ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 998343 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走屋久島

モッチョム岳「屋久島最終日はモッチョム岳と平内海中温泉」

日程 2016年11月02日(水) [日帰り]
メンバー kuroyuri2702
天候終日晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
レンタカー 5400円
千尋滝展望台駐車場(数台分)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間45分
休憩
10分
合計
4時間55分
Sモッチョム岳登山口09:0410:07万代杉10:1010:38モッチョム太郎11:12神山展望台11:43モッチョム岳11:5012:24神山展望台13:12万代杉13:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道があるのは最初だけ。初っ端から急登。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 サブザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ロールペーパー 時計 サングラス タオル カメラ

写真

屋久島最終日はレンタカーを借りて、モッチョム岳と平内海中温泉へ。天気は朝から晴れ。
08:57 千尋の滝展望台駐車場着。登山者用駐車場は売店の左奥に4台分程有。ここの標高は270m。
2016年11月02日 08:57撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屋久島最終日はレンタカーを借りて、モッチョム岳と平内海中温泉へ。天気は朝から晴れ。
08:57 千尋の滝展望台駐車場着。登山者用駐車場は売店の左奥に4台分程有。ここの標高は270m。
09:04 デッパツ。
2016年11月02日 09:04撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:04 デッパツ。
右側が登山口。初っ端から急登。
2016年11月02日 09:04撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側が登山口。初っ端から急登。
1本目のロープ。
2016年11月02日 09:42撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1本目のロープ。
苔。
2016年11月02日 09:52撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔。
10:07 万代杉とご対面。
2016年11月02日 10:07撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:07 万代杉とご対面。
4
モッチョム太郎。
2016年11月02日 10:38撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モッチョム太郎。
1
11:12 標高979m 神山展望台通過。
2016年11月02日 11:12撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:12 標高979m 神山展望台通過。
太平洋が一望。
2016年11月02日 11:12撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太平洋が一望。
耳岳、割石岳。この分では今日も宮之浦岳は雲の中か?
2016年11月02日 11:28撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
耳岳、割石岳。この分では今日も宮之浦岳は雲の中か?
1
目指すモッチョム岳。
2016年11月02日 11:28撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指すモッチョム岳。
5
11:43 モッチョム岳頂上に立つ。
2016年11月02日 11:43撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:43 モッチョム岳頂上に立つ。
3
山頂からの景色。
2016年11月02日 11:43撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの景色。
2
山頂には女の子とガイドのお兄さんと自分の3人。この写真はガイドのお兄さんが撮ってくれました。ありがとうございました。
2016年11月02日 11:50撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には女の子とガイドのお兄さんと自分の3人。この写真はガイドのお兄さんが撮ってくれました。ありがとうございました。
2
12:24 神山展望台からモッチョム岳を振り返る。
2016年11月02日 12:24撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:24 神山展望台からモッチョム岳を振り返る。
再び万代杉。
2016年11月02日 13:12撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び万代杉。
万代杉にタッチ。
2016年11月02日 13:13撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万代杉にタッチ。
13:59 無事下山。売店で飲んだタンカンジュース美味かった!
2016年11月02日 13:59撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:59 無事下山。売店で飲んだタンカンジュース美味かった!
県道77号線から望むモッチョム岳(東方より)
2016年11月02日 14:15撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道77号線から望むモッチョム岳(東方より)
2
県道77号線から望むモッチョム岳(南方より)
2016年11月02日 14:18撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道77号線から望むモッチョム岳(南方より)
1
県道77号線から望むモッチョム岳(西方より)
2016年11月02日 14:18撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道77号線から望むモッチョム岳(西方より)
1
平内海中温泉。
2016年11月02日 14:29撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平内海中温泉。
1
入浴客は外国人が5人と自分1人だけ。
2016年11月02日 14:30撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入浴客は外国人が5人と自分1人だけ。
2
いやー極楽です!
2016年11月02日 14:33撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやー極楽です!
1
更に尾之間温泉にも入ってきました。ここは硫黄泉で肌がすべすべになりました。
2016年11月02日 15:19撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に尾之間温泉にも入ってきました。ここは硫黄泉で肌がすべすべになりました。
1
壁面にはモッチョム岳が描かれていました。
2016年11月02日 15:19撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
壁面にはモッチョム岳が描かれていました。

感想/記録

屋久島4日目(最終日)は快晴の朝を迎え、温泉巡りだけでは勿体無いので、心に引っ掛かっていたモッチョム岳に挑戦することにした。

自分がモッチョム岳のことを知ったのは「山と渓谷」だったか「PEAKS」だったかに高橋庄太郎のモッチョム岳山行記が掲載されていたのが記憶にあり、今回屋久島を訪れるに当たり、もう1度読み直してから登るかどうか決めようとそのバックナンバーを探し回ったのだが、どうしても見つからなかった。あれはいったい何年何月号のバックナンバーだったのだろうか?

それが屋久島初日の夜にホテルから歩いても1〜2分のところにある寿司居酒屋「いその香り」でひとり前夜祭をするために入ったら、女将さんをはじめ、お店のお姉さんが美人揃いでしかも料理がどれも絶品ときては明日の縦走やめて日帰りピストンに変えて夜また飲みに来ようかと真剣に悩んだほどだ。
自分が明日から宮之浦岳を縦走することを話したら、なんと美人の店のお姉さんが明後日モッチョム岳に登るとおっしゃったのだ。
まさかこんなにきれいなお姉さん(お嬢さん)からモッチョム岳の名前が出るとは思ってなかったので、益々うれしくなって生ビールのペースは上がっていくと共に「よし俺も最終日モッチョムに挑戦するぞ!」と心に決めた瞬間であった。
でその場でカミヤマレンタカーに電話し2日朝から1台予約した。

モッチョム岳だが屋久島の略南端に位置していることから頂上から見える海は全て太平洋ということになる。海岸沿いを通る県道77号線を車で流せば、鋭く尖がったモッチョム岳の姿を東南西からそれぞれ楽しむことができる。
因みにモッチョムとは地域の言葉で女性の秘部を現す言葉だそうだが、山頂の岩の形は正に男根そのものに見えたのは自分だけだろうか?
登山口からいきなり急登が始まり、そのうち登山道と呼べるものはなくなる。途中に木の根っこが複雑に絡み合った部分がかなりあり、「ジャックと豆の木」の巨大な豆の蔓を天まで攀じ登っていくような錯覚に囚われたりして、実に面白い山であった。

◇番外編
次に向かったのは干潮の前後2時間だけ潮が引いて入れるという平内海中温泉。
この日の干潮は14:15。自分が着いたのは14:30頃で潮の引き具合は丁度良く、もっとたくさんの人がいるかと思ったら白人のご夫婦と香港から来た3人、自分を入れても6人。日本人の若者グループとかも来ることは来るが、更衣室もない開けっ広げさに怖れをなしてスゴスゴと引き上げていった。100円の協力金が必要。

最後に尾之間温泉に行った。ここは昔の銭湯って感じでシャンプーとボディソープで頭と体を洗うことが出来た。銭湯の壁面と言えば富士山が定番だが、ここはモッチョム岳と耳岳と割石岳が描かれていた。温泉は浴槽の底に敷いてある石の間から湧き出てくるので数か所熱いところがあったが、そこを外せば快適に浸かっていられた。硫黄泉で肌はすべすべ。個人的にはこちらの温泉が◎。こちらの入浴料は200円。

沖縄、奄美は何回も行っているけど、屋久島は今回が初めて。まず感じたことはここの人は島人ではなく鹿児島県人だということ。バスは時間どおりに来るし、挨拶がしっかりしていて礼儀正しい。初日に安房の町をぶらぶら散策したが、ガソリンスタンドのお姉さんは会釈をしてくるし、下校中の小学生は元気に挨拶してくる。古き良き日本が残っている。
訪問者数:112人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 山行 ピストン 渓谷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ