ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 997052 全員に公開 トレイルラン甲斐駒・北岳

甲斐駒(黒戸尾根〜日向八丁尾根)TTのはずが雪山ハイクに!

日程 2016年11月02日(水) [日帰り]
メンバー at_kazu
天候くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
市営無料駐車場を利用(トイレあり)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち40%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
黒戸尾根は一般ルートで問題なし
日向八丁尾根はバリエーションルート。コースはVRにしてはわかりやすいが、一部不明瞭個所もある。また岩場や急傾斜もあるので経験者向き。

写真

竹宇駒ヶ岳神社でお参りしてスタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竹宇駒ヶ岳神社でお参りしてスタート
凍り付いてる!
寒いわけです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凍り付いてる!
寒いわけです。
1
七条小屋を過ぎて雪が徐々に増えてくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七条小屋を過ぎて雪が徐々に増えてくる。
駒ヶ岳神社本社に到着。雪のため七条小屋からここまで想定以上に時間がかかった。鋸岳まで行くのは無理そう(泣)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳神社本社に到着。雪のため七条小屋からここまで想定以上に時間がかかった。鋸岳まで行くのは無理そう(泣)
1
山頂は誰もいない寂しい感じ。ガスのため景色は楽しめないし風もあってかなり寒いので、地図の確認と行動食だけ食べ次へ移動。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は誰もいない寂しい感じ。ガスのため景色は楽しめないし風もあってかなり寒いので、地図の確認と行動食だけ食べ次へ移動。
4
三ツ頭方向へ進む。稜線の信州側は雪が少ない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ頭方向へ進む。稜線の信州側は雪が少ない
山頂からしばらく降りると雲の下に出て視界が開ける。行きたかった鋸岳が見えてくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からしばらく降りると雲の下に出て視界が開ける。行きたかった鋸岳が見えてくる。
3
途中で下りてきたルートを振り返る。この稜線は破線扱いでそれなりに岩を楽しめる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で下りてきたルートを振り返る。この稜線は破線扱いでそれなりに岩を楽しめる。
仙丈ケ岳も山頂は雲の中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳も山頂は雲の中
ここは長野から山梨側へ常に強い風が吹くのだろうか。木がそのように語っている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは長野から山梨側へ常に強い風が吹くのだろうか。木がそのように語っている。
三ツ頭に到着。後ろの甲斐駒山頂は雲の中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ頭に到着。後ろの甲斐駒山頂は雲の中。
1
少し下りると三ツ頭分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下りると三ツ頭分岐。
紅葉したカラマツ林が美しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉したカラマツ林が美しい。
1
山梨の森林100選だそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山梨の森林100選だそうです。
視界が開けた場所に出た。街が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界が開けた場所に出た。街が見える。
黒戸尾根も見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒戸尾根も見える
1
紅葉がきれい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉がきれい
1
オベリスクが特徴の鳳凰三山が見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オベリスクが特徴の鳳凰三山が見えた
鞍掛山。奥の雲をかぶっているのが甲斐駒。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍掛山。奥の雲をかぶっているのが甲斐駒。
いたるところで紅葉が楽しめます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いたるところで紅葉が楽しめます
1
日向山への分岐。余力があれば日向山に行くつもりだったが、もう今日はパス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日向山への分岐。余力があれば日向山に行くつもりだったが、もう今日はパス。
錦滝でも見て帰ろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
錦滝でも見て帰ろう。
錦滝。迫力はないが美しい滝に癒されます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
錦滝。迫力はないが美しい滝に癒されます。
1
確かに日向山への分岐から錦滝までは急なところも多いわりに整備状態はいまいちでしたね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
確かに日向山への分岐から錦滝までは急なところも多いわりに整備状態はいまいちでしたね。
矢立石の日向山ハイキングコース入口。こっちはちゃんと整備されているようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢立石の日向山ハイキングコース入口。こっちはちゃんと整備されているようです。
戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻ってきました。

感想/記録

日本三大急登といわれる黒戸尾根にタイムトライアルしてみようと行ってみたが、この時期は雪に対する備えが必要なのに、うっかり忘れてました(汗)
七条小屋のテント場にいた女性から雪のため山頂はあきらめ戻ってきたと伺い、軽アイゼンぐらい持って来ればよかったと反省。
ただ鋸岳まで行くつもりでいたので、岩場のクライミング同様に3点保持をきちんとすればトレラン装備でも何とかなりました。ただ予想以上に時間がかかるのと、疲労も増すので、タイムトライアルどころではなかったです。また来年雪が解けたら再チャレンジしよう!
また日向八丁尾根もバリエーションルートとして楽しめたし、そこそこ岩稜地帯もあって楽しめたので、満足度は高かったです。紅葉も見ごろでした。
訪問者数:523人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/3/3
投稿数: 591
2016/11/4 4:40
 お疲れ様です
黒戸尾根お疲れ様でした。
トレランでご一緒した時に話題に上がってましたが、有言実行されたのですね。
カズさんにしてはタイムがゆっくり目?と思ったら雪山ではありませんか!
先週くらいから急に寒くなったから雪に対する備え忘れちゃいますよね。
これは致し方無いですね。

八ヶ岳も最近白くなったようですし3000m級はもうタイムアタック出来ない感じですね。
来年再チャレ頑張ってください‼
登録日: 2009/11/16
投稿数: 93
2016/11/4 10:50
 Re: お疲れ様です
kuutarouさん
ヘルニアが心配で様子見でしたが、10/30のハーフでも問題なかったことからチャレンジしてみました。
ただペースがイマイチなのは雪のせいもあるし、スタートしてしばらくは日の出前で寒く体がなかなか温まらずパフォーマンスが落ちていたせいもあると思います。
とりあえずヘルニアが完治したっぽいのと、バリエーションが楽しめたので、行って良かったです(^^)
来年、雪が解けたら再チャレンジしてみたいですね。
登録日: 2013/4/22
投稿数: 301
2016/11/4 15:19
 尾白の湯
登り口にほど近いところにある尾白の湯の入り口らへんで南アルプスの天然水が汲めるんですが、これがまあ美味い!

寄っていなかったら次回に是非
登録日: 2009/11/16
投稿数: 93
2016/11/4 21:37
 Re: 尾白の湯
あーそれは知らなかったので、次こそはうまい水を堪能しましょー(^^)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ