ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 997602 全員に公開 ハイキング奥秩父

瑞牆山(展望と紅葉と;不動滝)

日程 2016年11月03日(木) [日帰り]
メンバー kesunonshi
天候はれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
みずがき自然公園に駐車;午前6:00前後に到着。この時点で数台。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間50分
休憩
1時間20分
合計
7時間10分
Sみずがき山自然公園06:3006:50林道小川山線終点07:30不動滝07:30瑞牆山07:5009:00瑞牆山・八丁平分岐09:4011:10富士見平小屋11:40鷹見岩分岐12:00鷹見岩12:1012:20鷹見岩分岐12:40富士見平小屋12:5013:40みずがき山自然公園13:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
奥秩父で険しめと思います。距離は長くはありませんが。岩場、段差、急坂などをはじめ鎖場、ロープが多いです。不動滝ルートは、昨年より明らかにリボン(金銀)が増えています。登山道がよりわかりやすくなりました。
その他周辺情報近くに増冨温泉があります。通仙峡の紅葉は見事で一見の価値あり。瑞牆山山腹は落葉。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ テーピング 膝サポ

写真

不動滝です。このコース早朝は人っこ一人いない。少し怖く熊鈴を2個装着。遠くで黒いのが横切ったりしてうすら怖い。このコースは早朝樹林帯で、日照がありません。色温度が高く青っぽく写っています。ルート上リボンが前回より増えてうれしいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動滝です。このコース早朝は人っこ一人いない。少し怖く熊鈴を2個装着。遠くで黒いのが横切ったりしてうすら怖い。このコースは早朝樹林帯で、日照がありません。色温度が高く青っぽく写っています。ルート上リボンが前回より増えてうれしいです。
3
みずがき自然公園駐車場から2時間半;山頂です。快晴!感動さえ覚える見晴らし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みずがき自然公園駐車場から2時間半;山頂です。快晴!感動さえ覚える見晴らし。
2
南アルプスを背景に山頂標。最高頂は北岳がご覧になれるとのこと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスを背景に山頂標。最高頂は北岳がご覧になれるとのこと。
2
小川山;山頂に樹氷でしょうか。大きな山体に冠雪したみたいで印象的でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小川山;山頂に樹氷でしょうか。大きな山体に冠雪したみたいで印象的でした。
2
富士山も明確に遠望できます。逆光気味なので明暗が難しいです。前景の紅葉(暗くて色が出ません)も地味にいい感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も明確に遠望できます。逆光気味なので明暗が難しいです。前景の紅葉(暗くて色が出ません)も地味にいい感じです。
2
金峰山と富士山;両方とも登りました。その二頂が一枚に収めることができました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰山と富士山;両方とも登りました。その二頂が一枚に収めることができました。
1
瑞牆山下部の印象的な岩稜と南アです。360度展望でどこを切り取っても絵になります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞牆山下部の印象的な岩稜と南アです。360度展望でどこを切り取っても絵になります。
3
富士山を寄せで。部分的な冠雪も特徴的です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山を寄せで。部分的な冠雪も特徴的です。
4
富士山を少し引いて;ゴーストが出ます。そうです、奥秩父から富士山の遠望は逆光になります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山を少し引いて;ゴーストが出ます。そうです、奥秩父から富士山の遠望は逆光になります。
3
さらに引いて;瑞牆山頂の岩場の雰囲気とともに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに引いて;瑞牆山頂の岩場の雰囲気とともに。
1
遠く金峰山を望みます。やはり山頂付近には樹氷が見えます。これは鷹見岩からの眺めで明らかになります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠く金峰山を望みます。やはり山頂付近には樹氷が見えます。これは鷹見岩からの眺めで明らかになります。
2
山腹は落葉していましたが富士見小屋付近は所々色づきのよい紅葉が見られました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山腹は落葉していましたが富士見小屋付近は所々色づきのよい紅葉が見られました。
2
紅葉と光と影;同じく富士見平小屋付近の紅葉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉と光と影;同じく富士見平小屋付近の紅葉。
1
同じく富士見平小屋付近の紅葉。このあたりも半逆光で撮影できます。多少アンダーで色を濃くしています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく富士見平小屋付近の紅葉。このあたりも半逆光で撮影できます。多少アンダーで色を濃くしています。
2
鷹見岩に寄りました。富士見平小屋から片道1時間くらい。鷹見岩分岐から、コルに降りて、そこからの登り返しが道狭、足場ぬかるみ;きっつい。岩の乗り出しは鎖で腕っぷしでの登りになります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹見岩に寄りました。富士見平小屋から片道1時間くらい。鷹見岩分岐から、コルに降りて、そこからの登り返しが道狭、足場ぬかるみ;きっつい。岩の乗り出しは鎖で腕っぷしでの登りになります。
2
今回の山行の目的の一つ。鷹見岩からの金峰山を見ること。山頂が白くなっており印象的でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の山行の目的の一つ。鷹見岩からの金峰山を見ること。山頂が白くなっており印象的でした。
4
紅葉と光と影2;富士見平小屋からみずがき林道沿いの紅葉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉と光と影2;富士見平小屋からみずがき林道沿いの紅葉。
紅葉と光と影2;富士見平小屋からみずがき林道沿いの紅葉。カメラの唯一のバッテリーが息も絶え絶えになっており、ポケットでバッテリーを温めながら装填、脱着を繰り返して撮影;なので大体の構成が「ざつ」。光と影としか言いようがない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉と光と影2;富士見平小屋からみずがき林道沿いの紅葉。カメラの唯一のバッテリーが息も絶え絶えになっており、ポケットでバッテリーを温めながら装填、脱着を繰り返して撮影;なので大体の構成が「ざつ」。光と影としか言いようがない。
4
今回の山行の目的のもう一つ。このアングルの晴天下の瑞牆山と紅葉を撮ること。よかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の山行の目的のもう一つ。このアングルの晴天下の瑞牆山と紅葉を撮ること。よかった。
7

感想/記録

秋色の瑞牆山に行きたいと思い。タイミング良く晴天に恵まれ遠望もききました。大変満足のいく山行でした。増冨ラインの通仙峡の紅葉は見事でした。道が狭いので路駐するわけにはいけません、いつか歩けたらと思います。
訪問者数:445人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

鎖場 熊鈴 林道 コル 紅葉 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ