ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 997136 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大台ケ原・大杉谷・高見山

【思いつきのマイナールート】赤ゾレ山〜国見山〜明神平

日程 2016年11月03日(木) [日帰り]
メンバー Rikochankenjidatomoya_tako0827
天候くもくもの晴れ。稜線は強風で冷え冷え。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大又駐車場
無料
20台ほど
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間50分
休憩
40分
合計
5時間30分
S大又林道終点08:1210:03赤ゾレ山10:0410:27馬駈場辻10:55国見山11:0211:10ウシロ11:1111:25水無山11:39明神平12:0913:41大又林道終点13:4213:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
昼食は明神平。
コース状況/
危険箇所等
■登山ポスト
なし(逆周りの場合は林道終点に)

■トイレ
なし

■水場
明神平あせび小屋の下

■危険箇所
>駐車場〜赤ゾレ山までは一般的な登山道ではありません。
テープ、踏み跡はありますが、そればかり頼っているとおいらたちみたいにコース間違うかもよ。

>明神谷は渡渉あり。(たしか3ヶ所)
増水時注意。

■コース状況
>駐車場〜赤ゾレ山
取り付きは駐車場からすこし登ったところ、左手にある緑のカネの橋。標高差400メートルの急登を一気に詰める。
#途中で休憩できそうな平な場所がほとんどありません
テープ、踏み跡たよりに高度を上げていくが、マイナールートの割にはテープ、踏み跡ともにあちこちについていて、それがおいらたちを迷わせました。
踏み跡だけをたよりにしていると道を間違います。
植生は基本的に植林で自然林は少ない。
草はフイリスミレ、センボンヤリ、ツルリンドウ、キッコウハグマ。
赤ゾレ山は山標も何もなく、記念撮影には向かないが
高い木はなくて眺望はよい。

>赤ゾレ山〜明神平
ここから気持ち良い自然林の稜線歩き。
ブナ、リョウブ、どんぐりの木に囲まれて。
国見山への斜面はおびただしい数のカエデの木(ハウチワカエデ?)
ぜんぶ、葉が落ちてホウキになっていたのは残念。
国見山は名に反してあまり眺望なし。
国見山〜水無山間も引き続きあるき易い稜線歩き。
水無山の手前でちょっとしたアップダウンがあるが、先の
赤ゾレ山への急登にくらぶれば、ややこみたいなもの。
水無山から少し行けば、明神平が眼下に見えるので、そこを目指して急降。

登山道は北部台高縦走路として整備されているのでコース間違いの心配はない。赤ゾレ山から下りる尾根さえ間違わなければ。

>明神平〜駐車場
川に沿って、谷を降る。
自然林に囲まれて気持ち良い。
途中、三度ほどある渡渉は要注意箇所。
メジャールートでしっかりとした踏み跡があるので、道迷いの心配なし。
林道に出てきたらあとは駐車場にもどるだけですが、路面はいつみても濡れているのでスリップ注意。
#正面からきた仔犬連れを避けようとして、足を滑らしました…
その他周辺情報■温泉
やはた温泉@500
#クーポン使用で400円で入浴
湯は熱い。

装備

個人装備 Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コンパス ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 携帯 時計 タオル カメラ

写真

最初は明神谷経由で桧塚の予定でしたが、車中で急遽計画変更。
思いつきで赤ゾレ山を目指すことに!

地形図でみたとおりの急登で幕を開ける。
2016年11月03日 08:25撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は明神谷経由で桧塚の予定でしたが、車中で急遽計画変更。
思いつきで赤ゾレ山を目指すことに!

地形図でみたとおりの急登で幕を開ける。
3
急登がえらすぎて、センボンヤリの花穂や
キッコウハグマの花穂にカメラを向けて、
バテているのを隠しながら休憩する。
2016年11月03日 08:33撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登がえらすぎて、センボンヤリの花穂や
キッコウハグマの花穂にカメラを向けて、
バテているのを隠しながら休憩する。
1
急登がエライので、花も実も付けてないマツカゼソウですら被写体に。普段は見向きもしないのによ。
2016年11月03日 08:40撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登がエライので、花も実も付けてないマツカゼソウですら被写体に。普段は見向きもしないのによ。
3
みんなもすこしお疲れかえ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みんなもすこしお疲れかえ?
2
迷子中。。 北に詰めすぎました。このまま登っても稜線につくはずですが、ただしいルート探して、いったん来た道を戻るのです。
少し戻ったら東にトラバースする細いふみ跡があったので、そこから稜線へ。
2016年11月03日 09:25撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迷子中。。 北に詰めすぎました。このまま登っても稜線につくはずですが、ただしいルート探して、いったん来た道を戻るのです。
少し戻ったら東にトラバースする細いふみ跡があったので、そこから稜線へ。
4
稜線に出た頃から植生が植林から自然林に。少しだけ秋色
2016年11月03日 09:47撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出た頃から植生が植林から自然林に。少しだけ秋色
6
赤ゾレ山。
迷子時間も入れて約90分 急登を登り続けましたよ。
2016年11月03日 10:02撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤ゾレ山。
迷子時間も入れて約90分 急登を登り続けましたよ。
7
ときおり光が差し込むものの基本的に暑い雲が空を被ってました
2016年11月03日 10:04撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ときおり光が差し込むものの基本的に暑い雲が空を被ってました
1
ケンジさんの真似してフード被ってみましたが…
なんか違うね。あっ、首のあるなしか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケンジさんの真似してフード被ってみましたが…
なんか違うね。あっ、首のあるなしか。
12
いけ。
池とか滝とかなんかわからんけどとりあえず写真にとってしまうのはなんで?
2016年11月03日 10:13撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いけ。
池とか滝とかなんかわからんけどとりあえず写真にとってしまうのはなんで?
5
次は国見山を目指すのです。
2016年11月03日 10:20撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は国見山を目指すのです。
3
あぁ、きれいなぁ
2016年11月03日 10:37撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あぁ、きれいなぁ
13
すげー。
やけど葉がぜんぶ落ちてしまっているわ。
これ、紅かったらすごいやろうなぁ。
2016年11月03日 10:49撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すげー。
やけど葉がぜんぶ落ちてしまっているわ。
これ、紅かったらすごいやろうなぁ。
3
国見山にとうちゃく。

国見山
標高 1,419 m

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見山にとうちゃく。

国見山
標高 1,419 m

17
とおくに倶留尊山。
4日ほど前にRikochan、takoさんとのぼったとこや。
2016年11月03日 11:11撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とおくに倶留尊山。
4日ほど前にRikochan、takoさんとのぼったとこや。
2
国見山からあっという間に水無山。
水だけやなくてなにもないとこや。
水無山
標高 1,441 m
2016年11月03日 11:26撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見山からあっという間に水無山。
水だけやなくてなにもないとこや。
水無山
標高 1,441 m
2
ここまで来たら明神平まであとすこし。
2016年11月03日 11:28撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来たら明神平まであとすこし。
1
明神平がみえたよ。
秋色は微妙かな?
2016年11月03日 11:31撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神平がみえたよ。
秋色は微妙かな?
5
2人に入ってもらって
華やかに。

ここからの下りはめちゃ速かった。
ごはんの前とごはん食べた後のRikochanはいつもめちゃ速い。
2016年11月03日 11:32撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2人に入ってもらって
華やかに。

ここからの下りはめちゃ速かった。
ごはんの前とごはん食べた後のRikochanはいつもめちゃ速い。
9
明神平で昼食。
かぜがびゅーびゅーさぶかった。
下山前にあせび小屋。
2016年11月03日 12:29撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神平で昼食。
かぜがびゅーびゅーさぶかった。
下山前にあせび小屋。
7
明神谷のほうが秋が残っている感じ。
2016年11月03日 12:35撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神谷のほうが秋が残っている感じ。
8
今日イチの紅葉はこのあたりかなぁ。
2016年11月03日 12:42撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日イチの紅葉はこのあたりかなぁ。
21
一時間かからずに林道まで降りてきた。
林道のカエデが一番旬やったり。。
2016年11月03日 13:26撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一時間かからずに林道まで降りてきた。
林道のカエデが一番旬やったり。。
14
ヒヨドリジョウゴ?、マルバノホロシ
ちょっとだけ食べてみたけど、青くさくてまずい。ナス科は危険なやつがおるので、ほんとにちょっとだけ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒヨドリジョウゴ?、マルバノホロシ
ちょっとだけ食べてみたけど、青くさくてまずい。ナス科は危険なやつがおるので、ほんとにちょっとだけ。
6
山から降りたら青空でやんの。
おつかれさまでした。
2016年11月03日 13:27撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山から降りたら青空でやんの。
おつかれさまでした。
4

感想/記録

けんじさんからのお誘いで約一年ぶりの明神平。
いつものように、明神谷のピストンかと思っていたら、駐車場に向かう車内の中で、別のルートがあるという話になり、急遽赤ゾレ山経由に変更。
おいらはマイナールートも好きなので全然問題ありません。よう考えたらみんなでマイナールートを歩くのって初めてかも(稲村の宝剣は距離短いもんね)

地図見たら、赤ゾレ山へは2kmで400メートルほど一気に登らなあかんようや。急登を覚悟してとりつくと…
ほんまに心折れるほどの急登。
けんじさんも「北アルプスのほげほげの三大急登よりもきついわ」いうてはりました。

赤ゾレ山から見えるパノラマ展望は暑い雲が空を覆って、彩あざやかな紅葉は光が足らずいまいち。それでもときおり差し込む光に照らされた山肌は美しく。

国見山近くの斜面に生えるおびただしい数のカエデは
ぜんぶ葉が落ちてすっかり冬支度。これがぜんぶ色づいていたらすごいやろうなぁぁ、なんて思い耽ったり。

はじめての秋の明神平は風が冷たすぎて、秋を楽しむことなく、昼食だけ食べて退散。
ようやっとで秋を感じることができたのは明神谷。
やけど、稜線で冷えた身体をお風呂で温めたくて
駈けるように下山。

いろいろあって秋の明神を大満喫とはなリませんでしたねぇ。
でも歩いたことのないマイナールートは楽しかったですよ。ちょっとした探検家気分。
秋の明神平は別の機会にまたご一緒くださいな。
訪問者数:334人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/6/6
投稿数: 164
2016/11/5 19:51
 ありがとう💕
何だかルートじゃないみたい…
ん〜!何か変??と思いながらも、早く稜線に出たくて、ガンガン登っていたら
やっぱり💦💦もう少しでプチ遭難😰
tomoya君のナビのおかげで、無事に稜線に出ることができました。
ほんとにありがとうね🤗
時折、目に映る鮮やかな紅葉に、秋を感じながら…ちょっぴり探検気分で、お馴染みの明神平をいつもとは違う方向から眺めることができてとても楽しかったです💖
次回は、キラキラ霧氷の明神平に行きましょう❄✨

食前、食後は、俄然ハリキル??Rikochanでした…😅
登録日: 2013/9/26
投稿数: 74
2016/11/5 22:20
 え〜っ❗;^_^A
行きの車中でのルートの変更でえ〜っ❗いきなりの急登にえ〜っ❗道迷いでえ〜っ❗お昼ご飯時の寒さにえ〜っ❗言い出しっぺのkenjidaさんが帰って来て今日のコースは、もう行かん‼の一言にえ〜っ❗
え〜っ❗続きでしたが、楽しく歩けました。ありがとう(^_^)v
登録日: 2013/9/20
投稿数: 498
2016/11/6 8:48
 Rikochan💕
登る前に地図を確認+ダウンロードしといて役に立ちました。北部台高縦走路の稜線は素敵やったけど、あの急登はいただけないやつでしたね。
急登を避けて縦走路を歩くとなると三重から来ていたカップルさんのように伊勢辻山経由で七滝八壺のところに降りるしか… 
いやっ!のんびりトモヤには無理。
当分、台高の稜線はおあずけですな。
登録日: 2013/9/20
投稿数: 498
2016/11/6 8:49
 takoさん❗;^_^A
え〜っ❗
kenjidaさん、もういかんてかーっ❗
まぁ…明神谷の方が楽ちんやし、景色も良いし、歩き慣れてるし、あの急登には勝ち目はあれへんね。

次回明神平いくときはソリ大会ですかぁ!?
去年のソリ大破したんでまた新調せなあかないわ。
登録日: 2013/7/28
投稿数: 105
2016/11/7 22:23
 過去最強急登
赤ゾレから明神平へは高見山から歩いたことあるけど、大又から赤ゾレは未踏やったから歩いてみたかったのですけどね
この急登はマイッタ!
もう歩かへんで!
赤ゾレから明神平の道中は紅葉あったしなかなかよかったね〜
次の秋探求ツアーはどこ行きましょかね^ ^
登録日: 2013/9/20
投稿数: 498
2016/11/8 12:51
 kenjidaさん
え〜っ❗
やっぱり(^_^;)もう歩きませんよね
でも赤ゾレから明神平の稜線は自然林に囲まれてサイコーでした。
今度は明神平から笹が峰?の稜線も歩いてみたいです。きっとなかなか良いと思うんやけど。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ