見ると,針山地獄のような光景が広がっています.
ゴーロが終わると,梯子の続く岩尾根を下ります.
2016年10月31日 10:44撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴーロが終わると,梯子の続く岩尾根を下ります.
八本歯のコル(写真中央)への道.梯子と桟道がありますが,幸い凍っていません.
2016年10月31日 10:55撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八本歯のコル(写真中央)への道.梯子と桟道がありますが,幸い凍っていません.
八本歯のコル.道しるべの部分から画面左に折れます.
2016年10月31日 11:00撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八本歯のコル.道しるべの部分から画面左に折れます.
大樺沢左俣へ下降する梯子.状態はおおむね良好です.
2016年10月31日 11:06撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大樺沢左俣へ下降する梯子.状態はおおむね良好です.
梯子は続くよどこまでも
2016年10月31日 11:29撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子は続くよどこまでも
このあたりからは北岳バットレスがよく見えました.夏は木々の葉に隠れて見づらいので,全容を見られるのはこの時期ならではではないでしょうか.
2016年10月31日 11:44撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりからは北岳バットレスがよく見えました.夏は木々の葉に隠れて見づらいので,全容を見られるのはこの時期ならではではないでしょうか.
梯子地帯最下部では,沢が凍りかけていました.写真は岩に凍り付いた水の飛沫です.
2016年10月31日 12:02撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子地帯最下部では,沢が凍りかけていました.写真は岩に凍り付いた水の飛沫です.
大樺沢右俣に出会いました
2016年10月31日 12:35撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大樺沢右俣に出会いました
大樺沢二股に戻りました.ここで昼食と大休憩を取りました.
2016年10月31日 13:02撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大樺沢二股に戻りました.ここで昼食と大休憩を取りました.
二股に設置されている仮設トイレは撤去された後の模様です.
2016年10月31日 13:02撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二股に設置されている仮設トイレは撤去された後の模様です.
季節に抗い頑張るミヤマキンバイ(?)の花.しかし,訪れる虫はすでになく,どことなく寂しげです.
2016年10月31日 13:19撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
季節に抗い頑張るミヤマキンバイ(?)の花.しかし,訪れる虫はすでになく,どことなく寂しげです.
弾けた実の残骸が木々の枝に残っていました.
2016年10月31日 13:33撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弾けた実の残骸が木々の枝に残っていました.
だいぶ下ってきました.落ち葉の積もった道を進みます.
2016年10月31日 13:51撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ下ってきました.落ち葉の積もった道を進みます.
登山口近くの木橋.初めて登ったときよりも少し古びていましたが,健在でした.
2016年10月31日 14:24撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口近くの木橋.初めて登ったときよりも少し古びていましたが,健在でした.
御池小屋への道と合流しました.あと20分ほどで広河原です.
2016年10月31日 14:41撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池小屋への道と合流しました.あと20分ほどで広河原です.
砂防ダムの近くの木は見事に色づいていました.
2016年10月31日 14:50撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂防ダムの近くの木は見事に色づいていました.
広河原橋に戻りました.
2016年10月31日 15:23撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原橋に戻りました.
さようなら北岳.また登りたいです.
2016年10月31日 15:29撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さようなら北岳.また登りたいです.
撮影機材:

感想/記録

 最近ヤマレコをサボっていましたが,久しぶりに投稿します.
 数年ぶりで北岳に登りました.初めて登ったときは,肩の小屋で息も絶え絶えになっていたように記憶しています.そこで体力の消耗にビビりながら登ったのですが,思ったよりもすんなりと登ることができました.この辺は能力の向上に満足して良いかなと思います.
 夏山真っ盛りの頃と違い,すれ違う人も数えるほどで静かでした.花はまだ頑張っている2輪のミヤマキンバイを除いては,当然ながら見つけられませんでした.その代わり空気が澄んでいて山頂からの眺望は素晴らしいものがありました.
 すでに書きましたが,風は非常に冷たく,街で今年の妙に暖かい秋を過ごしていた身には飛び上がるほどのものがありました.多少荷物が増えても,突然の降雪対策とともに防寒は万全にされることをおすすめします.

 写真も撮ったのですが,文化の日あたりでシーズン終了ですし,今にも雪山に豹変しそうなコース状況などきっと早く公開した方が役に立つと思いますので,取り急ぎ文章だけアップロードすることにします.

(追記)写真を掲載しました.山行のご参考になれば幸いです.報道によると11月1日に甲斐駒ヶ岳初冠雪だそうです.北岳もきっと雪化粧していると思われます.これから登山される方はどうかご安全に.
訪問者数:198人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ