ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 998502 全員に公開 ハイキング近畿

入道ヶ岳 井戸谷ルート→二本松ルート

日程 2016年11月03日(木) [日帰り]
メンバー miroku369m
天候晴れ時々曇り、小雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR加佐登駅からコミュニティパスで椿大神社
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間27分
休憩
1時間45分
合計
6時間12分
S椿大神社バス停08:1908:26愛宕社 鳥居10:38北の頭10:5010:56奥宮10:5711:13入道ヶ岳12:4313:26滝ヶ谷分岐(二本松尾根コース)13:2714:24愛宕社 鳥居14:2514:31椿大神社バス停14:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

撮影機材:

感想/記録

今日はお天気も良さそうで、鎌ヶ岳の馬の背尾根に紅葉を見に行こうかと思ったけど、どうも風が強い予報のようで前日になって鎌ヶ岳は延期することにして久しぶりな入道ヶ岳に行くことにした。
入道は9ヶ月ぶり。大好きな山だけど、距離はたいしたことがないのにしんどいというイメージがずっとあった。いつもバテバテだった。
今回で4回目になるが、どのくらい体力がついたのか確認もしたかった。
一度道迷いして以来、トラウマだったしんどい井戸谷ルートから。(笑)
いつも避難小屋あたりでもうすでにバテバテ、山頂直下の笹原の道でもゼーハーしてた。
前に下山時にご年配の方が休んでいて「疲れたから戻ろうか悩んでいる」と仰ってて確かにここはきついよなーと思っていた。
それが今回はこのルート、ちっともキツいとは感じなかった。なんだか不思議。あっという間に山頂でした。
やっぱりかなり体力がついてきたんだなーと再確認できました。

風の強い予報は大当たりで、お天気はいいけど稜線に出ると風がとても強くなった。気温も低くて寒い。
時々雲が霧のような細かい雨を降らせた。そこへ陽がさしてなんと虹が現れた。
ほとんどの人は食事中、思わず立ち上がり歓声が上がった。
山で虹を見るのは初めてだけど、下界とは形も高さも違い、輝いていてとても綺麗でした。

寒かったけど、のんびりと景色を楽しんでから二本松ルートで下山。
途中の分岐で女の子を連れたお父さんに声をかけられた。
山頂まで30分ですか?と聞く。
いや、もっとかかるけどなあと思いながら考えていると奥さんと女の子の妹さんらしいもっと小さな女の子が到着。
お父さんは「あと30分で着くから〜」と奥さんに言った。
うーん、私にはこのファミリーとてもあと30分で着くとは思えないけどな。
そしてこの子達連れて下山はどのルートがいいかと聞かれた。困ってしまった、とても軽装なのだ。近くの公園にでも行くような(^^)
お父さんには登山というよりハイキング、お母さんはコート着てるけど子供達は??
さっきも他の人にルートを尋ねたと言っていた。
とても気になったが、いらぬお節介かもしれない、私はこの人たちのレベルを見た目でしかわからない(笑)
お父さんにはこの山は滑落死亡事故も起きたことがある山ですので気をつけてくださいと話した。
お母さんに、「上はものすごい風で、とても寒いですからね』と言った。でもなんだかニコニコしているだけ。
そのファミリーと別れて何度も振り返り、心配になった。
考えてみればろくにルートも知らず、家族連れて昼過ぎに登るのは無謀ではないか??
せめて家族連れてくるならパパさん、一度は下見登山しないとねー!
歩きながらそんなことばかり考えて気になってしまった。
どうせあの分岐より上は山頂までずっと急登だし、30分で着かなければ引き返すだろう、二本松から下山してくる人はまだたくさんいるだろうからきっと誰かが下山したほうがいい、と注意してくれるかもしれない、お嬢ちゃんたちが疲れて帰りたい〜って言ってくれるかもしれない、
…所詮登山は自己責任だ!
…そう自分に言い聞かせながら、後味悪いまま下山しました。
鈴鹿でこうした下調べもせず、ルートも知らず登って困っているファミリーに何度も会ったことがある。何でいつも鈴鹿?お願いだからやめてほしいよね。

話は変わります…
最近iPhone7pluseに機種変しました〜。
でも何故か6にした頃ほどのカメラ機能に感動がなく?なんだか物足りない気がして…。今回、iPhoneアプリを使って見ることにした。
camera+がいいと聞き、入れようとしたら以前、特価の時に入れてそのまま使ってなかったようだ。
今回、そのcamera+を使って撮影しましたが、結構満足です(^^)
訪問者数:99人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ