ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 996321 全員に公開 講習/トレーニング京都・北摂

【アイゼントレ】金毘羅山Y懸尾根

日程 2016年10月30日(日) [日帰り]
メンバー tentyosamoazakki, その他メンバー7人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
寂光院駐車場に駐車 300円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間51分
休憩
1時間40分
合計
6時間31分
Sスタート地点08:3212:21ロッククライミングゲレンデ14:0115:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

準備中
2016年10月30日 09:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
準備中
1
1ピッチ目で登り降りの練習
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1ピッチ目で登り降りの練習
1
2ピッチ目
2016年10月30日 10:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2ピッチ目
1
続々と登る
2016年10月30日 10:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続々と登る
3ピッチ目ノーザイルで
2016年10月30日 10:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3ピッチ目ノーザイルで
4ピッチ目出だしのクラックがちょいむず
2016年10月30日 10:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4ピッチ目出だしのクラックがちょいむず
セカンド確保をするA島さん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
セカンド確保をするA島さん
5ピッチ目 出だしのちょいむず部分を登ったところ
2016年10月30日 11:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5ピッチ目 出だしのちょいむず部分を登ったところ
いい眺め
2016年10月30日 11:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい眺め
大原の街並みがいい感じ
2016年10月30日 12:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大原の街並みがいい感じ
1
ラストピッチ ノーザイルで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラストピッチ ノーザイルで
1
Y懸の頭でお昼ごはん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Y懸の頭でお昼ごはん
1
懸垂下降の支点
固定分散で
2016年10月30日 12:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
懸垂下降の支点
固定分散で
みんなで懸垂下降
2016年10月30日 13:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みんなで懸垂下降
下山中
2016年10月30日 14:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山中
河原で宴会!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河原で宴会!
1

感想/記録
by samoa

あちらこちらから初冠雪の便りが届き、冬が少しずつ近づく今日この頃。
いよいよ冬山に向けての足慣らしということで、お馴染み金毘羅山でアイゼントレへ。

朝は少しどたばたしながらO崎さんを拾って寂光院の駐車場へ。
少し遅れて他のひとたちもやってくる。総勢9人、なかなかにぎやかだ。
穏やかな朝陽の中、長閑な大原を横目に登山口へ。

神社前のトイレで登はん具を着けて、Y懸尾根取りつきへ。久々の冬山用の靴は意外とずしりとくる。
取りつきでアイゼンをつけて、最初のピッチにザイルをフィックスして登下降の練習。

アイゼンでの登はんは久々だったが、思いの外快適。持ってきたバイルも岩に引っかけて感触を確かめてみたりする。

一通り練習して、次のピッチもザイルを出して登り、その後はしばらくノンザイルで歩きを交えながら上を目指す。
岩にはところどころアイゼンの後がついており、トレーニングのメッカであることを感じさせる。

次にザイルを出すのは登り出しチムニー状になっているピッチ。出だしだけ少しコツがいるが、まあこんなもんか程度。

続くピッチも出だしが少し難しいが、少し高いところにあるガバを探し当てれば楽勝。

振り返れば大原の町並を望むことができる。この風景は何度見てもいい。
暑さすら感じる天気の中、最後のピッチをノーザイルで登り、Y懸尾根の頭へ。ここで昼飯を頬張り、少し休憩。

さて、少し休んだあとは懸垂下降の練習。
支点の取り方は最近の時勢に乗って固定分散で取る。

懸垂自体も、この前よろぐろで見たバックアップなを下降器よりも下で取る方法を試してみる。

確かにバックアップを下の手側に持ってくることで、下ろし損ねによりテンションがかかってしまうことは少なそうだし、両手が下の手になり、制動もゆっくりで安全そうだ。

登り返しも試したりしてみていろいろ、研究してみる。いつもの懸垂練習より有意義な時間だった。

そんなこんなで、練習を終え、アイゼンをつけたまましたまで降りて、登山道の終わりでアイゼンを外して終了。

あとは駐車場まで戻るだけかと思いきや最近密かにブームとなっているむかごを発見!
夢中になって採りまくる。まさに収穫の秋。

山行が終わってからは出町柳に戻り、商店街でつまみや酒を買って鴨川でプチ宴会して、さらにたる八で本腰をいれて飲む。
ディープで笑いの絶えない夜は更けていく。

さて、今年の冬はどこへいこうか...
訪問者数:83人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ