ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 996076 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

御池岳 (タテ谷からコグルミ谷へ)

日程 2016年10月29日(土) [日帰り]
メンバー whitewater
天候曇り時々晴れ。風強し。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
コグルミ谷登山口:R365黄金大橋南交差点よりR306を約5.5km西進。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち34%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間8分
休憩
1時間21分
合計
6時間29分
Sコグルミ谷登山口08:3608:52コグルミ谷・タテ谷分岐08:5309:07まどろみの尾根09:1010:30P105610:3210:54鈴北岳10:5611:02元池11:2411:56御池岳11:5812:08風池12:4012:45ボタンブチ12:4913:05奥の池13:0713:32奥の平13:3414:13天ケ平(カタクリ峠)14:2114:39長命水14:4014:51コグルミ谷・タテ谷分岐15:05コグルミ谷登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・タテ谷は残テープあり。踏み跡不明瞭で廃道同然。
 下りは、ルートを外し易く滑り易い。
・狩猟期間は、三重県が11/1〜3/15、滋賀県は11/15〜3/15の模様。
 (両県とも、延長されているイノシシ、ニホンジカの場合)
その他周辺情報日帰り温泉は、六石温泉「あじさいの湯」(600円)。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

【コグルミ谷登山口】
紅葉にはまだ早そう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【コグルミ谷登山口】
紅葉にはまだ早そう。
【タテ谷コース入口】
いきなり道不明瞭。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【タテ谷コース入口】
いきなり道不明瞭。
1
【まどろみの尾根】
いい雰囲気。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【まどろみの尾根】
いい雰囲気。
2
【マダラの紅葉】
赤いのもチラホラ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【マダラの紅葉】
赤いのもチラホラ。
2
【倒木ベンチ】
前日の雨で濡れていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【倒木ベンチ】
前日の雨で濡れていた。
1
【シロモジ三兄弟】
葉っぱを集めてみる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【シロモジ三兄弟】
葉っぱを集めてみる。
3
【古いテープ】
見つけるとホッとする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【古いテープ】
見つけるとホッとする。
【タテ谷変曲点】
ここで谷に下りてみる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【タテ谷変曲点】
ここで谷に下りてみる。
1
【明るい黄葉】
急に華やいできた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【明るい黄葉】
急に華やいできた。
1
【ここから緩やか】
このまま辿るのも悪くない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ここから緩やか】
このまま辿るのも悪くない。
1
【もののけ岩】
ひそひそ話が聞こえてきそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【もののけ岩】
ひそひそ話が聞こえてきそう。
4
【タテ谷左岸尾根】
広くなだらかな空間が続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【タテ谷左岸尾根】
広くなだらかな空間が続く。
1
【淡い紅葉】
静かに時が流れる静寂空間。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【淡い紅葉】
静かに時が流れる静寂空間。
3
【色づきカエデ】
心ウキウキ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【色づきカエデ】
心ウキウキ。
2
【見上げる】
曇りでも赤い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【見上げる】
曇りでも赤い。
2
【和風】
何となく雅。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【和風】
何となく雅。
2
【色とりどり】
明るい赤が綺麗。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【色とりどり】
明るい赤が綺麗。
2
【ウリハダカエデ】
紅葉物語。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ウリハダカエデ】
紅葉物語。
5
【イガグリ君】
中はすべて空っぽだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【イガグリ君】
中はすべて空っぽだ。
2
【ベニバナボロギク】
名前に似合わず綺麗な色だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ベニバナボロギク】
名前に似合わず綺麗な色だ。
3
【県境稜線】
日が当たるとモコモコ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【県境稜線】
日が当たるとモコモコ。
2
【鈴北岳】
ようやくガスが取れた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【鈴北岳】
ようやくガスが取れた。
1
【頭陀の鉄塔】
だんだん晴れてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【頭陀の鉄塔】
だんだん晴れてきた。
1
【光る苔】
紅葉が霞んじゃう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【光る苔】
紅葉が霞んじゃう。
5
【タテ谷上部】
色はもうひとつか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【タテ谷上部】
色はもうひとつか。
2
【もうすぐ鈴北】
青空が嬉しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【もうすぐ鈴北】
青空が嬉しい。
2
【タテ谷降下点】
道標が立派過ぎ。難路(廃道)か獣道くらいが合ってる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【タテ谷降下点】
道標が立派過ぎ。難路(廃道)か獣道くらいが合ってる。
2
【R306】
滋賀県側は通行止とのこと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【R306】
滋賀県側は通行止とのこと。
1
【鞍掛尾根】
烏帽子まで続いている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【鞍掛尾根】
烏帽子まで続いている。
1
【鈴ヶ岳】
かやくご飯。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【鈴ヶ岳】
かやくご飯。
1
【一本松】
鈴北の灯台だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【一本松】
鈴北の灯台だ。
3
【元池】
秋色一色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【元池】
秋色一色。
1
【黄金色の水】
青空がきれい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【黄金色の水】
青空がきれい。
1
【元池と丸山】
落ち着くなあ、このショット。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【元池と丸山】
落ち着くなあ、このショット。
4
【空が広い】
開拓地みたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【空が広い】
開拓地みたい。
3
【ガマズミ?】
赤い実がよく目立つ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ガマズミ?】
赤い実がよく目立つ。
1
【北池】
秋は初めてかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【北池】
秋は初めてかな。
2
【秋化粧】
いい色してる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【秋化粧】
いい色してる。
3
【紅葉一葉】
透過光線がきれい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【紅葉一葉】
透過光線がきれい。
1
【丸山山頂】
昼食中の人がいっぱい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【丸山山頂】
昼食中の人がいっぱい。
【名駅のタワー群?】
近くに感じる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【名駅のタワー群?】
近くに感じる。
2
【風池と天狗堂】
昼食は、風を避けてあそこで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【風池と天狗堂】
昼食は、風を避けてあそこで。
1
【風池】
ますます曲がってきたみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【風池】
ますます曲がってきたみたい。
4
【天狗の鼻】
ここにも大勢の人が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【天狗の鼻】
ここにも大勢の人が。
1
【ボタンブチ】
…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ボタンブチ】
…。
1
【T字尾根】
尾根はまだ青い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【T字尾根】
尾根はまだ青い。
2
【幸助の森】
崖の木は真っ赤。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【幸助の森】
崖の木は真っ赤。
2
【奥ノ平】
空はいつも青空。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【奥ノ平】
空はいつも青空。
2
【幸助の池】
黄葉が少しだけ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【幸助の池】
黄葉が少しだけ。
1
【青い池面】
黄色い葉が季節を語る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【青い池面】
黄色い葉が季節を語る。
2
【東池】
映すのは秋の空。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【東池】
映すのは秋の空。
2
【奥の池】
池の色が青過ぎ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【奥の池】
池の色が青過ぎ。
1
【青のドリーネ】
雪が積もったらまた来るね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【青のドリーネ】
雪が積もったらまた来るね。
1
【藤原三山】
赤いのはチラホラ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【藤原三山】
赤いのはチラホラ。
【奥ノ平】
山頂はキツネ色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【奥ノ平】
山頂はキツネ色。
【霊仙と伊吹山】
やっと見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【霊仙と伊吹山】
やっと見えた。
【シマリス】
九合目下にて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【シマリス】
九合目下にて。
3
【御池らしい看板】
見つけると嬉しくなる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【御池らしい看板】
見つけると嬉しくなる。
1
【幻の池】
つい立ち寄ってみたくなる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【幻の池】
つい立ち寄ってみたくなる。
3
【色は薄い】
紅葉は、まだほんのり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【色は薄い】
紅葉は、まだほんのり。
【長命水】
よく涸れないものだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【長命水】
よく涸れないものだ。
【こんなに下にも】
何匹いるんだろう?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【こんなに下にも】
何匹いるんだろう?
2
【周回完了】
タテ谷コースの入口に戻ってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【周回完了】
タテ谷コースの入口に戻ってきた。
1
【焼尾山】
紅葉にはちょっと早かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【焼尾山】
紅葉にはちょっと早かった。
2

感想/記録

竜ヶ岳の赤い羊が気になり、鈴鹿に戻ってきた。
まずは竜と思ったが、どうも冬型の気圧配置で風が強そう。
只でさえ風の強いあの山頂ではと、竜は次の日に行くことにする。
と言うわけで、鈴鹿のシーズンインは御池岳ということになった。
秋の御池と言えば、コースも自然と決まる。
前日の雨が心配だったが、登りに使えば問題ないだろうとタテ谷コースを選択。
その後、東のボタンブチから茶屋川の紅葉を眺めながらまったりしよう。
そんな風に考えながら御池に向かった。

タテ谷コースは荒れていた。
荒れているというよりコースが無くなっているという方が正解に近い。
わずかに残る色あせたテープが、そこがコースだったことを知らせてくれる。
前日の雨のせいで急斜面の壁土が滑る滑る。
やっぱり登りにしておいて良かったと思った。

タテ谷左岸尾根の台地は、いつものように静かだった。
時折ピーという音と共に鹿が逃げていく。
驚かせた事を詫びつつ、そのまま静寂空間に浸る。

鞍掛尾根に上がると、ガスが取れ青空が見えてきた。
しかし、風が強く冷たい。
振り返ると、霊仙も伊吹も雲の中。
こんな時は元池でまったりしよう。

鈴北岳は、さすがに風が強かった。
そそくさと通り過ぎ、元池へと急いだ。
元池は渋い秋の装いだった。
丸山を見ながらコーヒーをすする。
至福のひとときだ。
タテ谷といい、のんびりし過ぎた。
もう東のボタンブチは諦めよう。

そこからは、秋探しの池巡りとなった。
北池、風池は、それなりに秋の風情を醸し出していた。
その他の池は、あまり季節感のない表情だった。

御池は、紅葉にはまだちょっと早かった気がした。
中腹は緑色が目立っていた。
御池の秋はこれからが本番だ。
是非、いつになく赤い御池を見せて欲しいものだと思った。
 
訪問者数:276人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ