ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 996679 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走御在所・鎌ヶ岳

入道ヶ岳(宮妻新道〜イワクラ尾根〜水沢岳。伊勢湾展望の頂へ)

日程 2016年11月02日(水) [日帰り]
メンバー che
天候曇り のち 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
 東名阪四日市インターから30分程度。

 宮妻峡駐車場を無料で利用。宮妻峡駐車場のさらに上部の林道終点にも駐車場有り。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間44分
休憩
41分
合計
5時間25分
S宮妻峡駐車場08:3310:00北の頭10:1010:17入道ヶ岳10:3210:39奥宮11:15重ね岩11:21仏岩11:48イワクラ尾根分岐12:07水沢峠12:29水沢岳12:4012:53水沢峠12:5813:28水沢峠登山口13:58宮妻峡駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 宮妻峡駐車場付近、宮妻新道登山口ともに登山ポスト見当たらず。林道上部のゲートにも登山ポストは見当たらなかった。

 トイレは宮妻峡キャンプ場のバンガローエリアにあるようだが、利用してよいかわからない。

宮妻峡駐車場〜入道ヶ岳

 登山口すぐに渡渉あり。けっこう深くロープを使って渡るポイントもあり。序盤は急登で足元はゴロ石から土質に変わる。北の頭手前から笹野原。

入道ヶ岳〜水沢岳

 イワクラ尾根は何度もアップダウンを繰り返す。急登、岩場、痩せている部分、ロープのついている場所、両手両足で登る場所あり。県境尾根に合流してからは急登は少なくなるが、ざれて切れ落ちている部分があった。水沢峠から水沢岳は急登。ざれの急登もあり。

水沢岳〜宮妻峡駐車場

 水沢岳からの下りにざれの急な部分あり。めちゃくちゃ滑りやすい。水沢峠からの下りは、序盤は河原のような場所の急な下り。浮石が多く滑りやすい。赤テープの目印がわかりにくい部分もある。中盤は樹林帯の土質の道で平行移動が多い。後半は林道歩き。
その他周辺情報 片岡温泉アクアイグニスを利用。入浴料600円。レストラン、カフェ、スイーツショップ、お土産売り場、宿泊施設あり。宮妻峡キャンプ場駐車場から20分程度。

写真

宮妻峡駐車場。
2016年11月02日 08:33撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮妻峡駐車場。
1
最初の渡渉。ここは楽々通過。
2016年11月02日 08:36撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の渡渉。ここは楽々通過。
1
次の渡渉。沢でなくほぼ川。ロープにつかまり飛び石で通過。
2016年11月02日 08:38撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の渡渉。沢でなくほぼ川。ロープにつかまり飛び石で通過。
3
序盤は急登。
2016年11月02日 08:41撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
序盤は急登。
ロープのついている場所もあった。
2016年11月02日 08:52撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープのついている場所もあった。
1
びっしりきのこ。
2016年11月02日 09:05撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
びっしりきのこ。
1
低木のトンネルを抜けていく。
2016年11月02日 09:07撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
低木のトンネルを抜けていく。
これ、もしかして熊の爪痕?
2016年11月02日 09:27撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これ、もしかして熊の爪痕?
2
トリカブト。
2016年11月02日 09:30撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリカブト。
これは、さっきの爪痕の主のもの? 登山道に点々と落ちていた。
2016年11月02日 09:43撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは、さっきの爪痕の主のもの? 登山道に点々と落ちていた。
2
上部は気持ちの良い笹野原。
2016年11月02日 09:49撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部は気持ちの良い笹野原。
3
笹野原から御在所方面のパノラマ。
2016年11月02日 09:54撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹野原から御在所方面のパノラマ。
1
北の頭。
2016年11月02日 10:00撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北の頭。
1
北の頭から入道ヶ岳。
2016年11月02日 10:11撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北の頭から入道ヶ岳。
1
入道ヶ岳山頂。入道ヶ岳は椿大神社の御神体。
2016年11月02日 10:30撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入道ヶ岳山頂。入道ヶ岳は椿大神社の御神体。
4
入道ヶ岳から、パノラマその1。
2016年11月02日 10:18撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入道ヶ岳から、パノラマその1。
2
入道ヶ岳から、パノラマその2。
2016年11月02日 10:19撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入道ヶ岳から、パノラマその2。
入道ヶ岳から、鎌ヶ岳、御在所。
2016年11月02日 10:22撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入道ヶ岳から、鎌ヶ岳、御在所。
1
入道ヶ岳から、雲母峰と濃尾平野。
2016年11月02日 10:23撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入道ヶ岳から、雲母峰と濃尾平野。
入道ヶ岳から、木曽三川河口と四日市市街地。
2016年11月02日 10:23撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入道ヶ岳から、木曽三川河口と四日市市街地。
1
入道ヶ岳から、伊勢志摩方面。
2016年11月02日 10:24撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入道ヶ岳から、伊勢志摩方面。
入道ヶ岳から、野登山、仙ヶ岳。
2016年11月02日 10:24撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入道ヶ岳から、野登山、仙ヶ岳。
入道ヶ岳から、名古屋中心部。
2016年11月02日 10:25撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入道ヶ岳から、名古屋中心部。
入道ヶ岳から、四日市コンビナート。
2016年11月02日 10:26撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入道ヶ岳から、四日市コンビナート。
1
イワクラ尾根へGO。
2016年11月02日 10:32撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワクラ尾根へGO。
椿大神社奥宮。
2016年11月02日 10:39撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
椿大神社奥宮。
3
イワクラ尾根は痩せている部分がけっこうあった。
2016年11月02日 10:48撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワクラ尾根は痩せている部分がけっこうあった。
1
ロープのついている急登もあり。
2016年11月02日 10:54撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープのついている急登もあり。
きのこに癒され・・・
2016年11月02日 11:04撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きのこに癒され・・・
1
紅葉に癒され、がんばって登る。
2016年11月02日 11:10撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉に癒され、がんばって登る。
1
重ね岩。人工物のような巨岩。
2016年11月02日 11:15撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
重ね岩。人工物のような巨岩。
2
今にも転げ落ちそうな岩もあった。
2016年11月02日 11:16撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今にも転げ落ちそうな岩もあった。
1
仏岩。仏の磐座とも。イワクラ尾根の由来は「磐座」からきているとのこと。
2016年11月02日 11:21撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仏岩。仏の磐座とも。イワクラ尾根の由来は「磐座」からきているとのこと。
4
登山道は大きな岩を越えていく。
2016年11月02日 11:34撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は大きな岩を越えていく。
1
県境尾根合流。
2016年11月02日 11:48撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境尾根合流。
大きく崩壊している場所の際を歩く。
2016年11月02日 11:54撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きく崩壊している場所の際を歩く。
1
水沢岳。
2016年11月02日 11:55撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水沢岳。
水沢峠。
2016年11月02日 12:07撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水沢峠。
県境尾根の紅葉はいい感じ。
2016年11月02日 12:23撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境尾根の紅葉はいい感じ。
1
水沢岳。「すいざわだけ」と呼ぶ。
2016年11月02日 12:29撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水沢岳。「すいざわだけ」と呼ぶ。
1
水沢岳から雲母峰。
2016年11月02日 12:35撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水沢岳から雲母峰。
1
来た道のパノラマ。奥が入道ヶ岳。
2016年11月02日 12:44撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道のパノラマ。奥が入道ヶ岳。
1
このザレ場。登り下りも苦労した。ちなみに右側は切れ落ちてる。
2016年11月02日 12:45撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このザレ場。登り下りも苦労した。ちなみに右側は切れ落ちてる。
1
ユキノシタ。
2016年11月02日 13:02撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユキノシタ。
1
水沢峠からの下り。序盤は河原のような急坂。
2016年11月02日 13:04撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水沢峠からの下り。序盤は河原のような急坂。
2
後半は長い林道歩き。
2016年11月02日 13:31撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後半は長い林道歩き。
1
撮影機材:

感想/記録
by che

 鈴鹿セブンマウンテンである入道ヶ岳へ登ってきた。

 今日は入道ヶ岳からイワクラ尾根を経て水沢岳へ向かう。装備を整え登山届を出そうと登山ポストを探すが見当たらない。駐車場付近や登山口入り口の小屋周辺も探したが見当たらず、少し不安だけど届け出なしで入山する。宮妻新道には登山ポストはないのだろうか?

 まずは入道ヶ岳を目指す。登山口すぐに渡渉。一つ目の渡渉ポイントはそれほどでもなかったが、二つ目の渡渉ポイントはけっこうな水量で深く、流れも早い。渡渉ポイントには飛び石のような岩の上部にロープが張られていてそれを使って渡ったが、滑り落ちたら膝下までびしょ濡れになりそうで怖かった。
 渡渉して樹林帯へ入る。序盤は急登。しかも足元は石がゴロゴロしていて滑りやすいので登りにくい。たまにロープが着いている急登もある。気温は一桁だけど汗が噴き出す。ときどき木々の間から望む御在所岳や伊勢湾の眺めに癒されながら登る。
 急登は30分程度でひと段落。その後は緩急つけて登っていく。樹林帯は北の頭手前から笹野原になった。展望も開け、鎌ヶ岳や御在所岳、雲母峰、伊勢湾がきれいに見える。展望は北の頭まで登るとさらに開け、ほぼ360度の展望になった。これから向かう入道ヶ岳の山頂もよく見え、頂に立つ鳥居も良く見えた。
 北の頭から入道ヶ岳はあっという間。入道ヶ岳山頂は大きな広場で360度の眺めだった。御在所岳、鎌ヶ岳の鈴鹿の峰々、伊勢湾は志摩半島から木曽三川河口まで見え、遠く御嶽山まで眺めることが出来る。曇ってはいるが、名古屋駅の高層ビル群、長嶋スパーランド、四日市コンビナート、セントレア、伊勢湾を航行する船もよく見えた。

 入道ヶ岳の展望で一息いれ、イワクラ尾根に向かう。入道ヶ岳からいったん下り、小岐須方面の分岐のある笹野原の先から樹林帯に入る。樹林帯に入りすぐ、登山道から少しそれた場所に、椿大神社の奥宮があった。社の由来には椿大神社は伊勢の国一之宮で、11月には例大祭があることなどが書いてあった。
 樹林帯の登山道はアップダウンを繰り返す。痩せている部分も多々あり、両手両足を使わないと登れないような段差の部分や、ロープを使って登る場所もあった。距離もそこそこあり、アップダウンも急なので体力が削られていく。重ね岩や仏の座などの御在所らしい奇岩や、ときどき木々から見える鎌ヶ岳などの眺め、紅葉などに元気をもらいながら進む。派手なアップダウンも県境尾根の合流まで。大きな崩壊地のぎりぎりを歩き、水沢峠まで下る。

 水沢峠から水沢岳へはまた急登。さらに道も若干荒れていて、滑りやすい。特に途中にあるザレ場がやばかった。ざれざれなうえに片側が崖になっていて、うっかり滑ったら滑落してしまいそうだ。ゆっくりゆっくり登る。下りが怖い。ザレ場を登りきりもうひと登り。水沢岳に到着する。水沢岳からは雲母峰は良く見えたが、すぐ隣の鎌ヶ岳は木に阻まれて見えなかった。

 水沢岳を下り水沢峠から直で宮妻峡キャンプ場に下ることにする。水沢岳の急な下りを転がるように下る。例のザレ場は慎重に、ゆっくりゆっくり通過。ここがやっぱり一番怖った。下り切った水沢峠からさらに下る。序盤は浮石の多い河原のような道。浮石の上に岩から染み出る水でぬかるんでいて滑りやすい。何度か沢筋を渡るが、ときどき赤テープがわかりづらい場所もあり、足を止めて確認しながら下る。河原のような道はいつしか樹林帯の中へ。樹林帯ゾーンは平行移動が多く、なかなか高度が下がらない。さらに進み登山道は林道に合流。長い林道歩きを経て、宮妻峡キャンプ場の駐車場に下山となった。

 今回の山行、登り始めてすぐ曇ってきたので展望が心配だったが、雲が日差しを遮り海の一部分を照らし神秘的に見え、快晴時より良かった。イワクラ尾根から水沢岳への道は思ったよりハードだった。特に水沢岳への斜面は上り下りともにきつかったが、下りてきてみると達成感があってよかった。
 それとこのエリア、熊がいるのだろうか? 鈴鹿はあまり熊のイメージがないが、写真にある木の爪痕のようなものや糞は、他の野生動物だろうか? 山ならどこでも注意しなくてはならないなと改めて思った。
訪問者数:164人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/9/30
投稿数: 1145
2016/11/6 7:21
 水沢岳への登り下りお疲れ様でした
こんにちはー
入道ヶ岳に登りイワクラ尾根に回るルートは私も意外と好きです。ちょっとM系かなぁ(笑)。
水沢岳への激坂はホント足にきますね。しかもそれを下山されたんですか、お疲れ様です。疲れついでに鎌にも寄られても良かったのでは(笑)。
che
登録日: 2012/6/25
投稿数: 39
2016/11/7 14:57
 Re: 水沢岳への登り下りお疲れ様でした
こんにちは。
ほんとは鎌経由予定だったのですが、暗くなる前に帰宅したかったのと、水沢の坂でやめました(笑)
木の削り跡の写真、見てもらえました? 本文にも書きましたが鈴鹿って熊のイメージがないのですが、このあたりも生息してるんですかね?

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ