ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 998351 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

【八ヶ岳】観音平〜編笠山&権現岳(青年小屋泊)

日程 2016年11月04日(金) 〜 2016年11月05日(土)
メンバー waku0maruru510
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
観音平駐車場
11時頃、1〜2台の空きあり。上の駐車場は閉鎖されていました。観音平までの道路が広いので邪魔にならない位置に路駐可能。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち52%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間29分
休憩
1時間18分
合計
4時間47分
S観音平11:3512:04展望台12:0512:32雲海12:3312:56ベンチ13:4613:57押手川13:5815:18編笠山15:4316:22青年小屋
2日目
山行
5時間2分
休憩
2時間8分
合計
7時間10分
青年小屋07:5107:57乙女の水08:1608:22青年小屋09:04のろし場09:20西ギボシ09:3809:58東ギボシ10:0810:17権現小屋10:2410:27縦走路分岐10:4410:46権現岳11:0311:49三ッ頭11:5211:55三ツ頭分岐12:2613:02木戸口公園13:0613:16ヘリポート跡14:28八ヶ岳横断歩道分岐14:2915:00観音平15:0115:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1日目の昼食:押手川手前のベンチでレトルトカレーとアルファ米
2日目の昼食:三ツ頭分岐でカップ麺
コース状況/
危険箇所等
編笠山までは積雪なし。編笠山から権現岳は一部凍結、僅かに積雪あり。この日はよく晴れていたのでアイゼン不要でした。
山行中、気温はマイナス1℃まで下がりました。青年小屋は11/5宿泊まで営業。
その他周辺情報土曜日下山後、スパティオ小淵沢に入浴。道の駅の中にあるので結構混んでいました。

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ ダウンジャケット フリースジャケット 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS時計 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 USBバッテリー タオル ストック カメラ ソフトシェル ゲイター ハイドレーション ザックカバー ナイフ コンロ コッヘル 食器 ブランケット 下着 シーツ 着替え一式
共同装備 レジャーシート ツェルト

写真

観音平から登り始めると、紅葉した木々が出迎えてくれました。
2016年11月04日 12:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音平から登り始めると、紅葉した木々が出迎えてくれました。
編笠山までは、少し急な登りが続きます。
2016年11月04日 14:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
編笠山までは、少し急な登りが続きます。
編笠山山頂から八ヶ岳の山々を望む。
2016年11月04日 15:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
編笠山山頂から八ヶ岳の山々を望む。
編笠山からの下山ルートは雪が少し残っています。編笠山の影と、権現岳が美しい。
2016年11月04日 16:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
編笠山からの下山ルートは雪が少し残っています。編笠山の影と、権現岳が美しい。
遠い飲み屋、青年小屋に到着。
2016年11月04日 16:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠い飲み屋、青年小屋に到着。
談話室は暖かく、居心地が良いです。(部屋は超寒かった)
2016年11月04日 18:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
談話室は暖かく、居心地が良いです。(部屋は超寒かった)
1
ご来光前のマジックアワー。
2016年11月05日 06:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご来光前のマジックアワー。
1
乙女の水、美味しいです(変な意味ではない)
2016年11月05日 08:12撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乙女の水、美味しいです(変な意味ではない)
1
のろし場までの道。少し雪が残っていますね。
2016年11月05日 08:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のろし場までの道。少し雪が残っていますね。
まるでえのき茸のように霜柱が収穫できました(笑)
2016年11月05日 08:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まるでえのき茸のように霜柱が収穫できました(笑)
2
ギボシ
2016年11月05日 09:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギボシ
のろし場
2016年11月05日 09:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のろし場
北側斜面は雪が融けないですね〜
2016年11月05日 09:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側斜面は雪が融けないですね〜
富士山がきれい。
2016年11月05日 10:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山がきれい。
編笠山からここまで登ってきました。
2016年11月05日 10:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
編笠山からここまで登ってきました。
1
左から阿弥陀岳、硫黄岳、中岳、横岳、赤岳、全部見えますね。この前、赤岳と阿弥陀岳に登ったときはガスってて何も見えなかったので感動です。
2016年11月05日 10:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から阿弥陀岳、硫黄岳、中岳、横岳、赤岳、全部見えますね。この前、赤岳と阿弥陀岳に登ったときはガスってて何も見えなかったので感動です。
もう閉まっている権現小屋。噂通り右に傾いてます。(カメラは電子水準器で水平に構えています)
2016年11月05日 10:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう閉まっている権現小屋。噂通り右に傾いてます。(カメラは電子水準器で水平に構えています)
これが名物の源治梯子です。61段20m
2016年11月05日 10:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが名物の源治梯子です。61段20m
富士山をバックに権現岳と三ツ頭
2016年11月05日 10:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山をバックに権現岳と三ツ頭
左から権現岳、阿弥陀岳、中岳、赤岳。
2016年11月05日 11:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から権現岳、阿弥陀岳、中岳、赤岳。
1
編笠山
2016年11月05日 12:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
編笠山
最後の観音平までのハイキングコースはこの時期、ご褒美タイムですね。少し登りがありますがそれほど距離はありません。
2016年11月05日 14:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の観音平までのハイキングコースはこの時期、ご褒美タイムですね。少し登りがありますがそれほど距離はありません。
観音平の紅葉も美しい。
2016年11月05日 15:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音平の紅葉も美しい。

感想/記録
by waku0

今年最後の山小屋泊登山で編笠山と権現岳へ。ヤマスタの八ヶ岳スタンプラリー達成のため、7月からコツコツと登ってラスト2つのスタンプを集める山旅です。

青年小屋に一泊して権現岳に登るという余裕をもったプランだったので出発は遅く、観音平の駐車場に着いたのはAM11時。平日だったので余裕で停めることができました。(ちなみに土曜の帰り15時には満車で路駐が何十mも続いていました。)
観音平から編笠山に向かうのは我々くらいで、他の方は滝の方に紅葉狩りに出掛けられたみたいでした。
出発してしばらくは緩い登りのハイキング。この時期に八ヶ岳に登るのは初めてだったのですが、下の方は紅葉していて、登っていくにつれて徐々に冬の山になっていく様が面白いですね。
押手川から編笠山までは少しきつい登りが続きますが、南側斜面なので雪はなく、危険箇所はありませんでした。編笠山の山頂は広々としており、360度の大パノラマでアルプスや富士山、八ヶ岳の山々が一望できました。
一方、編笠山から青年小屋に向かう下りは北側斜面にあたり、雪が少し残っていました。気温もマイナス1度。滑ったりすることはなかったのですが、気をつけて青年小屋に向かいました。
この日の宿泊者は5組程度。青年小屋が冬季閉鎖になる1日前にしては少ない人数でした。小屋の談話室はこたつがあり、日本酒を飲んだり、権現小屋のスタッフと談話していたら、寝るのがつい遅くなってしまいました。この日は雲ひとつない晴天だったので星空が綺麗に見えました。
Thetaで撮った360°全天球の星空をアップしましたのでもしよろしければご覧下さい。
https://theta360.com/s/qRkOKrkmbgE19fyQRbQUILU9c

翌朝、AM5:30に朝食をいただいて、朝日を見てからのんびり出発です。青年小屋から西岳の方に5分ほど歩くと「乙女の水」という水場がありますので、そこでハイドレーションに水を汲みます。この水はとても美味しいです。
また5分掛けて青年小屋に戻り、権現岳を目指しました。登山道の日陰部分に霜柱が出ていましたが雪は僅かでした。軽アイゼンを持っていきましたが、ザックから取り出すことはありませんでした。
絶景を楽しみながら歩くとすぐにのろし場に到着です。権現岳に辿り着く前に西ギボシ、東ギボシとビューポイントがあって飽きません。写真を沢山撮りつつのんびり歩いているのでCTを大幅オーバーしていますが気にしないことにします。
権現小屋を過ぎると、キレット方面に向かう分岐が現れます。折角なので、61段の「源治梯子」の所まで行ってみることにしました。ここは北側斜面になっていて寒い。雪も少し付いている急な鎖場なので慎重に行きました。この梯子、結構な高度感があって興奮しますね。いつかはここを通って縦走してみたいものです。
その後、分岐まで戻って権現岳に登頂。山頂はかなり狭く、長居はできません。少し降りたところでヤマスタアプリでチェックインして、これにて八ヶ岳スタンプ(硫黄岳、赤岳、阿弥陀岳、天狗岳、縞枯山、北横岳、編笠山、権現岳)をすべて集めることができました!ヤマケイさんから八ヶ岳ピンズが送られてくるのが楽しみです。
旅の目的を果たし、三ツ頭経由で下山しました。
長文でしたが、最後までお読み下さいましてありがとうございました。
訪問者数:143人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ