ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 996885 全員に公開 ハイキング甲信越

ブナ林求めて粟ヶ岳

日程 2016年10月30日(日) [日帰り]
メンバー timothy
天候概ね晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
北五百川登山口駐車場に停めました
きれいなバイオトイレあります
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間31分
休憩
30分
合計
6時間1分
S粟ヶ岳登山口06:3906:56猿飛滝08:05薬師奥の院08:27天狗の水場08:3009:15午の背09:1809:48粟ヶ岳10:0610:29午の背10:3411:15天狗の水場11:36薬師奥の院11:3712:24猿飛滝12:40粟ヶ岳登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
粘土状の滑りやすい箇所多し
雨の日はいやだなあ
その他周辺情報登山口から集落までは至近距離ですがコンビニなどの店舗はありません

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト カメラ

写真

駐車場からしばらく林道を歩いてくると趣のある標識に案内される
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場からしばらく林道を歩いてくると趣のある標識に案内される
ブナ林エリアに上がってきました
残念ながら紅葉にはちと早かったようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林エリアに上がってきました
残念ながら紅葉にはちと早かったようです
でもなかなかの規模
きっと新緑の季節も美しいに違いない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でもなかなかの規模
きっと新緑の季節も美しいに違いない
2
尾根に出てしばらく進めば展望が開けた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出てしばらく進めば展望が開けた
3
この辺まで上がってくると結構色づいています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺まで上がってくると結構色づいています
4
ゴールが見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴールが見えた
1
到着
鐘を2回鳴らした
山頂はじっとしているとかなり寒いので早々に退散です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着
鐘を2回鳴らした
山頂はじっとしているとかなり寒いので早々に退散です
1
何とか写真に収めることができた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか写真に収めることができた
3
いい感じに日が当たってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい感じに日が当たってきた
1
ここが一番滑りやすかった
えぐれている、掴まる枝もない
落ち葉が唯一の滑り止めでした
登りの時は写真を撮る余裕なんてとてもじゃないがなかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが一番滑りやすかった
えぐれている、掴まる枝もない
落ち葉が唯一の滑り止めでした
登りの時は写真を撮る余裕なんてとてもじゃないがなかった
絶え間なく滴り落ちる
苔も生き生き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶え間なく滴り落ちる
苔も生き生き
1
戻ってきました車道の左にあるのがバイオトイレ
1Fが処理槽になっています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻ってきました車道の左にあるのがバイオトイレ
1Fが処理槽になっています
用を足してふと見上げると・・・
トイレの天井付近に何かいっぱいいる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
用を足してふと見上げると・・・
トイレの天井付近に何かいっぱいいる
カメムシ!?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カメムシ!?
1

感想/記録

ブナ林の紅葉が見たくなりました
となるとやはり新潟県
どこにしようか悩んだ末に選んだのが粟ヶ岳
勇んでやってきたものの残念ながらちと早かったようです、残念

それでも粘土質で滑りやすい(新潟県って粘土質の山が割と多い?)道を上ればブナ林に続いて好展望の尾根道
山頂からの眺めも360°遮るものがない素晴らしいものでした
もう少し暖かければゆっくりできたんでしょうが
今度は新緑の頃に訪れてみたいです
訪問者数:111人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 紅葉 ブナ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ