ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 997669 全員に公開 ハイキング奥秩父

甲武信ヶ岳(西沢渓谷→甲武信ヶ岳)ピストン

日程 2016年11月03日(木) [日帰り]
メンバー aika-8686, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
西沢渓谷無料駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全体的にほぼ永遠と急峻な登り。

写真

目指せ甲武信ヶ岳へレッツゴー。。
2016年11月03日 06:08撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指せ甲武信ヶ岳へレッツゴー。。
西沢渓谷より徳ちゃん新道は紅葉が残ってました。
2016年11月03日 07:52撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西沢渓谷より徳ちゃん新道は紅葉が残ってました。
紅が綺麗でした
2016年11月03日 07:53撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅が綺麗でした
半透明な感じがまた良いと
2016年11月03日 07:53撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半透明な感じがまた良いと
緑も交じると映えます
2016年11月03日 07:55撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑も交じると映えます
晴天の青と紅と黄色と白
2016年11月03日 08:23撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴天の青と紅と黄色と白
いらん人物w
2016年11月03日 08:25撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いらん人物w
1
山頂に近づくと樹氷が
2016年11月03日 10:34撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に近づくと樹氷が
いわゆるエビの尻尾?
自然て不思議なものを作りますねー。
2016年11月03日 10:34撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いわゆるエビの尻尾?
自然て不思議なものを作りますねー。
ダケカンバ好きです。
2016年11月03日 10:34撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダケカンバ好きです。
晴天とのショット。
2016年11月03日 10:35撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴天とのショット。
ダケカンバと樹氷
2016年11月03日 10:35撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダケカンバと樹氷
1
眼下に広がる紅葉は終わりかな
2016年11月03日 10:47撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に広がる紅葉は終わりかな
さて何と読む?
木賊山



とくさやまと呼ぶ様ですが山の名前は難しいですね〜
2016年11月03日 11:18撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて何と読む?
木賊山



とくさやまと呼ぶ様ですが山の名前は難しいですね〜
1
風情のある山小屋でした。
(泊まってません)
2016年11月03日 11:33撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風情のある山小屋でした。
(泊まってません)
登頂付近の絶景は疲れを3割引いてくれます
2016年11月03日 11:56撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登頂付近の絶景は疲れを3割引いてくれます
山頂到着
2575
2016年11月03日 12:05撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着
2575
3
居酒屋始まりますw
2016年11月03日 12:05撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
居酒屋始まりますw
1
本日の相棒です
2016年11月03日 12:18撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の相棒です
1
山頂は5度無いでしょう。滅茶苦茶寒かったので、あったまりました。
2016年11月03日 12:18撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は5度無いでしょう。滅茶苦茶寒かったので、あったまりました。
1
ビール2本
2016年11月03日 12:19撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビール2本
焼鳥の缶詰は爆発しますw
2016年11月03日 12:31撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼鳥の缶詰は爆発しますw
1
このあと山の辛さを語り合いましたね。
2016年11月03日 12:52撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあと山の辛さを語り合いましたね。
1
山の中でお会いしお話下さいました方々、有難うございました。
2016年11月03日 12:52撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の中でお会いしお話下さいました方々、有難うございました。
帰路は近丸新道を選択

これが大正解。膝に優しい九十九折の優しい道でした。
2016年11月03日 16:12撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路は近丸新道を選択

これが大正解。膝に優しい九十九折の優しい道でした。
スタンバイミーか

廃線ですが、よくもまーこんな所ぞにトロッコ鉄道轢いたものだと考えてたらヒントは道端に落ちてたら白い岩石の採掘かなと。水晶岩かな〜
2016年11月03日 16:15撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタンバイミーか

廃線ですが、よくもまーこんな所ぞにトロッコ鉄道轢いたものだと考えてたらヒントは道端に落ちてたら白い岩石の採掘かなと。水晶岩かな〜
いらんねw
でもとっても疲れたのだ。
2016年11月03日 16:15撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いらんねw
でもとっても疲れたのだ。
帰路近丸新藤の右手向こうの山の真ん中辺り突起出てるものが。あれは何?
2016年11月03日 16:16撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路近丸新藤の右手向こうの山の真ん中辺り突起出てるものが。あれは何?
日が落ちた中の紅葉のコントラスト
2016年11月03日 16:16撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が落ちた中の紅葉のコントラスト
ほったらかし温泉で汗を流す。
温泉(/800)タオル(/200)
2016年11月03日 18:38撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほったらかし温泉で汗を流す。
温泉(/800)タオル(/200)

感想/記録

紅葉狩の出来る登山と言うコンセプトで色々とご教授頂きました所、甲武信ヶ岳を選択させてもらいました。

コースタイムの設定誤り(自分が悪い)したのお陰で1500時到着が1700となりました。
同行人には大変失礼な事と思い理解して貰ったけど、如何せん大変な山でした。

徳ちゃん新道は何となく可愛いイメージとは裏腹で稀に見る急登の連続でした。2歩進んで1メートル上がるようなところのイメージしか浮かびません。

ようやく辿り着いた木賊山からは、軽く1時間弱の下り上り。本当にキツいお山だと心底思いました。
ピストンなので帰りは巻道→近丸新道のルートは大正解でした。人気の無いルートとひと目で分かる程枯葉の山道、増水時は沢で寸断されるリスクは無かったので安心しましたが。何せ急峻な道は九十九折、廃線のルートはほぼ平坦。ただただコースが長いのでヘッデン装備したのは良いけど、明るいうちに下山出来ました。

トレッキング人生初事尽くしで甲武信ヶ岳は向こう10年は良いかなと思いました。

しかしこんな苦労した山だからこそ好きになるんでしょうね〜🎵
良い勉強させて頂きました。


動画は山頂間際から山頂のパノラマ映像です。
息があがり、甲武信ヶ岳を甲武信山と言ってみたり樹氷とか表現力が乏しい事はお愛嬌でお願いします🎵


訪問者数:319人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ