ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 998642 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走蔵王・面白山・船形山

大東岳

日程 2016年11月03日(木) [日帰り]
メンバー fish1172i10, その他メンバー2人
天候小雨、小雪、強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間26分
休憩
1時間8分
合計
6時間34分
S大東岳登山口08:3511:06大東岳11:0912:20樋の沢避難小屋13:2515:09大東岳登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

往路は表コースを選択。所要時間は約4時間と書かれている。実際には2時間30分でピークまで行くことができた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往路は表コースを選択。所要時間は約4時間と書かれている。実際には2時間30分でピークまで行くことができた。
秋のトレッキングは気持ち良い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋のトレッキングは気持ち良い。
5
ピーク近く。雪が降ってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピーク近く。雪が降ってきた。
ピーク1365m。ガスのなか。強風&雪。風速25メートル。遮るものが何もない。寒過ぎる。何も見えない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピーク1365m。ガスのなか。強風&雪。風速25メートル。遮るものが何もない。寒過ぎる。何も見えない。
2
復路は裏コースを選択。樋の沢避難小屋から麓までは比較的イージーな道が続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
復路は裏コースを選択。樋の沢避難小屋から麓までは比較的イージーな道が続く。
2
沢に沿って道がある。凝灰岩の岩壁。この景色が大東岳トレッキングの特徴と言える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢に沿って道がある。凝灰岩の岩壁。この景色が大東岳トレッキングの特徴と言える。
5
岩壁の近くを歩いていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩壁の近くを歩いていく。
3

感想/記録

秋保ビジターセンターからスタート。
途中の道路はもちろん、駐車場までアスファルト舗装されていた。
朝8時、まだセンターはオープンしていなかったが、トイレだけは使用することができた。

風速25メートルの強風予報。
小雨が降り、上空は真っ白の状況。
決行するか、中止するか、判断が難しい天候だった。
冴えない表情のメンバー。
『状況によっては引き返す』という約束をして決行することにした!
ポジティブシンキング。

往路は表コースを選択。
沢沿いを歩いていく。
紅葉の木々に囲まれて、風を避けることができた。
歩いているうちに、上空が少しずつ青空に変わってきた。
時折、太陽の光が射し込んで、赤黄緑の紅葉と青空がとても綺麗に見えた。
このまま穏やかな天候になって欲しいと願ったのだが…。

ピーク手前の鼻こすり付近から強風が吹き荒れ始めた。
ゴォー、木々の揺れる音がヤバイ(汗)
ピーク付近からは雪が降ってきた。
湿雪なので顔やウェアに当たると水滴となる。
急激に寒くなった(泣)
スカイダイビング的にテンションが低下。
ピークはガスに囲まれていて、景色は何も見えず。
すぐに下山を開始。
往路は裏コースを選択。

ピークから避難小屋まで、急激なダウンだった。
地味にガレ場が続くコース。
しかもウェットコンディションだったため、とてもスリッピー。
予想外に体力を吸い取られた。

樋の沢避難小屋はトイレ無し。
ストーブ無し。
黄色の木々に囲まれた避難小屋で昼食タイム。
ここで食べたカップヌードルは、まるでベホイミ♪
生き返った。

避難小屋から麓までは、とてもイージーな斜度だった。
滑落注意の場所が多かったが、本当に危険な場所にはロープや鎖が設置されていた。
適度なスリル感はトレッキングの醍醐味でもある。
途中、沢の向こう側に見えた岩壁が絶景だった!

秋と冬の両方を感じとれるトレッキングだった。
自分達以外の登山者はおそらく1人だけだった。
トレッキングシーズンはそろそろ終わる。

高低差1000m、距離15kmの表裏周回コースは、なかなかハードだ。
トレーニングには最適な山だね。
メンバー2人のiPhoneが急に電源OFFとなる現象が発生!
きっと、大東岳にはiPhoneお化けがいる。
訪問者数:143人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ