ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 998603 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

もう朝は真っ暗です 高尾山 〜エクストリーム朝飯前〜

日程 2016年11月05日(土) [日帰り]
メンバー alchemy
天候夜明け前は曇りで無風または微風、冷え込みは特にありませんでした。夜明け時点では曇天でしたが、西方向から徐々に晴れ、9時頃には快晴に。日中は暑いくらいでした。なお、今日の日の出時間(東京)は0608でした。
アクセス
利用交通機関
電車
往路:JR中央線 高尾駅    0500着(始発)
復路:京王線  高尾山口駅  0632発 特急新宿行
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.3〜0.4(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間19分
休憩
7分
合計
1時間26分
S高尾駅05:0205:10高尾山ちか道入口05:27金比羅台05:2805:36リフト山上駅05:38霞台園地05:3905:47高尾山薬王院05:55高尾山06:0006:21琵琶滝06:27高尾山・清滝駅06:28高尾山口駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆高尾駅〜金比羅台コース入り口(20号線 落合信号)
中央線線路沿いにショートカットで移動。住宅地の中の小径を移動します。
両界橋で20号に合流し、歩道を進みます。しばらく進むと、落合信号に着きます(信号脇にろくざん亭の大きな看板あり)。

◆金比羅台コース〜高尾山頂(薬王院経由)
落合信号より、20号を離れ、山に向かって進んでいきます。ろくざん亭の脇を過ぎ、50mほど詰めると、舗装路が途切れ、山道になります。少し頭の上が開けてきたなと思った頃に、金比羅台に飛び出します。ここから自然研究路1号路と合流します。1号路は車道でもあるので、時間帯によっては、車に注意です。リフト乗り場手前に、車道にしては傾斜がきついところもありますが、短いです。リフト乗り場からは緩やかな傾斜になります。霞台園地(ケーブルカー乗り場周辺)を通り、薬王院の参道(階段)を通って山頂に行きます。なお、早朝、奥の院不動堂を経由する道が、夜間封鎖されている場合があります(迂回路があります)。

◆高尾山頂〜高尾山口(6号路)
整備されており、特に危険なところはありませんが、路面が湿っていたりすると、スリップ等に注意です。また、途中に小さな渓流のなかを飛び石伝いに進む区間があり、天候が悪いときは水濡れ等に注意です。なお、平成28年10月29日(土)から11月27日(日)の8時から14時の間は、6号路は登り一方通行となります。
その他周辺情報◆高尾山周辺
 清滝駅〜高尾山口駅周辺には、売店、飲食店(蕎麦屋)、温泉等があります。
 参道途中、山頂等にも売店等多数あります。自販機もあります。
 なお、公衆トイレは、高尾駅、高尾山口駅、リフト山上駅、ケーブルカー
 高尾山駅、山門を進んだ授与所の裏手、1号路高尾山頂直下、高尾山頂に
 あります。

装備

個人装備 Tシャツ(長袖)(1) ソフトシェル(1) サポートタイツ(1) ハーフパンツ(1) シューズ(1) ザック(1) キャップ(1) 靴下 行動食 飲料 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 携帯 時計 カメラ

写真

始発で高尾駅に。もはや真っ暗です。この時期、こんな時間にここから行くヤツはもう小生一人。
2016年11月05日 05:00撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
始発で高尾駅に。もはや真っ暗です。この時期、こんな時間にここから行くヤツはもう小生一人。
金比羅台から。日の出まであと40分。夜景がきれいです。
2016年11月05日 05:27撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金比羅台から。日の出まであと40分。夜景がきれいです。
1
浄心門に到達。まだ暗いです。でも、霞台園地にある十一丁目茶屋のご主人はもう開店準備で水まき中でした。
2016年11月05日 05:39撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浄心門に到達。まだ暗いです。でも、霞台園地にある十一丁目茶屋のご主人はもう開店準備で水まき中でした。
今日の男坂。真っ暗でなんだか分かりゃしない(苦笑)。
2016年11月05日 05:41撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の男坂。真っ暗でなんだか分かりゃしない(苦笑)。
山門に到着。少し明るくなってきました。
2016年11月05日 05:45撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山門に到着。少し明るくなってきました。
ご本堂。勤行はしっかり行われていました。流石。
2016年11月05日 05:46撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご本堂。勤行はしっかり行われていました。流石。
ご本堂脇の愛染明王のお堂。しっかり、燈火が入っていました。
2016年11月05日 05:46撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご本堂脇の愛染明王のお堂。しっかり、燈火が入っていました。
山頂に到着。一面曇りで一分の隙なし。こりゃぁダメだ。
2016年11月05日 05:55撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着。一面曇りで一分の隙なし。こりゃぁダメだ。
山頂の標柱もどんより。脇の女性と荷物は、学生集団のものらしい。
2016年11月05日 05:55撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の標柱もどんより。脇の女性と荷物は、学生集団のものらしい。
1
富士山方向。都心方向よりはマシですが、晴れるようには見えません。
2016年11月05日 05:57撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山方向。都心方向よりはマシですが、晴れるようには見えません。
上空の雲もこんな感じ・・・。日の出を待たず、撤収を決定。すぐに下ります。
2016年11月05日 05:57撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上空の雲もこんな感じ・・・。日の出を待たず、撤収を決定。すぐに下ります。
6号路の飛び石区間。まだ登り一方通行の時間帯ではないので、急いで下ります。水量は少なめ。
2016年11月05日 06:06撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6号路の飛び石区間。まだ登り一方通行の時間帯ではないので、急いで下ります。水量は少なめ。
清滝駅に到着。結構これから登っていく人たちとすれ違いました。
2016年11月05日 06:26撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清滝駅に到着。結構これから登っていく人たちとすれ違いました。
でも、駅前はまだ閑散。
2016年11月05日 06:26撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、駅前はまだ閑散。
お疲れ。さあ帰ろう、朝飯を食べに。・・・今日はこれから家族サービス。
2016年11月05日 06:29撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お疲れ。さあ帰ろう、朝飯を食べに。・・・今日はこれから家族サービス。
う、晴れて来やがった orz
2016年11月05日 06:29撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
う、晴れて来やがった orz
撮影機材:

感想/記録

一昨日に夕暮れを見たので、日の出を、と欲をかいて出発しましたが、見事に失敗しました。しかも下山後、すぐに晴れ間が出て、日中は快晴になったので、残念無念。まあ、今日は家族サービスデーなので晴れたらそれはそれでよいのですが。
既に、始発での出発では、真っ暗な時期となっており、山頂で日の出を拝むには時間調整が必要になってきました。まだ大丈夫ですが、もう少しすると、防寒装備をきちんとしないと厳しくなってきそうです。
そんな時期になってきましたが、相変わらず人気の山で、小生が山頂に着いたときには日の出のショットを狙う学生らしきグループ約10人くらいを筆頭に15人くらいが陣を張っていました。
残念ながら、日の出は拝めそうになかったので、日の出時間前に撤収を開始して、すっ飛ばして帰ってきました。早朝時間帯で通行量が少ないのでできる話ですが、それでも後半結構すれ違いました(もちろん、すれ違いの時は速度を落とすか、停止、または歩きにチェンジしています)。安全のため、全行程でヘッドランプ全開でした。
浮き世の事情もあり、相変わらず遠出はなかなかできませんが、引き続き体力維持は図っていきたいと思います。
訪問者数:153人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

奥の院 リフト ケーブルカー 渓流
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ