ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 998038 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

金剛山[コンゴウザン](郵便道コース) … 68座(168座)目の二百名山

日程 2016年10月31日(月) [日帰り]
メンバー takakei
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
高天彦神社参道入口の両側に広い無料駐車場がありました。
駐車場に公衆トイレは見当たりませんでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間54分
休憩
31分
合計
3時間25分
S高天彦神社08:0208:53<休憩>標高690m地点08:5809:13水場09:28郵便道分岐09:33一の鳥居09:40金剛山09:4409:53山頂広場10:1010:19一の鳥居10:24湧出岳10:2910:32一の鳥居10:35郵便道分岐11:27高天彦神社11:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
高天彦神社から高天滝に向かって進み高天谷右岸の支尾根に取付く道は通行止めとなっており、駐車場からの迂回路を利用するようになっていました。
登山道で危険なところは有りませんでしたが、分岐が多く分岐点での案内標識が無いところが殆どで初めてのため戸惑いましたが、何れも先で合流していました。
登山ポストは見当たりませんでした。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

7時41分に高天彦神社手前の駐車場に到着、駐車場は神社への参道の両側にありました。
2016年10月31日 07:58撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7時41分に高天彦神社手前の駐車場に到着、駐車場は神社への参道の両側にありました。
1
駐車場入口の無人販売小屋には、
2016年10月31日 07:59撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場入口の無人販売小屋には、
迂回登山道の案内が貼られています。
2016年10月31日 07:59撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迂回登山道の案内が貼られています。
8時2分、駐車場入口の無人販売小屋の脇の車道歩きから登山を開始しました。
2016年10月31日 08:02撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8時2分、駐車場入口の無人販売小屋の脇の車道歩きから登山を開始しました。
1
車道を進み高天谷を渡ると、
2016年10月31日 08:03撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道を進み高天谷を渡ると、
農家に行き当たり、そこを右折して畑の中の道を進むと、
2016年10月31日 08:05撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農家に行き当たり、そこを右折して畑の中の道を進むと、
猪進入防止の柵が出てきました。チェーンを外して中に入り、再びチェーンをかけて猪に会わないようにと祈って歩き始めました。
2016年10月31日 08:07撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猪進入防止の柵が出てきました。チェーンを外して中に入り、再びチェーンをかけて猪に会わないようにと祈って歩き始めました。
柵を越えて歩き始めの登山道の様子です。
2016年10月31日 08:08撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柵を越えて歩き始めの登山道の様子です。
2
「迂回登山道」の案内に従って進みます。
2016年10月31日 08:10撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「迂回登山道」の案内に従って進みます。
自然にゴーロ状の道を進むようになりましたが、右側の尾根上にも登山道がついているようです。
2016年10月31日 08:12撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然にゴーロ状の道を進むようになりましたが、右側の尾根上にも登山道がついているようです。
標高510m付近で分岐が出て来たので右側の道を進むことにしました。
2016年10月31日 08:15撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高510m付近で分岐が出て来たので右側の道を進むことにしました。
1
歩き始めて20分程、標高590m付近で再び分岐が出てきて、ここも右側の道を進むことにしました。
2016年10月31日 08:23撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めて20分程、標高590m付近で再び分岐が出てきて、ここも右側の道を進むことにしました。
1
少し傾斜が急になってきました。
2016年10月31日 08:26撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し傾斜が急になってきました。
植林帯の登山道を進みます。
2016年10月31日 08:29撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林帯の登山道を進みます。
標高590m付近で標識があった分岐からの道が左側から合流してきました。
2016年10月31日 08:36撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高590m付近で標識があった分岐からの道が左側から合流してきました。
1
標高740m付近の登山道です。
2016年10月31日 08:41撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高740m付近の登山道です。
2
マムシ草がありました。
2016年10月31日 08:44撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マムシ草がありました。
1
標高780m付近でもまたまた分岐が現れてきました。
2016年10月31日 08:47撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高780m付近でもまたまた分岐が現れてきました。
1
地形図に記載されている標高842m地点を越えた850m付近で8時53分から5分間の休憩をとりました。
2016年10月31日 08:58撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形図に記載されている標高842m地点を越えた850m付近で8時53分から5分間の休憩をとりました。
休憩地の直ぐ先でガレ場のロープ場が出てきましたが、一般道と同じ程度に整備されていました。
2016年10月31日 09:00撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩地の直ぐ先でガレ場のロープ場が出てきましたが、一般道と同じ程度に整備されていました。
1
ガレ場の道の様子です。
2016年10月31日 09:02撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場の道の様子です。
1
非常に緩やかな道となったと思ったら、
2016年10月31日 09:06撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
非常に緩やかな道となったと思ったら、
直ぐに階段が出てきて、この階段道は「ダイヤモンドトレール」との分岐まで続きました。
2016年10月31日 09:10撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直ぐに階段が出てきて、この階段道は「ダイヤモンドトレール」との分岐まで続きました。
2
階段道の途中の標高950m付近に水場がありました。
2016年10月31日 09:13撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段道の途中の標高950m付近に水場がありました。
1
階段道の終わりに差し掛かると、その左側から登山道が合流してきて、
2016年10月31日 09:28撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段道の終わりに差し掛かると、その左側から登山道が合流してきて、
1
9時28分、ダイヤモンドトレールとの分岐に着きました。
2016年10月31日 09:28撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時28分、ダイヤモンドトレールとの分岐に着きました。
1
分岐から見るダイヤモンドトレールの北東方向です。
2016年10月31日 09:29撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から見るダイヤモンドトレールの北東方向です。
分岐から見るダイヤモンドトレールの南西方向、金剛山にはこちらに進みます。
2016年10月31日 09:29撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から見るダイヤモンドトレールの南西方向、金剛山にはこちらに進みます。
分岐の案内標識です。
2016年10月31日 09:30撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐の案内標識です。
9時33分「一の鳥居」に着きました。
2016年10月31日 09:33撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時33分「一の鳥居」に着きました。
1
「一の鳥居」からは舗装道路となり、
2016年10月31日 09:35撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「一の鳥居」からは舗装道路となり、
9時40分「葛木神社」に着きました。石段を登り、
2016年10月31日 09:40撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時40分「葛木神社」に着きました。石段を登り、
葛木岳山頂は神域で入れないとのことなので参拝して、
2016年10月31日 09:40撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛木岳山頂は神域で入れないとのことなので参拝して、
セルフで記念撮影しました。
2016年10月31日 09:42撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
セルフで記念撮影しました。
4
その後、案内図を見て眺めが良いという国見城址に行くことにしました。
2016年10月31日 09:44撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後、案内図を見て眺めが良いという国見城址に行くことにしました。
途中に立派な夫婦杉がありました。
2016年10月31日 09:48撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中に立派な夫婦杉がありました。
3
葛木神社から国見城址への道です。
2016年10月31日 09:48撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛木神社から国見城址への道です。
9時53分「国見城址」に着きました。
2016年10月31日 09:53撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時53分「国見城址」に着きました。
1
ここにも金剛山頂標識があり、
2016年10月31日 09:53撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも金剛山頂標識があり、
4
六甲山方面や、
2016年10月31日 09:53撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六甲山方面や、
2
大阪市のビル群が微かに見えました。
2016年10月31日 09:55撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大阪市のビル群が微かに見えました。
2
また、左上方に関空が、その奥には淡路島が微かに見えています。
2016年10月31日 09:58撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また、左上方に関空が、その奥には淡路島が微かに見えています。
1
関空を少しアップで。
2016年10月31日 09:58撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関空を少しアップで。
1
10時10分に「国見城址」を出発、転法輪寺・葛木神社の裏側の道から「一の鳥居」を目指すことにしました。こちらは舗装道路ではなく普通の山道になっていました。
2016年10月31日 10:11撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時10分に「国見城址」を出発、転法輪寺・葛木神社の裏側の道から「一の鳥居」を目指すことにしました。こちらは舗装道路ではなく普通の山道になっていました。
少し紅葉が始まっていました。
2016年10月31日 10:14撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し紅葉が始まっていました。
3
10時20分、「一の鳥居」を越して湧出岳とダイヤモンドトレールとの分岐点に着きました。
2016年10月31日 10:20撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時20分、「一の鳥居」を越して湧出岳とダイヤモンドトレールとの分岐点に着きました。
湧出岳頂上までは未舗装ではあるものの車道となっていました。
2016年10月31日 10:22撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湧出岳頂上までは未舗装ではあるものの車道となっていました。
10時24分、一等三角点のある湧出岳頂上に着きました。目の前に「金剛山展望塔」が建っていましたが、立入禁止となっていて上れないのが残念です。
2016年10月31日 10:24撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時24分、一等三角点のある湧出岳頂上に着きました。目の前に「金剛山展望塔」が建っていましたが、立入禁止となっていて上れないのが残念です。
1
頂上の一等三角点です。
2016年10月31日 10:24撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の一等三角点です。
1
頂上には電波塔があって少しガッカリ。
2016年10月31日 10:24撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上には電波塔があって少しガッカリ。
手書きの頂上標識がありました。
2016年10月31日 10:24撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手書きの頂上標識がありました。
1
全く眺望が利かない頂上で三角点と頂上標識を入れて記念にセルフで撮りました。
2016年10月31日 10:27撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全く眺望が利かない頂上で三角点と頂上標識を入れて記念にセルフで撮りました。
5
10時35分、ダイヤモンドトレールと郵便道との分岐に戻ってきました。階段道の右側にも登山道が見えるので右側の登山道を下ることにしました。
2016年10月31日 10:35撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時35分、ダイヤモンドトレールと郵便道との分岐に戻ってきました。階段道の右側にも登山道が見えるので右側の登山道を下ることにしました。
1
道は直ぐに等高線沿いの道と階段道沿いの道に分かれ、等高線沿いの道を少し進みましたがどこに通じているのか分からなかったため、引返して階段道沿いの道を下りました。
2016年10月31日 10:35撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は直ぐに等高線沿いの道と階段道沿いの道に分かれ、等高線沿いの道を少し進みましたがどこに通じているのか分からなかったため、引返して階段道沿いの道を下りました。
1
階段沿いの道は正に階段道の直ぐ脇を下るだけでした。
2016年10月31日 10:40撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段沿いの道は正に階段道の直ぐ脇を下るだけでした。
途中で階段道に合流し、10時44分に水場まで戻ってきました。
2016年10月31日 10:44撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で階段道に合流し、10時44分に水場まで戻ってきました。
10時51分、標高860m付近のガレ場のロープ場に戻ってきました。
2016年10月31日 10:51撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時51分、標高860m付近のガレ場のロープ場に戻ってきました。
ガレ場から高天谷を隔てた向かい側の尾根です。
2016年10月31日 10:51撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場から高天谷を隔てた向かい側の尾根です。
1
標高780m付近の分岐に到着、上りとは別の道を下ることにしました。
2016年10月31日 10:57撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高780m付近の分岐に到着、上りとは別の道を下ることにしました。
1
11時4分、標高700m付近で、
2016年10月31日 11:04撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時4分、標高700m付近で、
また分岐に到着。ここも上り時と異なる右側の道を下ることにしました。
2016年10月31日 11:04撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また分岐に到着。ここも上り時と異なる右側の道を下ることにしました。
1
標高660m付近の下りです。
2016年10月31日 11:06撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高660m付近の下りです。
11時11分、合流点に着きました。
2016年10月31日 11:11撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時11分、合流点に着きました。
1
合流点の案内板です。
2016年10月31日 11:11撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合流点の案内板です。
上りではゴーロ状の道(右)を登りましたが、帰りは稜線上を下りました。
2016年10月31日 11:18撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上りではゴーロ状の道(右)を登りましたが、帰りは稜線上を下りました。
2
11時21分、猪進入防止の柵が見えてきて、
2016年10月31日 11:21撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時21分、猪進入防止の柵が見えてきて、
柵を通過して車道に出ると、高天谷を渡る橋が見えてきて、
2016年10月31日 11:25撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柵を通過して車道に出ると、高天谷を渡る橋が見えてきて、
11時27分、駐車場に戻ってきました。
2016年10月31日 11:27撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時27分、駐車場に戻ってきました。
1
帰路、県道御所香芝線の北窪付近から見た金剛山です。
2016年10月31日 12:03撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路、県道御所香芝線の北窪付近から見た金剛山です。
2
撮影機材:

感想/記録

「山と高原地図 金剛・葛木」を見ると、金剛山に登るルートが非常に多く記載されておりどこから登ろうか迷いました。
そこで奈良県側から登るということと駐車場があることを条件に選択すると、/絮枡修ら、高天彦神社から、E轡滝道からの3ルートが目につきました。
金剛山はロープウェイもあって大勢の人達が登る山のようなので、登山者が少なくて登り甲斐のありそうなコースということで、登山道が赤の破線で記されている「郵便道」を登ってみることにしました。

橿原市に前泊して高天彦神社手前の駐車場に7時41分に到着し、車中で朝食をとって8時2分から登山を開始しましたが、登山道は明瞭で歩き易く整備されており、またガレ場のロープ場も良く整備されていて普通の登山道と何ら変わらず危険性は無くてロープに触れることもありませんでした。

但し、所々に地形図には記載されていない分岐点があり、そこにそれぞれの道の行先を記した案内標識が無かったため、最初は少し戸惑いました。
そこで初めの内は立派な登山道の方を選んで進みましたが、少しすると合流点も所々に出てきて分岐点でどちらの道を進んでも少し先でまた合流することが分かりました。
下山の際には分岐点で上りと違う道を下るようにしましたが、最初のダイヤモンドトレールと郵便道との分岐から郵便道に入るところで、郵便道が上りに使った階段道の右に普通の登山道がついていたのでそちらに入ったところ、直ぐに等高線沿いの道と階段道沿いの道に分かれていました。
少し等高線沿いの道を進んでみましたが、階段道からどんどん離れていくので引返して階段道沿いの道を下りました。

金剛山最高峰の葛木岳頂上は神域で入れず、また一等三角点がある湧出岳頂上は眺望が利かずピークを感じさせないところで、結局「金剛山頂」の大きな標識がある山頂広場・国見城址から関空や淡路島、大阪市街や六甲山等々が眺められたのが良かったものの、その辺りは舗装されていて高尾山のような感じでした。
訪問者数:111人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ