ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 997440 全員に公開 ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

エメラルドグリーンに染まる宮川を目当てに大杉谷(第3発電所~七ツ釜滝ピストン)

日程 2016年11月03日(木) [日帰り]
メンバー nagskyyacchin_y
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場は第3発電所手前に2箇所、道路の突き当りに5台ほど路上駐車可能です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち39%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間36分
休憩
1時間3分
合計
7時間39分
S大杉谷登山口06:1608:27シシ淵08:4508:50ニコニコ滝08:5509:43桃ノ木小屋09:4510:06七ツ釜滝10:4210:57桃ノ木小屋10:5813:52大杉谷登山口13:5313:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
川の上、非常に高い所にある切り立った崖を掘削した道を何度も通ります。ほとんどの箇所には鎖が架けるあるので、鎖を掴んで進めば滑落することはないでしょうが、滑落したら命は危ないでしょう。
崩落箇所がたくさんあり岩だらけのところが多いですが、巻道が出来ています。
その他周辺情報奥伊勢フォレストピアに温泉があります。道の駅 奥伊勢おおだいで食事や土産物が買えます。

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 携帯 タオル ストック カメラ

写真

第3発電所手前に路上駐車。到着時に3台が止まっていました。手前の駐車場に止められた方とほぼ同時スタート。
2016年11月03日 06:09撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第3発電所手前に路上駐車。到着時に3台が止まっていました。手前の駐車場に止められた方とほぼ同時スタート。
2
駐車地のすぐそばにトイレがあります。
2016年11月03日 06:14撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車地のすぐそばにトイレがあります。
第3発電所の左側を通って登山口に。
2016年11月03日 06:16撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第3発電所の左側を通って登山口に。
ゲートをくぐるとショッパナから岩を掘削した道が始まります。右側には鎖が張られています。
2016年11月03日 06:20撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートをくぐるとショッパナから岩を掘削した道が始まります。右側には鎖が張られています。
2
ちょっと理想とは違いますがエメラルドグリーンの水。
2016年11月03日 06:22撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと理想とは違いますがエメラルドグリーンの水。
3
ここから沢山の吊橋を渡ることになります。ちょっと揺れますが、幅もあり怖くはないです。(大日吊橋)
2016年11月03日 06:29撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから沢山の吊橋を渡ることになります。ちょっと揺れますが、幅もあり怖くはないです。(大日吊橋)
1
能谷吊橋
2016年11月03日 06:42撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
能谷吊橋
1
チラホラ紅葉していますが、まだまだです。
2016年11月03日 06:52撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チラホラ紅葉していますが、まだまだです。
1
今回のルート中いちばん目立っていた赤色。
2016年11月03日 07:10撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回のルート中いちばん目立っていた赤色。
5
日浦杉吊橋
2016年11月03日 07:27撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日浦杉吊橋
1
ちょこっと紅葉
2016年11月03日 07:27撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょこっと紅葉
1
グリーン
2016年11月03日 07:31撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
グリーン
1
これが千尋滝かって思っていましたが、少し進むと分かりました。
2016年11月03日 07:41撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが千尋滝かって思っていましたが、少し進むと分かりました。
1
先ほどの滝は千尋滝が宮川に注ぐところで、本体は高い山のてっぺんから激しく落ちる荘厳な滝でした。その向こうにより高い山が見えないのにこんな水量があるのが不思議でしたが、GoogleEarthで見るとその上に深い谷が続いています。
2016年11月03日 07:48撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどの滝は千尋滝が宮川に注ぐところで、本体は高い山のてっぺんから激しく落ちる荘厳な滝でした。その向こうにより高い山が見えないのにこんな水量があるのが不思議でしたが、GoogleEarthで見るとその上に深い谷が続いています。
5
千尋滝の滝見台。東屋があります。
2016年11月03日 07:48撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千尋滝の滝見台。東屋があります。
1
千尋滝を越えると、きついアップダウンが多くなり、移動速度が落ちます。
2016年11月03日 08:25撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千尋滝を越えると、きついアップダウンが多くなり、移動速度が落ちます。
1
シシ淵に到着。遠くに見えるのはニコニコ滝。大きな石がゴロゴロする広い河原になっていて、何組もの登山者が休憩していました。
2016年11月03日 08:28撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シシ淵に到着。遠くに見えるのはニコニコ滝。大きな石がゴロゴロする広い河原になっていて、何組もの登山者が休憩していました。
3
シシ淵近くにある岩のトンネル。上から雨のように水が滴り落ちてきて濡れます。
2016年11月03日 08:32撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シシ淵近くにある岩のトンネル。上から雨のように水が滴り落ちてきて濡れます。
2
少しエメラルドグリーンですがまだまだ。直射日光が欲しいところですが、冬の高度の低い太陽は、谷では役に立ちません。
2016年11月03日 08:41撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しエメラルドグリーンですがまだまだ。直射日光が欲しいところですが、冬の高度の低い太陽は、谷では役に立ちません。
2
ニコニコ滝。
2016年11月03日 08:50撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニコニコ滝。
2
東屋。
2016年11月03日 08:54撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東屋。
平等吊橋、右側に平等瑤箸い切り立った岩山を見ることが出来ます。スケールの大きな風景です。
2016年11月03日 09:02撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平等吊橋、右側に平等瑤箸い切り立った岩山を見ることが出来ます。スケールの大きな風景です。
3
ヒメシャラのムロ?が道端に飛び出しています。
2016年11月03日 09:20撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメシャラのムロ?が道端に飛び出しています。
1
数段階段を登り加茂助吊橋を渡ります。
2016年11月03日 09:21撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数段階段を登り加茂助吊橋を渡ります。
桃ノ木吊橋を渡ると桃ノ木小屋です。宿泊者は旅立ったとみえて小屋には人気がありませんでした。
2016年11月03日 09:40撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桃ノ木吊橋を渡ると桃ノ木小屋です。宿泊者は旅立ったとみえて小屋には人気がありませんでした。
2
赤く染まった岩が印象的。
2016年11月03日 09:57撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤く染まった岩が印象的。
2
今日の折り返し地点の七ツ釜滝。
2016年11月03日 10:06撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の折り返し地点の七ツ釜滝。
4
七ツ釜滝の下の方の滝壺。やっぱり滝壺の底の砂が白くないと・・・。
2016年11月03日 10:42撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ釜滝の下の方の滝壺。やっぱり滝壺の底の砂が白くないと・・・。
3
桃ノ木小屋を再度通過。
2016年11月03日 11:00撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桃ノ木小屋を再度通過。
1
まずまず綺麗。
2016年11月03日 11:16撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずまず綺麗。
2
湧き水で湿った岩に咲く花。
追記 (ダイモンジソウ)
2016年11月03日 11:58撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湧き水で湿った岩に咲く花。
追記 (ダイモンジソウ)
2
シシ淵の上空をヘリがしばし旋回して行きました。巡回? 取材?
2016年11月03日 12:02撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シシ淵の上空をヘリがしばし旋回して行きました。巡回? 取材?
1
千尋滝、手前の黄葉が美しい。
2016年11月03日 12:31撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千尋滝、手前の黄葉が美しい。
4
リンドウの一種?
2016年11月03日 13:50撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リンドウの一種?
3
ゲートまで帰って来ました。駐車地まであと少し。
2016年11月03日 13:51撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートまで帰って来ました。駐車地まであと少し。
1

感想/記録
by nagsky

谷が邪魔してGPS記録は、非常に不正確ですので信用しないでください(ええかげんに手動訂正してあります)。

夏頃、NHKの金とくで見たエメラルドグリーンの川と少し紅葉の期待をして4:30amに家を出て大杉谷に向かいました。

第3発電所すぐから始まる絶壁上の道には少し恐怖を覚えましたが、慣れればなんてことはありませんが、集中して歩くようにしました。七ツ釜滝までの行程の1/3は強い上り下りも少なく速度も上がりましたが、特に千尋滝から先はアップダウンが激しくちょっと脚に辛い道でした。スタートからゴールまでの高低差は300m程度なのでナメていました。長い登りはないので、呼吸は大丈夫ですが登り下りを繰り返すと脚にきます。もっと体重を減量する必要があることを痛感しました。

目的のエメラルドグリーンは満足出来ずに終わりました。紅葉もまだまだです。11月の太陽は低く、なかなか谷に遮られず直射日光が届きません。本当は、堂倉滝まで行きたかったのですが、第3発電所からのピストンは私にとって脚力が持ちません。同行のyocchin-yさんは楽々歩いているように見えましたが、本人によると辛かったとのことです。
今日の一番は千尋滝の壮大さでした。

次回は一泊して大台ケ原に行きたいところです。

七ツ釜滝と雲



訪問者数:260人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ