ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 998746 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

紅葉と花を訪ねて:小仏BS〜621m峰〜小仏城山〜大平・高尾林道〜稲荷山

日程 2016年11月04日(金) [日帰り]
メンバー naochan17, その他メンバー1人
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス
往:高尾駅北口9:12→9:33小仏BS
復:高尾山口駅から電車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間59分
休憩
1時間11分
合計
5時間10分
S小仏バス停09:4510:42621m峰10:4511:20城山12:0412:06大垂水峠分岐12:0712:17大平林道入口12:1812:44四分岐点12:4912:55送電鉄塔12:5813:19国道20号分岐13:2713:51高尾林道起点13:55高尾山頂分岐13:5814:20稲荷山14:2314:49高尾山・清滝駅14:55高尾山口駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
小仏BS〜621m峰(昭文社地図にルート記載なし):登り口に道標はありません。小仏バス停から200mほど行った小仏川に架かる橋を渡った先にある浅川神社の鳥居の左手前の石標が入口です。藪漕ぎ情報があり、不安と期待で取り付いたのですが、下草が刈られ、しっかりした踏み跡もある尾根通しで、安堵&拍子抜けでした。
621m峰〜小仏城山(昭文社地図は点線ルート):道標こそありませんが、一般登山道なみです。
小仏城山〜大平林道〜高尾林道〜稲荷山コース高尾山口駅:登山道、道標ともに完備。ただ、登山道が四通八達していますので、各分岐点で地図を良く見て行動することです。
その他周辺情報ご存じ、京王高尾山温泉/極楽湯:年中無休、8:00〜23:00、通常料金大人1,000円、シーズン料金1,200円(1/1〜1/3, 11/1〜11/30)。

写真

平日なのに小仏行のバスは超驚激込みでした。久しぶりの晴天でしたからねぇ。終点の小仏で降り、そのまま200mほど進みます。
2016年11月04日 09:41撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平日なのに小仏行のバスは超驚激込みでした。久しぶりの晴天でしたからねぇ。終点の小仏で降り、そのまま200mほど進みます。
左手の小仏川に架かるこの橋を渡ると
2016年11月04日 09:51撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手の小仏川に架かるこの橋を渡ると
浅川神社が鎮座しています。山旅の安全を祈願して出発です。
2016年11月04日 09:51撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅川神社が鎮座しています。山旅の安全を祈願して出発です。
鳥居の左手前にあるこの石標から尾根に取り付きます。
2016年11月04日 09:54撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居の左手前にあるこの石標から尾根に取り付きます。
コウヤボウキ(高野箒)。昔、高野山では竹を植えるのが禁じられ、竹箒の代わりにこの枝を箒にしたという。
2016年11月04日 10:20撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コウヤボウキ(高野箒)。昔、高野山では竹を植えるのが禁じられ、竹箒の代わりにこの枝を箒にしたという。
621m峰までのルートは藪漕ぎだとの情報があったので緊張していたのですが、ご覧のとおり(ホッ)。ただ、急登に次ぐ急登です。境界見出標が道案内をしてくれます。
2016年11月04日 10:20撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
621m峰までのルートは藪漕ぎだとの情報があったので緊張していたのですが、ご覧のとおり(ホッ)。ただ、急登に次ぐ急登です。境界見出標が道案内をしてくれます。
1時間ほどの登りで621m峰に到着しました。ここから先、小仏城山までは昭文社地図点線ルートです。といっても、道標が無いだけで、一般道並みです。
2016年11月04日 10:44撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間ほどの登りで621m峰に到着しました。ここから先、小仏城山までは昭文社地図点線ルートです。といっても、道標が無いだけで、一般道並みです。
センブリ(千振)千回振出してもまだ苦いということからの名。わたしゃ千回振られた、ではありません。
2016年11月04日 10:57撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
センブリ(千振)千回振出してもまだ苦いということからの名。わたしゃ千回振られた、ではありません。
薬草として採られたのか、生育環境が変わったのか、高尾山でも少なくなったと言われています。
2016年11月04日 10:58撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬草として採られたのか、生育環境が変わったのか、高尾山でも少なくなったと言われています。
シロヨメナ(白嫁菜)
2016年11月04日 11:04撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヨメナ(白嫁菜)
ヤクシソウ(薬師草)があちこちに咲いていました。きれいな花ですね。
2016年11月04日 11:06撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤクシソウ(薬師草)があちこちに咲いていました。きれいな花ですね。
センボンヤリ(千本槍)の果実は槍のよう。
2016年11月04日 11:11撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
センボンヤリ(千本槍)の果実は槍のよう。
登ってくる途中はまだまだでしたが、ここ城山山頂は紅葉・黄葉、真っ盛りでしたぁ。
2016年11月04日 11:20撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってくる途中はまだまだでしたが、ここ城山山頂は紅葉・黄葉、真っ盛りでしたぁ。
真っ先にかわいいねこちゃんの歓迎を受けました。なかなか正面から撮らせてくれません。写真撮るより、なんかくれよぉ。
2016年11月04日 11:23撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ先にかわいいねこちゃんの歓迎を受けました。なかなか正面から撮らせてくれません。写真撮るより、なんかくれよぉ。
景色を愛でながらゆったりと昼食タイムです。ねこちゃんはパストラミビーフはお気に召さないようでした。
2016年11月04日 11:31撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色を愛でながらゆったりと昼食タイムです。ねこちゃんはパストラミビーフはお気に召さないようでした。
それにしても、みごとな、赤。
2016年11月04日 12:04撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしても、みごとな、赤。
すばらしい 黄。
2016年11月04日 11:56撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すばらしい 黄。
生命力に満ち溢れた 天突く緑。
2016年11月04日 11:57撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
生命力に満ち溢れた 天突く緑。
富士山は雲に隠れたままでした(左は大室山)が、山頂の景観も十分堪能したので、鋭意出発です。
2016年11月04日 11:58撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山は雲に隠れたままでした(左は大室山)が、山頂の景観も十分堪能したので、鋭意出発です。
1
帰路は今回初めてのルート、大平林道を使います。地図によると、城山山頂からちょっと下ったところに大垂水峠方面への分岐があるはずです。見落とさないよう集中です。ここで右です。
2016年11月04日 12:07撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路は今回初めてのルート、大平林道を使います。地図によると、城山山頂からちょっと下ったところに大垂水峠方面への分岐があるはずです。見落とさないよう集中です。ここで右です。
ノハラアザミ(野原薊)
2016年11月04日 12:10撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノハラアザミ(野原薊)
しばらく下ると、左に大平林道への入口がありました。この先、「夏場は藪」なる情報がありましたが、整備された良い路でした。さすがミシュラン三ツ星。
2016年11月04日 12:18撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく下ると、左に大平林道への入口がありました。この先、「夏場は藪」なる情報がありましたが、整備された良い路でした。さすがミシュラン三ツ星。
リュウノウギク(竜脳菊)。秋の山を飾る代表的な野生菊、いかにもキクらしい独特な香りが、竜脳に似ているのだという。
2016年11月04日 12:33撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リュウノウギク(竜脳菊)。秋の山を飾る代表的な野生菊、いかにもキクらしい独特な香りが、竜脳に似ているのだという。
四分岐点は右へ、そのまま大平林道を進みます。
2016年11月04日 12:45撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四分岐点は右へ、そのまま大平林道を進みます。
みごとなリンドウ(竜胆)の群生
2016年11月04日 12:55撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みごとなリンドウ(竜胆)の群生
花が重いのか、茎を寝かせ、先の方に花をたくさんつけるのものが多いようです。
2016年11月04日 12:55撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花が重いのか、茎を寝かせ、先の方に花をたくさんつけるのものが多いようです。
1
よかったぁ。ここにもセンブリがいっぱい。
2016年11月04日 12:59撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よかったぁ。ここにもセンブリがいっぱい。
ほんとに、凛とした花ですね。
2016年11月04日 13:00撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんとに、凛とした花ですね。
1
なによ、これみよがしに・・・
2016年11月04日 13:03撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なによ、これみよがしに・・・
ヤマトリカブト(山鳥兜)
2016年11月04日 13:09撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマトリカブト(山鳥兜)
高尾林道起点
2016年11月04日 13:51撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高尾林道起点
シシウド(猪独活)
2016年11月04日 13:52撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シシウド(猪独活)
ガマズミ(莢蒾)の果実は食べられますが、野鳥用にしましょう。
2016年11月04日 13:55撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガマズミ(莢蒾)の果実は食べられますが、野鳥用にしましょう。
稲荷山コースに入り、展望台からの都心方面。筑波山は望むべくもありません。
紅葉に目を奪われ、たくさんの花々にも会え、高尾山を満喫した山旅でした。
2016年11月04日 14:22撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲荷山コースに入り、展望台からの都心方面。筑波山は望むべくもありません。
紅葉に目を奪われ、たくさんの花々にも会え、高尾山を満喫した山旅でした。

感想/記録

小仏バス停から621m峰まで、昭文社地図にルート記載がありません。ここを乗り切れれば、後はゆうゆうという今回の計画です。
登り口に道標はありませんが、「小仏バス停から200mほど行った小仏川に架かる橋を渡った浅川神社の鳥居の左手前」というTさん情報に多謝です。同情報では、このルート、藪漕ぎということで、緊張して尾根に取り付きましたが、下草が刈り払われ、踏み跡もしっかりしていて、初めの不安が一挙に吹き飛びました。全体として紅葉はまだでしたが、小仏城山山頂は、紅葉・黄葉の競演、すっかり舞い上がってしまいました。帰路は大平林道・高尾林道・稲荷山経由高尾山口駅と安心安全コース。「花の高尾山」を満喫しながら、秋の一日を盟友Tさんと共に心から楽しんできました。
訪問者数:154人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ