ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 996027 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

日向山へ 急登の先は白砂の絶景!

日程 2016年10月31日(月) [日帰り]
メンバー furuhiro
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央道 小淵沢ICより 20号 白州道の駅より シャルマンワイン方面 尾白川林道へ入る 途中から「日向山」方面標識あり 矢立石登山口
狭い林道に作られた駐車場のため駐車に苦労した 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間50分
休憩
30分
合計
3時間20分
S矢立石登山口07:2008:10錦滝09:00大岩山分岐・白砂の稜線09:20日向山山頂部09:5010:10十分の五地点10:40矢立石登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<往路>
 5:30 安曇野穂高発 小淵沢IC 20号 尾白川林道へ
 7:10 立石登山口 駐車場着
<復路>
10:50 駐車場発 白州道の駅へ寄り 国道20号 諏訪ICより
13:10 自宅着

コース状況/
危険箇所等
問題ないが
錦滝方面からの登りは急登が続く(鎖・ロープ・梯子が設置)
「日向山ハイキングコース」とあるが思っていた以上に厳しかった
その他周辺情報白州道の駅 
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

矢立石登山口
左林道 錦滝方面へ行く 日向山登頂後は右登山道下ってくる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢立石登山口
左林道 錦滝方面へ行く 日向山登頂後は右登山道下ってくる
林道といっても車は通れない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道といっても車は通れない
林道から甲斐駒ケ岳が望める
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道から甲斐駒ケ岳が望める
1
錦滝 紅葉はこれから
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
錦滝 紅葉はこれから
1
急登が終わるとしばらく紅葉の樹林帯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登が終わるとしばらく紅葉の樹林帯
1
白砂が!現れる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白砂が!現れる
1
風景が一変する
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風景が一変する
3
山頂方面への白砂(花崗岩)の登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂方面への白砂(花崗岩)の登り
2
表情が豊かな山頂付近
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表情が豊かな山頂付近
2
富士・地蔵ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士・地蔵ヶ岳
1
富士が見えるとうれしくなる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士が見えるとうれしくなる
1
花崗岩の先に甲斐駒ケ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花崗岩の先に甲斐駒ケ岳
2
蓼科山から八ヶ岳の稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山から八ヶ岳の稜線
日向山の奇岩と八ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日向山の奇岩と八ヶ岳
1
山頂付近の広場から八ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近の広場から八ヶ岳
1
三角点に向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点に向かう
2
日向山三角点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日向山三角点
白砂の広場に戻る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白砂の広場に戻る
白砂の上で休憩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白砂の上で休憩
日向山 山梨百名山の標識
安曇野産シナノゴールドと甲斐駒ケ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日向山 山梨百名山の標識
安曇野産シナノゴールドと甲斐駒ケ岳
1
山頂で砂遊びができる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂で砂遊びができる
1
甲斐駒ケ岳方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳方面
矢立石方面へ下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢立石方面へ下山
十分の五地点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十分の五地点
下山 満車状態
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山 満車状態

感想/記録

2016(平成28年)10月31日(月)

日向山へ

「日向山 白砂絶景 急の先」

山梨百名山を目指して日向山へ。
人気のある山のようで
7時ごろ矢立石登山口の駐車場には何台か止まり
駐車に一苦労。
紅葉も見ごろということもあり、人出が多いのだろう。

錦滝方面へ林道を進んだ。
まず車は走れそうにない荒れた林道で、歩くには気持ちいい。
林道の紅葉は美しく、その間から甲斐駒ケ岳が見え隠れしていた。

錦滝には東屋があり、休憩には最適。
まだ紅葉は早かったようでこれからだ。
落差の大きい立派な滝で近づくこともでき見応えがある。
きっと美しい紅葉と水しぶきが散る様子は
錦のごとく鮮やかに映るのだろう。

ここからが思っていた以上に急登で険しかった。
滝を巻くように登っていく。
鎖・梯子で一気に高度を上げていくのだった。
緊張するほどではないが慎重に登る、厳しい登山道だった。

急登が過ぎ、ふと振り返ると甲斐駒ケ岳の雄姿を望むことができ、
まわりの木々は紅葉真っ盛りで赤や黄色のトンネルをくぐる。
トンネルを抜けた先に白い山肌が現われる。

一気に風景が変わり白い世界となり
白砂の滑る登山道を尾根まで登ることになる。
錦滝からの急登のことを考えると柔らかな砂の絨毯だ。
登り切り尾根に出ると
そこからの眺めは最高!

まず地蔵ヶ岳が目立ち見応えある。
その横には富士が並び山梨の山だと実感させてくれる。
もちろん甲斐駒ケ岳も大きく眼前に迫って見える。

さらに尾根を進むと白砂、花崗岩の奇岩の先に
蓼科山から八ヶ岳の稜線が雲の上に浮かんでみることができた。
八ヶ岳すそ野の街並みも美しく日を受け見渡せた。

風のない山頂付近には砂原が広がり、
乾いた砂の上に腰を下ろすと
日向ぼっこに最適な山日和となった。

下山する尾根道の途中に三角点があり、
人工林の唐松林が美しい。
下山道は快適で紅葉も美しいところがあり
あっという間に登山口へと快適に下ることができた。

山頂の独特な白砂、眺望のすばらしさ!
登る厳しさもあり、歩く快適さもあり、
日向山は良い山だ。
これで山梨百名山37座目となった。

ふるちゃん
訪問者数:376人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ