ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 997365 全員に公開 ハイキング京都・北摂

京都南部 JR奈良線、玉水駅から玉川周辺の低山(標高点)を巡る

日程 2016年11月03日(木) [日帰り]
メンバー yjin
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
行き帰り供
地下鉄市役所前駅から六地蔵駅
JR六地蔵駅から玉水駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間57分
休憩
0分
合計
6時間57分
Sスタート地点07:2408:34P324三角点10:40有王山11:41山吹山14:00小町塚14:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
尾根道は問題なく歩ける。最後のP221に向かった途端、道は無くなった。その後、電波塔近くまで1時間はほぼ藪漕ぎとなり辛かった。

写真

今日はJR玉水駅から出発する。京都南部を歩くももう三回目となる。前の駅山城多賀も次の駅棚倉も歩いたがここはまだ空白となっていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はJR玉水駅から出発する。京都南部を歩くももう三回目となる。前の駅山城多賀も次の駅棚倉も歩いたがここはまだ空白となっていた。
ついでに回れるところは回ってみよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついでに回れるところは回ってみよう。
山に向かう途中、木津川堤防辺りが煙に覆われている。この辺は何故か堤防の草刈りの後火を付けて燃やすからそれなんだろうな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山に向かう途中、木津川堤防辺りが煙に覆われている。この辺は何故か堤防の草刈りの後火を付けて燃やすからそれなんだろうな?
1
歩道沿いの案内標識。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩道沿いの案内標識。
歩道には柱跡の印が続いていた。発掘調査で出てきたのだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩道には柱跡の印が続いていた。発掘調査で出てきたのだろう。
説明板に依ると矢張りそうだったか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
説明板に依ると矢張りそうだったか。
いつの間にか城陽から木津にいたる山背古道を歩いていた。これは山の頂上が進行方向になる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつの間にか城陽から木津にいたる山背古道を歩いていた。これは山の頂上が進行方向になる。
1
あちゃー小町塚は見落とした。帰りに時間があれば寄ってみよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちゃー小町塚は見落とした。帰りに時間があれば寄ってみよう。
山道を行くと地形図通りの尾根に道があった。ここを登って行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道を行くと地形図通りの尾根に道があった。ここを登って行く。
意外に歩き易い道だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
意外に歩き易い道だった。
1
今日一本目の高圧線の鉄塔。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日一本目の高圧線の鉄塔。
地形図とは位置が少し違うがはっきりした踏み跡がある。ここに至る途中で地元の人と話をした。昔は良く行ったが今は道はどうだろうと言う事だったが十分すぎる道跡だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形図とは位置が少し違うがはっきりした踏み跡がある。ここに至る途中で地元の人と話をした。昔は良く行ったが今は道はどうだろうと言う事だったが十分すぎる道跡だ。
二本目の鉄塔を通過する。千振がありそうなので探したが見つからなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二本目の鉄塔を通過する。千振がありそうなので探したが見つからなかった。
鉄塔の上側から伏見の街を越え愛宕山が望める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔の上側から伏見の街を越え愛宕山が望める。
登り切ると平坦になる。ここから三角点に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切ると平坦になる。ここから三角点に向かう。
ショートカットし道の無い所を登り切ると三角点辺りに付いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショートカットし道の無い所を登り切ると三角点辺りに付いた。
シダの中に四等三角点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シダの中に四等三角点。
1
ここは大山と言うらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは大山と言うらしい。
最短距離を取らなければここから登ってきたはず。こちらに向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最短距離を取らなければここから登ってきたはず。こちらに向かう。
その先はやがて尾根道となった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先はやがて尾根道となった。
P353手前辺り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P353手前辺り。
P353辺りを望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P353辺りを望む。
特に何も標識は無い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
特に何も標識は無い。
目印になるとすればこの西と刻まれた石柱くらいか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目印になるとすればこの西と刻まれた石柱くらいか。
昔は盛んに山仕事をしていたのだろう。道には古びたワイヤーが埋もれていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔は盛んに山仕事をしていたのだろう。道には古びたワイヤーが埋もれていた。
印と言えばせいぜいこんなテープくらいか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
印と言えばせいぜいこんなテープくらいか。
尾根にはそれなりにテープが続いている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根にはそれなりにテープが続いている
思惑と違いどんどん標高が下がるP373と違う尾根に入った様だ。引き返そう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思惑と違いどんどん標高が下がるP373と違う尾根に入った様だ。引き返そう。
P373ピーク辺り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P373ピーク辺り。
ここにも何の印も無かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも何の印も無かった。
林道に降りて来た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に降りて来た。
こちらは万灯呂山に向かう方向。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは万灯呂山に向かう方向。
こちらは有王へ向かう方向。丁度峠状の所に降りてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは有王へ向かう方向。丁度峠状の所に降りてきた。
道端の看板。こんな所が国有林なんだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道端の看板。こんな所が国有林なんだ。
道端に咲いていた花。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道端に咲いていた花。
有王。和束に続く道路に出てきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有王。和束に続く道路に出てきた。
旧有王分校。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧有王分校。
ここは右に入り有王山へ向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは右に入り有王山へ向かう。
田んぼの稲。稲刈りの後、再び穂が出たのか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田んぼの稲。稲刈りの後、再び穂が出たのか。
道端の花、未だ露に濡れたままだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道端の花、未だ露に濡れたままだ。
有王山を巻く道路に神社入り口がある。ここを利用しよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有王山を巻く道路に神社入り口がある。ここを利用しよう。
今日念願の花。この辺でやっと千振を見つけた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日念願の花。この辺でやっと千振を見つけた。
蕾が多い。まだこれから咲くのだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蕾が多い。まだこれから咲くのだ。
1
近いと思った神社はなかなか見えない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近いと思った神社はなかなか見えない。
反対側の社は鳥居が壊れたままだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側の社は鳥居が壊れたままだった。
神社から更に上に向かってらくなんトレイルが続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社から更に上に向かってらくなんトレイルが続く。
山頂の風景。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の風景。
そのまま尾根を進むと道路に出た。有王と平ヶ谷・山城森林公園を結ぶ道路。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのまま尾根を進むと道路に出た。有王と平ヶ谷・山城森林公園を結ぶ道路。
出たところは一番標高が高い峠状の所だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出たところは一番標高が高い峠状の所だった。
今日のルートで一番標高の高いP408に向かうと何と林道が出来ている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のルートで一番標高の高いP408に向かうと何と林道が出来ている。
このピークも何も無かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このピークも何も無かった。
この辺りにもナツハゼがあった。食べ頃だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りにもナツハゼがあった。食べ頃だった。
道路が大きくカーブする所が左岸尾根の入り口となる。ここにも右方向に新しい林道が出来ていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路が大きくカーブする所が左岸尾根の入り口となる。ここにも右方向に新しい林道が出来ていた。
尾根を進むと右下にかなり広い林道が続いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を進むと右下にかなり広い林道が続いていた。
こちら側の尾根にも鉄塔が有る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちら側の尾根にも鉄塔が有る。
鉄塔を過ぎ、登り詰めると三角点付近に着く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔を過ぎ、登り詰めると三角点付近に着く。
三角点。点名は山吹と言う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点。点名は山吹と言う。
1
更に尾根を進むと左手にも林道が出来ていた。林道には車も停まり近くで数台のチェーンソーの音がしていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に尾根を進むと左手にも林道が出来ていた。林道には車も停まり近くで数台のチェーンソーの音がしていた。
尾根にも伐採された木が転がっていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根にも伐採された木が転がっていた。
P378辺り。ここも何も無い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P378辺り。ここも何も無い。
採石場の上辺り。この辺一帯には昔から亀裂の様な物が出来ている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
採石場の上辺り。この辺一帯には昔から亀裂の様な物が出来ている。
この尾根で一番岩がゴロゴロしている場所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この尾根で一番岩がゴロゴロしている場所。
分岐に着いてさてどうしたものかと思案していると丁寧にこんなものがあった。随分助かる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐に着いてさてどうしたものかと思案していると丁寧にこんなものがあった。随分助かる。
P221への尾根を間違え先に進んだ。印刷した地形図とGPSを照合した結果、引き返して多分ここだと思う尾根に入った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P221への尾根を間違え先に進んだ。印刷した地形図とGPSを照合した結果、引き返して多分ここだと思う尾根に入った。
灌木がうるさい尾根で四苦八苦しながら進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灌木がうるさい尾根で四苦八苦しながら進む。
こんな所を誰が歩くんだ?地図をよく見ると尾根が違う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな所を誰が歩くんだ?地図をよく見ると尾根が違う。
何故かトラバースする道は獣道ながら歩き易い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何故かトラバースする道は獣道ながら歩き易い。
P221手前。石柱もありそれなりに歩かれている様に思える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P221手前。石柱もありそれなりに歩かれている様に思える。
P221ピーク。何か立っている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P221ピーク。何か立っている。
この看板だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この看板だった。
尾根は歩きにくい。谷に降りてみる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根は歩きにくい。谷に降りてみる。
谷は広くて歩き易かったが、水が出てくると行き詰まってしまった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷は広くて歩き易かったが、水が出てくると行き詰まってしまった。
再び尾根に出ると見晴らしは良かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び尾根に出ると見晴らしは良かった。
しかしそこからが酷かった。枯れ木が邪魔して歩きにくい事この上ない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかしそこからが酷かった。枯れ木が邪魔して歩きにくい事この上ない。
多分猪だろう足跡を辿って降りて行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多分猪だろう足跡を辿って降りて行く。
谷近くに降りてきた。感じが良いがあと少しがなかなか大変だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷近くに降りてきた。感じが良いがあと少しがなかなか大変だった。
谷に降りて一番大きな堰堤に着いた。際に階段がありそれを利用して堰堤を乗り越える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷に降りて一番大きな堰堤に着いた。際に階段がありそれを利用して堰堤を乗り越える。
堰堤近くに、ほぼ年中咲いている躑躅が咲いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤近くに、ほぼ年中咲いている躑躅が咲いていた。
堰堤を越えるとこんな看板がありここからはちぇんとした道があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤を越えるとこんな看板がありここからはちぇんとした道があった。
この電波塔に出てきた。ここからは舗装道路を歩けた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この電波塔に出てきた。ここからは舗装道路を歩けた。
橘諸兄公の案内があり入って行くと火山灰層と書かれてあった。これは知らなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橘諸兄公の案内があり入って行くと火山灰層と書かれてあった。これは知らなかった。
回り込むと火山灰層の断面が見事だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
回り込むと火山灰層の断面が見事だった。
ピークへ登って行くと史跡となっていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークへ登って行くと史跡となっていた。
駅に向かう途中玉川を眺める。春なら桜が綺麗なんだが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅に向かう途中玉川を眺める。春なら桜が綺麗なんだが。
時間が有ったので小町塚を見に行く。人家の脇にあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間が有ったので小町塚を見に行く。人家の脇にあった。
これによると小町の墓は全国にあるらしい。どれが本物なんだろうか?後は様なものとか、もどきとかだろうね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これによると小町の墓は全国にあるらしい。どれが本物なんだろうか?後は様なものとか、もどきとかだろうね。
回ってきた山々を見る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
回ってきた山々を見る。
ついでに道端の四等三角点の探してみた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついでに道端の四等三角点の探してみた。
1
ここに三角点があった。朝は全く知らなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここに三角点があった。朝は全く知らなかった。
駅近くの玉川。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅近くの玉川。

感想/記録
by yjin

京都南部の山を歩いたが、玉水駅辺りが空白となっていた。長らく辺りを歩いて無いので久し振りに行ってみようと思った。そんなに距離も長くないので余裕を持って回れると思っていた。

最後の道無き尾根を除けば特に難しいところは無かった。しかし最後は大変だった。小さな尾根の連続で方向はころころ変わる、何処へ降りるかさっぱりわからなかった。降り着いた谷も道らしき物が無くサルトリイバラなどでひっかき傷を作りながら歩くのはかなり辛かった。低山は低山なりに難しさを感じた一日だった。
訪問者数:80人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ